ワーキングマザースタイル ☆wmsスペシャルレポート



2014年11月27日

ダイソンの加湿器の存在感がなさすぎて驚く


投稿者 村山らむね

以前、新製品発表会におじゃまさせていただいたダイソンの超音波式加湿器 dyson Hygienic Mist AM10 WSをモニターとして使い始めて、2週間が経ちました。その安心感の大きさと、存在感の小ささ。存在感がない、なんて書いたら怒られそうだけど、あまりに自然に部屋で黙々と仕事しているので、本当に存在感がない。生活家電について、存在感がないってもしかしたら最高の褒め言葉なのかも。

柔らかいデザイン、違和感ないサイズ感、ほとんど音がしない、3リットルのタンクで給水は2日に1度くらい(運転時間によります)、ミストが非常に細かいので周囲がべたべたしない。

昨年まで使っていた、廃盤だったからネットで散々探して買ったエレクトロラックス スチーム式アロマ加湿器と比べても、本当に手間がかからない加湿器です。

エレクトロラックスは、ダイソンのものよりも小さかったけど、ぼこぼこって音がして、水タンクは2リットルで、ミストはスチーム式で熱をもっていたのとなんとなくべちゃっという感じの湿気でした。

ちょっと詳しく、ダイソンの加湿器のいいところを列挙します。
●組み立てが簡単すぎる
パーツはプラグも入れて4つ。吹き出し口、水タンク、本体。私にもあっという間に組み立てられました。

●湿気がすっと部屋になじむ
水の減り方は2日で1回給水をする感じです(3リットル)
結構水は減っているけど、周囲にべちゃっという感じがまったくない。水分のつぶが圧倒的に小さい感じがします。

●音が小さい
今まで使っていた加湿器にくらべて音が本当に小さい。ぼこっぼこっという音もしないし、シューという音もしない。ほぼ、無音です。

●存在感がない
何度も繰り返しますが、こんなに存在感のない加湿器は初めてかもしれないです。熱をもっていないので、小さい子供がいても置くところを気にすることもない。まったく気を使わなくて使えます。

●安心感がすごい
左がダイソンの加湿器のミストを培養したペレット、右が市販の加湿器のミストを培養したペレット。バクテリアの発生が見えますか?うちは娘が元喘息持ちなので、今でも風邪を重症化させたくないという強い思いがあります。子供のために、最善の加湿器。これは、ワーママにとっては冬の保険ですね。

●水が入れやすい、そしてスイッチ入れて3分後にミストが出てくる
この超音波式加湿器がどうしてバクテリアがないのか、それは直接は見えないのですが強力なUV-Cライトをくまなく直接照射し、3分間除菌します。だから、スイッチ入れてミストが出てくるのは3分後です。

●そうは言っても、お手入れは必要
毎週拭いたり、月に一度クエン酸を使ってのお掃除があります。

●しまわなくていい、一年中出しっぱなしでいい
水を入れなければ扇風機。なので、一年中部屋で活躍します。仕舞う場所に困らない。ちなみに、同じくらいのサイズのダイソンの扇風機が44,046円と59,184円で、この超音波式加湿器は63,504円(公式サイトで現価格)です。

ボーナスでぜひ。うちも、せっかく1台モニターさせていただいたので、娘の寝室と、肺炎を気にする老親の家に、導入を検討中。宝くじ、買うか!?

ダイソン公式オンラインストア

なんと、現在は売り切れ中!
アマゾンで探す




■参考記事
ダイソンの加湿器は、除菌された水分を部屋に振りまく

blank_space
2013年05月20日

お仕事&プレゼン塾Vol.2 …AO入試を考えている我が家の場合


投稿者 湯河原こむぎ

20130512-1.jpg
5月12日江ノ島にて、ワーキングマザースタイル主催の「お仕事&プレゼン塾 Vol.2 江ノ島で美容ジャーナリスト城後紗織さんにきれいを学ぼう♪」というイベントが開催されました。

この「お仕事&プレゼン塾」の第一回目は、昨年12月に初の試みとして開催されました。

将来何になりたい?と進路を考えさせられることは多くても、判断材料となる経験はまだまだ少ない中高生。そんな子ども達に実際に社会で活躍しているいろいろな素敵な大人の話を聞かせたいと願って企画スタート!
話を聞いて感じたことをしっかりまとめ、自分の意見を練りあげるワークショップをプラスして、
1・社会で活躍中の大人に憧れる力
2・初対面の同世代とからむ力
3・意見をまとめる力(ファシリテーション力)
4・わかりやすく自分の考え方を発表する力(プレゼンテーション力)
5・当事者意識をもった問題解決能力
という5つの力を育めるものにしたいというのが狙いです。

・・・というコンセプトで始まりました。

第一回目の講師はテレビ局にお勤めの岸田花子さんでした。

そして第二回目の今回は、ワーキングマザースタイルのスタッフ城後紗織さん。城後さんは現在は東京・原宿でイメージアップサロン「Mulan」を主宰。美容ライターとしてご活躍されています。

私は高3の娘と参加しました。
**************************
うちの娘は「発表」がとにかく苦手で、たかだか40人弱のクラスの中での発表さえもひびりまくり。2週間前からことあるごとに「発表やだなー」と口にし、前日は「明日学校行きたくないなー」と言い、当日の朝は「考えただけで内臓という内臓が口から出そう」と言う、筋金入りの発表嫌い。

その「発表嫌い娘」が数日前にこんな事を言いました。

「今日ね先生から『AO入試は早い時期に募集があって、合格すれば早く決まるから、体の負担も考えると(←娘がこの学校に入ったのにはこんな経緯があるので、先生もいろいろと考えてくださっているようです。)AOで行くっていうのもひとつの方法だね』って言われたよ。」

そして私は聞きました。「AO入試ってなんだか知ってる?」おっぺけ娘はこう答えました。「知らない」。・・・やっぱりね・・・やれやれ ┐(´-`)┌



私も最近AO入試について調べていたところでした。

wikiによりますと

AO入試(エーオーにゅうし、アドミッションズ・オフィス入試)は、出願者自身の人物像を学校側の求める学生像(アドミッション・ポリシー)と照らし合わせて合否を決める入試方法である。


・・・と書かれています。

その他にもいろいろと調べてみると学校によっても違いますが、基本は「書類審査+面接」のようです。娘はデザイン系の学科を志望しているので、そういうところでは課題が出されてそれを制作し、自身でプレゼンするというのもあるようです。

志望校のHPで調べてみると6月に行われるオープンキャンパスの中でAO入試の要項についての説明会があると記されていました。

何が課せられるかは、その説明会に行ってみるまでわかりませんが、とにかく「自己アピール能力」「プレゼン力」は必ず必要。そして我が娘にはその能力が欠けている・・・と思っていた母の私でありました。

私が最近調べていたそれらの事を説明し「あなたが一番苦手な『発表』が、一番のポイントになる入試なんだよ。」と話しました。娘は「うーーーん。でも、この学部を選んでデザインを学びたいと思う限り、プレゼンは避けて通れないとは思ってる。」と答えました。

そんな事情を抱えて参加した我が家でした。(申し込み自体は1ヶ月前に済ませていました。)
**************************
今回の「お仕事&プレゼン塾」は

1仕事へのプロセス
2実際の仕事の紹介
3スピーカーに向けて、女子中高生による課題解決プレゼン

という3つのコーナー展開でした。

当日参加した子どもたちは小5〜高3までの7人の女の子たち。本日のテーマである「きれいを学ぼう」は、学生であることが第一に考えられていて、とっても美人で素敵な城後さんが「今、みんなに必要なのは『正しい洗顔』と『紫外線対策』です。」と、子どもたちにわかりやすく丁寧に教えてくださいました。

20130512-3.jpg

特に日焼け止めについては、私も知らなかった事がいっぱいでとってもためになりました。城後さんが用意して来てくださった図をみんな身を乗り出して見ていました。


休憩をはさんだあとは「こんな化粧品があったら・・時短美容に役立つ一品・・」という課題解決プレゼンです。

これは和田さんが司会をしました。

第一回目の時らむねさんがおっしゃってた、これぞ「和田さんの真骨頂」。

和田さんは、広告会社に勤務されていたのでアイデアの出し方・まとめ方がすごいのです。噂には聞いていましたが「これかーっ!!」と感激しました。

★まず、子どもたちを3人と4人の2チームに分けました。

★一人に20枚、A4の用紙が配られます。そこに「こんな化粧品があったらいいな」というアイデアを一枚に一案どんどん書いて行きます。制限時間は5分。

5分ですよ!5分!

ぼーっと考えていたらひとつも思い浮かばない可能性がある「5分」という短時間にアイデア20案。15秒に1つ考えなければいけません。

20130512-8.jpg

「その時に『こんなの出来るわけないな』『もしかしたら既にこういう商品あるかも』『こんなの書いたら笑われるかも』『これは無理かも』とか考えないでとにかく書くこと」と言われて、よーいスタート!

これはお母さんたちも書きました。これがむずかしいけど、めっちゃ楽しい!でもどんなに頑張っても20案は無理でした。どんどん書きましたが私も11案しか書けませんでした。

★グループごとに、まずはみんなが出したアイデアを見てみる。それから和田さんが示してくださった「オズボーンのリスト」にしたがって「何かと何かを足したらどうかな?」とか「大きくしたら?」「小さくしたら?」とかみんなで検討・取捨選択・融合させてベストな案を考え出す。

20130512-11.jpg

★そしてそれをわかりやすく説明するための資料作り。
「誰向きの商品か」「特徴は何か」「イメージキャラクター誰にしたいか」の3点を入れ雑誌風にまとめる(「タイトル」「イメージキャラクター」「商品説明」)。

まあなんと楽しく、実践的な方法でしょうか?

