ワーキングマザースタイル【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.2




2009年11月14日

【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.2

Posted by 武田りこ

【ジャムの妖精、クリスティーヌ フェルベールのお店を訪ねる】

CristineFerber.jpg

フランスといえば、WMSパリ特派員?津田美穂さんに教えてもらおうと相談したところ、せっかくアルザスに車で行くならば、コルマールから車だと15分くらいのニーデルモルシュヴィル村(Niedermorschwihr)というところに、ジャムの妖精といわれるクリスティーヌ フェルベールさんのお店があって、いろんな種類のアルザスで採れたフルーツを使ったコンフィチュールが買えるよ、と教えていただきました。

アルザスワイン街道には小さな村が点在していて、どの村も本当に建物、看板、お花どれを取ってもかわいらしいく、このニーデルモルシュヴィル村もとてもかわいらしい村でした。

%A5%CB%A1%BC%A5%C7%A5%EB%A5%E2%A5%EB%A5%B7%A5%E5%A5%F4%A5%A3%A5%EB%C2%BCNiedermorschwihr.jpg
ニーデルモルシュヴィル村(Niedermorschwihr)メインストリート


メインの通りは一本それも100メートルくらい?、その中の唯一のお店が世界でも有名なコンフィチュールのお店だとは思わず、最初は前を通り過ぎてしまいました。
お店の中は、壁一面にあらゆる種類のコンフィチュールが並んでいます。
フルーツ1種類で作ったもの、複数を組み合わせて作ったものなど、どれを買おうか随分悩みました。
結局我が家が買ったのは、イチジクとパッションフルーツの組み合わせのものと、ブルーベリーにスパイスの入ったもの、ほかにお土産用にはマーマレードやフルーツ1種類で作ったものなど。
イチジクのを今朝食に食べていますが、パッションフルーツが主張しすぎずでも酸味を添えてくれていて、バゲットやヨーグルトにとっても合います。

このお店はケーキやパンこの地方の名物のクグロフの型、さらには村唯一のお店なので野菜なども売っています。
ここでエクレアも買って食べましたが、チョコカスタードが甘すぎずたっぷり入っていてとってもおいしかったです。
クリスティーヌさんご本人がお店にいらっしゃることもよくあるそうですが、この日はお目にかかりませんでした。

%A5%AF%A5%EA%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A1%BC%A5%CC%A5%D5%A5%A7%A5%EB%A5%D9%A1%BC%A5%EB.jpg
種類が多いしフランス語なので、買うのに相当悩みます

日本でも種類は少ないけれど、通販で手に入るようです。

ピエール・エルメ サロン・ド・テ クリスティーヌ・フェルベール 〜 Confiture 〜 オリジナルジ...

ストラスブール〜コルマール間には、小さい美しい村が点在して、たいていの村には小さなオーベルジュがあり、ワインの造り酒屋があり、もっとゆっくり来てそれぞれの村に滞在したくなります。
村と村の間はブドウ畑で、ブドウ畑の先にはお城が見えます。


Chateau%20du%20Haut%20Koenisbourg.jpg

オーケニスブール城Chateau du Haut Koenisburg

%A5%CF%A5%A6%A5%EB.jpg
ハウルの動く城のモデルの村

前回Vol1で紹介したワインを試飲した村からもほど近いところに、ハウルの動く城の村のモデルになった村もあり、どこを車で走っても絵になる風景です。

=====================
旅のインフォメーション

このあたりは、車も運転しやすく道もわかりやすいです。
またストラスブールからコルマールへは電車でも30〜40分ですし、便も多いです。
コルマールからニーデルモルシュヴィル村やリボーヴィルは車で15分や20分くらいです。
リクヴィールやリボーヴィルはコルマールから路線バスも出ているので、検討してみては。

こちらとっても役に立ったサイトです。

フランス ツーリズム旅行情報局

=====================

【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.1はこちら







●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

クリスティーヌ フェルベールに行かれたんですね!うらやましい!!!ここのコンフィチュールは、おいしいですよね。ちょっとどろっとしたジャムで、食パンにつけるとたれないようにして食べるのがコツだった気がします。

東京だと、伊勢丹の地下にちょっとだけ入っているようです。

Posted by: らむね at 2009年11月18日 01:15

こんにちは、食べ物ネタには弱いアロマシエスタの根岸と申します。
新婚旅行にストラスブールに寄って、町並みのかわいさに感動してしまいましたがこちらもとても素敵な町ですね。
私も以前、クリスティーヌ フェルベールの
チョコとバナナのコンフィチュールを友達にもらったことがあり、とても美味しかった記憶があります。
味のハーモニーというか、組み合わせの多種多様さに驚きましたね。

Posted by: siesta at 2009年11月19日 22:55

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ホームベーカリーデビューしました。
大相撲観戦
茶道を再開しました
安心で便利オルビス化粧品
神戸プロポーズの日
神戸っ子が観た『阪急電車』
娘に婦人体温計を買いました
震災の記憶
「時短メイクbeauty」の出版記念セミナーに行ってきました
ワーキングマザー1年生のドラマ”女検察官アナベス チェイス”
家で缶ビールを生ビールみたいに
母の日にデジタルフォトフレーム
子宮頸がんの予防ワクチンを娘と受けてきました。
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.2
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.1

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3828

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: クリスティーヌ・フェルベールのジャム
ブログ名: らむね的通販生活
日付: 2009.11.18
内容: パリのおみやげに買ってきました!友達に「パリに行くの!」といったら、「絶対にクリスティーヌ・フェルベールのジャムを買うべし」といわれて、メモメモ。進められ...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space