ワーキングマザースタイル美味しくて、楽しい東北に行って来ました




2012年05月13日

美味しくて、楽しい東北に行って来ました

Posted by 村山らむね

ゴールデンウィークどうするの?たまには、計画してよ。と、通常、自分のいきたいところを独善的に予約する私の口からの予想外の一言で、旦那があわててとった宿は、直前予約だったために我が家の通常の旅行(GWは基本、伊豆にキャンプだった)としては考えられない値段の高さ。なんとなく、阿吽の呼吸で行き先は東北の仙台。まあ、高いけど仙台ならいいやと、よくわからない納得をして、行って来ました。


■1日目は雨の中のワイルドな移動と、うーめんに癒される

とんでもない豪雨のなか、仙台秋保温泉へ。同じ県内では避難勧告も出ているような日でしたが、朝の7時に出発して途中豪雨と渋滞に巻き込まれながら、15時に宮城の白石に到着。ローカルフーズのうーめんを堪能。JR東日本で吉永小百合さんがCM撮影をしたうーめん店「うーめん番所」にて、遅い昼食。すごく癒されるおいしい麺。素麺よりももうちょっと太い麺。素麺は油の潤滑で補足するのですが、うーめんは油を使わないので、もう少し太く短くなります。非常においしいひとときでした。

12-05-03%2015%2046%2033.jpg

看板おじさんの機嫌がいいと、吉永小百合さんのCM撮影で使われたお座敷に連れて行かれ同じ角度で写真を撮らされます撮ってもらえます。

近くの温麺(うーめん)屋さんでおみやげを買って、17時に旅館に到着。温泉→夕飯→マッサージと、絵に描いたような温泉ライフを満喫しました。


■2日目は被災の現場と牛たんと

物見遊山で被災地を訪れることには罪悪感がありました。でも現場に行かないという罪悪感もありました。仙台の若林区は市街地から本当に車で10分と、非常に近い。全く地震の傷跡を感じさせない賑やかで立派で美しい仙台の市街地。海の近くになるにつれて被害の爪あとがぽそりぽそりと。でも、たぶん「ああっ」と思うのは本当に海から300Mくらいになって急にです。たぶん瓦礫がかなり片付いたからだと思うのですが、家の基礎部分が何十軒もつづきます。それも本当に広くて立派な。

12-05-04%2011%2012%2016.jpg

本当にたくさんの方がなくなったところです。

荒浜地区の海沿いの一角には、慰霊塔も設けられ、家族で祈りました。祈ることしかできませんでした。GWだったこともあり、関東ナンバーも多く見られました。タクシーで来ている方もいました。仙台に来て、被害をこの目で見たいという人が、祈りを捧げる場所となっているのでしょう。もちろん地元の方もいらして、「○○ちゃんと、●●ちゃんが死んだもんねぇ」と、家族でつぶやきながら一心に祈ってました。もしタクシーで行くのであれば、「荒浜地区」と運転手さんに言っていただければ着くと思います。
3mくらいの堤防の上に立ってみると、多少荒々しいけど海が、普通の波を立てていました。そして、堤防のこちらがわには、家の無数の基礎部分が。

m%2012-05-04%2011%2029%2014.jpg m%2012-05-04%2011%2048%2012.jpg

海はもたらすものであり、海は奪うものであること。自然と言い換えてもいいでしょう。もたらすものは、奪うものでもあること。大きな大きな力。

あの場で感じたことはとても書ききれません。言葉として整理されるには時間もかかるでしょう。ただ言えることは小さな自信ができました。どんな自信かと問われると困るのですが、もう少し被災地と関わる心構えができた、と言えるのではないかと思います。


■仙台は本当においしくて楽しい

同じ記事に、津波被害の場所の話題と、グルメの話をいっしょに置くのは不謹慎かもしれません。しかし、地続きで震災の被害と観光都市の笑顔があるのです。お腹がへったので、中心地で牛たん!