20130512-7.jpg

そして子どもたちは今日会ったばかりのみんなと活発に意見をかわしながら、自分たちなりの「企画書」を楽しそうに、しかも見事に作り上げました。

★各チーム3分で城後さんに向けて自分たちの案をプレゼン。

これが本当に素晴らしくて、ほぼそのまま「企画書」として成立しているものもありました。

この時にうちの「発表嫌い娘」が、なぜか発表係になっていてびっくりしました。多少緊張はしているようでしたが笑顔で楽しそうに発表していたのがオドロキでした。やれば出来るじゃん!あなたが進んで行く目の前の道の幅が広がったよ。それはあなた自身が頑張って広げたのです。

私たち「おかあさんチーム」の企画書もかなりイケてるものが出来たんですよ。(子どもたちの案もおかあさんチームの案も秘密にしておきます。いつか商品化されるかもしれませんから皆様楽しみにしていてくださいね!)

★城後さんからお褒めの言葉をもらいました。

実は、打ち合わせの時に「城後さんに役立つお話をしていただいて、また、城後さんのお仕事にも役立つような新製品のアイデアを考えます」と和田さんがおっしゃるのを聞いた時に「子どもが考える事だからねー。」とちょっと心の中で思っていた私でした。

でも、本当に「アイデアを出すことが大事」というのが今日わかりました。
みんなで100個のアイデアをどんどん出せば、捨てられるものの方が多くても、断然多くの可能性が生まれる事がわかりました。これは実際に体験してみなければわからない。子どもの考え方の柔軟さは大人が思いもよらない発見を生み出します。素晴らしいです。



ほぼ時間通りに終了し、片付けもみんなでせっせと済ませて、和気あいあいとおしゃべりしながら海岸沿いの道を歩いてレストランに移動しました。

レストランでは、親と子どもは完全に席が離れていましたが、それぞれが楽しく盛り上がりました。初対面の人とお話が出来る・・・簡単そうで実はむずかしい。普通に暮らしていたらなかなかこういう機会は訪れない。そんな事にも改めて気づいた私でした。

あとで娘に聞いたら「みんな私立の学校に行っていて、その学校での話が自分とは違いすぎてぼーーっとしちゃったよ。」と言っていました。そうなんですよ。普通に暮らしていると自分の周りにはだいたい同じような友達が集まっている。なかなか違うタイプの友達と出会う事ってないんですよね。貴重な経験でした。

素敵な一日でした。らむねさんの当初のコンセプトが実感出来た〜と思いました。

第一回目は参加出来ませんでした。らむねさん達の記事を読み「こんな感じかなー」と頭で想像していたのですが、まったく想像と違いました。それは、想像をはるかに超えていました。

この「お仕事&プレゼン塾」というアイデアを考え出したらむねさんってすごい。そして形にして実行。出会った時からすごい人だと思っていたけどやっぱりすごい。年々パワーアップしています。参加出来てよかった。
**************************
さて、その後の我が家。

娘はデザイン系の学校に通っているので「印刷」「ポスター」「彫塑」やらなんやら・・・創作や制作の課題がいつもいっぱい出て、日々「いろんなアイデアを生み出す事」が必須。考える事に行き詰ると「お母さんも一緒に考えて」と言われ、いつも長い時間をかけて二人でない頭をしぼっていました。

今回のプレゼン塾に参加して「これからはだらだらと長時間考えず、短い時間に区切って『採用』『不採用』『こんなの変だな』『出来るわけないよ』とか思わずに20枚くらいどんどん書く方法を取り入れよう!」と二人で「めっちゃ、いい事教わったよね〜」と大興奮でした。今日参加した他の誰よりも娘にとって必要で、授業にすぐに生かせるスキルだったと思います。だけど、今までに誰も教えてくれなかったこと。

「次もあったら絶対行く」と言っています。いつも学校の発表がある日は「内臓が全部出そう」と言っていた娘からは想像も出来ないです。今日の経験は必ずAO入試にも役立つはず。
**************************
そして、「娘の事」とは別次元の私自身の感想。

今回は企画会議から参加させていただきました。そこで感じたのは「自分でお仕事されている方」たちの企画力の素晴らしさ。らむねさんはもちろん、和田さん、城後さんはそれぞれ「会社員」ではなく、ご自分の力でお仕事をされています。

私はずっと会社に勤めて来ました。そして、その業界は「決められた事以外してはいけない」のが基本。きっちりした決まりがあり、そこで自分らしさを出すとしたら「わかりやすく説明する」「感じよく人と接する」・・・くらいかな。「こんな事したらいいかも?」と思ってもそれが採用される事はまずない(「提案制度」っていうものもありますが・・)。クリエイティブな事はまったくない仕事。その事を今回改めて思い知りました。

個人で仕事しているという事は自分が思いついた事を考えて形にする事が出来る。どんどん膨らませて良くして行く事が出来る。「仕事を選ぶ」事も出来る。もちろん、うまく行く事ばかりではなくて、失敗も自分の身に返って来る。「自己責任」はとても厳しい事ですが、反面、とてもやりがいがある。もう、みんな素晴らしすぎます。

今回facebookからお申込みいただき、ご参加くださったスタッフ以外のお母様方もそれぞれ自分でお仕事をなさっていらっしゃる素敵な方々でした。その方々のお話を聞く事が出来たのもとても勉強になりました。

「お仕事&プレゼン塾」に参加出来た事は、娘だけでなく私にとっても大きな経験でした。「自分で道を開いてバリバリと進んで行く人がいる」という事をこんなに身近に感じる事が出来るのは、2004年にこのワーキングマザースタイルに参加出来たからだと改めて感謝しました。(会社の人はきっと「自分のいるその世界がすべて」・・・と思って生きている人がほとんどな感じなんだよ・・・)

あ゛ーこんなに長くなってしまいました。娘にとっても私にとっても、本当に貴重な経験をさせていただきました。本当に本当にありがとうございました。

最後にらむねさんと私からひとこと。

らむねさん・・・「この塾は、娘の再発見が裏テーマです。けっこうやるじゃん、うちの娘も。とみんなが思ってもらえるのが一番です。そうハハが思えば、娘も自然と自信がつきますから。」

こむぎ・・・「学校とは違う場所で、授業参観みたいに一緒の部屋で子どもの意外な一面を見る事が出来るのが新鮮です。みんないくつになっても頑張った時に『ママ、今の見てた?』って顔で振り返るのがかわいいです。」

皆様も次回は「お仕事&プレゼン塾」にぜひぜひ参加してみてください。

blank_space
2012年12月11日

ヒカリエでお仕事塾


投稿者 和田理恵

%A4%AA%BB%C5%BB%F6%BD%CE%A5%C1%A5%E9%A5%B7%BC%CC%BF%BF.jpg

12月9日(日)ワーキングマザースタイル初の試み「お仕事塾」を実施しました。
将来何になりたい?と進路を考えさせられることは多くても、判断材料となる経験はまだまだ少ない中高生。そんな子ども達に実際に社会で活躍しているいろいろな素敵な大人の話を聞かせたいと願って企画スタート!
話を聞いて感じたことをしっかりまとめ、自分の意見を練りあげるワークショップをプラスして、

1・社会で活躍中の大人に憧れる力
2・初対面の同世代とからむ力
3・意見をまとめる力(ファシリテーション力)
4・わかりやすく自分の考え方を発表する力(プレゼンテーション力)
5・当事者意識をもった問題解決能力

という5つの力を育めるものにしたいというのが狙いです。

今回の講師はテレビ局勤務岸田花子さん。
子ども達が憧れる職場での仕事の様子にみんな興味津々!
中高生では想像つかないスケールの大きい旅をどんどんしていた大学時代の話にもとてもひきつけられた様子でした。

岸田さんの話はいきいきとしていて失敗談なども率直に話して下さってすごーく盛り上がりました。実は自分の娘も参加していたのですが、つい教訓めいてしまう親の話と違って面白そうに聞いていたのが強く印象に残りました。

後半は岸田さん出題の課題に解決策を出すワークショップ。問題のありかをみんなで考えた後は5分でアイディア出し!まとめ!発表準備!プレゼン!と息つく間もないほどしゃきしゃきと能力全開で課題に挑みます。中高生が大人も悩む課題にどこまで取り組めるだろう、、と思っていたのですが、非常に短時間しかない中初めて会った子ども同士がきちんと意見をいいあって整理し発表までやり遂げました。提案力の高さに講師の岸田先生もスタッフもびっくり!

写真はアイディアを整理中の子ども達。出た案を分類し、どの案を残すかを楽しそうに話し合っています。
20121209%A4%AA%BB%C5%BB%F6%BD%CE%B0%C6%BD%D0%A4%B7_2.jpg

帰り道娘が「意外と楽しかった」を連発していました。実をいえば私にひっぱられて仕方なく参加したのではありますが、来てみれば大人の話もすごく面白いし、初対面の人とプレゼンまでやり遂げて達成感があったと感じてくれたようです。

来年から本格的にスタートさせたいと思っています。
興味のある方ぜひぜひご参加下さいね。

blank_space
2011年08月12日

LIFEBOOKがリビングにやってきた その3 Windowsのタブレットは超できる子


投稿者 村山らむね

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

LIFEBOOK AH52/DA(その1  その2)につづき、LIFEBOOK THシリーズをモニターさせていただきました。
富士通WEB MARTでは8月12日時点で79,800円)

P1050331.jpg

もうちょっと早くこれが出ていたら、私はたぶんiPad2は買わなかっただろうな。。。

このTH、パソコンとしてはもちろん優秀、タブレットとしてもすごい、軽い、便利。私のカフェ仕事用としても、娘のファーストPCとしても、たぶん、私が求めるものはすべてそろっています。

●私のカフェ仕事用のPCとしての条件

私の場合、自宅用メインマシンがDELLで、Windows系なので、モバイルPCはパナソニックのR7。仕事で使うソフトはパワーポイントが多いです。

カフェ仕事。この何年か、私はノマドワーカーとして都内のクライアントとカフェを渡り歩いて仕事をしている。なので、パナソニックのレッツノートとイーモバイルでこなしているのですが、バッテリーがもたないので電源も持ち歩くことに。なので、軽さもしくはバッテリーの持ちもポイントです。

まとめると、軽くて、薄くて、タフで、Windows系。不器用なのでキーボードがあったほうがいい。
ウェブカメラのあるPCがほしいな。


■どうしてレッツノートR7を、THと買い替えるといいか?

