ワーキングマザースタイルスタッフに聞きました「産後うつ、どうでしたか?」




2010年08月03日

スタッフに聞きました「産後うつ、どうでしたか?」

Posted by 村山らむね

先日、アナウンサーの方が自殺なさいました。「産後うつ」が原因とも言われています。産後、誰もが経験する可能性がある、この産後うつ。ワーキングマザースタイルのスタッフは、どのように体験したでしょうか。今、まさに渦中にある方、これから出産を控えている方、これらの体験記を読むことで、少しでも負担が軽くなればと思います。12人の体験記です。

まずはAさん

1、産後うつになりましたか?
一人目の時になりました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
退院前後ぐらいから始まり、一ヶ月後ぐらいまで。でも、ゆるやかなのは、もっと長く、半年ぐらいはなんだかんだと波があったような記憶があります。

3、そのときの症状は
母乳で育てたいと思っていたのに、息子がうまく乳首に吸い付くことができず、ミルクもあまり飲まない、息子の体重は増えない、よく泣く、あまり寝ない、よって私も睡眠不足、乳首諸々のトラブル、「こんなはずじゃなかった!」というショック・・・自分はなんてダメなんだろうと強烈な自己否定に見舞われていました。よく泣きましたし、ちょっとしたことにもすぐイライラしました。

4、どう対処しましたか?
区の保健所に相談して、派遣されてきた助産師さんが「ザ・プロ!」といった方で、何もかも的確に処置してくださり、おかげで息子も無事おっぱいが飲めるようになり、成長も加速し、私も安心し・・・と、それから良いスパイラルになって、産後うつもだいぶおさまりました。産後うつは、とにかくホルモンはじめ体調面からくることが多いので、まずはそのトラブルをサポートしてくれる人がそばにいることが大事、いなければ探すこと(自分が無理なら周囲がやる)だなあと痛感しました。今、色々とアドバイスにのってくれる公的機関も色々ありますし、同じような体験をした友達と電話で話したのもずいぶん助けられました。

次はBさん

1、産後うつになりましたか?
Yes。第一子の時に完全にその状態でした。でも当時は気づかず、私に母性が足りないんだと涙してました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
1歳を過ぎて子供が夜大分寝るようになってからが半分。第二子を出産してからが完璧。

3、そのときの症状は
初めての子は夜泣きがひどく、夜明けまでベッドにおろせず抱いたままゆらゆらしているのが連日。やっと朝6時にベッドに寝かしつけても朝ごはん作ったり、日中は宅急便がきたりでまとまって寝られない日が何ヶ月も続いてくると、だんだんものすごく辛くなってきました。考えがまとまらないし、気分が落ち込んでくるし。三ヶ月過ぎると楽になると助言してもらったり、育児書にもそうあったけれど、我が娘は結局一歳近くまで昼夜逆転でへとへとになってしまいました。寝ない娘を抱っこしてベランダにいて、この子を落として私も飛び降りようと思ったことも何度かあるんです。もっともマンションの2階だったので木の枝にひっかかりそうだなとか冷静に思って実行はしなかったのですが。何て母性が薄いんだろう、動物だって立派な子育てしてるのにと本当に落ち込んでばかりでした。

忙しい時には朝6時に帰宅して1時間寝てまた会社に行くような仕事をしていたので、育児はそれに比べれば楽じゃないか、と思ってたところもあったのですが、私の人間力も足りなかったのでしょう。断然ものすごく苦しかった。育児は特に赤ちゃん時代は365日24時間休みなしで休日がないですものね。 

産後2ヶ月の時には「iモード事件」という本を読んで、「打ち合わせ」が懐かしくて泣いてしまったことも。仕事生活からいきなり授乳&下の世話ばかりの毎日になってしまったことのとまどいも産後うつの一つの原因だったかもしれません。

この状態がどうもマトモではなかったと悟ったのは第二子が生まれてからです。第二子は長女と違ってよく寝る子でした。もちろん授乳もあって切れ切れの睡眠にはなりますけれど、少しでも眠れるとこんなにも精神状態が違うのかとびっくりでした。赤ちゃんはめちゃめちゃかわいいし、飛びおりたいなんて全然思いもしませんでした。それから、誰か、っていってもこの場合3歳の長女ですけれども、がそばにいつもいてくれるというのが精神的にとても救いになりました。話し相手になりますし、赤ちゃんは子供が好きなので、長女がそばにいると基本的に機嫌がよくなるのにも助けられました。

