ワーキングマザースタイル ◆和田理恵



2014年08月04日

プログラミング習い始めました


投稿者 和田理恵

子どもに身につけたい力とされてきた「読み、書き、そろばん」。それにこれからはプログラミングが加わるという説を聞いたことがあります。英語よりプログラミングを習わせたいという意見を小耳にはさんだことも。

しかし、プログラミングって、コンピューター関係の専門家があやつっている難しいものなのではないのでしょうか?! そんなプロの知識を誰もが必要とする時代がくるのだろうか、、、と頭の中が?でいっぱいになっていた私。ある日、TEDという世界的に有名なプレゼンテーションの場で、「子どもにプログラミングを教えよう」という講演をしているのをNHK「スーパープレゼンテーション」という番組で見ました。

MITのミッチェル・レズニック氏が作ったSCRATCHという子どもでもわかりやすいプログラミングの学習環境が紹介されていたのですが、動作のブロックをはめこむと画面の中のキャラクターがその通りの動きをしたり、なんだか簡単で楽しそうです。

近くにプログラミング教室ができたのをきっかけに小3の末っ子と一緒にプログラミングを習ってみることにしました。

まずTEDでも見たSCRATCHに親子で取り組んでいます。キャラクターを動かしてみたり、動作に音をつけてみたり。末っ子はパソコンに親しんでいたわけではないので、いきなりプログラミングを習うなんてハードルが高過ぎるのではと懸念していたのですが、ブロックを組み合わせるだけで、思い通りに動いてくれるので、楽しいようです。子どもはさすがに飲み込みが早くカンもいいので、私よりもいろいろ工夫を加えたりもしています。。。

キャラクターに動作させる時、ひとつひとつの動きがみえやすいように「1秒待つ」というブロックを間にはさんでいるのですが、繰り返しの指示をしてみると、何回かに一回動きが速すぎてぎこちないところがありました。何でだろう、、と悩んだのですが、それは最後の動作の後に「1秒待つ」を入れていなかったので、瞬時に最初の動作に戻ってしまうせいだということを発見!

一つ一つどう命令が積み重なっていっているのかを見直すことって、論理的に考える訓練になるなあと思いました。意見を言う時に論理力は必要ですが、普段の生活の中ではなんとなくわかったり、気持ちを察することもできます。しかし、プログラミングは命令した通りにしか動きません。妥協したり、先回りしてわかってくれたりは一切ないので、筋道が通っているかどうかが日常生活以上にシビアに鍛えられます。

なんで思い通りの動きにならないのかを考え、試行錯誤を重ねる中で原因がわかり、解決できた時の爽快感はなかなかのものです。

高校の数Iで出てくるらしい「かつ」や「または」などもキャラクターと遊びながら楽しく概念がわかるので、それもいいなあと思いました。


「わけのわからないもの」としか感じていなかったプログラミングが、少しずつ自分の思いを実現できるものとしてわかってくるのがとても面白いです。

こどもがプログラミングを学べる場をいくつか調べてみました。
ご興味ある方は詳細問い合わせてみて下さい。

TENTO
ひとりひとりに合わせたプログラム。東京、神奈川、埼玉、千葉に校舎がある。
なつやすみ特別講座も。

Tech Kids CAMP
夏休みや連休を利用して短期間で学べる小学生のためのプログラム入門コース。
東京(渋谷)、横浜、大阪などで開催。

二子玉川 はじめてのプログラミング教室
少人数制で各自の理解にあわせ、楽しく教えてくれる。
夏休み特別講座あり。
親子受講可能。

CoderDojo Tokyo
毎週日曜日、ボランティアによるプログラミング道場(下北沢)を開催。

ロジコICT教室
東京(眦椎肋譟砲砲童鎚婿愼魁小学生対象。
長期休みに親子プログラミング教室を開催。

blank_space
2014年08月03日

東日本大震災の寄付


投稿者 和田理恵

東日本大震災の後、少しでも役にたつのなら、と寄付を考えたり、実際に寄付した方は読者の方にも多かったのではないかと思います。
私もその一人。
3年と少したった今、寄付や義援金はどのようになっているのか少し振り返ってみたいと思います。

私の周囲で一番多かった寄付先は
日本赤十字社でした。
平成26年7月25日現在、3731億2079万5436円(中央共同募金会とあわせての金額)が15都道府県に送金されています。
発生直後の医療救護班派遣などの緊急支援では、訓練を定期的に行なっている医療救護班が迅速に動き、6ヶ月間にわたり75,000人以上診察したそうです。
復興支援では被災された方々や行政と相談しながら、主に生活再建(家電セットの寄贈など)、医療支援(仮設診療所の整備など)に寄付が使われたようです。海外からの救援金(2014年6月30日現在)の使途は日本赤十字社ホームページにわかりやすくグラフ化されています。
日本赤十字社では、平成27年3月31日まで東日本大震災義援金を受け付けています。

日本政府ももちろん義援金を受付しています。平成27年3月31日まで受付中です。
送金先など詳しくは内閣府のホームページに記載されています。平成26年3月7日現在で、31億6815万5000円が義援金配分割合決定委員会によって決定された基準によって地方自治体などに分配されたようです。平成26年4月1日以降寄せられた義援金は岩手県・宮城県・福島県・茨城県に被災状況に応じて送金される見込みです。


各県でも直接寄付を受け付けています。

震災の復興事業、被災者への生活支援、震災孤児への支援、それぞれ窓口が違っています。復興事業は「寄付」、生活支援は「義援金」という名称で、寄付や義援金申込書の記入が必要な場合もありますので、ホームページをご確認下さい。

○岩手県

寄付金・義援金→寄付金は被災者の心身の健康維持、医療サービス等の充実のための事業、三陸の水産業をはじめとする地域産業の復旧、被災地の学校教育整備等に。

いわての学び希望基金

○宮城県

寄付金→県内の災害復旧や復興事業の財源

義援金(平成27年3月31日まで受付)

東日本大震災みやぎこども育英募金 

○福島県

災害復興寄付金 →学校などの災害復旧、被災生徒の通学支援など

義援金(平成27年3月31日まで受付)

東日本大震災ふくしまこども寄付金

○茨城県

寄付金・義援金→寄付金は茨城県が行なう復興事業に充てる。(平成27年3月31日まで受付)


以前、「被災地の子どもを支援するための寄付」で紹介した団体の活動についても紹介したいと思います。

あしなが育英会
震災2日後から2013年3月末まで、0歳から大学院生まで返済不要の「特別一時金」を給付していたことがまだ記憶に新しいあしなが育英会。寄付総額は61億6692万9079円(2014年1月31日現在)で、特別一時金は2082人に一律282万1964円が給付されました。また自宅が被害を受けた遺児奨学生への住宅一時金も給付されています。
仙台、石巻、陸前高田に遺児の支援、交流のためのレインボーハウスを建設中。今後の寄付は心のケア活動や教育支援などに使用されるそうです。

日本ユニセフ協会
国内から35億3254万5738円、海外から12億1294万6130円(2013年12月31日現在)の寄付が寄せられた日本ユニセフ協会。54%が「バック・トゥ・スクール(学校へ戻ろう)」という学用品支援、「バック・トゥ・保育園・幼稚園」という設備支援、園舍の再建支援など教育関係に支出されました。心理ケアもプレイセラピーや「ちっちゃな図書館」などユニセフならではの支援がたくさん行なわれています。これからも子供達にとってやさしい「地域」の復興を願って活動を続けられるようです。

ワールドビジョンジャパン
震災2日後に被災地へスタッフが入り、宮城県南三陸町、気仙沼市、岩手県宮古市で主に活躍してきたワールドビジョンジャパン。約30万人に緊急復興支援を届けたそうです。
子ども達が安心して遊べるチャイルド・フレンドリー・スペースの設置や、給食センターの再会支援など子どもの支援の他、漁業協同組合所有の冷凍冷蔵庫の修復の一部支援なども行ないました。一部の被災県のNPO育成事業を残し、2014年3月末に支援活動は終了しています。

国境なき子どもたち
岩手県盛岡市、陸前高田市、大船渡市、釜石市、大槌町、山田町、宮古市、福島県南相馬市などで活動してきた国境なき子どもたち。2011年4月の新学期に学校が再開できるようスクールバスや制服、家庭科調理器具などを支援。コミュニティセンターの修復や学校の浄水槽設置なども行いました。
被災者の声から公園へ桜を植樹する活動も行なっています。2016年まで、東北地方での活動を続ける予定です。

パレスチナ子どものキャンペーン
岩手県大槌町で支援を続けているパレスチナ子どものキャンペーン。津波で流出・拾得された写真やアルバムの清掃、返還作業を2011年3月末から行い、2012年に整理した全ての写真を大槌町に正式に移管し、中長期的に保管してもらうことにしたそうです。同時にこうした30万枚以上の写真をデータベース化して町に寄贈。町役場などで公開しているそうです。大槌町こどもセンターの運営支援を続けているようです。


以前紹介してはいませんが、
大きな存在感のある支援団体としてシビックフォースもあります。

シビック・フォース
震災後すぐに物資の効率的調達と配送の調整事業を行なったシビック・フォース。翌日からチャーターしたヘリコプターによる輸送を開始。陸路がある程度確保された3月23日からはチャータートラック定期便を運行。被災地のニーズに応えた物資を即座に届けられる仕組みを構築しました。
寄付総額は約13億2200万円(2014年5月末現在)で、
現在は震災直後から培ってきた人脈と信頼関係をいかし、中長期的な視点で、観光再生やまちづくり、医療や若者支援など様々なプロジェクトを実施しています。


数多くの支援プロジェクトを実施している団体としてふんばろう東日本支援プロジェクトもあります。

ふんばろう東日本支援プロジェクト
2011年4月に立ち上がってからは「必要なものを必要なところに必要なだけ送る」をコンセプトに避難所の情報を収集。amazonの「ほしいものリスト」などを通じて、全国から支援を必要なところに直接物資を送付できるシステムを構築。3000カ所以上の避難所・仮設・避難宅などに15万5000品目に及ぶ物資を支援。
やがて「ミシンでお仕事プロジェクト」「漁船プロジェクト」など雇用支援につながるプロジェクトも現地のニーズに応じて立ち上がり、現在も多くのボランティアが活動中。


福島県で活動するNPOとしてシャプラニールがあります。

シャプラニール
福島県いわき市を中心とした支援活動をしています。震災直後は福島県いわき市、茨城県北期原木市へ救援物資搬送。いわき市では炊き出しなども行ないました。調理器具を届けたり、高齢者の独り暮らし世帯等への戸別訪問も。
2011年10月からはいわき駅前で開設している被災者のための交流スペース「ぷらっと」の運営を中心に活動し、長期化する避難生活の不安感や孤独感を解消するための取り組みを行なっています。


阪神・淡路大震災の時にたちあがり、10年間活動した「桃・柿育英会」も東日本大震災に際し、再び開始されています。

桃・柿育英会
29億4703万6385円(平成26年4月末現在)の寄付が集まり、上に記載した3県の震災孤児のための基金(いわての学び希望基金、東日本大震災みやぎこども育英基金、東日本大震災ふくしまこども寄付金)へ送金されています。

被災した子どもたちが社会を支える自立した20歳へと成長するよう2011年から20年間継続して心のケア、学びの機会などを提供する支援基金もあります。

ハタチ基金
単年度で約1億8664万円の寄付を集め、認定特定非営利活動法人フローレンスが手がける「ふくしまインドアパーク」の活動支援、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンが実施する塾や習い事に利用できるバウチャー(クーポン券)の提供、子供達の電話相談への支援などを行なっています。


海外からの支援も続いています。

フランス在住の日本人がたちあげたHOPE AND LOVE FOR JAPANは、つい先日も丸ビルでチャリティーイベントを開催したばかり!

HOPE AND LOVE FOR JAPAN
ファッションや美容関連のスペシャリストが多い特性をいかしたセンスあふれるフリーマーケットやイベントをフランスや東京で開催し、収益を被災地の子ども達のための活動の支援のために寄付しています。


いくつかの団体には私も継続的に寄付をしています。
今回記事を書くために改めて各団体の活動内容を見て、それぞれに特色をいかした活動が行なわれていることに感銘を受けました。
現地に行って手伝えていないことに忸怩たる思いがあるのですが、これからも長く支援を続けていきたいと思います。

blank_space
2014年07月31日

【こどもとニッポン体験!】いわさきちひろにひたれる美術館


投稿者 和田理恵

IMG_1088_2.jpg

いわさきちひろさんの描く絵が好きです。
特にこどもの絵!
「育児の百科」(松田道雄 著)の挿絵もいわさきちひろさんのもので、心がふっとなごんだことも数えきれず。

というわけで、ちひろさんの絵がじっくりと楽しめる「ちひろ美術館・東京」に末っ子と行ってきました。

ちひろさんの絵はすっすっと描かれたようでいて、子どものかわいらしさをあますところなく伝えている。どうしてなんだろう、、とずっと不思議に思っていたナゾが、今ちょうど開催されている「ちひろになれる!7つの法則」という展覧会(2014年8月3日まで)でだいぶ解き明かされました!

