ワーキングマザースタイル生キャラメルをおうちで作ろう




2009年06月25日

生キャラメルをおうちで作ろう

Posted by 湯河原こむぎ

f100blog0493.jpg
生キャラメルって人気ですよね。でも、お高いし、人気のお店のものは売り切れていたりして、なかなか買えなかったり。


生キャラメルをおうちで作ってみませんか ? 夫がこんないいもの見つけて買ってくれました。


タカラトミーの生キャラメルポット(^^♪

f100blog0486.jpg
今、流行の「クッキング・トイ」です。これは、「ここに入れておけばキャラメルが出来る」という調理器具ではなく、平たく言えば「耐熱容器」です。家に耐熱容器があれば、わざわざこれを買う必要はありません。が、高温になってふつふつと沸くどろっとした液体が吹きこぼれないように、とてもよく考えられた形状になっています。
f100blog0483.jpg
入っているものはこれだけ。


左のつぼ型の容器に材料を入れ、電子レンジで温めます。温めて→出して→かきまぜて→温めて→出して→かきまぜて・・・を繰り返し、すこーしだけ焦げたら、右の平たい容器に、オープンペーパーを敷いて流し込みます(ここまで約10分〜15分)。そして冷凍庫で一時間冷やせば出来上がり。包丁で切り分けましょう。


取説に記載の一回分の基本分量は、生クリーム50cc・牛乳50cc・砂糖(ザラメ)20グラム。たったこれだけ。この平たい容器で、一番上の写真のようなキャラメルが12個出来ます。

f100blog0491.jpg

途中はこんな感じです。


こんなに簡単に出来るのにとーってもおいしい ! 本当にびっくりしました。口に入れたらすぐにとけちゃうのも買ったのと同じ〜 !


家にあったいちご柄のワックスペーパーを適当な大きさに切って包んでみました。かわいい〜っ、売ってるのみたい〜 !


二回目に作った時は、チョコを入れてみました。そして流し込む容器にオレンジピールを細かく切ったものを敷いて、その上から流し込みました。これ、めっちゃおいしかったです。いや、まじで。


火を使わないので、小学校中学年くらいなら子どもだけでも出来るかも(中の液体は熱くなるので気をつけるようにと教えましょう)。もちろん、子どもと一緒に作れば、楽しくておいしくて会話も弾みますね。うちは親子三人で作っちゃいました。(娘は中学生なのに・・・)



実は、うちの夫。知り合って初めてのホワイトディに手作りのキャラメルをくれたんです〜。昭和の時代にですよ。(←私たち、今年銀婚式ですから。)めずらしいよね〜そんな人。この人、なんでも作っちゃう。テディベアも作れるし。いやいやカマっぽいわけではないです。パソコンも作るし、車のオイル交換もするし、壊れたバイクも直します。


・・・そうです。そんな夫は、実は自分がキャラメルを作りたくて、これを買ってくれたのでした・・・・(^^ゞ・・・キャラメル野郎です。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

お久しぶりです
湯河原旅行の時に
情報を送っていただいた
中原はな です

おうちでつくろうキャンペーンから
生キャラメルをおうちでつくろう
にジャンプしたら
なっ なんと
湯河原こむぎさんが書いていらしたので
びっくり

楽しくて美味しそうですね


Posted by: 中原はな at 2010年05月05日 07:19

はなさん、お久しぶりです。
見つけてくださってありがとうございます。
これ、本当においしくできるんですよ!
ぜひ、作ってみてくださいね!

Posted by: こむぎ at 2010年05月05日 22:31

よく見たら去年の6月の記事なのですね

検索でこんなヒットがあるとは
パソコンの世界には びっくり! です。

前にも書いたと思うのですが、
わたしの 中原はな は
村山らむね さんの話がヒントで
つけた名前です。

こむぎさん はじめ
ワーキングマザースタイルの
みなさんのお名前も楽しいですね。

わたしとつれあいのどらさんの
こども教室も7年目、
KBCのように立派ではなく
手作りで試行錯誤しながらですが、

自分が感動したことを
ねぇ きいてきいて知ってる?
って こども達に伝えたいと思っています。

《生キャラメルを自分でつくる》

こんな場面では
歯科衛生士根性を発揮して

「キャラメルはむし歯になるから
だめだめ××」

なんて言わずに

「楽しくつくって、楽しく食べたら、
美味しかったねぇ、
あとは お口をゆすごうね、
歯をみがこうね」

でいきたいと思っています。
 

Posted by: 中原はな at 2010年05月07日 05:10

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第77回 「恋妻家宮本」 
スパリゾートハワイアンズは、首都圏から毎日無料バス運行(要予約)その1美味しい&フラ堪能編
ケアとワークを両立できる社会へ、ケア・フォー・ケアリングパーソンという視点
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
子育ての方針
NYで流行りのPOP UP DINNER
パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」
ダイソンのお掃除ロボット体験しました
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3707

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space