ワーキングマザースタイルどうしますか、インフルエンザ予防接種!




2009年10月02日

どうしますか、インフルエンザ予防接種!

Posted by 田村小梅

こんにちは、6&3歳の子供を持つ田村小梅です。

昨日長男が喉が痛いと訴え「インフルエンザの予兆か!?」と慌てて病院へ行くも、ヨウレン菌検査も含めてセーフでホッと胸をなでおろしたのですが、まだまだ10月になったばかり。今年ばかりは無事に冬を越えられるか、とっても心配です。


皆さん今年のインフルエンザの予防接種はどうしますか??

我が家のかかりつけの病院では10月1日より季節型インフルエンザの予防接種が開始。
昨日聞いたところ、新型インフルエンザの予防接種は、「入り次第すぐに始めるけど、11月下旬らしい」とのこと。

うちの子供の年齢だとどちらも2回は必要だそうで、「季節型インフルエンザの予防接種と新型の予防接種まである程度時間を置かなくちゃいけないから、新型の予防接種が打てる様になった時にすぐに出来る様に、それまでに一刻も早く季節型の予防接種を終えておいた方が良い」と言われました。

季節型インフルエンザも1回目と2回目は4週空けなくちゃいけないんですよね。
そうなると、11月後半の新型のために、そろそろ季節型が必要?
となると、年内に4回もインフルエンザの予防接種を受けるって事ですよね・・・。

うーーーーーーーーむ。

「新型インフルエンザも安全性がよく分からない」なんて声も聞かれますが、季節型は「万一インフルエンザにかかっても、予防注射をしていればずっと軽く済むからやった方が良い」とも言われてますよね。我が家も含め周囲のWMは毎年、ほぼ100%予防接種をしています。実際、去年初インフルにかかった長男、お陰で全然重症化しなかったし。


でも今年は4回?
免疫の無い新型こそ必要だとは思うけど・・・?

ちなみに数週間前に開業医の友人から緊急メールが届き、今年は日本全国でも、季節型インフルの量が去年に比べずっと少なく、早々に打ち切りになる可能性が高いそう。
確かに、これだけインフルエンザが騒がれていると、季節型の予防接種だって通常より多くの人が希望しそうですよね。。


皆さん、季節型&新型インフルエンザ、それぞれどうしますか?

【2009年10月19日】
読者の方から「インフルエンザの間隔は1週間で平気」とのご指摘を頂きましたので、東京都感染症情報センターのホームページで調べたところ、下記の様な記載がありました。

---------------------------------------------
【13歳未満の方】
 任意の接種で、2回の接種が勧められています。最初の接種から、およそ1〜4週間の間隔をおいて(免疫効果を考慮すると4週間おくことが望ましいとされています)2回目を接種してください。
--------------------------------------------

ご指摘頂きました通り、間隔1週間から接種可能の様ですが、私の近所の小児科では全て「4週間」と言われているため、先生個人個人のお考えで間隔が違うのかもしれません。逆に言うと、「一律に○週間あける!」という決まりは無い様なので、予防接種を受ける際には必ずかかりつけの先生にご相談して下さい。

まぎらわしい記事を書いてしまいました事をお詫び申し上げます。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

 インフルエンザのワクチンは、1回目と2回目は、一週間以上あいていればうてます。季節性と新型インフルエンザワクチンのどちらでも、各ワクチンの間隔は一週間以上あけてください。
(突然、すみませんでした。大変申し訳ありませんが、医学的な質問は受付ませんので、宜しくお願い申し上げます。)
 

Posted by: 一内科医より at 2009年10月03日 00:04

上記でコメントが入っていますが、ワクチンの接種間隔って本当に4週間ですか?私も1週間と病院で説明されました。

こちらで判断して計画を立てる方もいらっしゃるかと思います。どちらにしても、コメントに対して返信するなり、記事を訂正するなり、必要ではありませんか?

Posted by: れね at 2009年10月19日 06:44

一内科医様
れね様

コメントおよびご指摘頂きましてありがとうございました!インフルエンザの1回目と2回目は一週間あいていれば受けられるのですね?

我が家は数週間前に受けた際に「最短で3週間、出来れば4週間」と言われ、本日近くの複数の小児科に確認したところ、やはり同じような回答を頂きました・・・。

地域によって差があるという事は無いでしょうから、私自身も不思議になり、東京都感染症情報センターのホームページで調べたところ、下記の様な記載がありました。


【13歳未満の方】
 任意の接種で、2回の接種が勧められています。最初の接種から、およそ1〜4週間の間隔をおいて(免疫効果を考慮すると4週間おくことが望ましいとされています)2回目を接種してください。

なるほど、確かに一週間から受ける事は可能なのですね。これだけ接種可能範囲が広いと、先生おひとりおひとりのご判断という事になるのでしょうか。


今までかかった小児科が全て「間隔は4週間」言われていたため、そのような決まりがあるものだと思い込んでおりました。
ご指摘頂きましてありがとうございます。
記事にも東京都感染症情報センターの正しい情報を追記させて頂きます。

Posted by: 小梅 at 2009年10月19日 23:30

れねさん、ご指摘ありがとうございます。
また、小梅さんも訂正ご苦労様です。

スタッフ一同、確実な情報を期していますが、保護者としての体験情報ということもありますので、ご利用の際には、ぜひ、お医者様のご指示に従ってくださいませ。

またこのようにご指摘いただくことはたいへんありがたいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: らむね at 2009年10月21日 21:15

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子どもの夢遊病
今いる場所のしあわせ
子どもが重い病気にかかった時・その10・「この経験から得たもの」
子どもが重い病気にかかった時・その9・「入院生活・退院後の生活で役立ったもの」
子どもが重い病気にかかった時・その8・「夫婦の事と自分の事」
子どもが重い病気にかかった時・その7・「学校と受験と進学」
漢方の力
子どもが重い病気にかかった時・その6・「医療費と保険」
子どもが重い病気にかかった時・その5・「娘の気持ちと母親の役目」
子どもが重い病気にかかった時・その4・「医療の細分化に驚く」
子どもが重い病気にかかった時・その3・「入院と付添と仕事」
子どもが重い病気にかかった時・その2・「病名がわかるまで」
子どもが重い病気にかかった時・その1・「始まり」
伝染性単核症って知っていました?
「苺状血管腫」をご存知ですか? − 経過報告

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3801

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 新型インフルエンザワクチンと、季節性インフルエンザワクチン
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2009.10.15
内容: 「かかるなら、かかってしまえ、新型インフル」なんて、思ってはいたものの、続々と重症化による死亡者の発表があり、なかなかそうもタカをくくってはいられなくなっ...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space