かわいらしさのひみつは目の描き方にあるんですね!解説を読んで、作品を見ると「あ!」と気づきます。色について、線について、それぞれポイントが説明してあって、こどもと一緒に「あ!」と気づく鑑賞が楽しめます。

夏休みとあって、館内はこどももいっぱい!気兼ねすることなく見られるのもポイントが高かったです。末っ子にとっては初めてのちひろ体験。中でもシャボン玉が描かれている絵には「こんなの初めてみた!」とびっくり。シャボン玉って絵に描けるんだーとずっと見入っていました。

ちひろのアトリエを再現してある空間にはなにか感じるものがあるのかあちこちからのぞいて長居。

IMG_1084_2.jpg
ちひろが愛した草花が植えてある庭もあります。出入りも自由。


同時開催していた「びっくり!絵本水族館」には大好きな長新太さんの想像からうみだされた海のいきものがいっぱいの大作や、ニュアンスが素敵なエリック・カールの作品があって、楽しく見ました。

きちんと絵画鑑賞できた後には約束していた「えほんカフェ」へ。

IMG_1087_2.jpg

写真はローズジュースと信州産のぶどうジュース。私はローズジュースをチョイスしたのですが、うっとりするような香りの飲み物でした。
おいしそうなおにぎりなどもありました。おにぎりは金・土・日・祝日限定メニューのようです。

とっても楽しくいい時間が過せたので、「デザインあ」などでも有名な佐藤卓さんがプロデュースする8月6日〜11月3日の展示「いわさきちひろ×佐藤卓=展 ーはじめて見るちひろの世界ー」もぜひ行ってみようと思っています。


blank_space
2014年07月23日

家事ってやつは


投稿者 和田理恵

突然ですが、私、仕事の方が家事より得意だと思います。
仕事では時折感謝されますが、家事はそこまで感謝される機会が多くありません。

というのも、私の家事レベルはかなり低め。
なんでもかんでもやけに時間もかかります。
今でも強烈に覚えているのは、結婚後しばらくして会社をやめ、家にいたある日の夕方のこと。Yシャツのアイロンにとりかかり、6枚こなして顔をあげたら外が真っ暗になってました。
かけ始めたのが4時で、ふと気づいたのが6時。Yシャツ1枚に20分もかかるとは!
だれもみていなかったので「遅すぎ」と言われたわけではありませんが、私はアイロンかけから遠ざかり、以後、Yシャツはほぼすべてクリーニングに出すことにしました。

もう一つ大嫌いなのがお風呂掃除。これは子供達が大きくなって分担するようになったので大分解放されてハッピー。

最近のCMに「その一言が、俺を洗濯から遠ざけた」など、家事をテーマにしたものがありました。私も家事から遠ざかりたーいと叫びたくなりましたが、いくら遠ざかりたくても家族全員がすべて遠ざかってしまうわけにはいかないのが家事ってやつ。お風呂に入りたければ風呂掃除、トイレを使えばトイレ掃除が必要ですし、日々暮らしていくためにはどうしてもしなくちゃいけないことがいっぱいあります。

実は結婚する前は家事がここまで苦手だとは思っていませんでした。一人暮らしの経験もあったので、そんなに苦労しないだろうと想像していたのです。でも結婚して子供も生まれて、の家事の量は一人暮らしとは大違い。人数が増えるとその分やらねばならぬことは増えます。家事は増えても一日が24時間であることは変わらないので、いつもてんてこ舞いすることになってしまいました。

家事がさささっとできたらなあ。私はいろんな人にぼやいていたようです。尊敬している友達に「家事が苦手ってずーっと言ってるよね」と指摘されてはっとしました。その時、結婚十年目。十年間も苦手と言い続けているなんて恥ずかしい!

もう苦手だと思うのはやめようと決意してみました。すると不思議なことに家事の嫌さ加減がちょっと和らいだように感じました。

その頃茶道も習い始めました。茶道では道具をものすごーく丁寧に扱います。すべてが雑な私にはなかった所作です。面倒に感じるかと思いきや意外にも心が安まることに気づきました。普段のバタバタした生活ではなかなか実践できないのですが、丁寧にものごとを行なう心地よさを知ったことは、家事に向かう面倒な気持ちを少し緩和させてくれました。

家事は最初からできる人はいないと思います。性別で得意不得意が決まるわけではなく、単なる経験の差であるように思います。先日、娘がりんごの皮をむくのでYouTubeでむき方を検索したいというので苦笑してしまいましたが、私だって最初からすっとむけたわけではなく最初はりんごが茶色になってしまうくらい時間がかかってむき、何度も経験を重ねてうまくできるようになったことを改めて思い出しました。

家事は上達が見えにくいけれど、結婚当初レシピを見ながらしかできなかった料理は勘でさっと作れるようになったし、子供達が園児の時には時間がかかっていたお弁当も中高生になった今は手早く作れる!改めて振り返ってみると確実にスキルが向上し、スピードアップしていることに気づきました。

「家事」は「家」の「事」と書きますが、本当は生きていく事と書いた方がいいのではと今の私は感じています。食べたいものを作ることができること、清潔な服が着られること、快適な環境に住むこと、それは性別に関係なくできた方が心地よく生きられて、いいに決まってます。

最近の家事の情景が描かれた別のCM(スペシャルムービー版)に妻が夫にゴミ出しを頼み、応じた夫に「ごめんねー」という場面がありました。ん、なんで謝るの?!

これって男女に対するとらえかたやいろんな問題をはらんでいますが、基本的に「家事」について夫婦の間で「イヤなこと」としてとらえていて、それが当たり前の認識になっているように感じました。だから思わず謝ってしまうし、謝られることが変だとも感じない。

「家事」はだれにとっても心地よく生きていくために必要なことで、やると確実に快適さが増していくもの。家事がやっかいなことではなく、気持ちよくなるいいことだ!と思われる日が来るといいなあと見ていて思いました。

かくいう私も自分でする家事のクオリティにはいらいらすることがほんっとに多い。疲れてて時間がないともう面倒だよーと投げ出したくなります。でもいつの日か、無駄のない動きで美しく家事ができるようになりたい。家事道を極めた、といえるその日まで、毎日少しずつでも上達していきたいです!

<追記> 2014.8.1

最初にとりあげた家事に関するCMに対し、家事労働ハラスメント――生きづらさの根にあるもの (岩波新書)という著書を出した竹信三恵子さんが企業に抗議文を出し、企業もそれに応じるという動きがありました。

一連の流れと問題点については、「家事ハラ」、キーワード誤用した企業は原著者に謝罪。真の問題は?という治部れんげさんのYahooニュース記事がわかりやすいです。

blank_space
2014年07月15日

夏休みのこどもの居場所


投稿者 和田理恵

もうすぐ夏休み!
楽しみな長い休み。でも普段子供にとって一日の中で大きなウエイトを占めている学校がない生活なのでどう過させるかいろいろ考えを巡らせなくてはいけない時期でもあります。

主に子供が学校に行っている時間に仕事をしている私は、夏休みは在宅でできるよう仕事内容を調整しているのですが、それでも打合せ等々どうしても外に出なくてはいけない場合もあります。
そんな時、小1、2の間は未就学時代にお世話になっていた民間保育施設にお願いすることが多かったのですが、小学校中学年となり、小学生を対象とした民間学童の利用も考え始めました。

まず、いいな!と思ったのは、キッズベースキャンプ
上の子達も小学生時代にお世話になったことがあり、過している時間の楽しさは折り紙つき。
キッズコーチと呼ばれるスタッフはノリがよいお兄さん、お姉さんで子供達がすぐ大好きになりました。目配りもしっかりしていて、どんな風に過していたか教えてくれるので親としても安心できます。
英語やクッキング、昔遊びなどイベントが充実しているのも魅力のひとつです。
東急グループの運営ですので、東急線沿線を中心に店舗があります。
店舗によって夏休みパックという料金設定もあるようですし、会員登録の空き状況も違うようなので、利用したい店舗に詳しくは問い合わせてみて下さい。

一番上の子が小学生の頃と違って今は民間学童がたくさんできていることにびっくりしました。

サピックスや明光義塾など塾も民間学童サービスに参入しているのですね。

サピックスが運営しているピグマキッズは、「滞在型学習教室」という位置づけ。サピックスが開発したホームスタディ教材「ピグマ」で学習をサポートしてもらえます。いる時間の過し方としては学習と休み時間を繰り返す感じです。2014年の夏休みの受け入れはもう満員ということで人気が伺えます。

明光技術が運営する「明光キッズ」も「学びの根っこ」を育てるという学習寄りのコンセプトです。
スポット会員の一日の流れを見てみると、木に触れ合ったり、実験をしたりする体験イベントがあったり、お掃除タイム、ミーティングなどもあったりして、勉強のみという感じではないようです。

他にも地域によって様々な民間学童がオープンしているようです。
東京23区の民間学童スクールは学童ナビに区ごとにわかれて掲載がありました。

民間学童の入会金は2万円近くするところが多いです。子供を預ける場所なので、事前に見学にいったり、体験させてみたりして納得してから入会するのが大切だと思います。

キャンプや民間学童の助けを借りて、この夏も仕事との両立がんばろうと思います!

blank_space
2014年05月31日

【こどもとニッポン体験・番外編】映画、見るもの、つくるもの


投稿者 和田理恵

10419474_306558402833420_3208121855719043430_n_2.jpg

最近、小3の末っ子とはまっているのが、、、映画。
ご多分にもれず「Let it go」を熱唱したりもしているわけなのですが、映画をつくる楽しみにも親子でめざめてしまいました!
映画をつくる?! なんだか夢のようで現実感がないのですが、春に「こども映画教室」というワークショップで、初めて体験しました。

私たちが応募したのは、子供と一緒なら大人も申し込める回でした。「ママと面白さ比べしたい。負けないぞ!」と意気込む子供につられ、私も申し込んだものの、映画なんて作ったこと一度もないし、一体どうなってしまうんだろう、、と不安いっぱいで当日を迎えました。

ワークショップではまず写真をパラパラーっとやったら動いて見える!という映画の仕組みを監督から教えてもらいました。
その後いよいよ、子供4チーム、大人1チームに分かれ、1分間の映画を作ることに。この時のテーマは「ドキドキ」。初めて会ったメンバーと「子供達を驚かしてやろう!!」と意気込みつつ、ストーリーづくり。ロケハンもして、お昼を食べながらもいろいろ考えます。あれ、思いのほか楽しい!

午後は撮影。
IMG_0263_2.jpg
こんな立派なカメラで撮ります!!

撮影が始まると机の上で考えていたのとは違った問題にぶちあたります。試行錯誤しながらより迫力ある映像を求めてみんなで頭をひねります。

%B1%C7%B2%E8%BB%A3%B1%C6_2.jpg

カメラマンや進行を時々交替しながら、あっという間に時間が過ぎていきました。2時間くらいでなんとか1分映画完成!

ワークショップのしめくくりは上映会でした。まずは子供チームの作品から。映画を初めて作った子が多かったと思うのですが、学校の廊下を飛び上がったら場面がぱっと切り替わって公園にいたり、ものがどんどん消えていったり、どの作品も映画ならではの演出をいかしていてすごい!
大人チームの作品もウケてもらえてほっと胸をなでおろしました。

すっかり楽しくなってしまった私たち親子は、翌週はkinologueのワークショップに参加。ここではロシアのかわいいアニメ「ミトン」を見て、自分達でコマどりアニメを作りました。

今でも娘は家でちょっとした時間にiPhoneのアプリ「コマ撮アニメ」で、ティッシュが動いたりするアニメを作って楽しんでいます。

動画があふれている時代。
自分が映画を作ってみることで、「映像」でできることと「現実」に起きていることの違いを知ることは、今のこどもにはとても重要なリテラシーなのではないかと感じます。
つたなくとも自分で作ってみることで、映画を見ることもより一層楽しくなったように思います。

こども映画教室では、6月7日午後にコマ撮りアニメーション制作ワークショップを開催するそうです。小1〜6のお子さんと保護者が対象です。こどもだけの参加、親子参加どちらも可能です(大人は大人だけのチームで制作)。30名。こちらのサイトから申込みができます。
(追記:6月2日締め切りでしたが、あと少し枠があり、先着順で定員まで受け付けるそうです)

きっと興味深い体験ができると思います!

blank_space
2014年05月25日

【こどもとニッポン体験!】お茶を体感する休日♪


投稿者 和田理恵

IMG_0700_2.jpg

五月、、爽やかな新緑が目にやさしく映る季節ですね。大好きな新茶の季節でもあります。
写真は摘みたてのお茶の葉っぱです。やわらかく瑞々しいのがおわかりいただけるでしょうか。

今回は末っ子(小3)と一緒にお茶作りを体験しました。
「手もみ茶」という言葉を聞いたことがあるかと思います。お茶の葉をわずかな時間蒸し、手で茶葉を揉み乾燥させて煎茶に仕上げていったものです。

私たちも手もみに挑戦してみました。
「けっこう強めに水分をとるようなイメージでもんで下さい」という説明があり、電子レンジで数分チンしてあたたかくなった茶葉を手にとりスタート!

IMG_0701_2.jpg

もみこんでいくとお茶の香りが漂ってきます。手もすっかり緑色に。不思議なことにすべすべしてくる気がしました。美容によいかも、なんて軽口をたたきながらとにかくもんでもんでもみまくります。

IMG_0705_2.jpg

30分くらいもんだらできるかもと説明があったのですが、私たちのグループはもみかたが甘いらしくなかなかOKがでません。強くねじると茶葉が切れてしまいそうで加減していたのですが、早く終わらせたい一心でここからは水分がとれることを念じながらぎゅーぎゅーいきました。だいぶカサカサしてきたように思っても「まだ水分がけっこうありますね」ということでレンジでチンしてはさらにもみこみ。幾度も繰り返すうちに若葉色だったお茶はすっかり黒っぽくなり量も大分減ってきて、、やっと完成!

201405%A4%AA%C3%E3%B4%B0%C0%AE_2.jpg

90分かかりました。かなり達成感高し!

ワークショップでは「闘茶」も体験しました。
どんな闘いかというと、お茶の種類の当てっこです。
「在来新茶」「かぶせ茶」など自分がどれを飲んだかを考え、一回ごとに回答していきます。

その回答の仕方がなんとも風流で、下の写真のような札を使います。

IMG_0708_2.jpg

「花」は「在来新茶」、「鳥」は「かぶせ茶」などそれぞれどのお茶がなんの字で表すことにするかを決めます。一というのは私の番号。それぞれ好きな番号の札を一式とって準備します。

IMG_0712_2.jpg

一杯飲むごとにどのお茶かを判断して、

IMG_0710_2.jpg

箱のすきまの自分の番号のところにポトリと落とします。
一回落としたらやり直しがきかないのがキビシイ!