また、長女のことで手が離せない時、次女が泣いていても駆け寄れなかったのですが、そのうち自然に泣き止んで寝てしまうのにもびっくり。第一子の時にあんなに手をかけて寝かせていたのはかえって逆効果だったのかもしれません。

4、どう対処しましたか?
私は対処なしできてしまいました。でももし対処するとして、最大の薬は「睡眠」「一人の時間」ではないかと思うのです。ほとんど寝られない状態が続いたのが、自分が自分でなくなった最大の原因ではないかと感じています。でも赤ちゃんの場合、授乳がからむのでママが一晩ぐっすり、とはなかなかいかないですよね。何かいい解決方法はないかなあ……。

それからやっぱり特に初めての育児の時には24時間赤ちゃんの命を預かっているという緊張感から解き放つ一人の時間があると良かったかなあと思うのです。なので、私はおめでたを報告してくれる男友達には祝福の言葉に赤ちゃんが生まれたら必ず月に一度30分でいいから奥さんが一人でカフェに行く時間をつくってあげてねと付け加えてます。一人で、誰かにいれてもらって飲むコーヒーはおいしい!はずだからと。

Cさん

1、産後うつになりましたか?
お医者さんにみてもらったわけではないので、そうだとは言い切れないのですが、なったと思います。おそらく。その前提で以下回答します。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
里帰りから自宅に戻った2ヶ月目すぐからで、落ち着いてきたのが、4ヶ月目ぐらい。あぁ、平気だわー、と思えたのが6ヶ月目ぐらいでした。

3、そのときの症状は?
後で振り返ると、ですが、初めての育児で、母乳の出が安定しないことが主だった悩みに。とにかく、母乳が安定しないので、満腹にならないから、赤ちゃんも泣くし、寝てくれない。でも、最初にあきらめてしまうと、ずっと母乳が出なくなるのでは?という恐怖心から、泣いては吸わせての繰り返し。

気がつけば、授乳とおむつがえの合間に、少し寝て。家事全般、もちろん手につかず、畳もうと思った洗濯物が、部屋の真ん中に小山で残ってる。食べかけの食事が、机の上に。

自分の食事もままならず、気がついたら夜になってて、1日をどう過ごしているのか、よくわからない状態でした。

私、こんなに何も出来ない人間だった?確かにズボラさんなんだけど・・・もー、こっちが泣きたいよーーーー!!!(というか、泣いてます)と、かなり情緒不安定でした。

枕を布団に思いっきり投げつけたり、泣き声が耳に入らないように、一瞬布団にもぐりこんで耳をふさいだり。そんな自分が情けないし、辛くて、しょっちゅう泣いてました・・・。

4、どう対処しましたか?
当時、オットが激務で、週1〜2回、お風呂とわずかな仮眠のために帰ってくるような悲惨な3人暮らしだったので、頼りになるのは自分だけ。状態でした。

そこで、育児の先輩(2人子どもあり)である、実姉から電話があったときに、母乳の相談から切り出したところ・・・最初に言われたのが「ちゃんと食べてるの?」でした。

「まず、母親が食べないとダメ。家事全部なんてムリ。適当でいいよ!赤ちゃんは泣くのが仕事、泣かせすぎはダメだけど、ちょっとぐらい泣いててもそれが運動だと思って、泣かせることに慣れたらいいよ。2〜3分泣いても赤ちゃんは死なないよ。でも、3分あったら、母親が食事を1品食べきることは、できるやん?食べないと、母乳が出るわけないんやし。あと、最悪ミルクでもいいやん!って割り切り必要やでー」

などなど、言われて、スッと肩から力が。私は電話口で、本当にわんわん泣いてしまって。って思い出して書いてたら、どれだけで泣けてきますねーーーほんと(笑)

そこから、精神的なゆとりが出来たのか、

そこそこ食べる>>母乳も徐々にでる>>赤ちゃん寝る>>私も寝られる!!
  >>母乳が本格的に出る>>自信が出た!泣いても怖くない!
  >>さらに赤ちゃん長く寝る>>私もぐっすり寝られる!!やった!

