ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】第70回 アナと雪の女王




2014年04月26日

【シネマ・こむぎスタイル】第70回 アナと雪の女王

Posted by 湯河原こむぎ

2014_0425_23163200.jpg
只今大ヒットしている「アナと雪の女王」、みなさまご覧になりましたでしょうか?

私は二回観に行きました。

公開前に映画館で流されていた予告編がとっても素晴らしくて「これは絶対に観たい!」と思いました。その予告編は「Let it go」の歌(英語)と映像のみで、本編のストーリーや台詞などはいっさいありませんでした。「映画の予告編(どんな映画なのか知りたいですよね)」としては情報が足りないのですが、その歌のインパクトがものすごく「これ歌ってるの誰?」ととても興味が湧きました。

あらすじ・・エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていく。
シネマトゥデイ

私は3/22に、娘と日本語吹き替え版を観ました。 もう、エルサ役の松たか子さんのすごさったらありません。それに(公開当初は)あまり世間で騒がれていなかったけれど、私はアナ役の神田沙也加さんが本当に素晴らしいと思いました。あかちゃんだったあの「松田聖子の娘」の彼女が、松田聖子とは関係なく自分の実力で演じて歌っています。親になった気持ちでしみぢみしちゃいました〜。神田さん(パパ)も観たかな〜。

映画が終わり、エンドロールでふたたび日本語版の「Let it go」が流れますが、あれ?松さんじゃない。エンドロールの歌はMay.jさんです。また違った雰囲気です。私は松さんの方が好きです。(個人の感想です)

映画を観たあと、すぐに映画館のショップに行きました。パンフを買い、サントラはあるのかな〜?とチラ見していると「サントラはありますか?」とカウンターで聞いている人を何人か見かけましたが「サントラは売り切れです」と言われていました。ま、映画館のショップには大量には入れていないとは思いますが、売り切れるほどの人気です。

「帰ったらAmazonで買お〜っと」・・・家に帰ってからすぐに調べてみたら(3/22の時点では)CDで出ているものには松たか子さんの歌は入っていませんでした(May.jさんの歌は入ってる)。、「Amazon」「itunes store」「レコチョク」での配信のみとなっていました。 1800円で日本語版のサントラが買えます(ダウンロード)。

即ダウンロード版を買って、二つのipodに入れ通勤時も車でもハードリピート。「Let it go」の歌がとにかく素晴らしい。『リトル・マーメイド』の「パート・オブ・ユア・ワールド」や『アラジン』の「ホール・ニュー・ワールド」に並ぶ、ディズニー・アニメ史に残る名曲が誕生したと評判・・・とオリコンスタイルに出ていました。

吹き替え版を観たあと、facebookなどで他の皆様の書かれた感想を見ると字幕版を観た方が多く、皆さん絶賛されていました。私は吹き替え版はとても素晴らしいと思いましたが、やはり皆さんが絶賛されている字幕版も観てみようと思いました。片方だけしか観ていないのに「吹き替え版の方がよかったよ」というのはフェアじゃない。まさに片手落ち。

三日後に友達と字幕版を観に行きました。(娘も二週間後に高校の友達と字幕版を観に行きました。ちなみに、私と一緒に字幕版を観た友達は、その後娘さんと吹き替え版を観に行ったそうです。「吹き替え版よかった〜。神田沙也加が本当に上手だった〜。」とうっとりLINEが来ました。)

字幕版もとてもよかったです。エルサ役は両方とも素晴らしかったですが、アナ役は圧倒的に吹き替え版の方がよかったです(個人の感想です)。アナの、あの愛らしくおてんばで勝気なキャラクターに神田沙也加さんが本当にぴったりで、もう彼女以外考えられないくらいのはまり役だと思いました。

それと。「オラフ」というまぬけでかわいい雪だるまが出てくるのですが、吹き替えをしているのがピエール瀧さん。「あまちゃん」の寿司屋のやさしい大将役が有名ですよね。私は「あまちゃん」終了直後に「凶悪」というものすごい映画を観てしまい、背中いっぱいの刺青で女を抱き、死体を斧で切り刻む「大将」の変わり果てた(?)姿に衝撃を覚えました。そして、また今回、かわいいオラフの吹替えで楽しそうに歌を唄うピエール瀧さんの才能の幅広さに感服しております。そこも吹き替え版大きな見どころのひとつ。

時々「『アナと雪の女王』観に行こうと思うんだけど、字幕と吹き替えどっちがいいと思う?」と聞かれます。私は「もし一回しか観にいけないとしたら吹き替え版がおススメ。二回行けるとしたら両方とも観てほしい」と言っています。

