ワーキングマザースタイルパリの新学期




2010年09月02日

パリの新学期

Posted by 津田実穂

長い夏休みも終わり、ついに新学期が始まりましたね。
働く母にとっては辛い夏休みもやっと終わりです。(といってもずっと学童に行っていましたが。)

DSC06319.JPG

ちなみに、今年のフランスの新学期は9月2日木曜日に始まります。
なんて中途半端な日程。
これには理由があります。
その理由とは、

1日に始まったら先生が準備できないじゃない。」
だそうです。
さすが,労働者天国、フランス。
だったら2ヶ月もある夏休み中に準備をすれば、と思うのですが、夏休みはあくまでも夏休み。
先生達も夏休み(実際には何日かは学校に来ているようです。)。
先生の始業が1日。子ども達の始業が2日です。

ワーキングマザーも多いので、短縮授業は一切ありません。
新年度の最初の日から、それこそ一年生の入学式の日から、フルで授業があります。

大人中心な気がしなくもない、フランスの新学期事情でした。
(働く母にとってはありがたい。)






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

フランスに10日いっただけで、その2日からスタートというの、なんだかわかります。笑

でも初日からフル授業は素敵。日本もそれでよろしくお願いしますと言いたい。小1の新学期はならし授業で段階的に増やすのはいいけれど、小2からは、まったく必要ないでしょ。と毎年思う!!

Posted by: 柚子 at 2010年09月02日 15:12

柚子さん、
コメントありがとうございました。
わかっていただけました? 笑
確かに、小2以降はあんなに短くなくても、と思いますね。

Posted by: みほっち at 2010年09月06日 22:40

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子育ての方針
パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」
フランス式氷の作り方
夏休みにオススメの映画!『世界の果ての通学路』
ジブリ映画「風立ちぬ」 in France
ケニアサファリに行って来ました。  
宿題狂想曲 Part2
子どもの夢遊病
働く私の三種の神器、アートメイク、まつ毛エクステ、ジェルネイル
パリ発の映画、『新しい靴を買わなくちゃ』
読んでみました。「タイガー・マザー」
8月4日(土)、パリ発のチャリティーイベントが丸の内で開催!
子どもと大統領選挙
すべての子どもは芸術家である
無差別殺人から子どもを守る

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3985

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space