1、軽い!

レッツノートR7単体なら、957グラムなのですが、電源も持ち歩くのでそれが217グラム。
P1050347.jpgP1050348.jpg
それに比べてTHくんは、1005グラム。現状より、169グラム少ない
P1050345.jpg

またiPad2にくらべても、単体なら742グラムですが、キーボードも持ち歩くので954グラム。51グラムiPadのほうが軽いです。P1050343.jpgP1050344.jpg

フル充電で駆動時間が約6.0時間ということなので、たぶん、THにすると電源は持ち歩かなくても大丈夫。ほとんどiPad2と変わらない軽さです。といっても3台ともそれほど大きな違いはないですけど。

2、薄さ!

これまたiPad2ほどではないですが、かなり薄い。

P1050342.jpg
まん中がTHくんです。

3、タブレットPCだから触れる!

この便利さは、スマホユーザーには多少もう、当たり前感が。触って、次の情報を取り出せるって、本当にすごいです。


■じゃあ、iPad2とくらべてどうなのか?

タブレットにはたぶん2つの考え方があって、仕事タブレットと、エンターテインメントタブレット。もちろんどの機種もタブレットはビジネス用途でも、エンターテインメント用途でも活躍できるんだけど、使う側がどちらを主に使うかによってたぶん、大きく違ってくると思います。

私はやっぱり仕事用でPCは使うことが多いので(ゲームはあまりしないし、映画は映画館で見るのが好き)、どうしてもちょっとiPad2では仕事が完遂できずに、フラストレーションがたまるのだ。

すごく失礼ない言い方をすると、このTHシリーズ、(もっとかわいい名前つければいいのに)iPadで感じる不便をかなり解決してくれます。

【iPadで感じる不便をTHが解決】

1、キーボードがついてない(私はiPad用のキーボードを別途購入しました)
→スレートPCなので、キーボードと一緒になっていて、それも使いやすいキーボードです。

2、Powerpointが使えなくて、キーノートに変換するとフォントなど全部作り直さないといけない
→もちろんofficeが使える(Powerpointは添付されてはいないので、別途買うことが可能です 36,540円。多少高い)

3、フラッシュが使えない
→使えます

ということで、仕事用タブレットとしての用は全て足りる!


■子供の最初のPCとしてなぜいいか?

場所をとらない。薄いし、軽いので、学校にも持っていける。

P1050337.jpg

無線LANを使うので、充電しておけば、家中で使えるので、子供部屋から「ねえねえ、これ見て」なんて言う感じで、家の中、また外に持ち出すことも可能です。家の外の場合は、イーモバイルなどのwifiの契約をしておけばOKだし、すでに持っていれば、それを使えばOK。

ウェブカメラと、内蔵マイクがあるのもGOOD!英語や塾などの遠隔教育にもばっちりです!


このPCを使って今、我が家が一番はまっているサイトをご紹介します。

ec.jpg

イングリッシュセントラルというサイトで、動画を見て、それを発音すると、点数が出るというすごいサイト。Flashを使うので、iPadでは使えず、レッツノートR7は内蔵マイクがないので子供と一緒にやると、いちいちヘッドフォンを交代で使わないといけない、そんな不便があったのですが、このTHを使えば、食卓に置いて肩を並べて、一緒に動画を発音することができて、すごく楽しい!

P1050333.jpg

娘にもはや発音はかなわない。


■パソコンでできる節電生活

最後に、私たちができる節電とは何かって考えてみたいと思います。

今年の夏は電力の逼迫が予想され、社会をあげての節電運動がなされました。またそれが一定の効果をあげましたが、今まで考えていた節電と、本当に今の日本の社会に求められている節電が微妙に違うことも学びました。

そのひとつがピークシフトという考え方。
電力の需要が多い時間帯は午前10時から19時まで。

なるべく電気を使わないことも重要ですし、どうしても使わざるを得ない場合は、充電などの機能を利用して、夜の比較的電力の余った時間に電力を使う。そういう積み重ねが大切になってくるのだと思います。

消費電力が大きいテレビなども、2台目であれば、PCでもあり、レコーダー機能もある上に、充電ができる前回までご紹介したようなLIFEBOOK AH52/DAのような機種は人気を集めるでしょう。実際、今回の地デジ対策の2台目として、各社のテレビの見られるPCは売れたようです。

エアコンも節電のために買い換える人が多いようですが、PCも富士通製品比で、なんと05年から11年の6年間で、消費電力が81%も削減されているとのこと。毎日使う方は、とても大きな違いなのかもしれません。エアコンは使わない季節がありますけど、パソコンは毎日使う人は、ほぼ全季節使いますから、毎日のことを考えると大きな差がでるかもしれません。

買い換えられない場合も、バッテリーがあるPCの場合は、充電はなるべく夜に。
バッテリーのないPCの場合でも、マイクロソフトやPCメーカーのソフトで、対応することができますので、お使いのPCのメーカーサイトを一度ご覧ください。

●楽天市場で、LIFEBOOK TH40/Dを選ぶ

最後にぼそっと一言。
こういう高額商品のモニターって、ほんと、ミイラ取りですね。
TH、娘用と私用と2台買ってしまいそうで、ほんっとうに怖い。自分が怖い。こわいよー

blank_space
2011年08月05日

どうして今まで知らなかったのか?「ジャパン・レストラン・ウィーク」


投稿者 村山らむね

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

今回、一緒に試食をしたネタフルのコグレさんと、「どうしてこんなすばらしいイベント、今まで知らなかったんでしょうね?」と何度も顔を見合わせて、首をかしげた。

美味しい物にたいする情報の感度は、普通のヒトよりは、いいと思っていた私なのに。くくう。

この「ジャパン・レストラン・ウィーク2011 サマープレミアム」は、8月5日(金)から8月28日(日)の3週間ちょっと、関東ならびに関西のお店が参加して、高級飲食店の料理をリーズナブルな定額料金で食べることができるというイベントです。

試食させていただいたのは、第1回目から参加して、普段から人気だけど、イベント中はますますの人気で予約がなかなかとれなくなってしまったというミクニ マルノウチ|mikuni MARUNOUCHI

P1050156.jpg

丸の内ブリックスクエア アネックス2階という場所の良さと、下の階にあるフラワーショップ HANAHIRO CQとのコラボで、花の溢れる空間は、本当に居心地がよく、また東京野菜を主役に据えたメニューで、人気のレストランです。

こちらの5250円のディナーメニューを試食しました。信じられないほどの、クオリティーでした。ちなみに、こちらのレストランは小学生高学年からOKだそうです。またご紹介するメニューは多少変わる可能性があります。また、前半と後半ではメニューを切り替えるそうですから、予約(電話 03-5220-3920)の時に確認してください。

1、東京軍鶏と東村山・しいたけのソーセージ仕立て ポルト酒風味

P1050122.jpg
これは本当に珍しいなんともいえない爽やかな逸品。シャモの脂身の少ないしっかりとした肉の味がとても素敵でした。

2、長崎県産真鯛の瞬間スモーク 三鷹・茄子のマリネ
  小平・2種のズッキーニ、練馬・大根、人参のヌイユ仕立て添え

P1050126.jpg
これが私は最愛の一皿でした。ヌイユ仕立てとは、平打ち麺のようにうすく削がれた野菜。しっとりしゃきしゃき。ズッキーニが本当においしかったし、真鯛のスモークがすばらしかったなー。

3、房州産スズキのクルスティアン焼き バルサミコ風味
  三鷹・茄子の味噌をきかせたフォン・ド・ヴォー煮 調布・玉葱のコンフィ、
  小平・バターナッツ、空芯菜添え

P1050135.jpg
しょっぱさとコクと、スズキのかりっかりの皮のハーモニー。空芯菜がすごく合ってた。

4、オーストラリア産仔牛スネ肉のオーソブッコ仕立て オレンジ風味
  あきる野・ヤングコーン、小平・オクラ、西東京・蕪、ほうれん草添え

P1050142.jpg
爽やか!オレンジの風味と、仔牛のスネ肉がほろほろに柔らかくて、夏をものすごく感じる一皿。

5、ヨーグルトムース、立川・ブルーベリーのソルベと
  小平・ルバーブのコンポート添え

P1050148.jpg
デザートも大満足でした。

6、コーヒー(もしくは紅茶)と東京フィナンシェ

P1050158.jpg
あんなにたくさん食べて、すっかり満足。

これで、5250円(税込・サ別)です。信じられないでしょぅ?

野菜が多いだけあって(肉と魚が少ないというわけではないのだけど)、ものすごく気持ちのいい満腹感。彩りも本当にきれいで、一連の流れはさすがのmikuniスタイルです。

そもそも、三國清三さんは、本店 ホームページに載っている通り

親父が漁師で、母親が畑で野菜を作る半農半漁の家で僕は育った。 そのせいか料理の素材を選ぶ時も、その素材の「生まれ育ち」が気になる。  中略 レシピに素材をはめ込むのではなく、素材がメニューを決める。 僕が目指しているのは、そんな自然派の料理だ。

という言葉が、サイトのトップに掲げられているのだけど、本当にその言葉の通りの、生まれ育ちのいい、素材が堪能できました。

石原知事から感謝状をもらったそうだけど、それくらい東京ってこんなに野菜が豊かなんだと思うような美味しい見事な野菜たち。

ここは、すでに予約を受け付けているので、興味があればすぐに予約することをお勧めします。このレストランでは、このジャパン・レストラン・ウィークのメニューの席数制限などは特に設けてはいないそうですが、そもそも予約がとりにくいお店でもあるので、ぜひ。予約(電話 03-5220-3920)

ジャパン・レストラン・ウィーク2011 サマープレミアムには、ランチは2100円、ディナーはこの5250円と7350円(税込 サ別)のメニューがあります。詳しくはサイト(近日詳細アップ予定)まで。

P1050114.jpg
丸の内の並木道の緑が揺れています。

P1050116.jpg
ランチではお箸がセットされています。食べやすくてうれしかった。

P1050160.jpg
飾られているお花が見事!