IMG_0713_2.jpg

終わった後は箱から引き出すと全員の答えが一目瞭然。
私はかなり間違っていて末っ子にも負けてしまいました。く、くやしい!!

私が末っ子と参加したワークショップは、奈良県月ヶ瀬村タツミ茶園の方が中心となっている「UMEZUKI」というプロジェクトの方が実施していました。
UMEZUKIではオーナー制度があり、オーナーの方対象の茶摘みや手もみ体験があるようです。
関西圏を中心に闘茶のワークショップも行なっていると聞きました。

茶摘みや手もみの体験は静岡県でもさかん。こちらのサイトには体験できる場所の情報がまとまって掲載されています。茶娘の衣装のレンタルがあるところもあって、気分があがりそうです!

リゾナーレ熱海でも、宿泊客を対象に静岡での茶摘み体験ができるプログラムがあります。
2014年は6月30日までの月、水、金、日に実施。事前の予約が必要です。詳細はアクティビティページでご確認下さい。こちらはお子さん用の茶摘みの衣装があるようですので、きっと楽しい写真が撮れますね!

私たちは東京でのワークショップ参加で茶摘みは体験していないので、ぜひ近いうちにやってみたいなと思っています。

blank_space
2014年05月08日

リラクゼーションコンサート


投稿者 和田理恵

%A5%CF%A1%BC%A5%D6%A5%C6%A5%A3%A1%BC_2.jpg

なにかと慌ただしいワーキングマザー生活の中でもとびっきり忙しいのが4月からの数ヶ月。
このあたりで、ふっとリラックスできる時間を過していただける機会を作りたいなーと、クラシックピアノのやさしい音色に耳を傾ける日曜午後のリラクゼーションコンサートを企画しました。和田の個人的な企画です。(ワーキングマザースタイルとの関連はありません)

2014年5月18日(日)午後1時30分より銀座のプライベートサロンにて開催します。


江國香織さんがCDを繰り返し聴いて書き上げた短編があるとエッセイに綴っていたことがあるピアニストのAricoさんに演奏をお願いしています。耳を傾けるとすーっと心がしずまってくるような澄んだ音を紡いで下さいます。

_DSC7609_2.jpg

ゆったりした気持ちになる曲ということで、
バッハ・ゴールドベルク組曲より「アリア」
ショパン・前奏曲より「雨だれ」
エリック・サティ「ジムノペディ」
Arico「Letters」「森の時間」「ピータースレストラン」などなどをセレクトしました。

演奏終了後には一緒に企画したエスティティシャンの知人が選んだ美肌にいいローズヒップやリフレッシュ効果のあるレモングラスなどをブレンドした香り高く飲みやすいオーガニックハーブティーをお出しします。(冒頭の写真のお茶です!)

母の日のちょうど一週間後、自分自身へのプレゼントに日曜の午後のひとときサロンコンサートにいらっしゃいませんか?

IMG_0573_2.jpg

誰かの家に遊びにきたようなゆったりした空間ですので、ご興味ある方いらっしゃいましたらどうぞお気軽にご参加下さい。

<記>

「Arico 心の森へ・・・」リラクゼーションコンサート

日時:2014年5月18日(日)午後1時10分開場 1時30分開演

場所:アークコーポレーション東京サロン
   有楽町線 新富町駅2番出口 歩3分
   日比谷線 東銀座駅3番出口 歩5分
   ※詳しい住所は参加申し込み後お知らせします

曲目:
*バッハ・ゴールドベルク組曲より「アリア」
*ショパン・前奏曲集より「雨だれ」
*エリック・サティ「ジムノペディ」
*Arico「Letters」「森の時間」「ピータースレストラン」
*日本海をイメージした「旅人たち」etc・・・

参加費:3000円
演奏終了後、オーガニックハーブティーのサービスがあります。

*Aricoプロフィール:
作曲家・ピアニスト。パリ、オーストリア、白川郷など様々な地で演奏活動。聴く人の心をつかんで離さない演奏は江國香織さんのエッセイにもとりあげられました。現在αステーション(FM京都)土曜夜「Arico Peter's Restaurant」DJも務めています。

お申し込み方法:下記にご連絡下さい。(電話受付時間:11:00〜19:00)
        電話:03-6385-1553 メール:infoark@kk-ark.jp

参加に際しまして:
大人の女性対象のコンサートとなります。

blank_space
2014年04月20日

紙の山、なくすぞ作戦!


投稿者 和田理恵

IMG_0634_2.jpg

学校から配られるお知らせ、「これは参考になる!」と切り抜いた新聞記事、「いつか作ろう」と破いておいた雑誌のレシピ、、、我が家の片付かない原因ナンバー1は間違いなく「紙」!!

項目別にファイルするよう心がけてはいるものの区分けにあてはまらない書類も出てきます。プリンターの上に置いて保留、バスケットに入れて保留、とやっているうちにあちこちに山が出現してしまっていました。必要な時には一枚一枚点検して探すより他ありません。こんなことではいけないと思いつつ、大きさもまちまちの紙達、いったいどうやったら見やすく整理できるのか見当がつかずにいました。

そんなある日、evernoteのScanSnapの動画を見つけ目が釘づけに!!

レシートや写真や名刺など大きさが違うものがさくさくスキャンされて自動的にevernoteに入っていくのです!!

これは素晴らしすぎる!!
とさっそく購入
ポチッとしてしまった後は49800円もするのに衝動買いしちゃったーと青ざめたのですが、使ってみたら、これはこれは想像以上に素晴らしいものでした。

スキャンのスピードがとにかく速い!!操作が楽!!
ストレスなく、あっという間に必要な情報がパソコンでもスマホでもすぐ見られるかたちになります。

ScanSnapを買うとevernoteプレミアムが1年分ついてくるので、文書内の語句も検索できるようになります。なのでスキャンするだけで、便利に情報が使える状態になります。

楽しくってスキャンしまくっているうちに新聞切り抜きの山は姿を消しました。
ブラボー!!
で、次は一番整理しにくいと感じていたレシピに着手。
レシピって下の写真のような感じで大きさが違いすぎてどんなファイルもぴったりしない!

IMG_0406_2.jpg

私はこれまで素材別にA4の袋にいれていたのですが、いくつかの素材をあわせて作る料理も多いですよね。結果、未整理の情報があふれてしまっていました。
evernoteにスキャンしていれると、単語でサーチできるので特に素材でカテゴライズする必要がないのがすごく便利!自分が作りたいなと思ってとっていたレシピがスーパーですぐ検索できるようになって料理のやる気もアップしました。

こんなにきれいにスキャンできます。

%A4%BF%A4%B1%A4%CE%A4%B3%A4%B4%C8%D3_2.jpg

今レシピを置いている場所がこんな感じなので、

IMG_0405_2.jpg

ここが全部すっきりしたらさぞ気持ちいいだろうなーと思っています。ゴールデンウィークにがんばってスキャン完了したいところ!

ScanSnapは最初両面スキャン設定だったので、レシピの裏側の広告まで取り込まれて困ってしまいました。
evernoteにメールで質問すると、プレミアム会員は1営業日以内に回答してもらえるという特典があり、すぐに解決できて助かりました。わからないことがあるたびに質問して、早い時には数時間後に返事がきたことも。短期間でコツをのみこむことができました。

スキャンをしていると、子供達が「やらせてー」と寄ってきます。
そういう時はスキャンを子供にまかせ、私はPCで取り込まれた画像をチェックしたり、より探しやすくタグをつけたり、ノートブックの整理をしたり。
こういうお手伝いもとっても助かる!

調子にのってきて、これからは名刺もこれでスキャンして管理しようかなーと目論んでいます。

わりとコンパクトな作りで、スタイリッシュなのも気に入っています。部屋に置いてもいい意味で存在感があまりありません。Wi-Fi接続で取り込めるのでパソコンの近くに置く必要性はなく、作業する時は広々とした場所で資料を盛大に積み上げてやっています。

プリントや紙類の整理に悩んでいる方には、かなりオススメのツールです。


blank_space
2014年02月08日

雪!雪!雪!


投稿者 和田理恵

IMG_0056_2.jpg
今日は本州の広い範囲で雪。関東は16年ぶりの大雪だそうで、これを書いている今も降り続いています。東京午後5時の積雪は13センチとのことですが、我が家の周りはもう午前中には達成していたような、、。
備えの足りなかった私は本日も買い出しに出かけたのですが、恥ずかしながら初めて知った雪支度が二つ。


歩いてお店に向かう途中、バンパーを立てて駐車している車をいくつか見かけました。
なんでだろう、、と思い、調べてみると、All Aboutでその理由を見つけました。

All About「ちょっとした心構えで余裕は大違い 冬トラブルの対処法」

ワイパーをそのままにしておくと、フロントガラスに積もった雪の重みがワイパーにのしかかって内部の機能を壊してしまう可能性があるのだそう。また、車の余熱でとけた水が凍るとワイパーが張り付いてしまうとか、、、。

以前こんもりと車に積もった雪がかわいいなーと数日そのままにしていたら雪が凍ってしまって、道路にはほぼ雪がなくなっていた頃だったのに、窓ガラスの雪がとれなくて難儀したことがあり、窓ガラスの雪ははらってあったのですが、今日はどんどんどんどん降ってくるので、とりきれそうにもないし、さっそくワイパーをあげることにしました。
初めてなのでどうしていいかわからなかったのですが、ワイパー根元の雪を払い、手前にひくとすぐに立ちました。ほっ。

またこれも知らなかったのですが、エアコンの室外機って雪に弱いそうです。
参考→ダイキンHP「室外機は雪が苦手」

内部のフィンに雪が吸い込まれたり、吸い込み口が雪で目詰まりする危険があるそう。そういうことでの故障例もあると他のサイトで見かけたのですが、こんな寒い日にエアコンが故障したら大変!すでに夜ではありますが、さっそく室外機のまわりの雪かき。電気ストーブなど代替の暖房も念のため奥から出してきました。

これから風が強くなるそうなのですが、ひどい被害などがないと良いなと願っています。

そして明日は都知事選!大変な道行きになりそうですが、がんばって投票にいきますー!

blank_space
2014年01月11日

ワーキングマザーの意識調査結果が発表されました!


投稿者 和田理恵

今、小学生の育児のさなかにいるワーキングマザーの声を聞きたくて、
キッズペースキャンプ、Warisと共同で実施した調査の結果がいよいよ発表されました!
「仕事と育児」について政策から子供達への意識まで聞いたこのアンケート。興味深い結果が出ているのでいくつかご紹介します。

まず、ワーキングマザーが仕事を続けている理由について、最も多かったのは「やりがいを感じているから」で54.7%でした。

第二位には「一度やめると、現在の仕事や収入、ポジションを維持するのが難しいため」がランクイン。どちらも身にしみて感じる方が多いのではないでしょうか。ワーキングマザーを取り巻く状況が浮き彫りになる結果だなと感じました。

将来的にめざすポジションは、「管理職以上をめざす」ワーキングマザーが38%。「特にこだわらない」人が50%で最多ではありましたが、「管理職になりたくない」という人は12%に過ぎず、自然体でありながらも仕事に意欲を燃やすワーキングマザーの姿勢があらわれています。

安倍政権がかかげる「上場企業で役員に一人は女性を登用する」という政策についても66%が肯定的な見方を示していました。女性の意欲と政策がかみあって実現していくといいなと思います。
直近の「女性活用」の政策の中で最も支持を集めたのは「待機児童を5年でゼロにする」で賛成・どちらかというと賛成をあわせ、87%でした。まずは子供を預ける先がないことには安心して働くこと、働き続けることができないので、5年後ぜひ実現していて欲しいです!


