ワーキングマザースタイルワーキングマザーの入院〜病気の発覚〜




2011年05月18日

ワーキングマザーの入院〜病気の発覚〜

Posted by 津田実穂

 病気の発覚は、人間ドックでした。
 極めて月並みですが、私の場合問題だったのは、35歳にして初めて人間ドックを受けた事やその前5年間一回も健康診断を受けてなかったことでしょうか。
 パリに引っ越してきてから5年弱。一回も健康診断を受けた事がありませんでした。
 健康には気をつけている方なので(説得力ないですが)、日本にいる頃は、毎年自治体の健康診断を受けていました。

 でも、パリでは健康診断を受けましょう、という紙も来ないし、どこで受けられるのかもわからないし、フランスは基本的に全部分業なので何箇所も周らないといけない、という情報を聞いたりして足が遠のいていました。
 何より、毎日が忙しくて、検診の事など考えてる余裕は全くありませんでした。
 次に日本に帰ったら人間ドック受けようかな〜、と毎年思いながらも、金額や日程を取るのに躊躇して忙しくて結局受けない、というのを繰り返していましたた。
 でも、今年の年明けくらいから妙に体調が悪かったのです。膀胱炎を頻繁に繰り返し、ひどくはないものの今まで無縁だった腰痛に悩まされ。なんだか、泌尿器系か婦人科系に問題があるような気がものすごくしていました。
 35歳、節目の年だし、そろそろ受けないとまずいかな、とようやく決心。でも、金額を見てまた躊躇、結局2月の一時帰国時に、かなりぎりぎりに人間ドックの予約をとりました。なんだか悪いものがある気がする、婦人科のオプションもつけて。
 

注:自覚症状が出る頃には、たいていの病気は病状が進行しています。
早期発見、早期治療のためにも、自覚症状が出る前に、元気なうちに健康診断を受けましょうね

 何かあるかもしれないけど、きっとたいした事ないに違いない、という変な自信を持ったまま、人間ドック当日。思った以上にきれいな場所、効率の良く受けられるシステムに「パリとは違う!」と感動しきりでした。
初めての検便、初めてのバリウムグルグル(胃のレントゲン)、初めてのマンモ、と初めての事だらけでなぜかワクワク楽しく(個々の物はそれなりに苦しかったですが)検診を受けていました。
 ちなみに私が行ったのは、東京駅近くの松翁会というところ。半日で全部の検診を受けられる事ができ、健康診断に特化しているのでとてもスムーズでした。
 
 そして、最後の婦人科子宮頸がんの検査。それまで、何の異常もなかったので、さぁ、この後は帰るだけ、という時に、担当の女医さんに言われました。

女医さん「子宮頸がんとは関係ないけど、なんだか卵巣が腫れているみたいだから、本当はこの検査ではとらないんだけどエコーを撮ってみました。」
「?????卵巣?腫れてる??」
女医さん「エコーで見る限り、10cmかそれ以上はありそうです。」
私「はぁ。(よくわからないけど、内蔵って普通それくらいの大きさがあるんじゃないの?)」
女医さん「たぶん手術をする事になると思いますよ。病院の紹介状書きましょうか?」
「フランスに住んでるのでいいです。(手術?でも最近日帰り手術とかも聞くよね。日帰りでやってもらおう。)」←全然わかっていない。
女医さん「捻じれたり破裂したりしたら大変なので早めに病院に行ってくださいね。」
「はい。(休む事になっても大変だから、さっさとちゃっちゃとやってもらおう。手術当日はお迎えに行けるかな?その日くらいは休んだ方がいいのかな?)」←やっぱりわかっていない。

 あまりに私に切迫感がなかったせいか、「卵巣のう腫ですから。フランスに着いたらすぐに病院に行ってくださいね。」と念を押された上、初めての人間ドックは終わりました。

 家に帰って、早速ネットで「卵巣のう腫」を検索。
 調べていくうちに、卵巣の元々の大きさは親指程度で、10cmというのはかなり大きい腫瘍だという事がわかりました。
 また、私が日帰りでできると思い込んでいた手術は、お腹を切るので、入院が約2週間、自宅療養一ヶ月

 入院が2週間、自宅療養一ヶ月って、仕事はどうすればいいの?子ども達の世話は誰が見るの??両親は約1万キロ離れた場所に住んでるのに!頼れる人がいない場合はどうすればいいの?
 血の気がさーっと引く音が聞こえるようでした。
 
 つづく

 P.S.本日から入院してきます。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子育ての方針
パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」
フランス式氷の作り方
夏休みにオススメの映画!『世界の果ての通学路』
ジブリ映画「風立ちぬ」 in France
ケニアサファリに行って来ました。  
宿題狂想曲 Part2
子どもの夢遊病
働く私の三種の神器、アートメイク、まつ毛エクステ、ジェルネイル
パリ発の映画、『新しい靴を買わなくちゃ』
読んでみました。「タイガー・マザー」
8月4日(土)、パリ発のチャリティーイベントが丸の内で開催!
子どもと大統領選挙
すべての子どもは芸術家である
無差別殺人から子どもを守る

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4147

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space