■■ジャパン・レストラン・ウィーク 2011 サマープレミアムを10倍楽しむために

レストランのカテゴリーは5つです。

◆◆夫婦や女同士で行くなら

●Premium
いわゆる高級飲食店です。
サマープレミアム 関東
サマープレミアム 関西

ART
若手芸術家のアートともに食事が楽しめます。

ミシュランガイド

ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉〈2011〉
もしくは

ミシュランガイド京都・大阪・神戸〈2011〉
で、紹介されたお店です。


ポンヌ・プティット・ターブル・東京
ミシュランガイドボンヌ・プティット・ターブル東京―ちょっと気になる東京のフレンチで紹介されたお店です。

◆◆家族で行くなら

Family
子供と気兼ねなく行けます。子どもメニューもありますよ。
夏のお子さんの背伸び体験にぴったりです。



去年の8月に始まって、今年2月に続き、今回3回目のこのジャパン・レストラン・ウィーク。そもそもはレストラン閑散期のニューヨークに、定額料金で一流レストランのランチやディナーを楽しめる「ニューヨークレストランウィーク」を始めたところ、大人気!現在ではニューヨークだけで300店が参加するという一大イベントになっていて、それをぐるなびの藤本さん(超美人!!)がすごい思い入れで日本でも実現したそうです。わたし、そういうのすごくいいと思います。なでしこジャパンの奇跡もすごいけど、こういうなでしこのミラクル、いいですよね。ね!

現在、世界でこういった催しが開催されています。

上海

香港

パリ

ロンドン


このイベントは、普段はちょっと敷居の高いレストランをリーズナブルに体験することで、おでかけの楽しさ、外食の楽しさを知ってもらい、ひいては観光の資源として育てたいという、目的があります。

将来的には全国にも広げて、外食産業をもっともっと元気にしたいと、担当者のぐるなびの藤本さんは熱く語っていました。

過去2回のイベントでは、地方から楽しみにしていらっしゃるお客さんとか、何店舗も体験する、レストランホッピングを楽しむ方とか、さまざまな楽しみ方をする人も増えてきているそうです。

ぜひ、みなさん、今年の夏は、夫婦で、友人と、またお子さんと、素敵なレストランにでかけてみてくださいな。半年ごとのこのイベントの虜になること、太鼓判です!!

ジャパン・レストラン・ウィーク 2011 サマープレミアム

blank_space
2011年07月05日

LIFEBOOKがリビングにやってきた その2 英語字幕のプログラム


投稿者 村山らむね

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

さて、すっかりこの真紅のLIFEBOOK AH52/DAも我がリビングルームに定着してきました。すごく、わくわくする赤ですね。こんなにパソコンの色で、パソコンに向かい合うことが楽しくなるとは、予想外でした。

P1050045.jpg

現在娘が試験前。リビングルームのテレビは御法度。どんなに見たくても娘の手前、好きなバラエティも我慢です。

我が家にはテレビが1台しかないために、娘がいないときにしかテレビが見られないのですが、今回、LIFEBOOKがそんな窮状を救ってくれました。

見たいテレビがある時は、LIFEBOOKを持ってのこのこ移動。テレビボックスは70屬硫罎家の一番南側においていましたが、北側の寝室でも、美画面!

この1週間余りこのパソコンと過ごしてみて思ったのは、LIFEBOOKがリビングにやってきたというのは、正確ではなくて、LIFEBOOKがやってきたら家じゅうがリビングになった!のです。

LIFEBOOKに見たいテレビをどんどん録画予約しておけば、それを持って家の中を移動して、好きなようにごろごろしてテレビが見られる。テレビを見るのに飽きたらもちろんPCだから仕事もできる。インターネットもできる。

P1050066.jpg
ベッド上に陣取るLIFEBOOK

今、メインのテレビに録画しておけば、サブのテレビに電波で録画したものを飛ばすことができるという機能が出ていて、実は、我が家もそういうサブテレビの導入を考えていたのですが、もちろんテレビはテレビ。パソコンの機能はない。

でも、このLIFEBOOKなら、家じゅう好きなところでテレビが見れて、パソコンでもある。充電しておけばテレビを見るにも十分です。まるで猫のように、家の中をLIFEBOOKを持って、好きなようにノマドできる。データを移動しておけば、お出かけしてカフェでも録画しておいたテレビが見られる。

これってすごいことではないでしょうか?

さて、私はいつもNHK BS1で放送されているワールドWAVEという番組が好きで、帯で予約しています。

worldwave_00001.jpg

一日に何度も放映される番組なのですが、特に火曜日から土曜日の午後4時からのものは1時間の中に、アメリカのABCやPBSが放映されるのですが、このPBSは、英語字幕がつくのです。なので、最初は主音声で日本語で聞いて意味をとって、そのあと副音声にして字幕を見て、というように生きた時事英語の勉強ができるのです。ただ、今までは、リビングのはじっこにテレビがあるために字幕がよく読めない。

P1050078.jpg
テレビだと部屋の奥にあるので字幕が読めない

あーん、そこわからない、いいや、もう。みたいな、かなり投げやりな感じになりがちだったのですが、このLIFEBOOKなら、画面との距離が近いので、「今の言葉なんだ」と思った瞬間に一時停止にしてノートによくわからなかった単語を書きうつしたりと、かなりつっこんだ勉強が可能。

P1050067.jpg
PCの画面なら手元で字幕を書きとることも可能


P1050068.jpg
音声もちゃんと、主音声、副音声 、主音声+副音声のモードがあります。

P1050072.jpg

P1050073.jpg
録画予約も簡単です。手元で見られるのってすごくいい。

というわけで、わたしのワールドWAVEライフは一気に花開きそうなのです。

現在は無償モニターさせていただいているのですが、実は、モニター期間が終わったら自腹での購入を真剣に検討していて、私と娘、どちらのPCにするかお悩み中。

英語教材も兼ねるということで、娘のパソコンとするのも一つのアイデアかなぁ。でも、テレビばっか見られたら困るし。難しいところです。次回に続く。。。。

blank_space
2011年06月24日

LIFEBOOKがリビングにやってきた その1


投稿者 村山らむね

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

パソコンを買い替えよう、もしくはもう1台ほしいと思ったのは、やっぱり娘がお年頃になってきたから。
我が家には、私と夫のお古のパソコンがごろごろしているとはいえ、やっぱり専用のパソコンを与えないとと、最近とみに感じるようになってきた。

結構、パソコンを持っているというのを前提にした宿題が出るんですよね。中学生になると。あと、CDをポータブルオーディオプレーヤーに入れ込む時などに夫のPCのお世話になっているなど、どうやら本人も夫もストレスに感じているらしい。

ただ、携帯の使用履歴などを覗き見ても、中学生らしく、それなりに親の眉をひそめるようなコンテンツを覗いたりしているので、彼女の部屋に彼女専用としては置きたくない親心。あくまでも娘優先のリビングパソコンという位置づけにしたいのだ。(まあやりたい放題PCでいろいろ探索するというのも青少年としては必要な通過儀礼かとは思うんですけどね)

そして、できれば彼女が学校に行っている間は、テレビになるような都合のいいパソコンがいいな。

我が家には42インチのテレビがあって私はそれをほぼ四六時中見ている。テレビを見ながら仕事をするエキスパート(笑)なのだが、この節電の昨今。もっと手近に小さなテレビで見られれば節電効果も大きいだろう。

 リビングに置くのにちょうどよくて、テレビの録画と再生ができる。
つまり、娘と私の欲望がちょうどよく満たされるというパソコンが欲しい。

そんなニーズが出てきたのであった。

ということで、ちょっと遅まきながら本格的に娘PCを検討しようと思っていたところに、今回の富士通のお話をいただいて、5月24日に東京のビルにお伺いして、まずはヒアリングをさせていただいた。

今回の富士通のパソコンのウリは

■節電を実現!

待ってました。すごく気になっていたことです。特に気に入ったのはゼロワットACアダプタ。いわゆる待機電力を75%低減できるそうです。まだ限られた機種(SH76/Dなど)にしかないそうですが、これはいいな。やっぱり電源抜くの面倒なので。

■きれいな赤の実現

ナマで見せていただいたのは、AHシリーズのレッド。すごくシックな赤でした。3回のコーティングを経たというその美しさはなかなかなものでした。まじめなイメージの富士通を覆すような、セクシーな赤。(よくアメリカ人はかっこいいガジェットのことをsexyと表現するんだけど、そんな感じ)

fujitsu1.jpg

スピーカーも斜めについていて、すごくこれまたセクシー

地デジ切り替わり直前対策としてテレビが見られるパソコン

メインのテレビはすでに切り替えているけど、2台目などのサブのテレビをまだ切り替えていない人は、PCの買い替えと一気にやってしまうというのが賢いと思うのだけど、そういう需要にぴったりのパソコンがいくつか発表されています。

第二世代インテル®Core™プロセッサーで動画の再生能力アップ

こういうのってたぶんすごく進化していると思うのだけど、今回の進化はとにかくすごいらしい。インテルの方もいらしていて、そのあたりを強調されているのが、技術に弱いわたしにもそこはかとなく伝わった。


この中でモニター機種を選べることになって

AH77/D
ノートパソコンでインテル®Core™プロセッサーでブルーレイ対応の据え置き型ノートパソコン

■SH76/D
ノートパソコンでインテル®Core™プロセッサーで1.52kgなモバイルノート
とにかく丈夫なのが売り。また今回のウリの一つ、ゼロワットACアダプタ採用