赤坂店によくいく利久や八重洲店によく行く喜助はあえて避けて、善治郎というお店に入りました。仙台が誇る商店街で探そうとしたんですけど、あまりにお腹が減っていたので一番駅の近くで手を打ったというのが正解。厚切りのおいしい牛たんに家族みな、超満足。

m%2012-05-04%2013%2036%2038.jpg

たんや善治郎
娘が空気読まずに頼んだ真中たん定食2000円!の肉はまじ、おいしかった。おすすめです。


■仙台の商店街は最高っす。

七夕祭りに4年ほど前に一度来ているのですが、いいですね。仙台の商店街。ローカルブランドとグローバルブランドが渾然一体。藤崎(仙台一のデパート)の前のイートインコーナーで食べたハートフルランド・ジャージー牧場のソフトクリーム、あまりに美味しくて写真撮るひまもなく。商店街をプラプラするだけでも非常に楽しいです。人出もすごいし。道や街並みがとっても素敵なので、仙台ブラブラ。おすすめです。


緑水亭の魅力

宿泊したのは、緑水亭という由緒ある旅館でした。旦那がじゃらんで取ったということで、まったく期待せず行ったのですが、ちょ、ちょっと。すごい大当たり。

・料理最高
高いだけあって、とにかく食事が最高。食堂形式なんだけど、コスト削減するなら、部屋に持ってきてくれるよりも、美味しいほうが断然いい!

初日の夕食は、あわびの酒蒸しと、仙台牛のとろけんばかりのしゃぶしゃぶをメインに、数々の料理。

また2日目の料理は、なんと仙台牛の分厚いステーキとカニの酒蒸し。すべて1日目の料理とは違っていました(2日目も、1日目の宿泊の人は、私たちが1日目に食べたものを食していました)。2日目の料理のほうがちょっと贅沢な気もして、連泊オススメです!

m%2012-05-04%2019%2015%2055.jpg m%2012-05-04%2019%2027%2003.jpg

・お庭がきれい
よく手入れされた美しい庭園。桜は終わる寸前でしたが、季節ごとのお花が植えられているそうなのでいつ行っても楽しめるようです。

m%2012-05-04%2018%2048%2001.jpg

・若女将夫婦は音大出身
跡継ぎの若女将と旦那様で社長さんは、ともに音大出身。GW中は「幸せ気分のコンサート」というロビーを利用したプチコンサートをやっていました。それが結構本格的で、非常に贅沢な気分になりました。

m%2012-05-04%2021%2014%2039.jpg m%2012-05-04%2021%2040%2027.jpg

GW以外でもコンサートは開催されることもあるそうなので、ぜひ予約の際は、若女将ブログを確認してみてください。

・お風呂ももちろん最高

もちろんお風呂も最高です。24時間入れる、原泉風呂。露天はタオルを巻いて階段を15段ほど下がったところにあって、夜は篝火が焚かれて非常に幻想的。かなりよいです。2泊で4回入りました。

・エステもマッサージも

温泉には深夜以外、常時マッサージスタッフの方がいて、空いていればすぐにやってもらえます。私はエステルームでフェイシャルとフットマッサージ。翌日、ヘッドマッサージと足つぼ。どちらも非常に満足でした。特にエステルームでのフェイシャルのあとにやってもらったフットマッサージが最高でした。技術力が高い。久々のマッサージということもあったのか、もう、「やめないで!」と絶叫したくなるくらい、お上手でした。

篝火の湯 緑水亭

楽天トラベルで予約する
じゃらんで予約する

旅館はとても綺麗で震災の影はまったくありませんでした。仙台から少し山側に入ったところなので、このあたりは揺れなかったのかなと思ってました。何気なく、ビールバーのマスターに「このあたりは揺れなかったんですか?」と尋ねたら、「すごかったですよ」と。

建物はどうなってしまうかというくらい揺れて、去年の4月いっぱいは警察や救助関連の方しか受け付けられない状態だったそうです。8月くらいから徐々に一般のお客さんが入りだして、ようやく全館リニューアルオープンできたのは10月15日とのこと。秋保温泉は幸運なことに温泉自体の湯量もとくに変わらなかったそうで、すべての旅館が再開にこぎつけられたとのこと。

旅館のスタッフも、若女将も若旦那も、非常にゆったりとにこにこしていらして本当にみじんも感じませんでした。でも、リニューアルオープンまでのご苦労とか本当に全く感じさせないからこそ頭が下がりました。少々高かったけど、秋保温泉にしてよかったなと思うし、緑水亭に泊まらせていただいて、よかったなと。