という好循環が生まれました。

後は、産後4ヶ月か5ヶ月目から、子連れで週1出社で全社会議に参加しつつ、在宅で仕事を再開したことが「脳内が赤ちゃんのことだけ」状態から脱却できて、かえって気分転換になったのもよかったんでしょうね。

何より、「他の人に抱っこされて、かわいがられている様子を目の当たりに=私の赤ちゃん、みんなを幸せにしてる!素晴らしい!!」というのを、客観的にみることができたのが、よかったように思います。(さらに、その間私は世話から一時的に開放される。一石二鳥!)

オットを含めた開発部隊が、会社に常に泊まりこみ状態だったので、私が子連れで顔を出すと、独身の同僚がみんな赤ちゃん大好きで「かわいい〜、抱っこさせてー。あー、癒されるぅ。(エンドレス)」だったんですよ(笑)

皆さん、大体同じような感じかなー?と思うんですけど、やっぱり、何より「赤ちゃんの世話から開放される時間を少しでも」と、「泣くんだよ。赤ちゃんなんだもん」という、悟り!?が、転機だったんでしょうねー。「そうか、泣くの仕事か!!君も仕事がんばれ!!」という感じでしょうか。で、2人目、3人目は、どんどん適当になっていって・・・。「1人目のときの、あの神経質さはどこいったんだよ」状態ですね。

Dさん

1、産後うつになりましたか?
正直言って、わかりません。なっていたかもしれないし、なっていないかもしれない。ただ、二人目のときの方が気分の落ち込みは大きかったです。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
一番大きく気分が落ち込んだのは、二人目の産後二ヵ月くらいだったかと思います。

3、そのときの症状は?
不意に大きく落ち込んで、今振り返ると「全てのやる気が無くなる」という感じだったかもしれません。

4、どう対処しましたか?
ヤケ酒飲んでしまいました〜(汗 ただし、それ以降、母乳は諦めてミルク育児にしましたが。そこで一度、母乳を諦める、という選択ができたので吹っ切れて、大事に至らなかったのかもしれません。

とにかく、オットが当てにならない人で(苦笑振り返ると孤独な育児でした〜

周りのサポートとか、休む時間の確保とか、お母さんのご飯の確保とか、本当に大切ですよね。

Eさん


1、産後うつになりましたか?
なったような、なっていないような・・・。私の場合ピリピリと神経質になっていました。産後うつというよりも、育児のストレスかもしれません。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
イライラピリピリしていた気持ちは、1歳4ヶ月の時、職場復帰でかなりなくなりました。

3、そのときの症状は?
夫ににイライラしてしまって、申し訳なかったです。そんな自分が嫌でした。

4、どう対処しましたか?
何とか解消したくて、本を読んだりしました。
「結婚の謎」「ベストパートナーになるために」「サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる」などが役に立ちました。あとは、家で考えてしまう時間がいけないと思ったので、子連れでどんどん外出して人に会うように心がけていました。私の場合は産後うつじゃないかもしれないですね(汗)

何にせよ、孤独に赤ちゃんの世話をしているのは、良くないに決まっています。まわりのサポートが必要です。7月中旬に妹が出産したので、先日休みをとって1日ヘルパーしてきました。母も手伝いのため通っています。新生児は可愛くて、こちらも癒されます。

妊娠や出産はホルモンのせいもあってか、性格が変わると実感しています。私はルンルンの妊婦生活でしたが、生んだあとにちょっぴりブルーな日々でした。妹の場合、妊娠中人にあたりまくる極悪な性格に変身していましたが、出産後はハッピーなママに変わりました。不思議です。

Fさん


1、産後うつになりましたか?
私自身、全く産後鬱にはならなかったのですが、
その手前で、かなり強いマタニティーブルーになったのでそちらをお伝えします。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
妊娠が分かって直後(既に妊娠5カ月)から産むまで

