ワーキングマザースタイル大相撲観戦




2013年03月20日

大相撲観戦

Posted by 武田りこ

生まれて初めて大相撲の観戦をしました。

日本人に生まれたからには一度は行ってみたかった大相撲ですが、そもそもチケットが普通に手に入ると思っていませんでした。

今回私たちが手にしたチケットは桝席Aですが、いわゆるお茶屋さんのチケットではない、私たち的にはフツーの、でも大相撲的には邪道?のチケットでした。

そもそも大相撲のチケットというのはお茶屋さんが仕切っていて席とサービスとお弁当やお土産がついていて、ごひいきの方々しか買えない、というのが私の持っていたイメージでした。

それは間違ってはいないようですが、最近ではチケットぴあなどで、今回私たちが手にしたような観戦のみのチケットも買いやすくなっているようです。

実際私たちの周りを見回すと桝席Aあたりでは6割くらいがお茶屋さんがついているようでしたが、4割くらいは私たちと同じで席のチケットだけで観戦しているようでした。

飲食物の持ち込みがOKなのかはわかりませんが、私たちはお昼ご飯を食べてから観戦に行き、大相撲が終わるのは午後6時なので実際飲食する必要がないのでもっていきませんでしたが、周りではあれこれ持ち込んで食べながら飲みながら観戦している人がほとんどでした。
中に売店もあるので、ビールやおつまみくらいなら買って、飲み食いしながら見るのは全く問題ありません。

お茶屋さんのシステムがわからなかったので大相撲観戦の敷居が高かったのですが、普通にチケットを買って観戦できることがわかって、これなら外国からお客さんが来た時に一緒に見に行けるな、と思いました。
実際外国人と見受けられるかたもたくさんカメラ片手に観戦していました。


さて、肝心の相撲ですが、いや〜生で見るとやっぱり迫力がありますね。
大阪場所の行われている大阪府立体育館(bodymaker コロシアム)がほかの場所に比べてこじんまりしているせいもあるかもしれませんが、花道もすぐ近くですし、間近で力士をすれ違ったりします。
立ち合いのぶつかる音もすごいです。

我が家では実は弟と母が結構相撲が好きで、子供のころはその二人が熱心にテレビを見ているので私もよく見ていました。
今回桝席は4人なので、誰と行こうかとおもい最初に思いついたのがこの二人、ならばと父も誘って「元の家族」での観戦となりました。
ウン十年の時を超えて子供のころにテレビで家族で相撲を見ていたころのようでした。
母以外は皆、初めての大相撲観戦でした。
相撲界もいろいろ改革が進んで、私たちのような一般の人にも観戦の門戸が広がっているのでしょうね。

いままで行ったことのない方も、ぜひ一度入ってみると面白いですよ。

チケットの買い方 こちら
お茶屋さんのシステム(国技館の場合) こちら






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ホームベーカリーデビューしました。
大相撲観戦
茶道を再開しました
安心で便利オルビス化粧品
神戸プロポーズの日
神戸っ子が観た『阪急電車』
娘に婦人体温計を買いました
震災の記憶
「時短メイクbeauty」の出版記念セミナーに行ってきました
ワーキングマザー1年生のドラマ”女検察官アナベス チェイス”
家で缶ビールを生ビールみたいに
母の日にデジタルフォトフレーム
子宮頸がんの予防ワクチンを娘と受けてきました。
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.2
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.1

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4304

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space