ワーキングマザースタイル塾との新しい関係




2010年08月19日

塾との新しい関係

Posted by 竹之内ふうこ

我が家の中一の娘は、この春に中学受験を終え、私立中に通っています。
今回は「塾」について、思ったことを書きたいと思います。

娘は、受験準備期間、個別指導塾に通っていましたが、今も継続して通っています。
と言うと、

「えーーっ?私立に行っても塾に通い続けてるのーー?」

と驚かれることが多いです。
確かに(- -)
私も、私立中に進んでもなお、塾に通わせ続けるとは思っていませんでした。
少なくとも中学校の間は塾は必要ないのかな、と。

もちろん、受験後、スッパリ塾をやめた方が多数派です。
SAPIX小学部や日能研などの中学受験専門塾は、受験が終わったら自動的に「卒塾」となりますので。(でも、次の塾を探している方は実は多い)
一方、トーマスや栄光ビザビといった中学生も通う個別指導塾にお世話になっていた方は、そのままお世話になり続ける、というパターンが意外と多いように思います。

我が家は、当然辞めるつもりでいましたが、結局、栄光ビザビで、英語1コマのみ残しました。

なぜ通い続けたか・・。

理由はいくつかあります。


(1) 娘が、慣れ親しんだ自習室を利用したがった
(2) 定期テスト対策。分からないところを聞ける環境がほしかった
(3) 中学校に入ってからの勉強も意外と大変ということを知った
(4) 初めての英語に親子ともども不安があった(内部生は既に少々英語をやってきているため)
(5) 塾で会う友達の存在も大きい(刺激ももらえる)


(1) 娘が、慣れ親しんだ自習室を利用したがった」について
受験勉強は自習室でやり、家では全くやらなかったという、かなり極端なことをしていたので、「勉強=自習室」だったんです。
自分の家でできないのは困るけど、自習室で勉強を済ませてきてもらえるのは、私としても助かります。
4月は、学校帰りに自習室で勉強を済ませてきていました。
勉強時間は4月から右肩下がりですが(笑)、現在の勉強場所は、家と自習室、半々くらいです。

(2) 定期テスト対策」について
普段も、テスト前も、分からないところは、もちろん学校で聞けるハズ。
がしかし、聞けるんだけど、なかなか聞きに行かないのが、子供です。(うちだけか)
自習室で勉強していると、分からないところをすぐ先生に聞けるのがありがたいです。

(3) 中学校に入ってからの勉強も意外と大変ということを知った」について
受験前は、まず受験を乗り切ることしか考えてませんでしたが、いざ受験が終わり、学校が決まると・・
当然そこがゴールではないということ、授業の進度が早く、入ってからの勉強も意外と大変だということ、などを知り、ここで気を抜いてはいかん!という気になりました。

(4) 初めての英語に親子ともども不安があった」について
クラスの半分近くのお子さんが小学校からの内部進学で、小学校で英語をやっているらしく、
とっかかりであまりに苦手意識を持たせたくなかったので。

(5) 塾で会う友達の存在も大きい」について
受験時代の戦友、公立中に通う小学校時代のお友達、娘と同じ中学の先輩、別の私立中に通うお友達・・と、いろいろな知り合いがいて、学校以外のもうひとつの交流の場でもあるみたいです。
定期テスト前などは、周りもテスト勉強を頑張る雰囲気になりますし、
ちょうど今は、「夏休みの宿題がそろそろやばい」雰囲気があるみたいで(もちろんうちも)、
部活が休みの今の期間、3日連続で通ってます。
受験生ではないので、気楽なもので、勉強に疲れたらお友達と近所のマックでおやつを食べたり、
文房具屋に原稿用紙買いに行ったり、と、楽しくやってるようです。
学校の友達とは家が離れていてなかなか遊べない分、ゆるいつながりではあるけれど、「塾友」っていいな、と私も思います。「第二の部活」という感覚なのかも。


もちろん、塾としては、そのまま通い続けるように営業してきます。
それが大変お世話になった先生方であったことも、「うちは辞めます」とは言えなかった理由の1つだったりします。
グループ授業の方にはほとんどそういう感情はありませんでしたが、個別の方は、実は私にとっても、いつでも相談できる心強い存在だったんだなぁ・・と気付いたりもしました。


6月に数学につまづき、数学も1コマ追加しましたが、9月からは英語を辞めて数学のみにする予定です。
中一の英語にまだ塾は不要、逆に、数学は必要!と、娘はえらそうに言ってます。
たった1コマしかとっていないのに、自習室をたくさん利用するのも気がひけますが(汗)


なんだか、親子で、塾依存症か??という感じですね。
こんな調子なので、これからもゆるく塾通いを続けることになりそうです。
小3の下の娘もグループ授業(算数のみ)2年目ですが、本当に通わせてよかったと思ってますし、今や、我が家では、「塾」は欠かせない子供の習い事の1つになっています。


数年前までは、いろんな意味で「塾なんて・・」と思っていた自分が、こんなに変わるとは・・(笑)。
改めて考えてみて、今、ちょっとびっくりしています。

ぜひ、皆さまの塾との付き合い方など、教えていただけると嬉しいです。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