3、そのときの症状は?
寝ても覚めても泣いてばかりで、どうにか流産しないかと縄跳びなどを一生懸命跳んでいました。スキルアップを目的に転職して、めちゃくちゃやる気がある時期に全くの予想外の妊娠だったので、「私の人生はもう終わった」と思い、日々泣いていました。周囲では結婚もまだほとんどしてない時期だったので、妊娠出産のイメージもわかず、当時はIT業界に居たので、出産後に復帰なんて無理→社会人として終わりだと思いました。主人と話し合って出産はしない事になっていたので。妊娠をどうにか否定したくて絶対にマタニティを着ない、生まれる直前まで高いヒールをやめないという事で必死に「自分らしさ」を守り、家では落ち込むかダンナに当り散らす日々でした。

4、どう対処しましたか?

産後も出来そうな在宅でも可能な仕事をいくつも集め、連載なども複数決まり少し気持ちが落ち着きました。

私の場合全く想定外の妊娠で、本当にショックだったのも大きいですが、普段「落ち込む」という状況が全くと言って良いほど無い私があそこまで長きに渡りネガティブな事しか考えられなかったというのは、
やはりホルモンなど、何か自分自身ではどうにもならない力が働いていた様に思います。産後はお陰で仕事がいっぱいあったので、逆にやる事がたくさんあっていきいきしてました。何も無く普通の産休で育児に専念していたら・・・と考えるとゾッとします。ホルモン的な事とプラスして、「自分自身の時間を取れない事(への不安)」がとても大きい様に思います。

Gさん

1、産後うつになりましたか?
私は産うつとはちょっと違いますが、下の子のアトピーがひどかった時に今から思えばうつだったなと思う時期がありました。

アトピーで子供がかゆくて寝れなくて、24時間ずっとさすってやっている状態で、精神的にも肉体的にも疲れ果てていることところに6ヶ月検診の時、アトピーの肌を見た保健婦さんにまるで私が虐待しているみたいに言われたのが、きっかけだったとはっきり覚えています。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
3歳くらいですかね。

3、そのときの症状は?
上の子は2歳までに一生分の親孝行をしたと今でも思うくらい、やりやすい子で(過去形、笑)、下のこのアトピーの頃から急に上の子も扱いにくくなり、自分の努力や能力とは関係なく問題が解決しない状況に、ものすごいストレスを感じていました。無力感や絶望感に溢れて、一人になったら泣いていました。一度あまりに掻いて掻いてなきやまない息子を六甲山に車で連れて行って、置いてこようとしこともあるくらいです。

4、どう対処しましたか?
息子がママがなでてくれないと、掻き続けるという状況だったのですが、アトピーの専門の先生に、子供がどれだけ泣いてもいいから、月に1時間でいいから実家に甘えて子供を預けて、その間は好きなことをしてくださいと言われました。実家が月一回夕方から一晩子供二人を預かってくれて、
その間スポーツクラブで泳いでそのあとオットとゆっくり外食をするというようになって、落ち着いてきたと思います。やっぱり周りの理解とサポートが大切だと思います。

Hさん

1、産後うつになりましたか?
なりました!結構がっつり、です。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
出産直後から症状はあり、生後3カ月くらいで外に出るようになって徐々によくなりました。でも、完全に以前の自分らしさを取り戻せたのは生後11カ月で子供を保育園に預け始めてからです。

3、そのときの症状は?
出産する前は「お産」に対する不安や興味ばかりが先行していて、新生児との生活というものが、今思えば全くイメージできませんでした。(弟や妹もいませんし、仲間内でも一番早く出産したので)

出産直後は、楽しみにしていた大きなイベントがついに終わってしまったという喪失感に襲われ(文化祭の後?のような)、正直いって喜びよりも、そちらのほうが大きかったです。子どもを抱いても、あまり可愛いと思えなかったんです。(今は可愛いですよ!ごめんよ息子)
↑このあたりが明らかに産後うつですよね……

環境の変化や物音にとにかく敏感でよく泣く息子を前に、どうしたよいかオロオロしてばかりで、入院中から、夜になると訳も無く涙が出てきたりしました。退院する前夜は「これから助産師さんのサポートなしで、本当に育てていけるのか」と不安で、一人で号泣しました。(ナーバスになっていたので、個室にしてよかったです)

