ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】番外編 2009年・一番だった映画は?




2009年12月28日

【シネマ・こむぎスタイル】番外編 2009年・一番だった映画は?

Posted by 湯河原こむぎ

今年も残すところあとわずか。このエントリー、11月から用意していたのですが、なかなか順位が決められず、こんなに押し迫ってからUPする事になりました。

今年観た映画は43本。そのうち邦画27本、洋画16本でした。試写会にも何回かご招待いただき、また気に入った映画は複数回映画館に足を運びました。そんな偏った私の選んだベスト3ですが、よろしかったらご覧ください。

第一位・「グラン・トリノ<公式ページ>
グラン・トリノ [DVD]
何と言っても、はずせないこの映画。5月にこの映画を観た時、レビューに「たぶん、私にとっての「今年一番の映画」は、これになると思います。もしかして、生涯、今まで観た映画の中で一番かもしれません。」・・・と書きました。1年が終わる今、まさにその通り。

今まで観た映画の中で一番印象に残る映画となりました。派手さはなく、きっとお金もかかっていないと思います。お金をかけた話題の超大作だけがいいってもんじゃないよ・・・と改めて気付かされた作品。

「そんなにいいの?」と大きな期待で観ると「そうか〜?」って思うかも。あまりに地味な作品なので。表面に映っているものだけでなく、ウォルトの心の中を考えながら観てください。

映画館で泣き、DVDを観て泣き、「これすごくいいの。」と人にDVD貸して、泣かせています。


第二位・「劔岳 点の記<公式ページ>
劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]
「本物の素晴らしさ」。これに尽きますね。スタッフも俳優さんも、みんなで苦労して山に登り、天候に振り回されながらも、ひたすら時を待つ。時間と労力を惜しみなく使って丁寧に撮られた作品だと思いました。

「さっと行ってちゃちゃっと撮る」のではない、真剣さや気迫、本気(と書いて「マジ」・・)が伝わって来ました。「映画を撮る」という姿勢をこの映画に学んでほしい・・・なんて思う映画が今年、一本ありました・・・(^^ゞ←えらそう・・・

香川さん・浅野さんの「日本人としての美しさ」にも感動しました。


第三位・「ホノカアボーイ<公式ページ>
ホノカアボーイ [DVD]
美しい景色とおいしそうな料理。最近、こういう映画増えていますよね。「かもめ食堂」とか「めがね」とか。

この「ホノカアボーイ」は、「かもめ食堂」や「めがね」より、人と人との距離が少し近い。かわいらしいお年寄りがたくさん出て来てあったかい。私の大好きな「ふつうの日常」っぽい映画。忙しい日々から逃げたいと思う時、「ホノカア」に逃避。



私がこの1年に映画館で観た映画と自己ちゅー評価点
★10個が満点。あくまでも「わたし的に」採点。
(レンタル・DVD・テレビなどで見たものは含まれていません。)
レビューを書いたものはリンクしてあります。★が少ない映画のレビューもよかったら読んでいただきたいです。

1月

ティンカー・ベル」<公式ページ>★★★★★★★★8

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」<公式ページ>★★★★★★★7

誰も守ってくれない」<公式ページ>★★★★★★★7


2月
ヘブンズ・ドア」<公式ページ>(舞台挨拶)★★★★★★★★8
ヘブンズ・ドア」(二回目)★★★★★★★★8
余命」<公式ページ>★★★★★★6
チェンジリング」<公式ページ>★★★★★★★★★9
マンマ・ミーア!」<公式ページ>★★★★★★★★8
ベンジャミン・バトン 数奇な人生」<公式ページ>★★★★★★★★8

3月
ヘブンズ・ドア」(三回目)★★★★★★★★★9
ホノカアボーイ」★★★★★★★★★★10
ジェネラル・ルージュの凱旋」<公式ページ>★★★★★★★★★9
ホノカアボーイ」(二回目)★★★★★★★★★★10

4月
ベッドタイム・ストーリー」<公式ページ>★★★★★★★7
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」<公式ページ>★★★★★★★7
ヤッターマン」<公式ページ>★★★★★★6
スラムドッグ$ミリオネア」<公式ページ>★★★★★★★★8
レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」<公式ページ>★★★★★★★★★9


5月
グラン・トリノ」★★★★★★★★★★10
余命1ヶ月の花嫁」<公式ページ>★★★★★5
BABY BABY BABY! 」<公式ページ>★★★★★★★7
重力ピエロ」<公式ページ>★★★★★★★★8
天使と悪魔」<公式ページ>★★★★★★★7

6月
劔岳 点の記」★★★★★★★★★★9
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」<公式ページ>★★★★★5

7月
ディア・ドクター」<公式ページ>★★★★★★★★8
「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」<公式ページ>★★★★★★★7
ハリー・ポッターと謎のプリンス」<公式ページ>★★★★★★★★8

8月
HACHI 約束の犬」<公式ページ>★★★★★★★★8
TAJOMARU」<公式ページ>★★★★★5

9月
南極料理人」<公式ページ>★★★★★★★★★9
女の子ものがたり」<公式ページ>★★★★4
ノーボーイズ,ノークライ」<公式ページ>★★★★★★★★8
プール」<公式ページ>★★★★★★★7

10月
曲がれ!スプーン」<公式ページ>★★★★★★★★8
南極料理人」★★★★★★★★★9

11月
沈まぬ太陽」<公式ページ>★★★★★★★★8
風が強く吹いている」<公式ページ>★★★★★★★★★9
サイドウェイズ」<公式ページ>★★★★★★★★8
「Disney'sクリスマス・キャロル」<公式ページ>★★★★★★★★8

12月
カールじいさんの空飛ぶ家」<公式ページ>★★★★★★★★★9
のだめカンタービレ 最終楽章 前編」<公式ページ>★★★★★★★★★9
パブリック・エネミーズ」<公式ページ>★★★★★★6


来年もいっぱい映画を観て、よかったものはここでおすすめしたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いいたします。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

こむぎさん、今年もたくさんのシネマレビューをありがとうございました。

まったく関心がなかった映画でも、こむぎさんがとりあげると、すごく見たくなる、“こむぎマジック”が、今年も炸裂しましたね。

たまたま同じ映画をみて、同じ感動を味わえると、なんだかとっても得した気分になります。

来年もまた、たくさん映画を見て、こむぎさんの感動を教えてくださいね!

Posted by: らむね at 2009年12月31日 19:59

らむねさん、ありがとうございます。
前にも書きましたが「観るつもりはなかったけど、レビューを読んで観に行ったよ!」って言われるのが一番うれしいです。

私もらむねさんのレビューをこっそり見てます。ワーキングマザースタイルの方にもぜひぜひ書いてくださいね〜

Posted by: こむぎ at 2010年01月09日 10:59

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲
【シネマ・こむぎスタイル】第70回 アナと雪の女王
【シネマ・こむぎスタイル】第69回 陽だまりの彼女
【シネマ・こむぎスタイル】第68回 江ノ島プリズム
【シネマ・こむぎスタイル】第67回 アンコール!!
【シネマ・こむぎスタイル】第66回 きっと、うまくいく
【シネマ・こむぎスタイル】第65回 舟を編む
【シネマ・こむぎスタイル】第64回 借りぐらしのアリエッティ
【シネマ・こむぎスタイル】第63回 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3836

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space