次はぜひ親を連れてきたいなと。紅葉の時期とか。仙台駅からシャトルバス(一日1便予約必要)も出ているので、新幹線で気軽に来ることも可能です。


3日目は松島と塩竈

3日目は名残惜しい旅館とお別れし、松島へ。これが非常な大渋滞。カーナビを駆使して裏道を見出して、観光地に最寄りの松島海岸駅ではなく松島駅そばの駐車場から歩いて到着。GWだったこともありますが、もうものすっごい人!!通りのおみやげ屋さんとかもとってもモダン。4年前にくらべて随分モダンにおしゃれに変身してました。

大きなお煎餅とか、笹かまの磯辺焼きとか、頬張りながら五大堂ではるかに見える島々と記念撮影。満足。

m%2012-05-05%2012%2039%2026.jpg m%2012-05-05%2012%2025%2001.jpg


お寿司の一大スポット、塩竈へ

このお寿司屋さんは、残念でした。すし哲はマップルにも載っている非常な有名店らしいのですが、高かった(特上、上、並のうち、上を注文。2650円)のと、サービスがまあ混んでいるからというのもあるんでしょうが、非常に(以下略)。マグロが売りみたいで、鉄火巻きがむちゃくちゃ美味しかった。でも高かった(くどい)。

塩竈 寿司めぐり


なんか食べてばっかりな報告になりましたが、最後、東北自動車道の安達太良サービスエリアでお土産を買って帰りました。福島県のサービスエリアですが、レストランもおみやげ屋さんも行列でした。


東北というとつい、震災や津波被害での、かわいそうな東北というイメージになってしまいますが、そうではない、楽しくてすこぶる美味しい東北を満喫しました。お金もいっぱい使いました(^_^;)。

私のように行きたいけどなかなか行けなかった人も、ぜひぜひ気軽に旅行の行き先の選択肢の中の一つに東北を入れてみてください。まだ傷も残っていますが、非常に活気に溢れた魅力的な笑顔が出迎えてくれますよ!

東北観光博
お得情報やイベント情報などがまとまってます。スタンプラリーもあるみたい。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

生の東北リポートありがとうございました。今年の夏は諸事情でいけないのですが、来夏、絶対に行こうと思っています。ありがとうございました。

Posted by: みほっち at 2012年05月13日 02:38

らむねさん、ほんとうに美味しそうなリポートありがとうございました。東北を訪れて楽しむことが、現地の方の力にもなると思います。
「まだ息の長い支援が必要」といいますが、現地では今どんなことが求められているんだろうと考えていましたが、訪れることも立派な支援なのではと思いました。

Posted by: 古織田奈葉 at 2012年05月15日 16:24

みほっちさん、奈葉さん、ありがとうございます。

本当に賑やかな仙台を歩いていると、車で10分の津波被害が嘘のようなのです。旅行者でさえこれほど複雑な思いを抱えるのですから、実際に家をなくされた方々はいかばかりかと。でも、結局は仙台の賑やかさが、必ず次の未来を作るので、割りきって一観光客として思い切りごちそうを食べ、お土産をたくさん買うことが、いいのだと信じるしかないですね。

Posted by: らむね at 2012年05月16日 10:47

上手そうな料理の写真は、東北復興に一番の効果的な要素だと実感した。
政治家はぐだぐだ言う前に、東北で食べ歩きしてブログでアップすればいいだけなような気がしていきた。

Posted by: タッチペン開発者 at 2012年05月30日 19:38

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
スパリゾートハワイアンズは、首都圏から毎日無料バス運行(要予約)その1美味しい&フラ堪能編
ケアとワークを両立できる社会へ、ケア・フォー・ケアリングパーソンという視点
ダイソンのお掃除ロボット体験しました
生活防水つきのApple Watchは家事をしながら電話できるワーママの味方
ダイソンの空気清浄機は、PM2.5よりずっと小さい粒のPM0.1も99.95%除去
ダイソンのモニター募集のお知らせ
あけまして、おめでとうございます!
ダイソンのコードレス掃除機DC74は、ヨルカジもギリギリOK!?
ダイソンの加湿器の存在感がなさすぎて驚く
ダイソンの加湿器は、除菌された水分を部屋に振りまく
ワーキングマザースタイル10周年パーティー「自分をほめよう!」
高校生•大学生のためのイママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ開催レポート
イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ
朝日新聞の未来メディアプロジェクトのシンポジウムで考えたこれから必要な素養
子供が生まれて一番気になる家電は、掃除機

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4254

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space