ワーキングマザースタイル働くママ歴ちょうど10年で転機となった2013年。




2013年12月31日

働くママ歴ちょうど10年で転機となった2013年。

Posted by 田村小梅

もうすぐ2013年も終わり。
働くママ歴ちょうど10年の私にとって、今年は何度目かの大きな転機となる年でした。

久しぶりすぎる投稿で何から書いたら良いか・・・と思いつつ、思うがままに書いてみようと思います。

10年前に長男が生まれてから3歳下の次男の産休に入るまでの3年は正社員で、普通に「保育園にお願いしつつ仕事(当時は女性サイト編集長)との両立」でしたが、次男の産休中に旦那の留学で1年弱アメリカ(ハワイ)にくっついていった後から人生が一変。
女性上司と非常ソリが合わなかったため、サイトを閉鎖された上に産後復帰できなかったのです!

仕事しか取り柄がない私が、4歳と1歳の子供を抱えて無職・・・。
長男の産休中もやはり「会社の景気が悪くなった」と産休復帰できず、その時は直後に大手メーカーのコピーライターの契約社員の職を見つけるも、長男が病弱すぎて2カ月の間に10回位の呼び出し→欠勤が続き、試用期間で終了、その直後に見つけた正社員の座でした。

帰国と同時に復帰予定だったため、長男は前から決まっていた付属幼稚園に途中入園し、シッターさん→保育園の二重保育の予定が、仕事も無いのにそんな贅沢は出来ず、やむなく私自身が送り迎えの園ママ初体験。
仕事は絶対に辞めるわけにはいかず、フリーの案件を色々探して「何でもやります!」状態でしたが、なんせお迎えが2時。この時間に縛られて本当にやりたい事は何にも出来ません。
幼稚園生活の後半には週に2回迎えのシッターさんを頼み、どうにか仕事時間を確保しましたが、制作なんて時間がかかる仕事なので、本当に「やりたい仕事」なんて何も出来ずに悶々とした2年強を過ごしました。

そして長男がやっと幼稚園が終わると、今度は3歳違いの次男が年少の年齢に。
幼稚園生活にはすっかり懲りていたため次男は早々に英語保育園に入れていましたが、「これで仕事に完全復帰出来る!」と思う一方、「長男が幼稚園の時にはあれだけ習い事やったりお受験やったり手をかけたんだから、次男も同じようにやってあげなくちゃ・・・」と、また見えない鎖に縛られます・・・。

この頃から、「週に2,3日は企業でコピーライターをして、残りの2,3日でフリーの仕事」という仕事スタイルに落ち着きましたが、時間の制約がある以上「やりたい仕事」というより「今の自分のスキルで出来る仕事」しか選べないので、新しい事、難しい事をガンガンチャレンジしたい私には、はっきり言ってあんまり面白くない。
でも、「今はとにかく仕事のブランクを空けない、続ける事が大事」と、どんな仕事でもその中に楽しみを見つけて、自分を納得させつつ頑張って続けてきました。

25歳で大きな会社で制作を始めた時からディレクターという立場だったり、30歳から数年間編集長というポジションだったり、ただでさえ態度がでかいところに肩書きにも後押しされてますます勘違い人間になっていたので、この数年の間に徹底的に「下請け(のさらに下請け)」の地位で頑張り、どんな人にも頭を下げ、一回り以上下の方の指示通りに動き、どんな嫌味や理不尽な事も受け流す機会をたくさん得たのは、社会人としても人間修業の場としても非常に良い経験だったと思います。

そして満を持して次男も入学し、フルタイムに時間が取れる様になった2013年。


スキルアップのスピードは出産前の1%程度になったけど、ギリギリネット広告の最前線の仕事の片隅にいたので、どうにか「浦島太郎」にはなってない。
長男を出産したちょうど10年前には仕事以外何も興味がなかったけど、この10年で「ハワイ」というライフワークも見つけたり、受験好きが高じて家で塾を始めたり、個人の仕事も色々あるため「会社で頑張る」ことよりも、「自分で時間をコントロールしつつやりがいがある仕事をする」事が大切になりました。