子ども世代の仕事と育児との両立について尋ねる設問もありました。

「男の子が将来父親になったときに、育児休暇を取得すること」に86%が賛成
「女の子が将来母親になったときに、仕事と家庭を両立すること」に96%が賛成

と、子どもの性別に関わらず、両立に対してとても前向きな意識をたくさんのワーキングマザーが持っていることに、感激しました。
仕事と育児を両立することは素敵なことだ、当たり前のことだ。どちらも素晴らしいのだから、どちらも体験しないことにはもったいない!という意識を持っていることがうかがえます。

今回、アンケートの設問を考えるところから、実施、まとめについてまでワーキングマザースタイルとして関わる中で、一番心動かされたのがこの子ども達世代が作る未来への思いでした。
ワーキングマザーの姿勢はきっと子ども達にもじんわり伝わることと思います。私にも小学生の子どもがいます。彼女が今の自分くらいの年になっている姿はまだ想像つかないけれど、彼女達の世代がパートナーと仕事も育児も楽しんでいてくれたら本当にうれしいし、そのために今できることをしていきたいなと改めて思いました。

アンケートの結果はキッズベースキャンプのホームページに掲載されています。結果の詳細はこちらのPDFで御覧いただけます。紹介した内容の詳細の他、子供が小学生になる時退職を考えたかなどについての結果もありますので、ぜひ御覧下さい。

年末にアンケートの告知をしました折には、「いいね!」やツイートなどで多くの方に告知の協力をいただきました。ありがとうございました。「アンケート答えたよ!」という声もたくさん聞きました。今回の調査にご協力いただいた方、ご興味を持って下さった皆様に心よりお礼申し上げます。

<追記>
日経DUALにてこの調査の詳細が紹介されています。
自由回答欄に寄せられた生の声も多数紹介してあり、とても興味深い記事となっています。
ぜひご一読下さい。

日経DUAL「ワーママは『待機児童5年でゼロに』に賛成87%」(2014.1.23)

blank_space
2013年12月30日

<rie的きらりの本> 2013年心に刻まれた一冊


投稿者 和田理恵

IMG_5876_2.jpg

もう20年ほど前のことになるのですが、皇居で開催される雅楽演奏会に行ったことがあります。国文科だった私は源氏物語にも出てくる舞が初めて見られるのだと大コーフン!
会場でパンフレットを開くと舞楽の演目は2種類。中国系の舞と朝鮮系の舞とあります。
古くから愛されてきた舞楽を鑑賞しながら隣の国との結びつきの強さを感じる時間となりました。
隣の国の人が書いた本を読んだことがあります。友達もいます。行ったこともあります。
それでもきっと私は何にもわかっちゃいないんだろうなあと思います。
今年出会ったハンサラン 愛する人びとは、朝鮮・韓国にルーツを持つ、あるいは国籍を持ち、日本に暮らす人々を描いた短編集です。

第11回R-18文学賞大賞を受賞した「金江のおばさん」からこの短編集は始まります。
とっても濃いキャラの金江福は評判のお見合いおばさん。彼女の周りには同じ文化背景を持つ同胞と結婚したいさせたい人が集まってきます。人生は誰にとってもうまくいかないことがあります。それでもこの地に好むと好まざるとに関わらず生まれ育ってきた主人公達には、ルーツの文化と日本文化の壁が突然立ちはだかるように出現することが避けられません。壁の強さを主人公達と共に体感しながら、これまでの人生で出会った同じ立場にあった決して少なくはない友達の顔を思い出さずにはいられませんでした。
この短編集はひとつひとつの小説世界が少しつながりを持っていて、登場人物が立体的に感じられるのもとても面白いところでした。どの場面でどの立場で接したかによって人は全然違う面を見せますよね。
韓国の家庭の雰囲気や料理、行事なども初めて知ることも多くてとても興味深かったです。

この本の著者、深沢潮さんと出会ったのは、まだ深沢潮さんが深沢潮さんになる前のこと。お互い二番目の子が二歳だった12年前でした。
美しくて軽やかな風が吹いてきそうな爽やかな人だなというのが第一印象でした。私にとって二番目の子の幼稚園時代は三番目の子を妊娠してたり、育ててたりで、ママ友とおしゃべりをする機会も少なかったのですが、深沢潮さんのお家に招いていただいてとっても美味しいお昼をごちそうになった日のことは楽しかったなあと今も鮮明に覚えています。

深沢さんご自身のルーツについては、R-18文学賞を受賞されるまで知りませんでした。小説はもちろん個人の思いを吐露したものではないけれど、深沢さんが創作された世界を読み進むうち、私は本当に何にも知らなかったんだなあという冒頭の思いがぐるぐると頭の中をまわりました。何度も読み返した今も、きっと何かを知ったというには足らないと思います。けれど、この小説世界を大切に味わい、もっと知っていきたいという気持ちをこれからも持ち続けていきます。

ハンサラン 愛する人びとは、人生を慈しむ視線に触れられる小説だなと感じています。抱えているものがあるすべての人にオススメしたいです。

blank_space
2013年11月03日

「あまちゃん」天野春子さんに学ぶ仕事の始め方


投稿者 和田理恵

2013年4月〜9月社会現象になるくらい大人気になった「あまちゃん」。
我が家では、だんだんオットも娘達も観るようになって、一人ひとり帰ってくるたびに私も一緒に一日4〜5回見直すアマラー生活を送っておりました。
あまちゃんについて語りたいことは多々あれど、日を追うに従って思い返すのは春子さんのこと。春子さんというのは主人公天野アキ(能年玲奈)ちゃんのお母さんで小泉今日子さんが演じていました。

若い頃に追っていたアイドルになるという夢そのものは叶わなかったけれど、最終的には芸能プロダクションを起業して自分が影の存在として支えた当時のアイドルが所属タレントに!という思ってもみなかった地点に到達してしまう春子さん。
このストーリーを味わっている中で、これから仕事を始めたい!と思っている人に参考になることがいっぱいあるなーと感じたのでした。印象に残ったポイントを3つ書きます。

<ポイント1 かたちから入る>

娘が失業してしまいそうな状況を救うため、春子さんはなりゆきで芸能プロダクションを設立することに。そこでまず、仕事をする環境をばりっとつくりあげていました。家の中に社長らしく仕事できる場所をととのえ、服装もできる女風に。
長く主婦をしていた春子さん。芸能プロダクション社長の経験はないはずですが、やったことないから無理!という言動は一切なし。まるで元から社長だったかのように気分をあげてスタートしていました。

私は家で仕事をすることが多いにも関わらず、春子さんみたいにきっちり環境をととのえていないのですが、一つだけかたちから入ったのは名刺。仕事を本格的に始める前にまず名刺を作ってしまうことにしたのです。名刺を作るために肩書きを考え、ビジネス用の電話とFAXをひき、などと準備をしているうちにやる気が増してきましたし、名刺を作ったら不思議と使う状況に恵まれるようになったのでした。


<ポイント2 知り合いにあう>

芸能プロダクションを作った春子さんは昔の名刺入れを取り出してきて、アイドルをめざしていた頃に知り合った業界人にとにかく連絡をとります。
春子さんはそこから仕事をたくさんとってきます。現実はそう簡単にはいかないかもしれません。でも、昔のつながりや信頼って宝です。昔の勤務先や学生時代の仲間に会って話を聞き、働きたいという意欲を伝えておくと、「あそこで人が足りない」「こんなこと手伝ってもらえないかな」なんて話がこないとも限りません。そういう直接的なメリットがなくたって、久しぶりに知り合いに会うのは刺激的で楽しいものです。
私は長女出産から三女が2歳になるまでは家で夫の仕事の事務を手伝っているくらいだったので、ビジネスの常識にうとくなっている部分がありました。
自分がバリバリ働いていた当時と状況が大きく違っていることに友達と会うたびに気づかされ、実際に動き出す時にとても参考になりました。


<ポイント3 状況の変化にしなやかに沿う>

専業主婦だった春子さんは、岩手の地元に戻ってスナックのママとなりました。東京に出てきてからは芸能プロダクションの社長になり、何もかもうまくいきかけていた時に娘のアキはまた岩手に戻る、と言い出します。

娘が戻るなら私もまた東京を離れなくては、、と不機嫌になる春子にアキはママは東京でやればいいとさらりと親離れ宣言をします。

そう、子供はいつまでも子供ではなく、一年一年状況が変化していきます。状況が変化するのは親も自分も周囲の人も一緒です。春子さんは子供や親の状況に寄り添いながらも、その時自分ができることをめいっぱいやっているように見えました。若い頃の挫折から培ったであろう洞察力やあったかさが時折見えて、経験はすべて無駄にならないっていう言葉を実感しました。

今、めざす仕事と違うことをやっているという人もいらっしゃるかと思いますが、遠いことをやっていればいるほど、そのやりたい分野とリンクできた時には成果が大きいかもしれません。

私は状況の変化にしなやかに沿うというよりはいつも面食らってはばたばたもがく、という方があっているていたらく。でもこんな私でも頭で考えているよりもやっていく中で見えてくることって大きいなと感じています。フリーで仕事を始める前は「仕事と家事と育児が果たして全部ちゃんとできるのか」と悩んだものでしたが、家事のスキルだって少しずつあがっていくし、子供は育っていくし、仕事の種類も変わってくるし、で、今はなんとかなってます。私の場合、仕事をした方が家事が新鮮に感じられてポジティブにとらえられるようになったのはうれしい誤算でした。

いっぱいいっぱい考えても、動くとけっこう違ったりする。状況も常に変化していてどうなるかわからない。だからいっぱい考えることは必要だけど、あとはえいやっと流れに飛込むこともワーキングマザーに大事なスキルなのかな、と思ったりしています。

blank_space
2013年09月01日

【こどもとニッポン体験!】わらじで箱根旧街道を歩く♪


投稿者 和田理恵

IMG_4852_2.jpg

わらじで歩いたことはありますか?
いにしえの人の旅の足下といえばわらじですが、実際に着用して歩いてみたことはありませんでした。
小田原・箱根元気フェスタ(2013年9月22日まで)にて「歩くことが旅だったーわらじで石畳を歩こう!!ー」というイベントがあることを知って、家族5人、わらじで街道を歩いてみることにしました。

IMG_4853_2.jpg

スタート地点の甘酒茶屋で、わらじの履き方について丁寧に教えてもらいます。わらじは基本的に大中小のスリーサイズ。先端の鼻緒を足の親指と人さし指ではさんで履くので指はほぼすべてにょきっとわらじから出ます。なので細かいサイズはなくてもいろいろな足のサイズに対応可ということのようです。事実27.5センチの夫から小2の娘までカバーしました!


IMG_4855_2.jpg

先端のひもを横の穴に通して後ろまで。
通し終わったらわらじを水にざぶんとつけていよいよ履くことに。
水につけることで丈夫さが増し、履きやすくもなるそうです。
五本指ソックスを用意していてくれてこのソックスの上からわらじを履きます。
親指と人さし指で緒をはさみ、指をにょっきっと出して足の裏にわらじを密着させるようにしてひもを引っ張っていきます。
足首でひもをクロスさせ、すねの低いところで巻きつけて結びます。
こんな感じ。

IMG_4858_2.jpg

履いてみてびっくり。すっごく軽いし、足裏にぴたっとついていて歩きやすい!!足首がしっかりホールドされているのもかなりいい感じです。

%C8%A2%BA%AC%CD%D5%A4%C3%A4%D1%A4%CE%C3%EE_2.jpg

甘酒茶屋の方に葉っぱで作ったバッタを道中のおともにいただき、いざ出発!
茶屋の後ろから少し歩くと「箱根旧街道」の看板が見えてきます。

IMG_4878_2.jpg

道はこんな感じでとっても風情があります。

IMG_4877_2.jpg

木かげでとっても涼しい道。それだけに石畳はしっとりしていて、苔がいっぱい生えていたり。

IMG_4884_2.jpg

靴の人が「けっこうすべるよー」と教えてくれたのですが、わらじは恐るべきホールド力でしっかりと石をとらえ、滑らずすいすい歩けました。

一時間ほど歩くと箱根の関所までたどりつけるそうなのですが、芦ノ湖まで一度降りてしまうと登るのがきついかなあと、芦ノ湖がちらりと見えた地点を我が家的ゴールにして折り返しました。

IMG_4893_2.jpg

石畳のひとつひとつをつかむようにして歩くので、足裏マッサージをずっとしているような時間だったせいでしょうか。茶屋に戻ってわらじを脱ぐと足裏がほにゃほにゃにほぐれていてあたたかい。

実をいうと申し込んだものの体験する前は「大変そうだなあ、、」とびびっていたのですが、意外や意外、とても楽しい時間でした。履物をかえてみるだけで歩くことがこんなに刺激的な体験になるなんて!と驚きました。

9月22日まで毎週土日11時から体験できるのでご興味ある方はぜひ!
参加費は一人1000円。甘酒茶屋で甘酒一杯つきです。使い終わったわらじとソックスはお土産にいただけます。

申込はこちらのフォームからか電話で0465-23-1811(平日9時〜17時)へ!

blank_space
2013年08月01日

こどもと遊ぶボストン♪


投稿者 和田理恵

IMG_4715_2.jpg

こんな時だからこそボストンに行く!という友達の声を聞いて、3月に訪れたボストンでの楽しい一日を思い出しました。
ボストン、といえば歴史で茶会事件について習ったなーなんてかすかな記憶がよみがえる方もいるかもしれません。そう、ボストンでは茶箱をぼーんと船から投げてしまう歴史の主人公になったような体験もできます!

春に買った日本語ガイドブックにはまだ載っていなかったのですが、その名もBoston Tea Party Ships & Museumというところで体験型ツアーをやっています。
10時〜17時まで30分に1回ツアーがスタートします。
冒頭の写真がチケット。そしてその裏には、、
IMG_4716_2.jpg
こんな風に人の名前が。それぞれ1773年12月16日にどんな役回りだったかが書いてあります。うちの末娘は当時7歳で見渡した中では一番チビ。だから一番若い人というカードをもらったのかな、なんて思ったのですが、私がもらったカードより次女の方が年上だったのでそういうわけでもないようです。
待っている間は気楽だったのですが、ツアーが始まると場が一変。当時の服装に身を包んだスタッフがやってきて、口々に不満をぶちまけ始めます。待ち合い室はさながら当時蜂起した人々の集会場のように。そして観客もカードにある名前を呼ばれるとその人になりきって何やら意見を述べています。ひ、ひえーーー。こんなん当たったらどうしよう、、とびびりまくったのですが、どうもそこは人を見て配ってくれているようで私たち家族は誰も指名されませんでした。ほっ。

集会が終わると船に移動。甲板でも演説が始まります。悲しいことに英語力がついていかなくて私には内容がよくわかりません。でもこぶしを振り上げたりしているとだんだん気持ちは盛り上がってきます。
IMG_3782_2.jpg

この時重要なのはさりげなく甲板に並べられた茶箱に接近しておくこと。茶箱は4つしかありません。2〜30人で移動するので茶箱の近くにいたラッキーな人しか投げられないんです。子供がやりたそうにするときっとみんなにっこり笑って許してくれるので、とにかく近くにいることが大事。

IMG_3794_2.jpg

いざ茶箱を投げ入れる瞬間がやってきます。つい無口になってしまう我が子達ですが、これは無事役目を終えて満足!
その後はボストン茶会事件について臨場感たっぷりのショートムービーを見たり、絵がしゃべっているような部屋でてんまつを聞いたりする趣向です。
たとえ茶箱を船から投げたことしか覚えていなかったとしてもなかなか楽しい体験になりました。

ここから橋を渡ってすぐのところにあるBoston Children's Museumもとても楽しいところでした。大きい牛乳瓶が目印のこども博物館です。入ってすぐのところにあるのがこれ。一階から三階まであがれる遊具です。もうこどもの心を入口からわしづかみ!

