ワーキングマザースタイルワーキングマザーにピッタリ!朝ごはんダイエット




2011年05月26日

ワーキングマザーにピッタリ!朝ごはんダイエット

Posted by 唐土かほる

唐土かほるです。

最近、気づいたのですが、我が家の夫は結婚後、20kg太っていました。それはそれなりに衝撃でしたが、実は私も(夫の陰に隠れて目立たないものの)、結婚した時からすこーしずつ体重が増加傾向にあり、気がつくと5kg太っていました。

40歳を過ぎると、生活パターンが変わらなくても、特に過食をすることがなくても、自然に体重って増えてくるんです。代謝が悪くなっていくからでしょうか。摂取量は変わらないのに、燃焼しないんでしょうね。その残った分がお肉になる・・・?

でもまぁ、誰にも指摘されないし、そのうちに・・・と思いつつ、毎日をバタバタ過ごしてきました。ちょっと困ってきたのは、スカートのウエストが小さくなって(いや、私のウエストが大きくなって)、はけないスカートやパンツが増えてきたことです。特におなかまわりにつくんですよね、40歳をこえての肥満は。これをいわゆる「中年太り」というのか・・・と、ブルーが入りつつ、何も対処せず、過ごしてきました。

それに20代の頃、いろんなダイエットに挑戦してきた私としては、その気になればいつでも痩せることができる、と思っていたんです。2,3kgぐらい、いつでも大丈夫と。

でも、気がつくと5kg増・・・。とはいえ、こんな年で今更ダイエットしてもねぇ、みんな太ってくるんだし、まっ、いいか・・・そんな風に、自分の中ではプチ葛藤しつつも、行動におこせずにいました。

ダイエットの経験があるからこそ、仕事や家事で忙しいのに、食事制限をしてつらくなったりするのがイヤで、エクササイズの時間を取ることも惜しかったのです。

それに、少しずつ増えた体重って、元に戻すのって難しいんですよね。(←言い訳?)

そんな私でしたが、ある日、ひょんなことから、ワーキングマザーにピッタリのダイエット法に出会ったのです。

それは、仕事先で久しぶりにお会いした会社の大先輩(男性)との立ち話から始まりました。

私「最近、腰痛はぶり返していませんか?(大先輩は椎間板ヘルニア持ち)」

大先輩「おうっ、痩せたから、大丈夫や。」

私「そういえば、ずいぶん、すっきりと・・・。どうやって痩せはったんですか?」

大先輩「医者から言われて、朝ごはんダイエットしてんねん。」

私「朝ごはんダイエット?」

大先輩「朝ごはんに味噌汁とかスープとか飲んで、ご飯やパンを食べへんねん。」

私「へぇ〜」

大先輩「味噌汁に芋いれたら、あかんで。炭水化物やから。大根とかほうれん草はええけどな。味噌汁でなくても、ヨーグルトとかバナナでもいいらしいで。」

私「それだけですか?」

大先輩「基本的にそれだけや。あとは晩御飯を遅い時間にいっぱい食べないとかしてるけど、飲みにも行くし、特に節制はしてへんで。暴飲暴食はせーへんけどな。」

私「でも、朝ごはんがお味噌汁だけだったら、おなかすきませんか?」

大先輩「最初の頃はちょっと物足りんかったけど、すぐ慣れたわ。」

私「へぇ〜」

・・・と、こんなやり取りだったのですが、「これぐらいなら、できるかも」とビビっときた私。早速、翌朝から試してみました。

我が家の場合、朝から味噌汁やスープを飲む習慣がないので、子どもたちにはトーストを用意し、私だけヨーグルトを食べて出勤しました。(自分用の)食事の用意は簡単だし、朝食時間もグンと短縮。これは簡単でよいではないか。

でも、その日はさすがに物足りなくて、会社に着くなり、おなかがグーグーなりそうでしたが、ぐっとガマン。

午前中のガマンを2,3日続けると、体が慣れてきたのか、つらくなくなってきました。

半信半疑で始めたダイエットだったので、特に成果も求めず、単に「自分の朝食を手抜きする」ぐらいの気持ちで続けました。・・・というか、手抜きをズルズル続けただけですが(^^;)。

半年ほどたったある日、会社の健康診断で体重測定がありました。

あれれ?去年より体重が減ってる?!

なんと、5kg増えてた体重から3kgほど減っているではないですか。これはもしかして朝食ダイエット効果?だって、他には何も努力していないし、体調が悪いわけでもないし。

振り返ると、朝ごはんに炭水化物を食べなくなってから、朝から腸が動いているぞ、という感じがします。お通じもよくなってきたように思えます。

「朝ごはん抜き」とは違うんです。朝食は摂るけど、炭水化物を摂らないことが重要みたい。

科学的なことはわからないのですが、胃に水分が入ることで、胃腸が動き出すんでしょうね。胃腸の方が「さぁ、炭水化物くんもいらっしゃい。消化してあげるわ。」と待機してるのに、炭水化物は入ってこない。そこで、かわりに体の余分な脂肪を燃やしているような感じです。というのは、一番脂肪がついているおなかまわりから痩せていったので。(すみません、あくまでも感覚的なお話です。科学的根拠はありません。)