私の場合は里帰り出産をせず、産後1カ月は実母がヘルプに来てくれていたのでその間は話し相手になってもらってだいぶ救われました。実母がいよいよ実家に戻る日は、「お願いだから帰らないで!」とすがってしまったほどです。

今住んでいる大阪は夫の転勤先で身寄りが全くいない上に、夫は朝8時に出ていくと帰りが22〜23時なので、日中はずっと子どもと2人きりで、誰とも話さない日も多く……。「ネットが友達」になってしまって、育児掲示板をチェックしては、「自分の育児はこれで正しいのか」みたいなことばかり気にしていたと思います。

私の場合、子どもの世話が大変とか、身体的にしんどいということよりも、とにかく「(大人の)話し相手がいない」「共感してくれる相手がいない」ことがつらかったです。まさに孤独との闘いですね。5月出産で、産後まもなく梅雨に入ってしまったのも気分が落ち込む原因だったかも?

4、どう対処しましたか?
生後3カ月くらいから、区が主催している「子育て広場」みたいな集まりやベビーマッサージ教室などに行くようになりました。近所に何人かママ友ができてからは、「みんな同じことで悩んでるんだ!」と思えるようになり、だいぶ明るくなりました。

でも、本当に心身のバランスを取り戻せたのは生後11カ月で子どもを保育園に預けて仕事復帰してからでした。物理的に子供を預かってもらえて子育てから開放されるというだけでなく、保育士さんが子育ての相談に乗ってくれて応援してくれるというのがなにより心強かったです。

とにかく母親が孤独にならないよう、周囲のサポートが必要だなと思います。

Iさん

1、産後うつになりましたか?
皆さんのと比べるとかなり軽いですが、一人目の時にそれらしきものがありました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
覚えているひどい状態のものは退院直後から1週間ほど。

3、そのときの症状は?
私の場合里帰りでなく、退院後、母が1週間ほど泊まり込みで来てくれました。生活環境が全く違うダンナと母との生活が私にはすごくストレスでした。母のやる事なす事すべてが気に入らず、母が何をやっても突っかかって文句を言っていました。わざわざ手伝いに来てくれていたのに。自分でもおかしいとはちょっと思っていたけれどどうにもならず、よく涙も流していました。(手伝いに来てるのに文句ばかり言われて母の方がよっぼど泣きたかったはず。)矛先が母ではなくダンナだったら間違いなく離婚になっていただろうな、と思うくらいひどかったです。

4、どう対処しましたか?
産後はそういうもの、と割り切って対処していた母。多少は喧嘩になった記憶もありますが、「産後はホルモンのバランスが変わるから、みんなそうなのよ。」「体が今は大変な状態だから、3週間はあなたはとにかく寝てればいいのよ。」と、無茶苦茶な私をどーんと受け止めてくれました。
今思えば、母のこの対応に私はものすごく救われていたのですね。当時は手伝ってくれた事にしか感謝していませでした。今気づきました。お母さんあの時はごめんなさい。ありがとう。

本当に、周りの理解は重要だと思います。

Jさん

1、産後うつになりましたか?
それほど酷くはなかったのですが、第一子が生まれた時、第三子が生まれた時に精神的バランスを崩していたと思います。よく泣いていました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
第一子の時は、公園へ連れて行けるようになった6ヵ月くらいの時。歩けないのに公園で遊ばせていて、同じ年頃の子をもつ人と友達になり、お互いに、妊婦時代からよく泣いたと『辛かったこと』を語り
気持がとても楽になりました。その後、もう一人、友達が増えて、3人で子どもを遊ばせながら一緒にランチを食べたり、よくおしゃべりをするようになって毎日を楽しいと思えるようになりました。
ランチの時に、友達とよくビールを飲んだりもしてました。それが最大の癒しだったような気がします。
(子どもに縛られない、自分らしい生き方も楽しみ方もできるという考え方の象徴だったのかも)