IMG_3800_2.jpg

中には本格的ごっこ遊びができるスペースもあってとにかく楽しい。写真は床屋さん。他にブルドーザーに乗ったり、道路工事している気分になるブースもありました。

IMG_3809_2.jpg

博物館でもう一つ楽しかったのが場所はちょっと離れますが科学博物館(Museum of Science).

537350_587835497907406_1169529694_n_2.jpg

体験させて考えさせるという姿勢が貫かれていて、飾ってある珍しいものをおとなしくみる、というのではなく自分でいろいろな大きさやかたちの貝がらを分類してみるなどの工夫がされています。中でも感動したのはニワトリの卵をあたためている展示。今まさにコツコツとくちばしでひびが入ってきている卵を目の当たりにして、見入ってしまいました。卵の隣には元気に歩き回るたくさんのひな達。
卵のカラを破るのは相当な時間がかかるようで私たちの滞在中にはヒビがすこし大きくなった程度しか進展しなかったのですが、目の前で生き物が繰り広げるリアルな展示にはびっくりさせられました。

ボストンといえば、外せないのが美術館(Museum of Fine Arts)
IMG_3814_2.jpg

浮世絵、そして肉筆画の美しさは想像をはるかに超えていました。もう紙の状態の良さからしてあんなによいのを見たことがない、、、。色もとても美しく、線もくっきり。日本美術のコーナーはあまり混んでいなかったのでこころゆくまで名画を味わうことができました。
しかしそれにしてもボストン美術館は広くて広くて何度も迷い、出たくても出られなくなったりしていろいろな名画を目にやきつくくらい見ました。歩いている時は疲れてしまいましたが、今思い出すとなんとぜいたくな、、、。

ボストンにはかの有名なハーバード大学があります。ミーハー教育ママな私、もちろん行ってきましたとも!

写真は正門近くの「ジョン・ハーバードの像」
R0010014_2.jpg

銅像の靴に触ると幸せになるということで、触りやすく出ている左足の先がもう金ピカのツルツルになっています。はい、もちろん私も左足の先タッチさせていただいております。

もうここにこれたことが幸せ、という気持ちでいっぱいだったのではありますが、この時3月。気温は−1度。すごーーーく寒かったのです。特に次女はホテルが暖かかったのでなんとセーターを脱いでしまっていたらしくもうガチガチ震えていて、写真を撮って少しさまよってすぐに退散。あとでもっとちゃんとした教育ママのブログを読みましたら、ハーバードに子供を連れていくのは夏に限る、と。冬に連れていったら絶対来たくない!って思われてしまうぞ、と。
はい、我が家はそのパターンかもです、、。
「今後自分が入学することはないだろうけれど、足を踏み入れられただけでもうれしかった」と言ったらば、「わからないでしょ」と言われました。さすがアメリカ。そうですね、私もいつか学べるようがんばりたいと思います。

宿泊はロイヤルソネスタホテルにしました。着くまで知らなかったのですが、アートがいっぱい飾ってあるホテルです。
玄関がこんな感じ。ジョナサン・ブロースキの作品。

R0010042_2.jpg

部屋に行く途中のエレベーター前のソファのところには……。

R0010040_2.jpg

まるで美術館がホテルになったよう。アートガイドをもらえるので時間がある方はゆっくり見て回ると面白そうです。

*ロイヤル・ソネスタ・ホテルのレポートはLink- USAさんのブログが詳しいです。

ここのホテルで便利だったのはすぐ近くにショッピングモールがあることでした。フードコートもあるのでとても良かったです。

さてさてこのてんこもりボストンの旅、冒頭に書いてあったように実は一日ですべて回っています。楽しくって充実していたのですが、夕食はさすがに改めてシーフードを食べにいく元気はなく、フードコートですませてしまいました。なので、名物のシーフードチャウダーを食べたのは翌日の朝、空港で。

IMG_3818_2.jpg

でもこのファストフードのようなチャウダーでさえ、シーフードがぷりっとしていて出汁がきいていてとっても美味しかったです。有名店だったらさぞや、、残念です。

今度は弾丸ボストンの旅、ではなく季節のよい時にゆっくり味わうように旅したいなと思う素敵なところでした。

これからいらっしゃる方、ぜひ楽しんでくださいね!

blank_space
2013年05月09日

お仕事&プレゼン塾やります!


投稿者 和田理恵

仕事の魅力をじっくり聞く「お仕事塾」と、実際にワークショップを通じて意見を練り上げ発表する「プレゼン塾」をあわせた女子中高生向けイベントを5月12日(日)に江ノ島で実施します。
親や先生以外の働く大人と接する機会がなかなかない中高生に実際に社会で活躍する素敵な大人に会わせたいと思って昨年末に企画したお仕事塾@ヒカリエを発展させ、楽しい講座にしたいと今はりきって準備しています。
今回お話ししてくれるのはワーキングマザースタイルスタッフとしてもおなじみ美容ジャーナリスト城後紗織
美容を仕事にするとはどういうことか、を中高生に役立つ美容知識も織り交ぜながらお伝えします。

プレゼン塾では私、和田が広告会社勤務時代に学んだ発想法をいくつか紹介して実際にアイディアを出してまとめる楽しさを味わってもらおうと思います。

全体の流れは
1学生時代の過ごし方など仕事をつかむまでのプロセス
2実際の仕事の紹介
3発想法ワークショップ&参加者による課題解決プレゼン 
となります。

初夏の江ノ島で、参加したみなさまと楽しいひとときを過ごしたいなと思っています。
参加ご希望の方はワーキングマザースタイルのフェイスブックページからメッセ―ジを下さい。(申し訳ないのですが、今回お申し込み、お問合せはフェイスブックのこちらのページを通じてのみとさせていただきます)
先着順で受けつけますが、会場が大きくないためすぐ埋まってしまうことが予想されます。その場合はどうぞご了承下さい。
下記に詳細を記します。

日時:2013年5月12日(日)10時〜12時半 (受付開始9時45分)
会場:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4 ヴィルヌーブ片瀬江ノ島101 
   シーサイドスペース 「スタボ」
参加費:1家族につき1500円<会場費等実費>。
(お子さんだけの参加も可能ですが、送迎のこともあるのでできるだけ、お母さんも参加してください。塾の時間中は見学となります。)

※このイベントはボランティアスタッフにて運営されています。

blank_space
2013年05月08日

お弁当〜わたしのゆるルール〜


投稿者 和田理恵

お弁当、作ってもらうのはうれしい、作るのは……な私。
子供が小さい時のお弁当はお弁当箱自体が小さいこともあってなんとかごまかしていましたが、中高生になるとある程度大きく、部活もやっているのでちゃんとしたものにしなくてはならないというプレッシャーがのしかかってきます。

そこで少しでも気を楽に作ろうと私なりにゆるルールを決めています。

1. おかずは3品
大きいお弁当箱に困り果てていたのですが、単純にメインのおかずをいっぱい作ればいいのだ!と開眼。例えば豚肉のしょうが焼きを80gどどんといれて、あいたところに小松菜のおひたしと夕食からの残りの野菜のマリネを入れる。野菜のマリネは酸味があるので日持ちもするし、少し多めに作っておくと役立ちます。余裕がある時はプチトマトとフルーツをサービスに入れることも。

2. 日々のおかずは入替戦
メインのおかずの食材は2日連続にならないようにしています。月〜金だと牛肉、豚肉、鶏肉、ベーコンやウインナー、魚でちょうどぴったり回せます。我が家は土曜日の部活弁当もあるのでどれかは2回登場。そこに季節の野菜を組み合わせ、炒めるか煮るなどする。例えばベーコンと炒める野菜をアスパラガス、なす、じゃがいもなど変えると全部違う感じのおかずに仕上がります。さらに味付けも塩こしょう、しょうゆバター、ケチャップ、カレー風味など変えていけばバラエティがでます。
副菜は青菜をゆでることが多いのですが、これもポン酢ゼリーのせ、だししょうゆかけ、卵焼きに入れこむなどなど変化をつけられます。

3.冷凍・加工食品は一品まで
どうしてもスペースがうまらない時用に冷凍食品もストックしています。すかすか動く時に助かります。私が好きなのは「ちくわの磯辺揚げ」(冷凍)

他に友達がやっていていいなと思ったルールは「水曜日はパンの日」。
この日はママはお弁当作りをお休みしてお子さんが好きなパンを学校の販売所で買うそうです。週の真ん中で休めるのはちょうどよさそう。
パンを買うのも子供の立場だとうれしいものみたいです。我が家は私が風邪をひいて「今日はパンにして」と言おうものなら大喜び。

お弁当のためにご飯を炊いているのでどうせなら、と夫も私も昼に人と会う予定がない時にはお弁当にしています。なので最大4つ作る日も。4つお弁当箱を並べて次々につめていくとぷちお弁当屋さん気分。自分で食べると冷めた時の味加減もわかりますし、15分くらいでさっと食べ終わるので時間の節約にもなっていいです。この冷めた時の味加減が冷凍食品は絶妙でお弁当の中で一番美味しかったりするのでめげますが、ゆる弁当道、ゆるゆる精進していきたいと思います。

blank_space

フランス料理のオリンピックで日本銅メダル!


投稿者 和田理恵

R0010304_2.jpg

「ボキューズドール2013 浜田シェフ世界第三位獲得 感謝の集い」にお招きいただきました。
ボキューズ・ドールというのは予選を勝ち抜いた24カ国がフランス料理の最高峰をめざす、まさにフランス料理のオリンピックといえる大会です。

写真の奥にブロンズ像が見えているのがおわかりになるでしょうか。
日本人として初めて、星野リゾートホテルブレストンコート総料理長浜田統之シェフが3位という素晴らしい快挙を成し遂げた証です。存在感がありました!(1位フランス、2位デンマーク)

納得のいく料理を作るために努力し、それでもなかなかうまくいかず追いつめられていた直前期に、自分の料理を作ることに徹することで壁を乗り越えたという浜田シェフのお話がとても心に残りました。

全体としては3位ですが、こちらの魚料理は部門賞を獲得した世界一のお料理です。
「椎茸の薄切りを飾ったヒラメのフィレ オマールのムースを包んで 柚子の香り白ワインのソース」↓

R0010338_2.jpg

お皿がカラマツ材のお弁当箱に入っています。底に発熱材が仕込んであり、温かく香りよくサーヴされるという素晴らしさ。審査員の方の反応もとても良かったそうです。
鱗のように丁寧に飾ってある椎茸の香りと味が、しっとりとしたヒラメのフィレとマッチ。コクがあるオマールとあいまって、ひと口食べるごとに幸せな気持ちに。ソースに使っている白ワインは浜田シェフの故郷のものだそうで、それも素晴らしいなと感じました。

8月31日までブレストンコート ユカワタン(長野県)でこのお料理を組み入れたコースメニューが楽しめるそうです。

ボキューズドールの映像は今回初めて見たのですが、テーマ食材を観客の目の前で5時間半で仕上げる緊張感とパフォーマンスの迫力、ハッピを着た日本応援団の盛り上がりがすごくてびっくりしました。サッカーの試合のような熱気!

日本人の感性によってフランス料理がさらに美味しさを進化させていく、この素晴らしい挑戦がまた2年後にも良い結果を生み出すことができることをフランス料理ファンとして願っています。

*5月31日までだったボギューズドール記念メニューは好評につき8月末日まで延長されたそう。うれしいニュースです!(6/3加筆修正)

blank_space
2013年05月05日

やることリストどうしてますか?


投稿者 和田理恵

R0010296_2.jpg
忙しい世の中。いまや高校生の娘までチェックリストのメモを買ってきて使っているのでびっくりしてしまいますが、みなさんはどうやって日々のやること、管理してますか?