数値的にも効果が出てきて、さらにやる気満々となった私。その後も朝ごはんダイエットを続けて、いえ、朝ごはんの手抜きを続けて、2年ほどで、増えた5kgの体重を元のベスト体重に戻すことができました。

誰もがそれぞれの「ベスト体重」があるんでしょうね。これ以上は、落ちないので。

体重が戻ると、体調もよくなり、何より、スカートやパンツのウェストがゆるゆるになり非常に快適です。

あまりダイエット、ダイエットと考えると挫折してしまうので、他には特にガマンや努力をしていません。どうしてもやめられない「仕事中のお菓子」もガマンしていませんし、残業後の遅い時間の食事も続いています。(軽めに食べるよう、心がけてはいますが)

生活習慣に取り入れることができる(しかも手抜き方面で)このダイエット法は忙しいワーキングマザーにぴったりだと思います。

●午前中は仕事や家事でバタバタと時間が過ぎていくので、ガマンというほどのガマンは必要ない
●ダイエットのために時間を取ったり、お金をかけたりする必要もない(むしろ、朝食時間は時短できる)
●仕事と育児で平日の朝は規則正しい生活を余儀なくされるワーキングマザーだからこそ、生活習慣に取り入れやすい

家族のために朝食にスープやお味噌汁を作られる方なら、ご自身はパンやご飯を食べずにスープやお味噌汁だけ召し上がれば、家族団らんをこわすこともありません。朝ごはんの時間はワーキングマザーにとって、子どもと過ごす貴重な時間ですものね。(我が家は平日、朝の1時間しか子どもと過ごすことができません。帰宅が遅いので、子どもたちはもう寝てる・・・。)

ただし、すぐに効果が出ないかも知れないので、「生活習慣を変えてみる」ぐらいの気持ちで、始めてみてはいかがでしょうか?(ちゃんと体重を計測していなかったので、どれぐらいの期間で効果が出るのかお伝えできなくて、ごめんなさい)

ちなみに最近の私の「朝食メニュー」は、更年期障害予防も兼ねてイソフラボンを摂取するため、「豆乳」コップ一杯。

お好きなもの、身体に必要なものを、選んでみてくださいね。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

いや〜ん素敵!!なんて楽そうなダイエット!!私も夏に海に行くので今年こそ泳ぐぞ!3キロダイエット!!と誓いながら今ケーキを食べているところです。
でも明日からは朝は炭水化物抜き!頑張ります!!!

Posted by: 小梅 at 2011年05月31日 01:49

かほるさんすごーい!

実はかほるさんの実践されている朝ごはんダイエット、実はとっても理にかなっているんですよ。

ニューヨークでベストセラーになったフィットフォーライフと言う本が提唱している『ナチュラルハイジーン』という「自然の生理学的法則」と「人体のサイクル」という自然の緒法則に基づいた健康法があります。
簡単に言うと、人間の体には3つのサイクルが下記のようにあります。
★12:00〜20:00・・・補給(摂取と消化の時間帯)
★20:00〜04:00・・・同化(吸収と利用の時間帯)
★04:00〜12:00・・・排泄(排泄の時間帯)

詳しくお話すると長くなってしまうので・・・その辺の事はまた改めて・・・。
この健康法によると、とにかく、朝は排泄を促す時間帯なので、排泄に体の力を注ぐようにするためにも、なるべく消化がよく軽いもの少量食べるのが良いようです。

そんな健康法をご自分であみだすなんて凄い!
Rieko

Posted by: Rieko at 2011年05月31日 12:04

小梅さん、コメントありがとうございます!
ケーキ食べても全然大丈夫ですよ。
午前中だけガマンのダイエットですから、ぜひ挑戦してみてください。

Riekoさん、コメントありがとうございます!
理にかなった健康法だったんですね。よかった〜。
確かに「腸を動かしている」という実感はあります。
でも、自らあみだしたわけではないですよー。あくまでも大先輩のすっきりシェイプを見て、「これはいけるかも」と思いついた次第。
今度お会いした時にでも、詳しく教えてくださいね!

Posted by: 唐土かほる at 2011年05月31日 19:46

まったく同じ方法でやせました。
毎朝ホットケーキを食べていたですが、ホットケーキをやめて、しょうが紅茶とちょっとした軽いものを食べるようにしましたら、みるみるうちに体重が減りました。同様にお腹周りからです。

私にとっては全然無理が無くて、むしろ気分がいいです。朝はしっかり食べなければならないと思い込んでいました。

Posted by: とおりすがり at 2011年08月27日 15:07

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第77回 「恋妻家宮本」 
スパリゾートハワイアンズは、首都圏から毎日無料バス運行(要予約)その1美味しい&フラ堪能編
ケアとワークを両立できる社会へ、ケア・フォー・ケアリングパーソンという視点
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
子育ての方針
NYで流行りのPOP UP DINNER
パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」
ダイソンのお掃除ロボット体験しました
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4093

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space