3、そのときの症状は?
第一子の時:実家で2カ月過ごした後、自宅に帰ってきてから気持ち的に追いつめられたような焦りを感じていました。それほど酷くはなかったですが軽いうつ状態だったと思います。子どもを可愛いと思えなくなって「私には母性がないんだ。本当は、子どもが嫌いだったんだ」と感じてました。社会に取り残されていくようで、毎日、新聞を端から端まで読んで社会とのつながりを保とうと必死でした。ダンナが帰ってくると、弾丸のようにしゃべりまくっていて、そんな自分に気づき笑ってしまいました。長男は、よく泣く子だったので、一日中抱いていることもあって、結構、つらかったです。

第三子の時は、ダンナが何故か子育てにあまり協力的でなくなってしまっていて一人で子ども3人をみることが大変でした。長男の幼稚園のために、2週間で実家から自宅に帰って来て、そのうえ、在宅での仕事も産後3週間目に復帰して(忙しいとお願いされて仕事を請けてしまいました)、自分がいつ寝ているのか、寝ていないのかわからなくなっているような感じでしたね。授乳をしながらうたた寝して、はっと気づいて仕事をして、朝になって長男のお弁当を作って… 第三子(次男)のことを、次男より2歳上の長女がよく面倒を見てくれたので、本当に助かりました。結局、心のゆとりがなくなって、長男を可愛いと思えなくなっていました。今、冷静に思うと、長男にシワ寄せがいっていたと思います。

4、どう対処しましたか?
みんなが寝静まった夜中に、今が「自分の時間」と思って自分へのご褒美に買ったスィーツを食べながら、東京ラブストーリーのビデオを借りて見て、感情移入して楽しんでいました。その一時が、本当に心休まる時間だったことは今でも鮮明に覚えています。

第一子の時は、ダンナがとても協力的で、子どもが寝付かないとクルマで子どもが寝るまで走ってくれたり、私にとっても気分転換になって助かりました。

第三子の時は、時が解決したっという感じです。子どもを叩いてしまうこともあったりしたので、子どもたちは私のことを「鬼だ」と言ってました。。。心にゆとりがないと、自分でもどうにもならない状況へ追いつめられていくのだと実感しています。当時のことを考えると、子どもにも申し訳なかったなと思うこともあったりします。

子育てはひとりぼっちではない、責任をすべて母親に押しつけてはいけないって思います。私の時は、小さな子を連れて、飲食店に入ることも電車に乗ることも周りの冷たい目と闘いながらでした。特に、50歳くらいのおじさんの対応は冷たかったです。それは、母親はこうあるべき、というような目で見ているからだと思います。「母親が楽しむこと」を大切にしながら、子どもを育てられる環境であればもう少し楽な子育てができるのではないかなぁって実感しています。

Kさん


1、産後うつになりましたか?
3人ともなりました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
はっきりとは覚えていませんが、1ヶ月健診が終わったくらいに、なんとなく気分がすっきりしたように思います。

3、そのときの症状は?
とにかく、泣けてきます。そして、妙に不安心が募ります。

4、どう対処しましたか?

私は、3人目のとき、子供が3人になったことと、3回手術をした自分の体が心配で、一番不安が強かったです。夜眠るときに、もう不安で不安で涙が止まらなくて病室から母親に電話をしたら、母親が夜中こっそり来てくれて、寝かせてもらいました。父親が一緒で、子供みたいに泣いてる私に驚いていたのを覚えてます。でも、あの時は、恥ずかしいとかそんなことよりも主人でもなく、母親にすがりたかった、、そんな心境でした。

この産後のうつは、私は出産で何が一番辛かったと言われると、傷も辛かったですが、この不安な気持ちと闘うことがほんとに辛かったです。

ただ、育児の忙しさにその不安な気持ちも流されていたので、長くは引きずらずに済みました。あのなんともいえない、不安な気持ちは、辛い。。私だけじゃないんだ!!と知る事ができるだけでも心強い気がします。