 私はこれまでにいろいろ試してきましたが、手書きやエクセルでの管理は日々の更新が滞って使わなくなってしまうので困っていました。

 最近はWMSスタッフ山口理栄さんのFacebookで知ったOmnifocusというアプリを使っています。使いこなしているとはとてもいいきれないのですが、そんな私でも頭すっきり、日々のやるべきことが回りだしてきました。

今や仕事から朝ご飯づくりまでぜーんぶOmnifocusのアプリに投げ込んであります。時間がくるとiPhoneが震えて教えてくれるので有能な秘書がそばにいてくれる感じです。

同じようなソフトであるThingsやDo itも同時に試してみました。最初はDo itが気に入り、やがてThingsが使いやすいなあと思い、最終的に一番難しくて使いにくいと思っていたOmnifocusに決めてしまったのはひとえにiPhoneアプリの優秀さによります。

OmnifocusのiPhoneアプリはGoogleカレンダーの予定やFacebookのイベントをすべて自動で読み込んでくれます。
そして一週間のやるべきことの量が一目で見渡せる「予測」という機能がとても便利。週の中にひそんでいる地獄日?がわかって対処できます。その日中にやりきれなかったことは超過してるよ、と赤字で表示がでてます。見るたびにやらなくちゃマインドが高まります。

それからOmniで便利なのは、例えば時間があいたらメールしなくちゃ、とか電話しなくちゃという用事をまとめておけること。やるべきことを書き出す時に「コンテクスト」という項目で「メール」や「電話」と指定しておけば、まとめてそういうのだけ見られるのですきま時間にさささっと処理できます。

毎日やらなくちゃいけない家事は一定の期間で繰り返すという指示をいれておけるので、わざわざ入力し直す手間がないのも大きなポイント。思えば主婦仕事って膨大でしかも繰り返さなくちゃいけないものばっかり。

仕事している時にふと「あ、これ今度○○に行ったら買わなくちゃな」なんて思い出すことがあります。そんな時も1分もかからずに「買い物」という項目のリストを作ってあれば追加することができます。私はまだ試していないのですが、地図と連動させて登録し、そのお店のそばを通ったら知らせてくれるなんてこともできるそうですよ。

iPhoneアプリには試用期間がなかったように思うのですが、Mac版は2週間試せます。
ちょっと高いので躊躇してしまいますが、私はiPhoneアプリは買ってしまって、同時にMac版をダウンロードをするのがいいかなと思います。試用期間中にMacで自分が使いやすいように設定して、頭の中のことを全部書き出してしまうことができるから。普段使うのはiPhone版がやりやすいですが、大きな設定をするのにはパソコンの方がやりやすいと思うので。Mac以外のパソコンに対応していないところが痛いところですが、、。

Omnifocusを使ってみて思ったのは、すべてのやるべきことには期限がなくちゃいけないんだなという当たり前のこと。
期限が入って、その時にiPhoneに教えてもらえるだけで、日々のやらなくちゃが少しずつ前進していく手応えがあります。

Omnifocusを使う前に私は2冊本を読みました。

まずは、この本。はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
これはOminifocusを使うための本や解説書ではないのですが、OmniなどいわゆるGTD(Getting Things Done)のアプリを使う時のもとになっている考え方がわかります。頭の中から大きいことでも小さいことでもすべてのやるべきことを出してしまって、俯瞰で眺め、処理していくことの大切さを教えてくれます。

実践編のこちらはやるべきことをすべてもれなく頭の外に出すための助けになるリストが付録についていて、オススメ!ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法

また、いろいろなサイトを参考にしました。

最高峰GTDツール OmniFocusの使い方まとめ(初級編)
→難しいOmni用語が「こういうことか!」とわかります。

OmniFocus歴4年の僕が最後に辿り着いたプロジェクトとコンテキストの設定
→この設定方法は必見!自己流で設定していた数日間よりはるかに使いやすくなりました。

とはいえ、Omnifocusって深ーいソフト。
私もまだまだ使いこなしているとはいえません。使いこなせていないのに日常が楽になったくらいなので、使いこなせたらどんなにか。
みなさまの良い使い方のアドバイスをお待ちしています。

blank_space
2013年04月06日

【こどもとニッポン体験!】宮沢賢治ゆかりの岩手を旅する


投稿者 和田理恵

%B5%DC%C2%F4%B8%AD%BC%A3%B7%EE%CC%EB%A4%CE%A4%C7%A4%F3%A4%B7%A4%F3%A4%D0%A4%B7%A4%E9_2.jpg
 深くて豊かでおもしろい宮沢賢治の世界。没後80年に当たる今年、岩手県に行って賢治の世界を味わってみるのはいかがでしょうか?
ゴールデンウィークに新緑の岩手県を旅した時のことをレポートします(なんともう五年前のことになってしまいましたが…)。ちょうど春の花がいっぱい咲いていてとてもきれいでした。

冒頭の写真は宮沢賢治童話村です。「月夜のでんしんばしら」をイメージして作られたもの。作品の一部を書いた看板もあります。賢治の世界を体感できるように工夫してあって子どもも大人も楽しめます。

娘達には大きな植物があったりする中で遊べる「大地の部屋」が大人気でした。「注文の多い料理店」の場面がよくわかる模型も置いてあるので、ストーリーを知らない小さい子どもにもやさしく説明することができます。


 

%B6%E4%B2%CF%C5%B4%C6%BB_2.jpg
 銀河鉄道気分を味わえる鉄道もあります。この写真は動かない撮影用ですが、場内を移動する電車も銀河トレインと名がついています。

宮沢賢治記念館は、賢治の愛用していたチェロや自筆原稿が見られます。童話村に行く前に賢治の精神世界を理解するには絶好の場所で、大人にはとても面白かったです。

花巻市はこけしの絵付けや草木染めなど体験メニューも充実しています。我が家は縁結びや子孫繁栄を願って地域で作られてきたという忍び駒作りにチャレンジしました。わら細工が苦手な私は苦戦しましたが、名人に手伝ってもらいながらかわいいものが作れました。
希望される方は花巻観光協会に事前に相談するとアレンジしていただけます。

岩手県といえば、はずせないのが世界遺産の中尊寺。以前「『朱印帳』があれば、お寺巡りが楽しい」でご紹介した子ども達に大好評の御朱印帳を持っていざ!

%B4%E4%BC%EA%B8%E6%BC%EB%B0%F5%C4%A2_2.jpg

実はお堂ごとに御朱印がある中尊寺。全部いただこうと思うと十以上あります。(かなりの出費になってしまう…)我が家は金色堂だけいただきました。
中尊寺で御朱印帳を購入した人には2枚にわたって斜めに書いたかっこいい金色堂の御朱印がいただけるそうなので、ここから御朱印帳デビューするのもオススメです!
ゴールデンウィークの中尊寺は春の藤原まつりをやっていて、特に行事内容をチェックしていなかった私たちですが、特別な催しを目にしたりと得をした気持ちになりました。

%CA%CC%C5%F6%C3%A3%C3%AB%C0%BE%B8%F7%BB%FB_2.jpg

坂上田村麻呂創建の古刹、達谷窟(たっこくのいわや)毘沙門堂にも足をのばしました。キッズ向けの由来の説明がこちらにあります。観光客があまり多くないので、家族でゆっくりといにしえの時代に思いを巡らせることができます。

この旅行でなんといっても心残りだったのがわんこそばを食べられなかったこと。レンタカーで岩手県内をまわっている時に何軒もみかけたのに入らずじまい。帰り際に盛岡駅前で食べようと思ったものの、折しもゴールデンウィーク中。盛岡駅前のわんこそば店はみなディズニーランドのアトラクション並みの混雑でした。結局2時間半待ち、あと少しで食べられるところまできたものの15時過ぎの新幹線に間に合わないだろうと判断し断念。

あんまり残念だったので帰ってきてからわんこそば屋さんを探してみたら意外に少なかったです。横浜市に一軒みつけたので行きました。たち花というお店です。(わんこそばは事前に予約した方がよいです)

「じゃんじゃん」「どんどん」というかけ声でつるつる食べまくって楽しかったです。私はがんばって賞品もらえました♪

子ども達もとても楽しめた岩手旅行。オススメです。


blank_space
2012年12月30日

びっくり!光フェイシャル


投稿者 和田理恵

美白美容液の効能を見比べて今年の一本を買うのが楽しみだった私。でも10年前買うのをやめました。
現在、普段は自分のブログにも書いたのですが、化粧水でお手入れ&基礎メークはパウダーのみというシンプルなものにしています。大学生の時から毎日リキッドファンデーションでばっちりメークしてきた私にとって化粧水にパウダーだけなんて素顔で歩くのに等しくてすごーく不安だったのですが、顔の皮膚が気持ちいいし、自然な油分が出るようになって娘達にも「ママ肌きれいになったよ!」と言われたので最近はこれで通しています。朝も晩もお手入れは化粧水を十分に肌に入れこむだけ。メークは化粧水が少し乾いてきた頃にパウダーをはたくだけ。時間もお金も節約できて肌も調子良くてハッピー♪

化粧品にかけていたお金はセーブして数年に一回美容皮膚科で光フェイシャルを受けています。10年前、きれいな友達に「女医さんの肌がすごくきれいなところだから」と連れていってもらったのがきっかけ。
本も出していらっしゃる先生の肌は確かに透き通るような白い肌。そして説明を受けて初めての光フェイシャルをしました。冷たいジェルを顔に厚く塗って機械でピッと照射します。
よく輪ゴムではじいたような痛みがあるといいますが、もうちょっと鋭い感じがします。中がピンポイントで焼ける感じ。一瞬で終わるのではありますが。最近では痛い方が反応してくれてるな、効きそうーとうれしくなるのですが、最初はえ、え、と思いました。私は頬だけを頼むので15分くらいで終了。
エステだったらとても気持ちいいのに、エステより高くて痛くて短時間で割にあわないなあ、、、と思ったのですが、翌日からの肌の変化に驚愕しました。
そばかすやシミがぶわーっと肌の表面に黒々と浮かびあがってきて、それがターンオーバーで日に日にとれる!
素人の実感としては肌の奥が急に活性化されてせっせと新陳代謝し始めたように思えました。

美容液やエステではここまで肌が変わることを実感できたことがなかったので、光フェイシャル恐るべし、、、。

光フェイシャルは何回か続けていくことを薦められると思いますが、私は続けて行かずに何年かに一回行くだけなので根本的にすっきり抜けるような白い肌にはほど遠いです。でも行くたびに効果には本当に満足しています。

大好きなOZmallでは光フェイシャル8800円のプランがいくつかあって、私も数日前にトライしてみました。クリニックのお得なプランでは初回だけ割引というのも多いし、初診料や再診料を別にとるところもありますが、このOZのプランは初診料なども込みでしかも何回使ってもその価格なのがうれしいところ。私がいったクリニックでは丁寧にカウンセリングしてくれ、光フェイシャルで悪化しがちだと言われる肝斑への配慮も行き届いていてとても安心して施術を受けることができました。今、黒く浮かびあがってきたそばかすがいくつかあって年始にはとれるかなあと楽しみに待っているところです。

人によってあうあわないがあるかと思いますが、光フェイシャルでの肌活性化は本当に驚くほどでしたので、ご興味ある方は美容皮膚科に相談に行くのも一案かも。おすすめです。

blank_space
2012年12月11日

ヒカリエでお仕事塾


投稿者 和田理恵

%A4%AA%BB%C5%BB%F6%BD%CE%A5%C1%A5%E9%A5%B7%BC%CC%BF%BF.jpg

12月9日(日)ワーキングマザースタイル初の試み「お仕事塾」を実施しました。
将来何になりたい?と進路を考えさせられることは多くても、判断材料となる経験はまだまだ少ない中高生。そんな子ども達に実際に社会で活躍しているいろいろな素敵な大人の話を聞かせたいと願って企画スタート!
話を聞いて感じたことをしっかりまとめ、自分の意見を練りあげるワークショップをプラスして、

1・社会で活躍中の大人に憧れる力
2・初対面の同世代とからむ力
3・意見をまとめる力(ファシリテーション力)
4・わかりやすく自分の考え方を発表する力(プレゼンテーション力)
5・当事者意識をもった問題解決能力

という5つの力を育めるものにしたいというのが狙いです。

今回の講師はテレビ局勤務岸田花子さん。
子ども達が憧れる職場での仕事の様子にみんな興味津々!
中高生では想像つかないスケールの大きい旅をどんどんしていた大学時代の話にもとてもひきつけられた様子でした。

岸田さんの話はいきいきとしていて失敗談なども率直に話して下さってすごーく盛り上がりました。実は自分の娘も参加していたのですが、つい教訓めいてしまう親の話と違って面白そうに聞いていたのが強く印象に残りました。

後半は岸田さん出題の課題に解決策を出すワークショップ。問題のありかをみんなで考えた後は5分でアイディア出し!まとめ!発表準備!プレゼン!と息つく間もないほどしゃきしゃきと能力全開で課題に挑みます。中高生が大人も悩む課題にどこまで取り組めるだろう、、と思っていたのですが、非常に短時間しかない中初めて会った子ども同士がきちんと意見をいいあって整理し発表までやり遂げました。提案力の高さに講師の岸田先生もスタッフもびっくり!

写真はアイディアを整理中の子ども達。出た案を分類し、どの案を残すかを楽しそうに話し合っています。
20121209%A4%AA%BB%C5%BB%F6%BD%CE%B0%C6%BD%D0%A4%B7_2.jpg

帰り道娘が「意外と楽しかった」を連発していました。実をいえば私にひっぱられて仕方なく参加したのではありますが、来てみれば大人の話もすごく面白いし、初対面の人とプレゼンまでやり遂げて達成感があったと感じてくれたようです。

来年から本格的にスタートさせたいと思っています。
興味のある方ぜひぜひご参加下さいね。

blank_space
2012年10月30日

楽しく準備♪小学校受験「小学校受験する?しない?」


投稿者 和田理恵

東京の小学校入試は11月1日から始まります。2月に試験があるかと勘違いしていたくらい小学校受験のことを知らなかった私も、今ではこの直前の時期、親がどんな気持ちで子供の体と心の調子をととのえようとしているのかよく理解できます。我が家の三人の子供達も小学校受験を経験したからです。

一番上の子が年中になる少し前、夫が「小学校受験をさせたい」と言い出した時にはびっくりしました。夫も私も地方の公立小育ちです。私は中2から東京に来て、初めて私立小の存在を知りました。近所の小学生達が楽しそうに友達と帰っている中、他の子と違ったランドセルを背負い黙々と歩いている男の子を見かけ、なんだかかわいそうな気がしたのを覚えています。だから、夫には「小学校受験は考えられない」と反対しました。

でも、もし高校以上に進むことを考えているならばいつかは受験をしなくてはなりません。高校受験、中学受験、そして小学校受験。幼稚園に入る前のお子さんならば一貫校の幼稚園受験も選択肢に入ります。

どのタイミングで受験をしたらいいか。

これはその家庭ごとで判断が違ってくると思うのですが、我が家は小学校時代を充実させたいなという思いを夫婦で共有していました。
思い切り遊ぶこと、楽しく学ぶこと、これを子供達の人生にプレゼントしたい、と。

私立小学校を調べてみると独自の教育をしていて面白そうな学校がいくつかありました。そして正直にいえばもし入学できたなら中学受験のために何年間も塾通いをしなくてもすむところ、高校に進学できるところ、にも魅力を感じました。実は私、高校受験で大失敗しているもので……。

と、小学校受験に前向きになってきたところで、数々の怖い噂を耳にしました。最初に聞いたびっくり情報は「背の高さくらい問題集をやらないと受からない」。そして根強くささやかれる「関係者でほとんど決まっている」的な話の数々。受験前になるとスリッパの色や髪ゴムの飾りまで細かい情報が入ってきます。