のいずれもノートパソコンが提示されたのですが、わたしはどうしてもテレビがついたパソコンが試したくてわがまま言わせていただきました。


とっても素敵なパソコンもいくつか見せていただいたのですが、次回以降でご紹介します。

わたしの観点は2つ。

リビングにおけるようなきれいな

どれかパソコンを選べるということで、迷うことなく、テレビが見られるPCを選んだのだ。

そして、ようやく到着。AH52/DA

P1050040.jpg

開けてみた。


1、PCに電源を入れて

P1050049.jpg

2、ワイヤレスTVユニット」に電源とTVアンテナケーブルを接続

P1050065.jpg

3、リモコンでテレビを押せば

P1050050.jpg

もうテレビが見れました!私でも30分くらいでできました(夫にテレビアンテナケーブルを探してもらったりしたけど)

画面の美しいこと。

P1050062.jpg


詳しくは次回で詳しくレポートしますが、娘と初めて見たテレビは陸前高田の塩害対策のために植えられたひまわりの緑の芽。思わず二人で涙ぐむ。

blank_space
2010年12月15日

ドリームマッチプロジェクトは中小企業と若い人材をつなぐプロジェクト


投稿者 村山らむね

****************************************************
経済産業省の補助をもとに「中小企業採用力強化事業」を手掛ける日本商工会議所から、(株)リクルートが委託を受け運営しているドリームマッチプロジェクトとのタイアップ記事です。
****************************************************

経済産業省・日本商工会議所が立ち上げたプロジェクトの紹介記事を書いて欲しいと依頼がありました。私にうってつけのお仕事なので、ふたつ返事で「ハイ!」しました。

今、最も元気であるべき日本の「おたから」に、元気がないと言われています。1つは活躍の場が社会からきちんと用意されているべき若者なのに、なぜか今ひとつ門戸が開かれず仕事を得ることができていない、元気なのに不完全燃焼を強いられている人たち。もうひとつの「おたから」は、日本の経済を支えており、実はよくよく見てみると、とても元気な中小企業。

その2つの「おたから」をマッチングさせるプロジェクトこそが、このドリームマッチプロジェクトなのです。

日本中が、まだまだ景気回復したとはいえない不安定な状況に覆われています。 でも、景気の煽りを受けているのは、企業だけではありません。 未来の社会をつくる原動力となるはずの若者が、 就職したくても社会に出ることが厳しい状況となっています。 社会に出て働きたいと考えている若者と 若い人材を採用して成長したいと願う企業をつなげたい。 そんな思いから、このプロジェクトは立ち上がりました。 ひとりひとりの力が社会で発揮され、 その個人が属するすべての企業が成長していくことで、 日本はもっと元気になれるのではないでしょうか。 私たちは、学生の「夢」と企業の「夢」をつなぐことで、 少しでも多くの採用を実現したいと考えています。 そして、多くの若者が活躍できる社会と、多くの企業が元気な日本を目指したい。 みんなの「夢」を、日本の原動力にしていきませんか。

これが、このプロジェクトの思いです。

dm.jpg若者と中小企業。

若者の立場から言うと、最初の就職は大企業でと思っている方がものすごく多いのだと思います。
中小企業の立場から言うと、人を採るなら即戦力と思っている採用担当の方がものすごく多いのだと思います。

でもね、でもでもでもね。

若者のみなさんには、安心して、そして覚悟して、中小企業に最初の一歩を踏み出してくださいと言いたいです。
そして、中小企業の採用担当の方には、安心して、そして覚悟して、まだ就職したことがない人を採用してみてくださいと言いたいです。

それは、私自身のキャリアの来し方から、強く言いたいことなのです。


私自身は、最初の就職は同期だけで1000人近いという大企業。結婚・出産・育児休職を経て復帰。育児との両立に悩み、11年働いた大企業から社員11名のできたてホヤホヤの会社に転職。企画、営業、人事、採用、教育、カスタマーサービスなど、小さい企業はとにかく仕事をそこにいる人達がかたっぱしから片付けないと成り立たないので、何から何までやりました。4年間そこにいて、2004年に独立。現在は一人会社の代表取締役をやっています。大→小→極小と会社を渡り歩いて、真ん中の小さい会社での経験が、私の今を作っている。そこから、↑の、若者のみなさんと、中小企業の採用担当の方への、思い。安心して、そして覚悟して、両者はマッチングされるべきという思いを生んでいます。

2000年に、大企業から小さな会社へと動きました。名刺を出せば、自分の会社の説明をしなくてもいい状態から、まず名刺を出してどんな会社なのか、自分はどんな人間なのか30秒にまとめて説明しなければいけない状況になりました。誰でも知っている、から、誰も知らないへの大きな転換には、正直面食らいましたが、会社の業務は何から何までやらなければいけない、その上、できたての会社なので、お客さんもゼロの状態から、お客さんを作り出さないといけない、そんな状態は、まあ、なんちゅうか、ものすごいカルチャーショックでした。

でも今振り返って、仕事のやり方は、全てここで学んだといえましょう。自分がお給料以上の働きをしていると、初めて実感できたのも、この会社でした(実際にそうであったかは、別として)。

自分がいなくても動く大きな船から、自分が漕がなければすぐに動きを止めてしまう小さなボート。私は仕事をするうえで一番重要なことは、当事者意識を持つということだと常々おもっているのですが、小さい会社では当事者意識を持たないとやっていけません。それが否応なく身につく場であるのです。

その小さな会社では、たくさんの人にリクルーティングのためにお会いしました。学生さんにもかなり会いましたし、何人かには新卒で入っていただきました。大企業でもリクルーティングをしていましたが、学生の眼の色が違いました。小さな会社でお会いした方々は、実際に、ボートの櫓を漕ごうと来る人たちでした。

このサイトの読者である、ワーキングマザーにも3つの視点で、このプロジェクトを見てほしいです。

■自分が若いときにこんなプロジェクトがあったらなという視点

このサイト、実際に本当によくできていて、
・企業と出会うことができる「企業を探す」というコーナーでは
 会員登録して、個別に直接面談が申し込める、サイトから面談を申し込む
 いろんな会社を見てみたい人に便利な全国7カ所で行われる合説で面談・選考に参加 
 地方の人にありがたいオンライン説明会に参加
 若者の採用に積極的な企業のHPへのリンクがされている、直接アプローチする4つの出会い方が用意されています。
 
「企業を知る」というコーナーでは
 実際に働いている人の顔が見えるコンテンツが豊富です。社長に逆質問なんていうコーナーもあり、結構読み応えがあります。

面談のおきてというコーナーは、正直、私自身に有用でした(汗)。

就職を考えている人には、必ず得るものがあるサイトとなっています。

■自分が採用担当者だったらこんなプロジェクトを利用したいなという視点

汽疋蝓璽爛泪奪船廛蹈献Дトは

「雇用で日本を元気にする」というスローガンの元、経産省・日本商工会議所により、
立ち上がったプロジェクト。学生と企業共に登録・参画無料となっており、両社の登録
内容によりマッチングを行うものです。

◆企業としては、費用をかけず2011 年卒業予定の学生と面談を行うことができ、その他、説明会やWEB セミナーなど多岐にわたるサービスを無料で行うことができます。
◆今回のプロジェクトで、採用に対してのノウハウを身につけてもらい、今後の採用にも役立ててもらうことを目指したプロジェクトになります。
◆WEBセミナーなどインターネットを使ったコンテンツを利用することで、地方企業にも首都圏同等の採用機会を創造することで、学生と企業の更なるマッチングを目指します。

ということで、採用コストに頭を悩ませる企業にとっては福音的なものとなります。もし私が中小企業の採用担当者であれば、ぜひぜひ使ってみたいプロジェクトです。

■自分の子どもがこのプロジェクトから中小企業に就職するかもしれないという視点

私の子供は娘なので、結婚出産を経ても働き続けることができるかというのが、やっぱり一番気になる点です。制度の充実は大企業が先んじても、柔軟性があるのは絶対に中小企業だと思います。産みやすい環境とそうでない環境に差があると言ったらより正確でしょうか?実際に、子育てをしながら働いている先輩がいるかどうか、それがサイトからわかるとちょっと安心なのですが、そういう項目は残念ながらありません。ということで、ご担当者に質問しちゃいました。

Q 実際の育児環境や女性に対しての配慮のような情報提供についてはどう考えていらっしゃいます か?たくさん女性が活躍している、同族でない女性の管理職や取締役が多い、など、 女性についての情報をもう少しいただければと思います。男女の性差が取り払われつ つある大企業と、差が根強いとまだ一般的には考えられている中小企業。あまり性差 を突出させてはという配慮でしょうが、「産めるかどうか」を気にしている女子学生 はたいへん多いと思うのです。

A 重要なテーマだと思います。産前産後・育児への支援内容や、実際に育児しなが ら働く先輩社員などの姿がわかるほうが、就職希望者にとってより良い情報であるこ とは間違いありません。一方で、そのような情報を発信するためにはきちんと取材を し、裏付けある事実を掲載するというプロセスが必要です。一つでも多くの求人情報 を掲載し、雇用を創出することを目的としているため今回は見送りさせていただいて います。 その代わり、きちんと面談を行うフローがございますでの、企業と学生が会話するこ とでその疑問を解消するフローを組んでおります。

たいへん誠実なお答えだと思います。女子学生のみなさん、臆せず質問しましょうね。


若者と、中小企業のお見合いサイト。
この行く末に、日本の将来がかかっていると言っても過言ではないでしょう。こういうのが今までなかったことが、逆に不思議です。一過性のプロジェクトではなく、継続していただけると本当にうれしいな。少なくとも、中学一年生の娘が就職活動するまでは。

blank_space
2007年12月26日

ワーキングマザーのためのキャリアアップコラム第8回


投稿者 fellow

キャリアゲート代表取締役 金岡澄江さんによる、ワーキングマザーのためのキャリアアップコラムの第8回目です。ご寄稿いただいているこのシリーズもこの回を含めて残すところ3回となりました。転職力をつけるイコール自分を見つめなおすこと。ぜひ、転職を考えていない方こそこの機会にお読みください。