最後に、Lさん


1、産後うつになりましたか?
出産直後からなりました。産んだ後、氷枕を抱いて子宮を収縮するために暗い病室に横たわっていたときから。不妊を経ての妊娠だったので、本当に胎内にいる娘との一体感がうれしくて、それが出産によって奪われた悲しみで、どうにかなりそうでした。病室に戻ってから、それこそホルモンが逆流していくのを体が感じるのと同時に、娘の結婚式を妄想し、泣きじゃくっていました。同室の方に「うるさいっ!」と叫ばれるほど、嗚咽しながら泣いていました。泣いている自分が不気味なんだけど、もう止められない感じでした。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
ホルモンからくるホームラン的なうつ状態は、すぐに直ったのですが、シングルヒット的なちょこちょこちした産後うつは、3月の出産からしばらくたった梅雨の時期の6月。外に行くこともなく、家でずっと赤ちゃんの世話をしていたらどうしようもない孤独感を感じて、パナマに赴任する商社マンの妻であった友人の声が聞きたくて、その会社の代表に電話をかけて電話番号を聞き出しました(今なら考えられないですよね。個人情報の観点から。でも粘りに粘って、聞き出しました)。

実家の両親が本当に孫の世話好きで、母は何度も来てくれたし、父も半日くらい一人であづけても、全然平気というか赤ちゃん大好きな人だったので、本当に助かりました。今も、頭が下がりません。来て欲しいという時に、「何の用?」と言われたことはほとんどなく、バーゲンやランチなどでも、喜んで来てくれました。

3、そのときの症状は?
子供が愛せないということはまったくなかったのですが、愛しているからこそ、言葉も通じない、いつも見ていないといけない、そういう存在にもうほとほと神経が疲れてしまいました。大切だからこそ、うんざり。無性に涙が出てきたり、パソコンを見ると、なんだか華やかな世界が繰り広げられていて、置いていかれる辛さに、しばらくスイッチを切っていました。

4、どう対処しましたか?
周囲の理解です。夫と両親には本当に助けてもらいました。それから社宅に住んでいたのですが、それこそ子育て住宅で、隣の奥さんにはいろいろ教えてもらえたし、たくさんの人に支えてもらえての育児でした。

あと、ちょっと娘の睡眠のリズムができた時に、夜の12時から3時まで(授乳と授乳の間)を勉強時間にあてて、消費生活アドバイザーという資格勉強をしました。9月に1次試験、11月に2次試験だったので、7月くらいから勉強を始めたと思います。勉強があれほど楽しく感じられたのは、最初で最後です。なんだか自分でいられるための時間でした。睡眠も娘と一緒に寝るようにしていたので、生活はめちゃくちゃでしたが。「受かるかしら」という新たな気苦労を作りだしたことで、子育てのストレスからは割と解放されました。何かのストレスを感じたら、新たなストレスの種を作れば、最初のストレスは軽くなる。割とそれ以降、そういう対処法をとっています。

さまざまな症状、対処法があるようです。何かの参考になればいいと思います。もしひとつ願うとするなら、どうか、周囲のサポートがもっと得られやすい環境になればと思います。ぜひ、最初の出産を控えた旦那さまにこの記事を読んでいただければと思います。

またぜひ、みなさんの「産後うつ」も教えてください。

1、産後うつになりましたか?
2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
3、そのときの症状は
4、どう対処しましたか?

コメント欄に書いていただければ光栄です。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

みなさん普通に産後うつがあるということを知って、私だけじゃないんだと安心しました。
出産を控えた人やそのまわりの人も、多くの人が産後うつになることを知って、心構えをしておくだけでもかなり違うんじゃないかなと思いました。
知っていないと、いつもと違う自分に自己嫌悪しちゃったりしまいますもんねえ。

Posted by: 古織田奈葉 at 2010年08月04日 10:52

8月9日に「父親たちで考える産後うつ問題」という緊急フォーラムがファザーリングジャパン主催で開催されるそうです。文京区民センターで午後6時半〜9時。無料。HPから申込みが必要です。

http://www.fathering.jp/forum.html

「パパはママの最強サポーター」という副題がなんとも心強いです!!そう思ってがんばってくれるパパは素敵だと思います。産後うつでママの命がなくなってしまったら、ママも赤ちゃんも周りの家族も本当にかわいそうです。

個人的には日本で暮らす外国人のママ達のことも気がかりです。気軽に悩みを相談できる人がいないと異国での子育ては本当に大変だと思うので……。

Posted by: wadarie at 2010年08月06日 09:24

私も経験がありますが、こういう経験って周りの人に話しづらく、本当は共感してくれる人がほしいと思っているのに、なかなかそういう人に会えない、というのもストレスになるのではないかと思いますね。

