ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】第68回 江ノ島プリズム




2013年09月29日

【シネマ・こむぎスタイル】第68回 江ノ島プリズム

Posted by 湯河原こむぎ

NCM_0977.JPG
「あまちゃん」終わっちゃいましたね〜。明日からどうやって生きて行こう・・・。いや、「あまちゃん」を朝見ないので、むしろ電車の時間に余裕で間に合うわ。・・・ってそこ?


この「江ノ島プリズム」という映画には「あまちゃん」に出て来る「ずぶん先輩」こと福士蒼汰君が出ています。そして私にとって身近である江ノ島が舞台となっているので「観てみようかな・・・」と思って、どんなストーリーかも全然知らずに観に行きました。

あらすじは

小学生の頃からの親友同士である、高校生の修太(福士蒼汰)、朔(野村周平)、ミチル(本田翼)。恋と友情の入り交じった関係にある彼らだったが、ミチルの海外留学が決まってしまう。黙って出発した彼女が自分の気持ちをつづった手紙を受け取り、空港へ向かう朔だったがそのまま命を落としてしまう。それから2年。空虚な日々を送っていた修太は、行きたい時と場所を思い浮かべるとその時代に行けるという時空移動の方法が書かれた奇妙な本を手にする。試しに実践してみると、彼は朔が死亡する前日に戻っていた。


実は私、たいして期待はしていなかったんです。
高校生3人(男2人女1人の「いきものがかり」編成)の青春映画って、もう私には遠い昔の事だし、福士蒼汰君も好きだけど「めっちゃ好き!」ってわけではないし。「もし学芸会風だったらどうしよう・・・」って不安もあり。

ところが!ところがですよ!

ストーリーが私の大好きなタイムトラベルものだったのです。


皆様「時をかける少女」っていう1983年の映画知ってるでしょー?原田知世さんが出ていた。相手役の吾郎ちゃんは「あまちゃん」でアキちゃんのパパだった尾美としのりさん。大林宣彦監督の「尾道三部作」の二番目の映画でけっこうヒットした記憶があります。(このシリーズ好きで尾道のロケ地を旅した私でした・・・)

実は、この「時をかける少女」は、そのずっと以前、私が小学生の時に、NHKの「少年ドラマシリーズ」という枠で「タイムトラベラー」というタイトルでドラマ化されていました。

「少年ドラマシリーズ」は、今までにない「タイムリープ」や「テレポーテーション」と言ったSFちっくなお話が多く、少年ではない私もその不思議な世界に胸をドキドキさせながら見たものでした。夕方六時にNHKの時計が時報を打つところから夢中になって見ていた私でした。

おっと、お話がそれました。

この「江ノ島プリズム」を見ていたら、小学生の頃に初めて「タイムトラベラー」を見た時の気持ちを思い出して、妙になつかしいその感じにドキドキワクワクしました。

修太(福士蒼汰)は、小さい頃から心臓が悪かった朔(野村周平)が亡くなったのは自分のせいだ・・・と思っている。2年経った法事の日、朔の部屋で、朔のお母さんから「朔のこと忘れないでね。形見というわけではないけど、よかったら何か想い出に持って行って」と言われ「タイムトラベル」という本を一冊もらって帰ります。

中には安っぽいいかにも付録って感じの青い腕時計が入っていて、それを身につけて戻りたい時代を念じるとその時間に戻れる・・・って書いてある。「そんなわけねえ〜」と思いながらも念じてみると、なんと、朔が亡くなる前日に戻れてしまうのです。

どうにかして朔が亡くならないように・・・と頑張るのですが、何かに驚いてしまうと現代の法事の日の朝に戻って来てしまうのです。それを何度も繰り返しちゃって〜。

本当に私の大好きな「日常タイムトラベル(科学者や研究者ではなく、普通に暮らしている人間に起こる不思議な体験)」のお話だったし、頑張る修太が一生懸命で「がんばれ〜」と応援してしまいました。ミチル(女の子)だけが(私には)どうしても女子高生に見えずOLっぽいなって思っちゃったんですけど、このストーリーにはきゅんきゅんしました。

期待せずに観に行ったこの映画で思いがけなく感動しちゃって、ちょっと得した気分。ビッグタイトルではないけれど、かなりよかったです。

ずぶん先輩が大好きで「あまロス」なあなた!ぜひぜひ観てみてくださいませ。

神奈川県の話だからもちろん台詞は標準語なんだけど、福士君が「どうすっぺ」とか「そんなわけねえべ」とか、ミチルの事を「天野」とか言っちゃうんじゃないかと(そんなわけねえべ)別の意味でもドキドキしました〜。

せいすん(青春)ってすばらしいべ。みんなもぜひ観てけろ。この映画たいしたもんだ。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

あまちゃん、終わっちゃいましたね〜。
でも、今度のも着物と食べ物を見るのが楽しみになりそうです。

少年ドラマシリーズ、幕末未来人ってのもなかったですか?
七瀬ふたたびもあったような・・・
面白かったですよね。

Posted by: ちゅうりっぷ at 2013年09月30日 08:28

ちゅうりっぷさん
いつもありがとうございます。

「幕末未来人」「七瀬ふたたび」ありました、ありました!

http://homepage2.nifty.com/nino-p/syounen.html

このページがめっちゃ詳しいのでぜひぜひ見てみてくださーい。

Posted by: こむぎ at 2013年10月01日 23:46

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
スパリゾートハワイアンズは、首都圏から毎日無料バス運行(要予約)その1美味しい&フラ堪能編
ケアとワークを両立できる社会へ、ケア・フォー・ケアリングパーソンという視点
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
子育ての方針
NYで流行りのPOP UP DINNER
パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」
ダイソンのお掃除ロボット体験しました
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
フランス式氷の作り方

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4340

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space