ワーキングマザースタイルジブリ映画「風立ちぬ」 in France




2014年02月07日

ジブリ映画「風立ちぬ」 in France

Posted by 津田実穂

先日、スタジオジブリの最新作、風立ちぬ、をパリの映画http://www.wmstyle.jp/cgi/mt.cgi?__mode=view&_type=entry&id=4214&blog_id=2#館で見てきました。
フランス語のタイトルは「Le Vent Se Lève」
日本語のタイトル「風立ちぬ」の元になったポール・ヴァレリーの詩(フランス語)のタイトルがそのまま戻ってきた感じです。
フランスでは、1月26日から公開されました。
海外在住としては、子どもに日本語で映画を見せられる貴重な機会!しかもジブリ!宮崎駿の作品!と期待満々。
えぇ、この作品が子ども向けじゃない、って、全く知りませんでした。

75049_10203424113870301_1909173663_n.jpg

大正、昭和の日本が舞台で、ゼロ戦の設計者の半生。話の展開が早く、説明(ナレーション?)がほぼないので、 生後3ヶ月からずっとパリ在住の娘はストーリーをほとんど理解できなかったみたいです。フランス人も、理解できたのか謎です。
まんが日本の歴史が大好きな息子は、なんとかついていけたようです。
海外在住の方は(そうでなくとも)、お子さんにまんが日本の歴史の近代の部分は読ませてから見せた方が、時代背景がわかって理解しやすいと思います。
ストーリーはわからなかった娘でも、結婚式の口上の部分はおもしろかったようで、日本文化を少しは伝えられたかなと思います。
映像もキレイだし、普段触れることの少ない時代の日本に触れられるし、わからない年でも連れて行ってよかったです。また、大きくなってから見れば、違う感想を持つでしょう。

私自身の感想はネタバレしたくないので控えますが、とりあえず、泣きました。

ユーミンの『ひこうき雲』、この映画より前に作られてた曲とは思えないくらいぴったりすぎで泣けます。
子ども達のこれなに????攻撃であまり集中できなかったので、また見たいです。

私が行ったのは公開されて最初の週末という事もあって、映画館はフランス人でいっぱいでした。ジブリはこちらでも本当に人気が高いです。日本人がもっといるかと思いきや、私達だけでした。
そして、席に着くと
「Salut! こんにちは。」振り返ると、すぐ真後ろの席には、なんと娘の担任の先生ご夫婦が!
「ジブリ、好きなの〜。これ、ハヤオの作品なんでしょ?」よくご存知ですね。
パリって、本当に狭い街です。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第77回 「恋妻家宮本」 
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
ダイソンのお掃除ロボット体験しました
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
生活防水つきのApple Watchは家事をしながら電話できるワーママの味方
ダイソンの空気清浄機は、PM2.5よりずっと小さい粒のPM0.1も99.95%除去
ダイソンのモニター募集のお知らせ
ダイソンの加湿器の存在感がなさすぎて驚く
夏休みにオススメの映画!『世界の果ての通学路』
「ザ!鉄腕!DASH!!」と「TOKIO系男子」
【こどもとニッポン体験!】お茶を体感する休日♪
子供が生まれて一番気になる家電は、掃除機

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4371

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space