第1回目

第2回目

第3回目

第4回目

第5回目

第6回目

第7回目



◇◆ ぴったりの経験でなくてもいいのか ◆◇

「さあ求人を探そう」と行動を開始したときに足を止まらせる原因が、採用企業の求める経験。求人内容にざっくりとしたことしか書いてなければ、具体的にどんな人を探しているのかと気になるし、あまり細かく設定されていると、そんな経験は持っていないと躊躇するし、未経験者可となっていれば、そんなに難しくない仕事なんだろうかと心配だし・・・と悩みは尽きません。

しかし、せっかく転職するからには今やっていることをそのまま次も、というのでは面白くない、とお考えの方も、実際のところ多いのです。

企業が求めているそのものの経験がない場合、突破口はないのでしょうか。

結論から言うと「ないわけではありません」
100%ではないのですが、工夫はできるものです。
今までやってきたことの中で、どの経験はどんなふうに次の仕事に活かせるか。こんなふうに自分は仕事に取り組んできたから、こんな場面で使えるはず。といったことを伝え、企業側でもなるほどそうか、と思えば、展開してくることもあります。

ただし、求人企業の求めている人材が、比較的世の中に多くいらっしゃるようなケースだったり、それほど存在していなくても、その経験を外すと業務に支障が出かねないというケースであると、通用しにくくなります。

いずれにしても、この場合に大事なのは、「それが違う場面で活かせる経験/スキルか」ということの見極めと、「それを実証できるか」ということです。

また、もしもご自身がその業界について以前から興味があり、調べていたことなどがあれば、そこから得た知識と今までの経験から、自分だったらどんな貢献が出来る可能性があるかをアピールすべきでしょう。

今までのやり方を続けているわけにはいかないというのは、どんな企業でも常に課題としているところです。そこに違う視点からの提案ができる、また言いっ放しではなく実行力がこういうふうにあります、という話が出来るかどうか。

同業界の同種経験者に比べれば見劣りする・・・という点を少しでも「可視化」してみてください。

◇◆ 退職してからの転職活動は不利? ◆◇

仕事に就いていないと、できない人間だと思われるのでは、と心配される方がいらっしゃいますが、退職していること自体が必ずしも不利ではありません。

退職していることが、もしも不利に働くとすれば、「退職理由が明確でなく、単に不満をもって飛び出したのではないか」と懸念を抱かれるような面接での応答をしてしまったり、または無職期間が長期化することで、応募者ご自身のあせりから、『どこでもいいから仕事に就きたい』と思うようになり、最初は考えてもいなかった職に就き、こんなはずじゃなかったと思い、また転職・・・となることでしょう。

無職の期間は、精神的なあせりもそうですが、経済的な意味でもあせりが生まれてくるおそれがあります。

ですから、
・現在無職であれば、なぜそうなのか理由を明快に示すことで企業を安心させる
・可能であれば在職中の転職決定をめざすようにしていただいたほうが良いですね。

blank_space
2007年11月22日

ワーキングマザーのためのキャリアアップコラム第6回


投稿者 fellow

キャリアゲート代表取締役 金岡澄江さんによる、ワーキングマザーのためのキャリアアップコラムの第6回目です。

第1回目

第2回目

第3回目

第4回目

第5回目


◇◆ 複眼的に見る ◆◇

転職の応募先、どのように選んでいらっしゃいますか?

多くの場合、自分のやりたいことができそう、とか、会社が安定していて長く働けそう、とか、はたまた友人が勤めていて楽しそう、といった理由で選んでいると思います。でも、それは正しい見方なのでしょうか。

新卒の就職活動のときを思い出していただきたいのですが、たくさんの企業を回って決めたように思っても、意外に「先輩の勧め」とか「親の影響」とか「友達に聞いた」とか、狭い範囲で見聞きしたことがかなり影響をおよぼしていたりしませんでしたか?

自分ひとりの考えで仕事を選ぶと、ともすると、一方向から見ただけの選び方になっているケースがあります。そうではなく、最初は違和感があったとしても、複眼的に見てみることで、自分の可能性を広げられることもあるのを知ってほしいと思います。

だから、転職活動をしているときに、第三者から「こんなのもいいんじゃない?」と言われてそれが自分では一度も考えたことのなかった選択肢だったら、チャンスだと思って受けてみると良いと思います。

◇◆ 何社くらい受けたらいいのでしょう ◆◇

転職活動をしていくなかで、一体何社くらい応募したらいいものかとお考えになる方はいらっしゃることと思います。
実際のところ、意中の会社だけに応募して見事内定し、スピード入社を果たされる方もいらっしゃれば、10社以上受けても結論が出ない方もいらっしゃいます。それぞれそうなる背景や理由はありますから、一概にどれが良い悪いということではありません。

働くというのは生活の多くの部分を占めることですし、本当にこの先何年も働く場所を選ぶわけですから、安易な選択はできません。
一方で、あまり慎重に選んでいると、受けようと思う求人が埋まってしまうということも十分ありえます。

あまりたくさんの数を受けると、それぞれの企業について調べるのも大変ですし、志望動機を考えたりして気力・体力を使ってしまいます。
かといって、1社や2社くらいでは、比較して決めるほどの材料にはなりにくいでしょう。

そこから考えると、3社ないしは5社程度の面接を受けて決定する、くらいにできれば、ご自身の納得のいく判断ができるのではないかと思います。

実は多くの場合、それは「漠然とした不安」であって、本当にそうではないケースも含まれています。それをさらに細分化すると、「扱うものに愛着が湧かなかったらどうしよう」とか「特有のやり方に馴染めなかったらどうしよう」というところにたどり着きます。

どうしても興味が持てないなら仕方ありませんが、上記のように漠然と不安を感じているのであれば、20代だからこそやり直しがきくのだからと一歩踏み出してみてはと思います。

blank_space
2007年11月03日

ワーキングマザーのためのキャリアアップコラム第5回


投稿者 fellow

キャリアゲート代表取締役 金岡澄江さんによる、ワーキングマザーのためのキャリアアップコラムの第5回目です。

第1回目

第2回目

第3回目

第4回目


◇◆ キャリアチェンジをしたいとき ◆◇

キャリアチェンジは、大きく分けて「業界を変える」と「職種を変える」の2種類があります。ただ、一般的に“キャリアチェンジ”と言われているもので、かつ、困難とされているのは「職種を変える」ほうです。

通常、転職においては、それまでの経験や知識やノウハウ、人脈等を活かすもので、いかにその求人において自分が即戦力となりうるかということをアピールします。しかし、キャリアチェンジにおいては、「そのままを活かす」ことはできません。

それでもどうしても今までとは違う職種にチャレンジしたいとき、どうしますか?

単純なことですが、一番には今までの経験の棚卸しをする必要があります。仕事での経験だけでなく、プライベートでどんな人脈を得たか、どんな勉強をしたか、なども含めて考えます。それらの中で、何か目指す方向に接点のあるものはないかと分析してみてください。

並行して、自分の目指す先がどんな仕事の内容であるかを調べます。
イメージだけではどうして目指すのかという説得力に欠けますし、そもそも自分の棚卸しをしても、それをどう分析していいか分からないはずです。なお、その際に、目指す先のことをよく知っている人、たとえばその業界に在籍している知人やキャリアコンサルタントに話を聞いてみるのも良いでしょうし、手近なところでは業界本を参考にされるのも良いと思います。

それらを踏まえて、職務経歴書や志望動機を作成し、応募することになります。面接でどう答えるかも同時に考えておいたほうが良いでしょう。
面接では、その熱意も見られることになりますから、応募企業のことを十分に調べておくことです。

ただし、キャリアチェンジをするのは、今までのキャリアを無にすることにもつながりますし、待遇も下げることにもなる場合もあります。
一度キャリアチェンジをしてみてダメだったとき、再度違う職種へのチャレンジは厳しくなりますので、十分に注意してください。

◇◆ キャリアを狭めてしまう? ◆◇

業界をまたいでの転職を検討するときに、「その選択をすると、その先のキャリアを狭めてしまうのではないか」と心配される方がいらっしゃいます。とくに20代の方には、できるだけ選択肢を広く持っておきたいとお考えの方がいらっしゃって、こういった反応を示されることが多いようです。

その仕事に就くと、特定の業界の人としか付き合わなくなる、とか、その業界特有の仕事のやり方になって汎用性がつかない、といった不安を持つようですが、それは本当なのでしょうか?

実は多くの場合、それは「漠然とした不安」であって、本当にそうではないケースも含まれています。それをさらに細分化すると、「扱うものに愛着が湧かなかったらどうしよう」とか「特有のやり方に馴染めなかったらどうしよう」というところにたどり着きます。

どうしても興味が持てないなら仕方ありませんが、上記のように漠然と不安を感じているのであれば、20代だからこそやり直しがきくのだからと一歩踏み出してみてはと思います。

blank_space
2007年10月24日

ワーキングマザーのためのキャリアアップコラム第4回


投稿者 fellow

キャリアゲート代表取締役 金岡澄江さんによる、ワーキングマザーのためのキャリアアップコラムの第4回目です。

第1回目

第2回目

第3回目


◇◆ 可能性を開く努力 ◆◇

意外にも、と申し上げていいかもしれませんが、転職活動をするときに、「与えられた範囲」だけで行動している方は少なくありません。

たとえば応募先を探すにあたっては求人情報を探す。
求人情報を見たら、その要件に合致しているところだけ応募する。

確かに間違っていないのですが、それだけでは可能性を狭めていることになるかもしれません。

求人情報を出していない会社でも、自分の興味ある会社や業界をあたってみることは何ら問題はありません。仮にそうして探した先で、ホームページに「現在求人はありません」と書かれていたとしても、それであきらめないことです。興味があるのだったら、実際にコンタクトしてみて、確認すれば良いのです。

求人情報の要件も、多少満たしていないところがあっても、それをカバーできる何かがあれば(かつ、その企業への志望が明確であれば)、チャレンジしてみることだと思います。

100点満点を狙う試験ではないのです。可能性を広げることを考えてみてください。

blank_space
2007年10月10日

ワーキングマザーのためのキャリアアップコラム第3回


投稿者 fellow

キャリアゲート代表取締役 金岡澄江さんによる、ワーキングマザーのためのキャリアアップコラムの第2回目です。

第1回目

第2回目


◇◆ セールスポイントがない ◆◇

職務経歴書や面接で自分をアピールせよと言われても、そもそも自分には“売り”になるものがない、とお考えの方、決して少なくはないでしょう。

でも、本当に売りになるものがないのか、もう一度見直してみませんか?