それらの噂に翻弄され、不安いっぱいのままのぞんだ一番上の子の受験。背の高さの何分の1かの問題集しかやっていず、親、親戚を含めても私立小と何の縁もなく、模擬試験の成績もふるわなかった……のに、実際の受験では快進撃。一番行きたかった学校に合格した時は信じられない思いでした。

試験が終わって初めて学校が受験者に求めていることが理解できたような気がしました。いわゆる受験準備のための「お教室」でなされていた数々の準備の意味にも気づきました。

学校にもよるのでしょうが、小学校受験では純粋に知識の多少だけで合否が決まるわけではありません。季節の行事を祝うこと、一緒に料理をすること、公園で遊ぶこと、おしゃべりをすることまで実をいえば小学校受験合格の鍵になりえます。親子で楽しく遊ぶことが受験の準備にもなるなんて素敵だ!というのが私が小学校受験を2番目、3番目の子にもさせた大きな理由でもあります。

噂にまどわされたり、背伸びをさせてしまってつい怒ったり。そんなことを私も経験しましたし、今大変な思いで渦中にいる方もいると思います。

小学校受験をする人は少数かもしれません。でも苦しんでいる人がいるのなら、どうか少しでも力になりたい。素敵な体験だと思えるような小学校受験準備をして欲しい。そう願って、およそ10回のシリーズで小学校受験準備のrie的コツを紹介します。

どうぞよろしくお願いします。

小学校受験については、
桜乃ゆめさん「小学校受験に必要なもの」
竹之内ふうこさん「家庭でできる、小学校お受験の準備」
の記事もぜひあわせてお読み下さい。

他にも「お受験術」のアーカイブに受験ママアンケートが多数アップされていて、参考になります。


blank_space
2012年08月28日

四十過ぎて服に迷う


投稿者 和田理恵

IMG_1689_2.jpg

三人の子育てに忙殺されていた三十代。服はとにかく動きやすく汚れてもいいものという観点で揃えていました。仕事の時にはずいぶん前に揃えたかっちりしたスーツ。全然トレンドでないのはわかっていたのですが、改めて選びに行く時間もなくそのままになっていました。

四十代になったある日、もう子どもを走って追いかけなくてもいいことに気づいた私は自分らしい服を着ようと心に決めました。でも、、、どういうのが自分らしい服なのでしょう。20代、30代だったらプチプライスの服で流行を取り入れるのも楽しいのですが、40代ではちょっと違うような気がします。とはいえ、品質のいいものを買いさえすればお洒落に見えるのかというとこれまた違います。

袋小路に入ってしまった私は、ツィッターを通じて知り合ったファッションレスキューのパーソナルスタイリスト霜鳥真紀子さんに相談をし、一度ファッションカウンセリングを受けてみることにしました。冒頭の写真のかっこいい人が霜鳥さんです。

パーソナルスタイリストとは個人のお洒落をサポートしてくれるスタイリストです。何年か前にこのサービスを始めた政近準子さんを紹介する新聞記事を読んだ時には「そんなサービスを頼むすごい人もいるんだ」とびっくりしたものでした。スタイリストというとタレントさんの衣装を提案し準備する人、というイメージが強かったのです。

というわけでドキドキで迎えた霜鳥さんとの対面の日。まだ末っ子が小さかったため、我が家に来ていただいて、カウンセリングと同時にワードローブチェックもやってもらいました。(ファッションレスキュー本社で受けることももちろん可能です)
ファッションカウンセリングでは楽しい雰囲気で自分のこれまでとこれからについて話をしました。霜鳥さんからの率直な助言はとても参考になりました。思えば自分の見た目について人と語り合う機会なんてほとんどありませんでした。家族や友達に聞いてもきっと本当に気になっている点については言わないでしょうし、指摘してくれたとしても私がむっとしてしまうかもしれません。でもプロはいいと思ってくれたことはすぐ伝えてくれ、問題がある点については心を傷つけることなく改善の方向性を示してくれるので助かりました。

次にワードローブチェック。私はあまり服を持っていないのですが、よく見てみると似たような茶色の服が何着もあるではありませんか!アルプスの少女みたいな丈&シルエットのスカートもいくつかあって苦笑。処分すべき服を仕分けして、残った服でいろいろなコーディネートを教えてもらいました。これはケータイで写真をとっておいてその後もとても役に立ちました!

そしてここまでは想定していなかったのですが、アドバイスがあまりにも的確だったのでショッピング同行をお願いすることに。そしてこのショッピングがまたすごいすごい良かったのです!

指定した百貨店に一緒に向かい、まず試着室へ。そこに霜鳥さんが次々にセレクトした服を持ってきてくれます。カウンセリング時にサイズを測ってあるので、どれもこれもぴったり!しかも着るとなぜか体型がとてもよく見えるものばかり。コーディネートもきれい。挑戦したことのない色やかたちの服だけど、今まで自分が選んできた服よりも明らかに自分らしくていい!

わずかな時間で仕事用、学校用、普段の服がばっちり揃いました。とても気に入ったものばかりで大満足!人生で一番楽しいショッピングといっても過言でないほどの大コーフン!!に包まれました。

そして霜鳥さんにセレクトしてもらった服は家族にも取引先にもママ友にも大好評だったのです。もちろん自分もいいなと思う服を着て過ごすと気持ちがあがります。

この感激を味わってほしくて、今年の母の日には母にファッションカウンセリングとショッピング同行をプレゼントしました。母も自分にぴったりの服が買えてとても楽しかったようです。ちなみに冒頭の写真は霜鳥さんが母のジーンズを見立ててくれているところ。60代の母がジーンズを欲しがっているとは想像もしていなかった私。ファッションカウンセリング時にオーダーしていたそうです。母は足がきれいに見えるジーンズに大満足で今でも孫に会いにくる時よく履いてきます。

今でも大切な場面の前、大物を買いたい時、着るものに悩んでしまった時、パーソナルスタイリストをお願いしています。ファッション同行は1時間1万円。それなりの価格ではありますが、事前に何時間も私のためにセレクトしてくれていることと、本当に短時間で気に入った買い物ができることを考え合わせると納得できる価格だと思っています。

育児休暇あけ会社に復帰する前に利用する人も多いそうです。

服に迷ってしまった時、プロに助言を頼むのも一つの解決方法としてオススメです!

参考:ファッションレスキュー
   ファッションカウンセリング 1.5時間 12000円 (延長料金なし)
                 10時〜21時対応
ワードローブチェック   1時間  9000円
                 (平均的には2.5時間〜4時間かかるそうです。
                  私はワードローブが少なめなので1.5時間でした)
ショッピング同行 1時間10000円

文中のスタイリスト霜鳥真紀子さんは2013年4月に独立されました。

シモトリパーソナルスタイリングオフィスHP

Shimotori Personal Styling Office ブログ

<2013年5月修正補筆>


blank_space
2012年08月26日

子連れマウイの旅☆


投稿者 和田理恵

IMG_1185_2.jpg
ハワイ初心者の我が家。これまでは5年前にハワイ島に行ったのが唯一のハワイ体験でした。今年はワイキキに行ってみたいなーと友達に話したら「海でのんびりしたいならマウイがいいよ」とアドバイスを受け、ころりと行き先を変えました。
マウイへは直行便はないので、オアフ島で乗り換えます。プロペラ機で30分くらいで到着。

まずはホエラーズ・ビレッジというショッピングセンターに移動してお昼ご飯を食べました。ここは海や夕日を楽しみながら食事ができるレストラン(でも値段は手頃)や、ホノルルクッキーカンパニーのお店、アイスクリーム店、コンビニがあってとても便利なところ。ホノルルクッキーカンパニーはホノルル国際空港の免税店より安かったです!海で遊べるおもちゃをたくさん売っているお店もありました。

ホエラーズ・ビレッジではイベントもたくさんやっています。私と子供達はレイメイキングに参加しました。7、8月は毎週火・金11時〜13時に実施していました。レッスン場所は真ん中の広場のあたり。大きい机が出ているのですぐわかります。直接会場に行き、やりたい時間のレッスンに申し込みます。早く行かないとうまってしまうかもしれません。

IMG_1187_2.jpg

テーブルの上に置かれた色とりどりの花から好きなものを選んで長い針がついた糸で通していきます。7歳以上の子どもから1人で作業できます。それ以下の子どもは大人と一緒であれば参加させてくれるようなので現地で尋ねてみて下さい。プルメリアの花の香りに包まれながらレイを作るのはとても癒されるひとときでオススメです!

201207%A5%EC%A5%A4_3.jpg
出来上がりはこんな感じ。レッスン料は決まってなく、最後に缶が回ってくるのでそこに気持ち分を寄付としていれることになっています。

IMG_2019_2.jpg

さて、海。マウイの海はイメージしていた南国の海そのもので、とてもきれいでした。実は末娘はアトピー性皮膚炎があり、出発前に足首のあたりを掻き壊してしまっていたので海に入るのはどうなんだろうと思っていたのですが、マウイの海に入ったらいっぺんで治ってしまいました。海の力ってすごい。

しかしマウイは風が強いことで有名なようで私たちの滞在期間も半分はびゅーびゅーの日で浮き輪が飛ばされてしまったこともありました。その浮き輪が沖に流されるスピードがすさまじかったです。(その後沖に出ていた船に浮き輪は無事救出されたのでした)マウイに限らずですが、海で遊ぶ時には少し大きめのお子さんでもフィックスをつけたり万全の対応をしておくのが大切だと感じました。

マウイでのもう一つの楽しみは星を見ること。標高3055mのハレアカラ山は頂上付近まで舗装された道があってすいっと登れます。我が家はツアーに参加して連れて行ってもらいました。1000m付近、2000m付近で休憩をとり時間をかけて登っていきます。それでも頂上に行く途中には飛行機にのった時の耳がきーんとなる感じも。

ハレアカラ山のあたりはいつも雲が厚くかかっていて、私たちがツアー参加した日もそうだったので星が見えるのか不安だったのですが、雲よりも上に行って見るので全く問題ないと言われほっ。雲がある日の方が山頂付近の風が弱くて観察するのに寒さをあまり感じなくていいそうです。そして、この雲の上に出た時の景色のきれいなことといったら!

IMG_1105_2.jpg

夕焼けまで雲海に見とれていました。下の方にカメラを構えて空を多めにいれると夕焼けの中を飛んでいるようなこんな写真も撮れます☆

IMG_1141_2.jpg

楽しみにしていた星空は期待を裏切らない美しさ。天の川がはっきり見えます。この日は少し月が出ていましたが、新月の時だとこの3割増で星が見えるそうです。

IMG_1171_2.jpg

夏のマウイとはいっても山の上、しかも夜になると気温はぐっと下がります。ツアーではダウンジャケットを貸してくれますが、寒さに弱い私はもうちょっと中に着るものも暖かいのを持ってきておけば良かったなーと思いました。

一緒のツアーで見ていた中でiPadを向けると星座が即座にわかるアプリを入れている方がいて、子供達に貸してくれました。すごくわかりやすくて子供達も大喜び!東京では星空があまり見えないけれど、今度星を見に行く時には入れておきたいと思いました。

ハワイ島の星空ツアーでは年齢が低い子が行けるものを見つけるのが難しかったのですが、マウイは標高がそこまで高くない山のせいか年齢制限があまりなく家族で星を楽しめてうれしかったです。

海と山と空。自然をめいっぱい楽しめるマウイ。ゆったり子供達と過ごすのにおすすめの場所でした。

blank_space
2012年07月11日

rie的赤ちゃん夜泣き克服術「クジラー」


投稿者 和田理恵

「10分の外での一人コーヒーが一生で一番美味しく感じられるのは乳児を育ててる時かも。」という私のツィートに思いのほか反応があって、乳児期のドロドロ、、、特に夜泣きの大変さを思い出しました。

徹夜仕事が多かった私は妊娠中「赤ちゃんの夜泣き?どんとこい!」という気持ちでいて、産後も少しの間はその元気が続いていたのですが、人々が劇的に楽になるという3ヶ月を超えても寝てくれない娘にだんだん参ってきてしまいました。

子供って疲れたらすぐ寝るもんじゃなかったの?!

赤ちゃんだった長女が一番元気になるのは23時!
夫が帰ってきてひとしきり遊んで、夫が寝た後も朝3時までは超ごきげん。
そして朝6時過ぎまでえんえん泣き続けて、寝る。

私はといえば睡眠不足でいつも不機嫌。頭はもうろう、身体に力も入らないけれど、母の代わりはいないゆえ休むこともできない。赤ちゃんの授乳、オムツ替え、離乳食などなどはまったなしですからね。

寝かしつけに良いと聞けば、テレビ放映終了後の砂嵐も見せました。胎内にいた時に聞いていたママの心音に似ているので寝るという音も聞かせ続けました。それでも状況は全く改善しません。マジックで「ウルサイ」と書かれた紙がポストに入っていたこともあり、ますます泣かせてはなるまいと緊張し、力を尽くしましたが、いっこうに状況は改善せず……。

そんな時、1才の健康診断に近くの小児科に出かけました。9ヶ月健診からほとんど体重が増えていないというショックな結果でした。
先生は状況をよく聞いてから「栄養は足りてるみたいだね。季節柄赤ちゃんも夏バテでやせたのかもしれないけれど……。でももっと眠れた方がいいね」と言って、とっておきの秘策を伝授してくれました。

それは「夜9時になったら、家中のすべての明かりを消し、親も隣で一緒に寝ること」

「いいですか。どの部屋もすべて消して下さい。居間でテレビを見ていてもいけません。そして赤ちゃんが寝てしまっても親が起きてごそごそ活動始めちゃいけません。一緒に朝まで寝て下さい」

赤ちゃんは何か楽しそうなことが起きてるみたいって察知して起きちゃうんですって。

お話を聞いても半信半疑。なんてったって夜11時が元気さのピークの娘です。9時に寝るわけなんてない、と思いました。

確かこの日は土曜日。夜9時に家中すべての明かりを消し、夫と赤ちゃんと寝室へ。
そして、しばらくして……

「寝た!」

夫共々「寝るもんなんだね…」とびっくり!見たいテレビも片付けたい家事もいっぱいあったけれど、とにかくすべてに目をつぶって親も寝ました。あまりのうれしさにコーフンしてちょっと寝付けなかったですけれども……

それから一ヶ月後、小児科に再び行きました。体重、増えてました!
先生がカルテに「お母さんがんばりました」って大きな字で書いてにっこり笑ってくれました。ダメダメ母なもので、その一言が本当にうれしかったです。

どうも赤ちゃんっていうのは、生活リズムを教えてやらないといけないみたいです。赤ちゃんのペースにあわせて眠りたい時に寝かせていればそのうち整ってくるのかと思っていたのですが、そういうものでもなかったみたいです。

で、この場合の生活リズムは大人の生活リズムとは違います。平日できれば夜8時、無理でも9時には寝かせた方がいいです。平日はパパと触れ合う時間はなくなっちゃうかもしれないのですが、赤ちゃんの体と成長のためには睡眠リズムの方が大事だと私は考え、夜の赤ちゃんとパパの触れ合いタイムと自分のやりたいことについてはあきらめました。

その後、次女、三女と生まれましたが、夜泣きに悩まされた日はほんの数日。これには、夜9時に一家で寝つくこと+上の子の登園のため赤ちゃんが夜寝てなくても毎朝9時前に家を出て外の空気に触れ、お日様にあたること。がリズムを整える上で良かったと感じています。

というわけで夜9時、朝9時は赤ちゃん夜泣き退治にとっても大事なキーとなる時間!

