ワーキングマザースタイル「にっぽん子育て応援団」が子育て支援策に関する政党アンケートの結果を発表




2009年08月03日

「にっぽん子育て応援団」が子育て支援策に関する政党アンケートの結果を発表

Posted by 村山らむね

8月30日に決まった、衆議院選挙。各党のマニフェストもほぼ出揃い、どの党に一票を投じるかをイメージしている方も多いのではないでしょうか。

そんななか、勝間和代さんが共同代表をつとめる「にっぽん子育て応援団」が各党に送った子育て支援策に関する政党アンケートの結果を公表しました。

kosodate.jpg

どの政党も子育てについては最優先課題の1つとして位置付けていますが、微妙にそのニュアンスは違います。子育てだけが投票の論点ではないでしょうが、私たちにとってはもっとも気になる政策であることは確かです。ぜひ、投票の指標の一つにしてみてください。

私自身は、自民党の子育て政策(目玉は幼児教育費の無償化)にも、民主党の子育て政策(目玉は子ども手当)についても、正直あまり納得がいっていません。本当に子育て世代が必要としている政策とは違う気がするのですが、みなさんはどうですか?

マニフェストを見比べても、どの政党も、年金、地方、子育てと、それぞれの層にお手盛りの政策。イギリスの元首相ブレアの公約演説「Education,Education,Education!」のような、強い思いが見られないのが残念です。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

私もらむねさんとほぼ同意見です。詳しくは拙ブログに書いたらTBしますね(現在、ブロガーさんのリンク了承まちなので・・・)。
サイトの紹介、非常に役に立ちました。ありがとうございます。

Posted by: ちゃい at 2009年08月04日 17:27

はじめまして。
私もアンケート見ました。
確かに現段階で満足のいくものはないと思います。
でも、このなかから自分の意見にあうものを投票しなきゃいけないんですよね。
投票の放棄は未来の放棄と自分は考えてますので。
自分のブログでも書いたのですが、記入の姿勢が各党違うところが興味深いと思いました。
どうでしょうか。

Posted by: 内田 at 2009年08月04日 18:31

ちゃいさん、内田さん、コメントありがとうございます。

まあもちろん100%満足のできる政策にはならないでしょうが、なんというか柔軟性がほしいですよね。よほど大きく舵を切らないと、若い女性たちはほんと産みませんよ。いいんですか?と、すごみたい気分です。

Posted by: らむね at 2009年08月05日 00:13

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
ワーキングマザースタイル、9周年です!!
【取材対象者募集】マタハラって知っていますか?
震災から1年、みなさんは何が変化しましたか?
スタッフに聞きました「産後うつ、どうでしたか?」
待機児童問題解決のためのシンポジウム開催
山崎直子さんの宇宙飛行を心からお祝いします
【投票付き】子ども手当どう思う?
「にっぽん子育て応援団」が子育て支援策に関する政党アンケートの結果を発表
夏休み子ども模擬裁判ツアーの本当の狙いは
20代女性に強まる“専業主婦願望”と、未婚男性の“結婚するなら働く女性” 、どう読み解く?
vol.113:トラックバックテーマは「あなたの新型インフルエンザ対策」
新型インフルエンザ速報第二弾 パニックをあおらないで
明日、虹をかけてみませんか?
ユニセフ・マンスリー・サポート

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3753

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 少子化対策という観点から
ブログ名: やっぱり働くペンギン
日付: 2009.08.05
内容: たまたま深夜帰宅の夫をまっていたところ、8月3日25:33から放送のTBSの「ド
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space