ワーキングマザースタイル驚き!アメリカの最新教育事情




2015年02月05日

驚き!アメリカの最新教育事情

Posted by 桜本梨恵子

随分とご無沙汰しております。
アメリカ東海岸在住のワーキングマザー、梨恵子です。

実はここ最近、とっても驚かされていることがあるのです。
それは何かというと…、

アメリカの子供の学校教育です!


google%20classroom%201-1.jpg


以前、長男が小学1年、4年の時に、どんな宿題が出されるか
下記の記事に書いているのですが…、

アメリカの小学生【1年生の宿題】
http://www.wmstyle.jp/archives/2008/05/01_133201.php

アメリカの小学生【4年生の宿題】
http://www.wmstyle.jp/archives/2011/01/13_153540.php

今ではどうなっているかと言うと…。


こうなっています!

↓↓↓↓

HW.jpg


そう、PCでなんと、ライティング(英語)の宿題をしているのです。


これ、中学生の長男ではなく、
8歳の次男の方です! (見ればわかりますよね。(*^_^*))

もちろん、中学生の長男も
PCなしでは、学校生活は送れません。

毎日の宿題も各教科の先生のウェブサイトにアップされるので、
仮に授業中に聞き逃したとしても、
万が一、宿題のプリントをなくしたとしても


もう言い訳はできないのです!

全ては、オンライン上にあるので、
そこから再度ダウンロードすることも、調べることもできちゃうので!ね。

もちろん、どの教科もレポートが出た場合は、
ワードでタイピングして先生に提出です。

それもデーターで提出してもいいし、メールでも
メディアで提出しても、大丈夫との事です。

でも、メディアもすっかり持たなくなり、
今ではGoogle Driveをフル活用していますね。

グループで行う課題も、
グループのメンバーでファイルをシェアしたり…。

さらにすごいと言うか、
ある意味怖いのは…、

日々の成績がすぐにオンライン上で確認できてしまうのです!
親も子も。

今日のテストの点数が何点で、
宿題の点数が難点で…etc。
そして、その時点での成績がA,B,C,D,Fと常にアップデートされるのです。

この画面は恥ずかしすぎてお見せできないのですが…。
これがアメリカの中学生の現状です。

もちろん、iPhone やタブレット、ノートPCも学校に持って行っても大丈夫です。

私としては、これだけでも、かなりカルチャーショックで・・・。
でも、今の時代としては、中学生だし、これくらいはできてもいいのかな〜?なんて思っていたのですが…。


実は、昨年末に次男(現地校小学3年生)の授業参観があったのですが…。
授業はライティング。日本で言う、国語の授業ですね。

担任の先生が、『何について書くか。』 『どうやってメモを取るか。』 など説明をし、その見慣れた光景を眺めていたら…

先生が…
Googleでの検索方法について説明しだしたのです。

小学校から、コンピュータのクラスはあるし、
時々宿題で、家の人に手伝ってもらって、
Googleで調べてるって言うものがあったので、
さほどおどろかなかったのですが、
なんで、ライティングの時に こんな事を話しているのかな〜?と思っていたら…。

おもむろに先生が
『はい!では、各自自分のchromebook(PC)を取って、
googleで検索してライティングを初めて!』って言うのです。

私は???
『chromebook? 』
どう考えても聞き間違いだと思っていたら、

教室の端に、カギのかかった戸棚があり、
そこをあけると 1台ずつ充電器につながれていたchromebookがあるではありませんか!

わが家の次男も、普通に列に並び、自分のchromebookを取り出し、
作文に書きたいトピックについてGoogleで調べ始めているではありませんか!

驚きを通り越し、ショック…でした。
しかも
子供たちは各自それぞれPCを操作し、
調べたことを メモするだけなく、印刷したり、そこから画像を取り出したり…。

長男が3年生の時も、PCのクラスはあったものの、
各自に1台、ノートPCなんて考えられなかったです。

時代は変わっていたんですね。たった5〜6年の間に…。

念のためにお伝えしますが、
わが家は高級住宅街に住んでいるわけでも、
特別な私立に通わせているわけでもないんですよ。

普通の中流階級が住むエリアの公立小学校です。

しかも、この町の小学校だけが特殊なのではないのです。
これがアメリカの今の『ふつう』の教育なんですね。

ただ、PCにこだわるのには少し分けがあって、
子供の実力を計る州の学力試験が
今年からすべてオンライン(PCを使う)に代わるそうなのです。

ライティングのテストも、タイピングしないといけないのです。

それもあって、先生たちも躍起になっていて…。


とにも、かくにも
本当に、驚いてしまいました。

それをね、Facebookにポストしたのですが
https://www.facebook.com/rieko.sakuramoto/posts/745059442240567?pnref=story
やっぱり、賛否両論。