本当はずっと社員でやっていきたかったのですが、ことごとく産休中にクビになって、フリーの道を模索するしかなかった結果、逆に自分で時間や仕事をコントロール出来る働き方を必死に手に入れていたのは良かったな、と10年経ってやっと思います。

今まで「フリーの仕事が責任が重いから、週2,3日の会社のコピーライターやwebディレクターは、人に使われるだけの簡単な仕事で」と思ってきました。でも、「待ちにまった次男の入学も終わったんだし、また仕事をしっかり頑張ろう!」と真剣に考えた秋に、偶然ものすごく面白い会社と仕事に巡り合い、私の今持っているスキルなんかではまるで追いつかず、10年ぶりに勉強勉強の日々です。そして時を同じくして、興味深いフリー案件も複数舞い込んできました。
理解は遅くて記憶力は悪くて大変ですが、またちゃんとした最前線の仕事に戻って来れて良かった、と実感する2013年終わり。

とはいえ、もちろん良い事ばかりではなく、そもそも週2,3日で平日の事務系の仕事なんて見つけるのは奇跡的な事なので、今年に入ってからも一日で大喧嘩して辞めた会社もあったり(テレビ制作会社のプロデューサーのアシスタントだったっけ・・・)、どうしても制作で見つけられず土日のどちらかも働く覚悟でコールセンターに登録をしたり、駐車場の問い合わせ窓口の仕事を始めるところだったり(これは、働き始める予定の二日前に、大手会社でのコピーライターが見つかり辞退。この仕事は8カ月で辞めました)・・・。

水面下での失敗や無駄な動きは、誰にも負けない自信あり。
でも下手な鉄砲数打ちゃ当たる、で、やっと私らしい働き方、10年ぶりに面白い仕事を見つけた2013年でもありました。

長くなってしまいましたが、何を言いたいかと言うと。
会社員で続けていくのなら、時間の制約や組織の面倒くささとか色々ストレスはありますが、「職は確保できる」という安心はあります。
一方一度辞めてしまうと(私みたいに、自分の意志と関係なく二回の産休中二回ともクビ、なんて事もありえます!)社会のレールに戻るのは難しいのも事実。


このワーキングマザースタイルを読んでいらっしゃる方の中には、働いている方はもちろん、「今に働きたい」「今は限られた時間でパート的な事しかしてないけど、将来的にはちゃんと社会復帰したい」という方もたくさんいらっしゃると思います。

保育園に預けて社員だった最初の三年は何も問題なかったけど、次男産休中のクビ以降は、出来る範囲の仕事を必死にこなしつつ、でも常に職探しの焦りに追われて幼稚園生活は一ミリも楽しめず、本当に本当に辛い数年でした。

でもあそこで諦めずしぶとく職を探し続け、どんなに小さな仕事でもプライドなんか捨てて出来る事を必死にやっていたからこそ、どうにか最前線の仕事に戻れてやっと楽しい!と思える、「今」がある。


「今に仕事復帰したい」と悶々としている皆様に、私の様にしぶとく何年も諦めなければ、今出来る事+αの、ちょっと無理した事を必死に積み重ね続ければ、40でもまだまだ大丈夫だぞ!とお伝えしたいと思います。


足場が固まった来年からはまた、5年後10年後の自分のワークスタイルを見据えながら、色々種をまかねばなりません。さあ、あと半日でスタートする2014年も、仕事にハワイに塾に遊びに、そして子供との時間に、さらに頑張ろう!


☆昨日行ってきた恵比寿ガーデンプレイスのバカラ!冬の風物詩ですね。どうぞ皆様、よいお年を!
bakara.JPG






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
働くママ歴ちょうど10年で転機となった2013年。
保育園、ならぬ学童デビュー
40カウントダウンの今、必死に時短美容!
秋仕様ネイル
春休み、子連れパリ旅行!
似顔絵
青春回帰?な2012年!
漢方の力
子供の習いごと
もうすぐ夏休み!!
パンダ@上野動物園
働くママたち、頑張りましょう!!
理想の働き方を求めて 
理想の働き方をもとめて
理想の働き方を求めて

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4365

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space