指示をもらったことだけしていたから・・・というのであれば、指示されたことをいかに正確にこなすかに気を配った、ということかもしれませんし、さらに先回りして「きっと次にこんなことが必要になるのでは」と考えて用意していたこともあるかもしれません。

知名度が高くはない企業にいたのであれば、扱った額は小さくても、それを提案するために工夫したことがあるかもしれません。

「所詮、自分なんて・・・」と思考停止しているとしたらとてももったいない話です。また、「これくらいのことで・・・」とあきらめるのももったいない。

どんな小さいことでもいいので、「自分でやってきたこと」をいくつも書き出してみてください。それで思い出すこともあるでしょうし、どんな内容がいいか迷うようであれば、友人に相談するのもいいですし、弊社でもご相談にのります。

◇◆ 何をしたいか定まっていない ◆◇

意外に思われるかもしれませんが、転職相談にお見えになる方のなかで、多くいらっしゃるのが「何をしたいかわからない/決まっていない」という方です。

転職はしたい/しなくてはならないのに、どこを受けていいのかわからない。

もしあなたがそういう状態なのだとしたら、求人情報サイトを眺めてみたり、求人誌を読んでみたりして、ちょっとでも心がひかれるものがないか、ざっと流してみる感覚でかまわないので見てみましょう。

そして、やはり一度人材紹介会社を訪ねてみたほうが良いと思います。
細かなニュアンスを汲み取って求人を紹介することを依頼するには、そのキャリアコンサルタントとの相性もありますから、いくつか実際に訪ねてみるべきだとは思います。

そして、実行に移すときにも注意を。
というのは、「心が固まっていないから面接で志望理由を聞かれても答えられない。だからあまりよくわからないものは受けない」ということで、チャンスを狭めるケースが見受けられます。

お見合いで「本当に好きになれそうな人」だと確信できるまでは会わない、と言っているようなものです。会ってみなくてはその人の良さはわからないし、聞きたいことも聞けません。

あまりがちがちに決めすぎずに、一歩踏み出す「勇気」や「腰の軽さ」は必要です。何をしたいか決まっていないことは悪いことではありません。
でも、それを知るための行動は必要、ということです。

blank_space
2007年10月01日

ワーキングマザーのためのキャリアアップコラム その2


投稿者 fellow

キャリアゲート代表取締役 金岡澄江さんによる、ワーキングマザーのためのキャリアアップコラムの第2回目です。

●ちなみに第1回目は、こちら



◇◆自分のやりたいことが分からない その2◆◇

前回は、「自分のやりたいことがわからない」ときに、自分が何に興味をもっているのかを書き出し、そこからつながるものがないか、考えてみましょう、という話を書きました。ただしそれは30歳くらいまでの方の場合、ということで、ではそれ以上の年齢の方はどうしたらいいのか?
それを今回考えてみたいと思います。

30歳前後よりも上の年齢の方に、企業が求めるのは「すぐに戦力となってくれること」。もう「私はこれができますよ」というアピールがあるだろう、と思われるのです。

社会人経験の浅かったときの気持ちになってみると、容易に想像がつきますよね。30代半ばの人はずいぶんとベテランに見えたはずです。

そうは言ってもやりたいことが分からないとき。
まずは目の前にある仕事に取り組むことです。
なにをしていいか分からないから、と悩んでいても、なにも解決しません。そこで実績を出していくことで、それが結果としてやりたいことにつながっていきます。

いま仕事を探している方は、“自分を必要としてくれるところはどこか”という視点で探してみてください。それがやりたいことかどうか、と悩むよりも、必要とされる中でその会社のビジョンに共感できたり、その会社の人と一緒に仕事をしたいと感じたり、まずはそこからスタートしていただくことではないでしょうか。

やりたいことがわからないのは、結局やりがいを感じる“何か”がないことに起因していることが多いものです。

やりがいを感じられるようにするには、自分が必要とされる何かを持つことです。

blank_space
2007年09月25日

ワーキングマザーのためのキャリアアップコラム その1


投稿者 fellow

以前も、ワーキングマザーのための転職講座ということで、第一回第二回と連載をいただいたキャリアゲート代表取締役 金岡澄江さんに、またキャリアアップについてのご寄稿をいただきましたので、順次掲載いたします。楽しみにしてください。


今の職場ではやりたいことが実現できなさそう、
なんだかいいように使われているだけで、力がつかなさそう、
とにかくあの社長のやり方は気に入らん!

などなど、仕事をしていれば、おそらく誰しも悩み、迷い、怒り、そして「転職しようかな」という思いを持つことが出てきます。

そのときに、「これは自分だけが抱えている悩みなんだろうか」「転職するとしたらすごく立派な志望動機が必要なんだろうか」など考え始めるときりがないのも皆さん一緒。

自分の人生の中での大事な選択のタイミングですから、考え、悩むのはとても大事なことですが、ひとりで考えていても埒があかないこともありますから、そこに少しお力になれればと思って、このコラムを書くことにいたしました。

是非、ご参考になさってください。

◇◆ 自分のやりたいことが分からない その1 ◆◇

転職活動をするにあたって、まず自分が何をやってきたかを見直すとともに、自分は何をやりたいのか、を考えていくことも、転職活動をしていくうえでは重要ですね。

ところが、自分が何をやっていきたいのかが分からない、という方が、実は少なからずいらっしゃいます。こういう場合、どうしたらいいのでしょうか。

まずは、自分が何に興味・関心をもっているかを書き出します。
それが仕事であれ趣味であれ、何でもかまいません。

書き出してみたことが、何か仕事につながりそうであれば良いのですが、そもそもそんな方であれば悩んだりはしないかもしれませんね。
仕事につながりそうもないことばかりだったら、仕事探しはできないのでしょうか?

おそらく、ここまできたら自分ひとりでは解決できないところにきていると思いますから、ご友人や知人に意見を求めてみるのもひとつの手でしょう。

また、当然ながら人材紹介会社のコンサルタントにアドバイスを求めるのも解決策のひとつです。紹介会社はいろんな会社のいろんな職種を扱っていますから、そのなかから、どんな仕事がその興味を満たすものに該当するか、意見を出してくれるはずです。

ただし、上記のやり方でできるのは30歳くらいまでの方の場合。

それより上の年齢の方はどうしたらいいのでしょうか。次回は、そのあたりを考えて行きたいと思います。

blank_space
2006年11月29日

キッザニア東京、予約は難関、入れば興奮!


投稿者 村山らむね

キッザニア
話題のキッザニア、行って来ました。結論。すっごくおもしろい。子供たちは夢中の5時間を過ごしたし、何よりも、大人にとっての最高のテーマパークでした。というのも、親にとって、自分の子供が夢中で何かをしているところを見る以上に、美しく心がとろける瞬間はないでしょう。その意味で、大人が本当にハッピーな空間でした。

■予約はとにかく、早めに

現在、予約はたいへん混んでいます。週末は2007年4月までいっぱい。平日も2006年の12月と2007年の4月に少々空きがあるくらい。2007年の1月、2月、3月は、どこも予約できません。すさまじい人気ですね。

我が家は、2ヶ月前に学校の創立記念日を予約。子供二人、大人二人で行って来ました。

クレジットカードで予約すると、折り返し予約番号が書かれたメールが来ます。そのメールをプリントアウトして持参します。メールを紛失したら、早めに、問い合わせしましょう。

※ 当日券も扱っているようです。(詳細はサイト上にも見つかりませんでした)

キッザニア■子供2400円、大人1600円は、かなり安いと思う

料金表をみると、

平日は、2歳から3歳までが1200円、4歳から12歳までが2400円、大人が1600円

休日は、2歳から3歳までが1500円、4歳から12歳までが3000円、大人が2000円

平日、親子2組で8000円。一家族4000円。

作った作品はもらえたり、食べられるし、その上、働いた報酬(キッゾ)ももらえる。三井住友銀行のマークのついたお財布ももらえる。はっきりいって、かなりお得。日本有数の企業群のスポンサーシップのおかげでしょう。

■午後4時からの午後の部は何時に行けばいいの?

3時半に行くともうすでに入り口前に行列が。とはいえ、プログラムの開始は4時からだし、それ以前は各パビリオンには並べないので、入ったらすぐ人気プログラムのそばで、それとなくうろうろしていましょう。

キッザニア■所要時間は、ひとつの体験で15分から長いものでも1時間

並ぶのもあわせると、大体1つの体験をするのに、1時間かかります。うちの娘たちは

・商店街の額縁作り(ほとんど並ばず)
・ピザ作り(40分並んだ)
・ハイチュウ作り(30分並んだ)
・シール作り(これはキッゾを払っての体験)

と、5時間で4つの体験をして、プラス、デパートで買い物を楽しみました。ものすごく要領よくまわったら10個くらい体験できるかな?

小3の彼女たちは、仕事の疑似体験というよりは、いろいろ作れる縁日みたいな空間と認識したかもしれません。すごく面白かったのが、かなりキッゾがたまるまでは、徹底的にキッゾを支払う体験は避けていたこと。かなりATM(!)に貯まってから、払って体験するシール作りを楽しんでいました。

■親は何をしているの?

