ワーキングマザースタイル大嫌いなフランス語




2011年01月24日

大嫌いなフランス語

Posted by 津田実穂

 いきなりネガティブなタイトルですみません。海外生活、ストレスがたまる事もある、という事でお許しください。
 突然ですが、日常で頻繁に使われる言葉で私の大嫌いなフランス語を紹介します。
 
・私のせいじゃない(C'est pas ma faute. C'est pas a moi.)
・気にしないで、大丈夫(C’est pas grave.)

どんな時に使われるのでしょう?

◇私のせいじゃない(C'est pas ma faute. C'est pas a moi.)
子どもはよく言うセリフかもしれない。大人だって、心の中で思う事はある。でも口には出さないよね。
ところがフランスでは、信じられないほどよく耳にします。

・約束の時間に遅れた時、すっぽかした時の言い訳
「私のせいじゃない。電車遅れたから、目覚ましならなかったから、etc.」
びっくりなのは、友達の間だけでなく、不動産屋さんや工事の業者等、ビジネスの人にも頻繁に使われます。
不動産屋と物件の前でアポイント取ったのに、待てど暮らせど来ない。絶対忘れてすっぽかしたくせに、
「私のせいじゃない。今日は仕事忙しかったんだ。」
それってあなたのせいじゃないの?
通販で買ったものと違うものが届いたりして、クレームのたらいまわしにあってる時にも、耳にタコができるほど聞くハメになります。
「私のせいじゃない。私はただの受付よ。私のせいじゃない。○○の部門のせいだ。私のせいじゃない。メーカーのせいだ。」
あなたのせいじゃない事はわかってるけど、わざわざ言わなくてもいいんじゃない?
あと、あなた達のうちの誰かのミスではあるよね?

・グラスが倒れてジュースやワインをこぼした時、
「私のせいじゃないわ。グラス倒れたの。」
それって詭弁というのでは?
でも、反射神経のように言う人多し。子どももよく言います。

・レジでお釣りを間違えられ、指摘した時にも言われる。
「私のせいじゃないわ。」
あなたのせいでしょうがっ!!他の誰のせいだというの?

◇気にしないで、大丈夫(C’est pas grave.)
2番目のコレ、文字だけみると全然嫌な言葉ではないのですが、使われるシチュエーションに問題があります。
普通この言葉は、何かミスをしてしまった人に対して周りの人が言うセリフだと思いますが、フランスでは、ミスした側がこの言葉を発します

レストランで頼んだのと違うものが来た、お釣りが間違ってる、上階から水漏れしてる、車をぶつけられる、役所に書類をなくされた(なくすなよ!)etc.
日本では、「申し訳ありませんでした。」というセリフが来るシチュエーションでよく使われます。
謝る代わりに、明るく、
「気にしないで、大丈夫(C’est pas grave.)」
最初聞いた時は、聞き間違いかと思いました。
それって、私のセリフじゃないの?といつも思います。全然大丈夫じゃない時もあるし。
ちなみに、ごめんなさい、というニュアンスは1mmもありません。

◇番外編
お店に行って欲しい商品がなくて、いつ入荷するのかを聞いた時の返事。
・明日入荷します。(今はないけど2、3日中には入荷するかも、という意味)
・2、3日後に入荷します。(しばらくは入荷しない、という意味)
・来週入荷します。(入荷の目処はたってない、という意味)






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

フランス人はうつ病にはなりにくそう・・と思ってしまいました。
自責の念が強いとうつになりやすいですから!!私のせいじゃないってすごい台詞ですなあ・・・。
日本人はすぐに自分のせいにするから、もしかすると、うつ病多いかも・・・と思いました。

Posted by: ぬお at 2011年01月24日 19:46

台湾に7年住んでたことがありますが、
フランスと似ていてびっくりしました。

特にミスした側が「気にしないで!大丈夫」ということ。本当にカルチャーショックでした。

納期の話をした時の「問題ない、大丈夫」という言葉もトラウマになっています・・・

Posted by: Kerri at 2011年01月25日 13:49

おもしろいですね〜。すぐ自分が悪いと謝っちゃう日本人が素のままで行ったらうちのめされますよね。

西洋の人って思ったことをズバズバいうなーと、私も驚いたことがあります。「私○○さんってキライ」とヨーロッパ人が断言するのを何度か聞きました。日本人は言わないですよね。

日常直面すると笑ってもいられないかもしれませが、そういうギャップを見つけたときには、思わず笑っちゃいます。コントみたいですよね。西洋人にはわからない笑いなんだろーなー。

Posted by: 古織田奈葉 at 2011年01月26日 16:55

あ、なんかわかります!
ヨーロッパ生活のストレスがたまるところですよねー。
日本人だったら、あっさり「ごめんなさい」で気持よくすむのにねえ。

Posted by: 森 at 2011年01月26日 22:44

ぬおさん
コメントありがとうございます。
私のせいじゃないってすごい台詞でしょう!
ただ、パリを含む北フランスは、冬はうつが多いです。毎日寒くて曇り空でお日様を一週間見ない事もよくあるので。気候の事をのぞけば、ホントうつ病にはなりにくそうです。

Kerriさん
コメントありがとうございます。
台湾もそうなんですか!カルチャーショックですよね。
>納期の話をした時の「問題ない、大丈夫」という言葉もトラウマになっています・・・
なんだかとってもよくわかる気がします。
2つ星レストランで食事をしてる時に、予約の段階から乗らなければいけない列車の時間を伝えておいたのにもかかわらず、「問題ない、大丈夫」を連発。結局、列車の発車時刻にまだデザートは来ていませんでした。。。

古織田奈葉 さん
コメントありがとうございます。
いや、本当にうちのめされますね。
西洋人にはわからない笑いといえば、自虐ギャグって、わからないみたいです。

森さん
コメントありがとうございます。
わかってくださって嬉しいです。ドイツもそうでしたか?
ホント、どうしてわざわざ神経を逆撫でするような一言を付け加えるのか,理解できません。
日本って、いい国ですよね。

Posted by: 津田実穂 at 2011年01月27日 23:40

はじめまして、初コメントさせていただきます。

ネットサーフ中に偶然発見し、
思いっきり頷いてしまいました。

いやあ、たまにその発言は、
切れそうになりますよね。

最初は、バカにしてんのかと思ってたけど、
そんな文化だってことですよね。

やれやれです。

突然のコメント失礼しました。

Posted by: 織田 at 2011年02月07日 05:45

織田様
コメントありがとうございました。
疲れてる時にいわれると、なんだかこう、ブチっという音が聞こえてきますよね。
本当にやれやれです。
ありがとうございました。

Posted by: mihocchi at 2011年02月19日 16:43

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」
フランス式氷の作り方
夏休みにオススメの映画!『世界の果ての通学路』
ジブリ映画「風立ちぬ」 in France
ケニアサファリに行って来ました。  
宿題狂想曲 Part2
子どもの夢遊病
働く私の三種の神器、アートメイク、まつ毛エクステ、ジェルネイル
パリ発の映画、『新しい靴を買わなくちゃ』
読んでみました。「タイガー・マザー」
この夏、南米・ヨーロッパで大ヒットの曲!「Ai Se Eu Te Pego」
8月4日(土)、パリ発のチャリティーイベントが丸の内で開催!
子どもと大統領選挙
すべての子どもは芸術家である
無差別殺人から子どもを守る

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4068

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space