私も個人的には、こんなに早くから、
PCづけにしなくてもいいと思うのですが、
何しろ、実力試験がオンラインになるなら、いたし方ない。

タイピングもある程度できるようになっていないといけないし…、
PCの操作方法も分かってないといけないし…。

この子たちが大人になるころは、どうなっているんだろう〜?
と、不安と期待が入り混じる 何とも複雑な親心であります。

そんなこんなで、ずいぶんと授業が進化しているのです!

でもですね、
実は…、


これだけではなかったのです!!!

長くなったので、この続きは近々…。

桜本梨恵子






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

うちも、コンピューターには近づけたくないと思いつつも、小学校からパワーポイントでプレゼンテーション、ミドルスクールから宿題はウェブサイトで出るので使わせざるを得ない状況です。。
特に男の子はゲームをしてしまうし、調べる時に何のサイトを見るかわからないので(子ども用のフィルターかけると必要なサイトまで見られなくなるし。)
ただ、先生方のスキルが追いついてないのか、成績はアナログに郵送です。成績はオンラインで確認できたら便利でいいですね。
このオンライン化の流れ、子どもの自然な発育にいいんだろうか、悩みます。

Posted by: みほっち at 2015年02月06日 21:13

インターに通う我が家の次女も、PCなしでは学校生活が送れません、、
ワードやパワーポイントのスキル、PCの操作や情報収集力は、4歳上の日本の高校生の長女の比ではありません^^;
PCの性能で宿題のはかどりがかなり違うので、つい先日、新しいPCを買ってあげました、、
中国語のスピーキングのテストでは、家で録音してデータをメールに添付して先生に送ります。確かに効率的だなぁと思いました。

Posted by: ふうこ at 2015年02月07日 00:01

みほっちさん、ふうこさん、
やっぱり海外生活組は同じ状況なんですね。

中学、高校生くらいになると、『今の時代だから…』とある意味、ポジティブにとらえられるのですが、小学校の低学年から…となると、母親として心がざわつきます。

でも、良い面も確かにいっぱいあるので、
受け入れているって言う感じです。
  
ふうこさんのおっしゃる通り、PCの性能も重要ですよね。わが家なんて、息子の方が私より良いPCを使っています(>_<)

Posted by: 桜本梨恵子 at 2015年02月07日 00:23

日本でもパソコンやタブレットを使った授業が増えてきましたし、中学生になると調べ学習の発表は模造紙ではなくパワーポイントを使っていて驚きましたが、アメリカの徹底ぶりにはびっくりですね。
追っかけで、日本もこうなっていくのでしょうか…。

宿題がWebにアップされるのは、忘れ物番長のうちのムスメたちにとってはありがたいですが…(^_^;)

Posted by: 唐土かほる at 2015年02月08日 07:13

日本でもパソコンやタブレットを使った授業が増えてきましたし、中学生になると調べ学習の発表は模造紙ではなくパワーポイントを使っていて驚きましたが、アメリカの徹底ぶりにはびっくりですね。
追っかけで、日本もこうなっていくのでしょうか…。

宿題がWebにアップされるのは、忘れ物番長のうちのムスメたちにとってはありがたいですが…(^_^;)

Posted by: 唐土かほる at 2015年02月08日 07:13

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
NYで流行りのPOP UP DINNER
驚き!アメリカの最新教育事情
驚き!アメリカの最新教育事情
美味しいNY
MILK 牛乳
NYスタイルのベジレシピ
アメリカのホリデー:Thanksgiving
英語は度胸!
持たないという選択 【Zipcar】
アメリカの小学生 【4年生の宿題】
Central Park でバイオリン
ギフトレシート
インタビュー アーティスト藤田理麻さん
休み中の宿題
Block Party

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/4427

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space