また、産後うつでなくなった人の家族の方、周りの方は「相談してくれれば」とおっしゃるのですが、「相手を心配させたくない、自分で乗り切りたい」「こんなことで相手を悩ませては」という気持ちも、うつに拍車をかけてしまうのではないかな、と思います。
一人目のときは産後すぐではなく、しばらくしてから憂鬱な気持ちになりました。二人目のときは入院中だったので、助産師さん(産科スタッフは全て助産師)に話を聞いてもらって乗り切りました。つらいのは自分だけじゃない、という気持ちをみんなで持ち寄れれば多少気は軽くなるのかなと思います。

Posted by: ことなりままっち at 2010年08月17日 21:33

1、産後うつになりましたか?
産後半月程からだったと思います。
2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
産後11ヶ月ですが、まだちょこちょこしたイライラがあり、夫と犬に八つ当たりします。ただ、産後の生理が始まったときは、フワッとした感じがあり、少し落ち着いたように感じました。夫が私からの八つ当たりで泣くほど酷かったので、それを目の当たりにしたときに申し訳ない、頑張らなくてはと思いました。
3、そのときの症状は
出張の多い仕事の夫は産後2週間で1ヶ月程の出張に。
実家の母に頼りたかったのですが、「私は一人でやった。」と母に言われ、それが自信を喪失させました。私はダメな人間なんだと思いました。また、犬も飼っていたので1日おきの散歩に行かなければならず、その間だけの子守を母にお願いしたのですが、いつも嫌な顔をされるので、仕方なく義母に来てもらい、その度気を使いました。義母の柔軟剤の臭いが非常に臭く感じました。また、タバコ臭い義父が来るのも苦痛でした。義両親が帰った直後に消臭剤をスプレーする日々でした。義母が子供を奪おうとしているように感じ抱っこしている姿を見るだけでイライラしました。そうじゃないと分かっているのに義母を見るとイライラする自分に苦しみました。出張で不在の夫に相談するも、「来てもらっているんだから」と言われ、我慢するしかありませんでした。出張から帰ってきた夫や、飼っている犬にも八つ当たりをする日々でした。直ぐに怒るようになり、使ったことも無いような言葉で夫に文句を言っていました。「お前がバカだからだろうが!!」等と言い、犬は足で蹴り、怖がっているのが分かりました。それでも気持ちはおさまりませんでした。
4、どう対処しましたか?
犬をペットホテルに預け、母と義両親が家に来る機会を減らしました。一人になれる時間を必死で作り、人に会うようにしました。子供と一緒に出掛けるようにし、友達とお茶をしたりしました。義母には会わないようにし、仕事を探し始めました。また、夫に「私の話し相手はあなたしかいない。」と伝え、夫が出張じゃないときは話し相手になってもらいました。なぜ苦しいのか、なぜ辛いのか、なぜイライラするのか、原因を必死で探し解決しようと頑張りました。

Posted by: m at 2014年12月16日 23:47

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
スパリゾートハワイアンズは、首都圏から毎日無料バス運行(要予約)その1美味しい&フラ堪能編
ケアとワークを両立できる社会へ、ケア・フォー・ケアリングパーソンという視点
ダイソンのお掃除ロボット体験しました
生活防水つきのApple Watchは家事をしながら電話できるワーママの味方
ダイソンの空気清浄機は、PM2.5よりずっと小さい粒のPM0.1も99.95%除去
ダイソンのモニター募集のお知らせ
あけまして、おめでとうございます!
ダイソンのコードレス掃除機DC74は、ヨルカジもギリギリOK!?
ダイソンの加湿器の存在感がなさすぎて驚く
ダイソンの加湿器は、除菌された水分を部屋に振りまく
ワーキングマザースタイル10周年パーティー「自分をほめよう!」
高校生•大学生のためのイママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ開催レポート
イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ
朝日新聞の未来メディアプロジェクトのシンポジウムで考えたこれから必要な素養
子供が生まれて一番気になる家電は、掃除機

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3968

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space