プログラムはそれぞれ15分から30分。長いものでも1時間。必ず、どのプログラムも、所要時間が書いてあるので、子供を並ばせておいて、親だけ食事をしたり、ほかのプログラムを見学することが可能です。

もっと親と子供は隔離されるのかとおもったら、もちろん体験する部屋には同行できませんが、窓ガラス越しに写真やビデオを撮ることは自由で、そんな親たちをみるのも楽しかったです。

親がほとんどみんな座れるように、ベンチやテーブルがふんだんにありました。目に余るような場所取りも特になく、ディズニーランド客より、格段に質のいい客層でした。

キッザニア■人気プログラム

ものすごい人気プログラムというのは、なかったような気がします。並ぶのは子供だけだし、子供は待つのが嫌いなのか、うまく平均化していました。とはいえ

・ジョンソン&ジョンソン(お医者さんや、看護士さんの体験ができます)
・ANA(パイロット、キャビンアテンダントの体験)
・R1/f(ジュース作り)
・PIZZA-LA(ピザ作り)

は、かなりの列ができていました。
またモデルショーに出演できるタカラにも、その受付時間には行列ができていました。

各プログラムの時間帯は、毎日変わるようなので、一回りしてチェックするのがいいでしょう。

キッザニア■食事は?

おおむね安いです。体験でもらってきた焼きたてのピザは、本当においしかった!親が一番幸せでした。

あとは、R1/fのお惣菜がもっともメニュー豊富でおいしそうでした。が、「たくさんあるなぁ」とのんびりしていたら、7時半くらいにはほとんど売り切れ。カレーしかありませんでした。でも790円でとっても美味。ららぽーと内で調達したものを持ち込んでいる人も、見かけましたし、わりとそのあたりは鷹揚。

4時からだと、おなかがすくので、上手に栄養補給してください。子供も親も。私たち親は子供が体験しているすきに、そっとカレーを食べてしまったのですが、子供たちはピザ以外は口にすることなく、結局、帰路の有楽町駅のコンビニで買ったおにぎりを、上野始発の列車の中で食べるという悲しい目に合いました。(あわせるな)

■子供の感想

・「また行きたい!」
・銀行にお金が貯まっていくのが、すごくうれしかった
・親がちょくちょく見に来るのがいやだった
・ピザがすごくおいしかった
・カードがたまるのがうれしかった

などなど。近くて当日券を入手できやすい環境なら、毎週でも連れて行きたいですね。

仕事って楽しいんだ
子供だけで決めるっておもしろいんだ

ってぼんやりとでも思ってもらえるとすごくうれしかったりして。

■親の感想

親としては、ついつい「お医者さん」や「キャビンアテンダント」「モデル」など、華やかな職業を体験してほしいと思うのでしたが、作るのが大好きな娘たちは、職人系の仕事体験に夢中でした。次回は、ぜひ、「サービス系」「研究系」「エンターティンメント系」にも挑戦してほしいな。(ぼそり)

キッザニア■自分たちで決めること

できるだけ親は口をはさまないようにと見ていました。また、体験コーナーや、デパートなどは子供しかは入れないので、親からの干渉から離れて、それぞれいきいきと“決定”を満喫する姿を見ることができました。でも、はさみたくなる潤オ!!「なんでそんなもん、買うの?」「もう銀行に入れるのやめなよ」「次は、モデルやりな」などなど、今思うと、結構はさんだかも。無視されたけど。

■あえて辛口

「すべての仕事が成功するのは、どうなのかな?失敗体験こそ、重要なのに」って、少々ですが、思いました。でも、それはテーマパークの仕事ではないでしょうね。

キッザニア東京

●住所:東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲
●電車でのアクセス:東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ「豊洲」駅より徒歩3分
●車でのアクセス:首都高速枝川ランプより 約1km

地図
豊洲駅からの地図

アーバンドック ららぽーと豊洲もたいへん大きくて、充実したショッピングセンターでした。

blank_space
2006年07月11日

出産ジャーナリストの河合蘭さんに会ってきました


投稿者 村山らむね

産んでいない友達に「どうして産まないの?」と聞くのは、絶対のタブーだと思いませんか?
未妊―「産む」と決められないの著者 河合蘭さんにお会いしてきました。3回連載にてご紹介します。

少子化という現実を産まない人から解き明かすこの本。産んだ私にも、思い当たるというか、共通の問題がたくさん提示されています。もう一人産みたかった、産みたいと思っている、そんな人にもとてもおすすめの本なのですが、河合さんとの会話で産むということの楽しさ感じていただければと思います。

kawai1.JPG 未妊―「産む」と決められない

第1回目

第2回目

第3回目


■河合蘭さんのホームページ

blank_space
2006年05月30日

ファイナンシャルプランナー安田まゆみさんに会ってきました(5/5)


投稿者 村山らむね

さてファイナンシャルプランナーで貯まる!かんたんどんぶり家計術の著者 安田まゆみさんのインタビューインタビュー、一ヶ月にわたるこの連載もとうとう大トリ!相談者も、村山らむねが自らの恥ずかしい財政状態を赤裸々にさらして、ご相談です。

動画(正確に言うと、静止画+音声です)にてご紹介します。

今回もかなり長いのですが、がんばって聞いてください。きっとあなたのご家庭の未来が輝きます!ちなみに今回は実名での相談です。決して、その財政状態を笑わないようにくれぐれもお気をつけください(笑)。

2006_0422_190058.JPG 貯まる!かんたんどんぶり家計術

さて第5回目も個別相談です。

●村山らむねさん

・セミナーの感想

・はじめて我が家の財政状態を整理しての感想

・貯めるための、夫婦の共同作業とは?

・ワーキングマザーへの安田さんからのメッセージ

  などです。とっても元気がでる内容になっていますよ!!

 (ポッドキャスティング対応)

●Windows Media Playerバージョン
●QuickTimeバージョン
(11分)

■安田まゆみさんのホームページ

最後まで聞いていただいてありがとうございました。

blank_space
2006年05月22日

ファイナンシャルプランナー安田まゆみさんに会ってきました(4/5)


投稿者 村山らむね

さてファイナンシャルプランナー安田まゆみさんインタビュー、具体的な相談になった第3回目ははいかがでしたか?ファイナンシャルプランナーへの相談を盗聴しているような臨場感が魅力だったと思います。

貯まる!かんたんどんぶり家計術の著者 安田まゆみさんのインタビュー。5回連載の第4回目です。

動画(正確に言うと、静止画+音声です)にてご紹介します。

今回もかなり長いのですが、がんばって聞いてください。きっとあなたのご家庭の未来が輝きます!

2006_0422_190058.JPG 貯まる!かんたんどんぶり家計術

さて第4回目も個別相談です。

●田中さん(仮名)

・セミナーの感想

・子供がたくさんいる場合のお金の貯め方

・学資保険の賢い利用法

  などです。かなり具体的な質問になっていて、ファイナンシャルプランナーに相談したいけど、どんなふうに答えてもらえるのか分からない人には、絶好の内容になっています。

 (ポッドキャスティング対応)

●Windows Media Playerバージョン
●QuickTimeバージョン
(12分49秒)

■安田まゆみさんのホームページ

blank_space
2006年05月15日

ファイナンシャルプランナー安田まゆみさんに会ってきました(3/5)


投稿者 村山らむね

さてファイナンシャルプランナー安田まゆみさんインタビュー、第一回目、そして第二回目はいかがでしたか?聞いた人だけが得をする、貯まるコツが満載だったと思います。

貯まる!かんたんどんぶり家計術の著者 安田まゆみさんのインタビュー。5回連載の第3回目です。

動画(正確に言うと、静止画+音声です)にてご紹介します。

今回はかなり長いのですが、がんばって聞いてください。きっとあなたのご家庭の未来が輝きます!

2006_0422_190058.JPG 貯まる!かんたんどんぶり家計術

さて第3回目は個別相談です。

●佐藤さん(仮名)

・セミナーの感想

・生命保険のお得なかけ方。節約の注意

・もし先生に相談するならどのくらいかかるのか

  などです。かなり具体的な質問になっていて、ファイナンシャルプランナーに相談したいけど、どんなふうに答えてもらえるのか分からない人には、絶好の内容になっています。

 (ポッドキャスティング対応)

●Windows Media Playerバージョン
●QuickTimeバージョン
(17分11秒)

■安田まゆみさんのホームページ

blank_space
2006年05月08日

ファイナンシャルプランナー安田まゆみさんに会ってきました(2/5)


投稿者 村山らむね

さてファイナンシャルプランナー安田まゆみさんインタビュー、第一回目はいかがでしたか?
貯まる!かんたんどんぶり家計術の著者 安田まゆみさんのインタビュー。5回連載の第2回目です。

動画(正確に言うと、静止画+音声です)にてご紹介します。

今回はちょっと長いのですが、がんばって聞いてください。きっとあなたのご家庭の未来が輝きます!

2006_0422_190058.JPG 貯まる!かんたんどんぶり家計術

さて第2回目は

●週分け袋さえできない、本当のズボラどんぶり夫婦へのアドバイス

●夫婦で読めば、2倍貯まる??

 (ポッドキャスティング対応)

●Windows Media Playerバージョン
●QuickTimeバージョン
(7分14秒)

■安田まゆみさんのホームページ

blank_space
2006年05月01日

ファイナンシャルプランナー安田まゆみさんに会ってきました(1/5)


投稿者 村山らむね

共働きが多いワーキングマザー。でも意外にお金、貯まっていないっていうことありませんか?

そんなどんぶり勘定のワーキングマザーにぴったりの貯まる!かんたんどんぶり家計術の著者 安田まゆみさんにお会いしてきました。5回連載、ワーキングマザースタイル初の動画(正確に言うと、静止画+音声です)にてご紹介します。

通して聞いて、そして本を読んでいただければ、将来的にもしかしたら何千万円という違い(!?)が出てくるかもしれません。それぐらい有意義な内容になっています。

2006_0422_190058.JPG 貯まる!かんたんどんぶり家計術

まず第1回目は

●家計簿をつけると、お金を貯められるには相関性はない!

●都合のいい家計簿つけていない?

●一番重要なことは・・・。

●どんぶり勘定でもできる、お金の貯め方の必殺技とは?

 (ポッドキャスティング対応)

●Windows Media Playerバージョン
●QuickTimeバージョン
(9分17秒)

■安田まゆみさんのホームページ

blank_space
テーマ別インデックス
blank_space