高3息子、中2娘とも私立の中高一貫校に通っています。
息子はSAPIX、娘は四谷大塚だったので、中学生向けの塾への勧誘はありませんでした。
息子も娘も練習が厳しい部活に入部し、夏休みなどの長期休暇も含めて毎日のように部活の練習があり、その合間に学校の宿題をやり、話題のテレビも見、睡眠時間を確保するとなると、塾へ行く時間は取れないのが現状です。
高3の息子もインターハイ予選でベスト16まで行ったので、6月末までは塾とは無縁の生活でした。
そのため、引退後初めて受けた模試では惨憺たる結果。次の日から塾通いを開始し、夏休み中は一日も休まず朝8時から夜10時ごろまで塾にいます。親としては、もう少し勉強していれば、と思いますが、上下関係の厳しい部活を5年半やりとおしたことが、彼の財産となっていることはありがたいと思っています。
娘の学校は宿題が山のように出るので、一日部活をやって、「嵐」のテレビをみて、そして勉強時間を捻出するのに苦労しているようですが、時間がないなりに、なんとか頑張るようになってきました。
定期試験対策の勉強の仕方を先輩に習ったり、時には先輩から理不尽とも思えるお叱りを受けたり、大変な日々のようですが、今しかできない貴重な経験をさせてもらっています。
そんなわけで、我が家の子供たちは部活を引退するまで、塾とは無縁です。

Posted by: ガルーラ at 2010年08月19日 18:32

ガルーラさん、早速ありがとうございます!
そうですよね、部活の厳しさにもよりますよね。
お子様2人とも、毎日部活がんばってらっしゃるのですね!私が想像していた中高生活です(笑)

娘の学校の部活は、「勝利至上主義ではありません」と断言するだけあり、練習内容的にはキツイらしいですが(娘談)、時間的にはゆるゆるで、バスケ部でも普段は週2日、です。最終下校も6時くらいだったような気がします。夏休みの練習日を数えたら、11回でした。「勉学の妨げにならない程度に頑張りましょう」というスタンスなんですね。

だから、塾が「第2の部活」みたいになっているのかもしれませんね。まぁ、勉強するのは大歓迎なので、「第2の部活もどうぞがんばって!」です。

息子さん、中高と厳しい部活をやり遂げて、素晴らしいですね。上下関係、コミュニケーション力、忍耐力、体力根性ガッツ、これからの時代に一番必要なものを得られたのではないでしょうか。勉強もこれから猛ダッシュですね!

Posted by: ふうこ at 2010年08月19日 20:38

うちも塾に入れたいのですが時間的にかなわず。

うちなどは、レベル的にも「勉強が大変」なんていう学校ではないのに、「本当に大変」。

ついていくのがやっとです。
部活も週3回とはいえがっつりあるし、塾に行かせるとしたら日曜日のみ。日曜日はお友達との交遊ががんがん入っているようなので、やっぱり今のところは無理ですね。

結局、わたしが英語を見ています。
とほほです。

Posted by: らむね at 2010年09月07日 13:21

らむねさん、やっぱり勉強大変ですよね。
そして、部活や遊び、たくさんやりたいことがある・・受験も終わった今、塾に時間を割きたいと思えるかどうか、問題です(笑)

我が家は2学期から、数学を週一コマ、のみになりましたが、「英語ないとラク〜」なんて言ってます。
定期テストは全教科散々なのですが、これが塾に通ったからといってよくなるのかは分かりません(汗)
結局は本人が「勉強頑張るぞ!成績上げるぞ!」と思わないことには・・と、そこにたどり着きます(涙)

今から勉強勉強とうるさく言うつもりはないですが、キャッチアップができないくらい落ちこぼれるのは避けたい・・

こんな緩みきったアマアマ親子を見かねて、昨日は、受験の時からお世話になっている数学の先生にお尻をたたかれていました。
「せっかくあれだけ頑張って入ったのに、高校に上がれなくていいのか!また高校受験したいのか!」と(涙)
期末テストがほんとにひどかったので・・。
どうやら、我が家にとって、塾は「お尻をたたいてもらう場所」でもあるようです・・

Posted by: ふうこ at 2010年09月08日 10:08

うちはね、もう「英語」だけ平均点とりなさい。といっています。あわよくば、代数と幾何も。3教科だけ平均点だったらいいと。

期末はどうにかそれをクリアしたので、ほっとしていますが、「いわないと、やらない」そういう性格誰か叩き直してほしい。

「いい成績をとりたい」という欲があれほどないというのは、まじ、考えもの。

Posted by: らむね at 2010年09月11日 01:35

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子供の教育 in 上海(2)〜インター校編〜
40代後半の趣味は、ゴルフと中国茶。
朝ごはんダイエット、我が家でも実践中♪
オンライン英会話レッスン、続いてます♪
オンライン英会話レッスン、始めました。
子供の教育 in 上海(1)〜日本人学校編〜
「転勤」は、忘れた頃にやってくる!(2)
「転勤」は、忘れた頃にやってくる!(1)
日本橋だし場(DASHI BAR)訪問記♪
さつまいものおやつ♪
塾との新しい関係
6月病??新中学一年生のお世話。
母の日ギフトにアイスコーヒー♪
【プラス志向で行こう!中学受験奮闘記】第17回 中学受験終了!
【プラス志向で行こう!中学受験奮闘記】第16回 本番直前

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3975

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space