ここまでストーリーについて何も書いていませんでしたね・・(^^ゞ たぶん「ディズニー・プリンセス」のカテゴリーに入る作品だと思いますが、「王子様のKISS」とは違ったタイプの物語です。内容はぜひ映画館で確認してくださいね。

10262057_637008429717321_4822881587162439472_n.jpg

今、娘と私の間では「アナ雪」ブーム到来で、毎日サントラを聞き、アナと雪の女王 ビジュアルガイドを読み、アナと雪の女王 (竹書房文庫)の小説を読んでいます(上の写真)。そしてYOUTUBEでいろんな「アナ雪」関連の動画を見まくっています。

そして今日は地元のデパートでFM横浜の公開放送があり、そこにMay.jさんが来るのでいそいそと見に行きました。ものすごい人出でした〜。CDの発売に合わせてブッキングされたのは、たぶん何か月も前だったと思いますが「アナと雪の女王」がめちゃ盛り上がっている今、最高のタイミングのイベントでした。


「Let it go」と「Believe」を生歌で聴きました。めちゃ上手〜。鳥肌ものでした。

今日、この会場でばったり会った会社の友達が「CD買ったから貸してあげるね!」って言ってくれてちょーラッキー!彼女はMay.jファンで、イベント終了後CD購入者限定の握手会に参加しました。うらやましい〜。このCDに入っている「Let it go」は、私がいつも聴いているダウンロード版とは違うversionです。


そしてなんと、待ちに待っていた人もいっぱいいると思いますが、日本語版のサントラ(アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM))がいよいよ5/3に発売されるようです。遅いよ〜。私、もうダウンロード版買っちゃったよ〜。公開と同時に出してほしかった。待っていた方はぜひぜひ。

このCDは二枚組で、Disk1は33曲もの盛りだくさん。Disk2は日本語版でカラオケも入っているみたい。ううむ・・・もしかして買っちゃうかも。我が家の「アナ雪」ブームはまだまだ続きます。(もちろんブルーレイも買いますよ〜。早く発売されないかな〜)

娘はGW中に中学の時の友達ともう一回吹き替え版を観に行くそうです。ちょーお気に入りらしい。「この映画には大切なメッセージがいっぱい入ってるの。どんな自分だったとしても、そのままの自分を大好きになる事とか、簡単に結婚を決めちゃいけないとか。」・・・なるほどね。


今日、本屋さんに行ったら娘が「この絵本見て。あの一番大切なシーンがたったこれだけ。」と見せてくれた。「Let it go」の曲にのせて雪の宮殿が出来上がって行くあの壮大なシーンが直径4センチくらいの絵(卒業写真撮る日に休んだ子みたいな扱い)でページのすみっこに表現されていました〜。残念っ
*********おまけ*********

2014_0425_23170700.jpg

娘と私は以前から「雪の結晶」モチーフが大好きなんです。こんな本も読んじゃってるくらい。雪が降ると服の上に舞い降りる雪をガン見してうっとりしている怪しいやつらです。肉眼で雪の結晶が見えるって知ってましたか?「アナと雪の女王」を観る前、ストーリーや曲の素晴らしさなどまったく知らないうちから「きっと雪の結晶がめっちゃ出て来るよね〜。楽しみすぎるよね〜。」とワクワクしていました。

あふれんばかりの雪の結晶が出て来る「アナと雪の女王」。まだの方はGWにぜひぜひ!!






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

日本語版のDVD買いたいっ!と思っていたら、まだまだ絶賛上映中だったのですね。こちら(パリ)では、公開が早かったせいかディズニーランドのパレードにも既に登場しています。
吹き替えの質の高さは、本当に素晴らしいようですね。
早く、観たい!早くDVD(まだブルーレイデビューしていない)買いたい〜!!

Posted by: mihocchi at 2014年04月27日 07:03

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲
【シネマ・こむぎスタイル】第70回 アナと雪の女王
【シネマ・こむぎスタイル】第69回 陽だまりの彼女
【シネマ・こむぎスタイル】第68回 江ノ島プリズム
【シネマ・こむぎスタイル】第67回 アンコール!!
【シネマ・こむぎスタイル】第66回 きっと、うまくいく
【シネマ・こむぎスタイル】第65回 舟を編む
【シネマ・こむぎスタイル】第64回 借りぐらしのアリエッティ
【シネマ・こむぎスタイル】第63回 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4384

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space