「夜9時にはすべての明かりを消して、親も一緒に寝る」

「朝9時には前夜寝てなくても、一緒に外に出る」

「クジラー」になって、赤ちゃんと一緒におだやかな夜が迎えられる人がたくさん増えるといいなと願っています。


blank_space
2012年06月10日

時間簿つけます!


投稿者 和田理恵

IMG_8654%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC%20_2.jpg

6月10日は時の記念日。母になってからというもの、時間はびゅんびゅん過ぎ去って、毎日「はっ!」と思うと夜10時を過ぎているありさま。今年はそれを脱すべく手帳を2冊買い、時間の「レコーディングダイエット」に励んでみた(2011年12月のエントリ)のですが、正直に言いましょう、惨敗です。

30分単位でやったことを記録しようと思っていたのですが、フリーで仕事をしている私は細切れな時間の使い方がかなり多かったのです。

例えば、新聞を6分読んだところで、仕事に関わる情報を見つけ仕事相手にメール、書き終わってまた新聞に戻ると洗濯機が終了のブザーをピーピーならして物干し場へ……という具合に30分の中に情報収集と仕事と家事が混在……。
これをどうつけていいものかわからず、あっという間に紙の時間記録は挫折しました。

その後、いくつかアプリで時間簿つけを試してみて、今、私がいいかなと思っているのは、a TimeLogger。iPhoneアプリで無料です。

冒頭にあげた写真は、私が使っているa TimeLogger。記録は項目のボタンを押すだけ。1度押すと記録が始まり、もう一度押すと停止です。先ほどのような細切れ記録もラクラクです。

項目は自分で好きなものを入れられます。「頭の栄養」という項目は美術館に行ったりした時間をいれています。「ソーシャル」はFacebookやtwitterをしている時間。ここをなるべく増やしたくないという思いがあって記録をつけ始めてから漠然とFBを開ける時間は減りました。

簡単な操作とはいえ毎日つけ続けるのは辛いので、私は時間の使い方が気になってきた時に一週間だけつけてみるようにしています。意外に家事にかけている時間が長いので、効率をアップするようにしなくては!!など時間の使い方の課題が見えてきます。逆にとっても少ない「頭の栄養」「人と会う」「創作」「整理整頓」の時間は増やしたいと考えています。

「移動」という項目がありますが、駅まで歩いた時は「散歩」、自転車で行った時には「運動」、電車の中で本を読めばもちろん「読書」として記録して、単なる移動の時間にしないようにしようという意識がこれを始めてから高まりました。記録するとなると少しでもいい時間の使い方をしようと思うから不思議です。

まだまだ発展途上の時間術。とりあえず、時間簿を記録して反省するところまではきました。時間を使いたいものにきちんと時間をさけるよう、これからも無駄な時間のレコーディングダイエットがんばっていきたいです!

blank_space
2012年05月31日

こどもと一緒に字を習う


投稿者 和田理恵

IMG_0884_2.jpg

字のきれいな人に憧れます。
大きくなったら大人っぽい字が書けるようになるのだろうと幼い頃は想像していましたが、二十歳を過ぎても、国語の教員免許をとっても私の書く字は稚拙なまま。やっぱり努力しなくちゃと、今まで何冊もペン習字練習帳を買いました。買った時はやる気満々だけれど、忙しさにかまけやり通せたものは一冊もない有様。当然字もきれいにはならず、いつも急いでいるせいか独自のくずし字が発達してますます読みにくくなってきました。

そんな時、近所に公文書写の教室を見かけました。
子どもが大きくなったら通おうかな…と通りすぎてから、「待てよ!子どもと一緒に通うという手もある」と思い付きました!

さっそく娘はかきかたの子ども用教材、私はペン習字を始めることにしました。同じ教室で書道も習えることを知り、これもプラス。

最初の書道の課題は「一」。どうやって筆を置くのか、など一緒に説明を聞いていると、末娘がいつになくうれしそうな顔をしています。7才の子にしてみれば、親はいつも子どもに教えたり注意したりする存在。その親が自分と同じように生徒となって同じ課題に取り組んでいる姿が新鮮に映ったようです。

先生に毎週会わなくてはならない教室通いだと全く宿題をやらずに行くのも心苦しく、ちょっとした時間をみつけてペン習字を練習するようにもなりました。持っていくとほめてくれます。いくつになってもほめられるのってうれしいです!

超スローペースで進んでいるので半年たってもまだひらがな学習中の私。漢字は習っていないのですが、冒頭にアップした写真の字、少しだけ整った気がしませんか?(上が習い始めの昨年11月、下がこの5月に書いたもの)

先生から字が大きくなった、自信がついたから大きくなったのかもしれませんねと言われました。自信とまで言えるかどうかわかりませんが、自分の字がそんなにきらいではなくなってきました。

公文書写は普通の公文教室ではなく、公文エルアイエルという教室で習えます。公文グループの会社の一つで、エルアイエルは" Lifelong Integrated Learning" つまり”生涯学習”の頭文字をとったものだそう。大人がほとんどの教室かと思っていたのですが、私たちの通っているところは小学生が断然多いです。

小学生の普通の公文は1教科6300円。かきかたは3150円(子ども)と半額です。国語の公文教材とかきかたの公文教材は最初のひらがな練習部分などは大差ないように思うので、お得な気がします。ただし、普通の公文教室は入会金なしですが、公文エルアイエルは入会金3500円と年2回の認定費用(1回300円)がかかります。

娘と一緒に教室に通う時間は今では親にとってもかけがえのない楽しい時間になっています。自分の苦手だったことを子どもと一緒に始めてみる。これって思っていた以上に楽しくてオススメです!

blank_space
2012年02月01日

二人育児の大変さは1.1倍(自分比)!


投稿者 和田理恵

IMG_0106_2.jpg

とにかく夜は泣いてばかり、の一人目の子供が歩き出し、大人と同じご飯を食べられるようになったある日。そろそろ二人目を考えようかな……という思いと、いやいやせっかくすこーし楽になったのに振り出しに戻るなんて大変すぎる!!という二つの思いがふつふつと沸きあがってきました。子供は授かりもの。とはいえ、いつ、そして何人産むかは人生設計にすごく関わってきます。一人の人生を引き受ける責任もあるし、育児の大変さも身にしみていたので、二人目を生むまでは自分につとまるのか……とかなり心配しました。

しかし、二人目が生まれてみると……想像とずいぶん違いました。子供の数が倍ということは大変さも2倍だろうと思っていたのに、違いました。ただただかわいい。もちろん初めての子もかわいらしかったけれど、もっとゆったりと赤ちゃんのかわいらしさを味わえる。その余裕ぶりはまるで孫に接しているかのよう?!

思えば上の子の時は、寝る時間から外出まで、すべてのことが大人ペースですすんでいたそれまでの生活を大きく変えなくちゃいけないことに慣れることから大変でした。若葉マークママの私にはふにゃふにゃの赤ちゃんがあーあー泣いてばかりいる理由がさっぱりわからず、おっぱい、オムツ替え、抱っこを繰り返して、どれかヒットして泣き止んでくれ……と祈る毎日。静かになればなったで、今度は息をしているのか心配になって鼻の下に手をあててみたり……。(赤ちゃんの鼻の穴って小さ過ぎるせいか息をしているのかどうか全然わからない!後にはお腹に手をあてて確認する方法に改めました)

でも2人目はすでに「ママ」になっている私のところにやってきました。

赤ちゃんのお世話なんて忘れちゃったなーと思っていたのに、意外と体が覚えていて、初めての時より断然テキパキ世話できる自分にびっくり!世話の仕方も知らないうちに上達してたんですね。

かなり危惧していた夜泣き問題。上の子はほぼ1年間泣き通しで私の体力も限界でした。しかし、二人目はラッキーなことにほんの数日しか大変な日がありませんでした。というのも上の子の通園のため、下の子は夜泣いて寝なかったとしても朝から外に連れ出されてしまう運命なのです。母乳なので夜に2度3度起きるのはずっと続きましたが、授乳が終われば疲れもあるのかすぐに寝つき、最初から生活リズムの整った子になりました。(これは三人目も同様でした)無理矢理でも朝外に出るのが我が家的夜泣き解消のコツだったのか……とTVの砂嵐を見せたり、あらゆる寝かしつけ法を試してきた私は拍子抜けしました。

子どもは子どもが好き、というのも新発見でした。一人っ子の時は親がいつも遊び相手をしなくてはならないのが大変でしたが、子供同士で時間を過ごしてくれるので、私の一人時間は逆に増えたような感じすらしました。二人目は上の子が大好きで、ベビーベットに近づいてくるだけで機嫌が直りにっこり、なんてこともあって大助かり。もちろんケンカの仲裁でげっそりすることも出てくるわけですが。

二人だとやっぱり一人ひとりにはそれまでよりも手がかけられなくなります。一人の時は泣いたらすぐ抱き上げてやっていたのに、二人目は上の子が取り込み中だとすぐにはかけつけてやれないことも。すると、意外にもそのうち泣き止んでいたりして。

本当に大事な局面をのぞき、何もかもママが急いで対応しなくても大丈夫だということを学ぶとこちらもゆったり構えるようになってきます。小さいとはいえ、常に上の子という「もう一人」がいて、少し話ができるのも精神衛生上大きな助けになりました。二人目育児って全然違う……。ママ友とよくそんなことを話しました。

二人になると倍になるのは、保護者面接など一対一の対応が必要な行事。それから、病気のリスク。片方がかかるともう一人もうつっちゃう……というのはよくある事態。

でもそれをいれても、私の実感としては二人育児は一人育児の倍大変ではない。楽になる部分を差し引きして自分比1.1倍くらい。だけど楽しみは自分比2倍!!もし今二人目がお腹にいるけれど心配……というママがいたら、きっと大変さより楽しさの方がいっぱいで乗り切れるよっ!て伝えたいです。

で、文中にもちらっと出てきましたが、実は我が家の子供は3人。一人目と二人目は3歳違い。二人目と三人目は6歳違いです。3人育児は……確かにちょっと忙しい!!!でも逆にそのことが自分の毎日の心のバネにもなっています。また機会があったら書きますね。

ワーキングマザースタイルでもたびたび話題になってきた二人目のこと。
主な記事を下記にご紹介しますので、どうぞあわせてお読み下さい。

ワーキングマザーの妊娠と出産・2人目を産むのはいつがいい??
(津田実穂)
二人目の壁、を越えてみた(田村小梅)
二人目って楽?(久保田ユカ)
ワーキングマザー、今が「仕込み」どき!!(本田いく) 
二人目の壁〜少子化について(桜乃ゆめ)
vol.33:今週のテーマは、「計画出産?子供は何人?何歳違い?」(大葉柚子)

※「二人目の大変さは1.1倍(自分比)」というタイトルでしたが、二人目が一人目育児より大変なような意味にもとれてしまうかな、と「二人育児の大変さは1.1倍」に改題しました。


blank_space
2012年01月12日

2012年 志を持って


投稿者 和田理恵

%BC%CC%BF%BF_2.jpg

2012年辰年。良い年になってほしいと思います。
1年の始めに今年の目標をたてる方も多いかと思います。私も1994年から一冊のノートに毎年目標を記してきました。今読み返してみると、「夕食6時」など細かいことまで目標にしている年あり、50歳までの年表を作って家族の成長とともに自分がどう生きていくかを考えた年あり、様々です。

昨年末、アメリカ生活が長い知人が一時帰国していて仕事の合間に電話をくれました。お互いの家族のことなど近況を報告。最近どんな仕事をしているかについて話がうつった時、ごく自然に「人生のミッションは何か」と聞かれ、ぐっとつまりました。確か目標のノートには書いてあったはず。手帳にも書いてあったかも。パソコンにも忘れないように文書化して保存してあったっけ……。
読者の皆様も気づかれたように、こんなことではダメですよね。ミッション、言い換えれば自分が生きている使命ともいうべき思いをどこか記録したものみないと思い出せないなんて。自分の心の中にいつも強烈に持っていて、それをもとに毎日行動しなくちゃミッションじゃありません。
そう思っていた時に書道家高岡亜衣先生からいただいた年賀状が冒頭の写真です。見た途端、心の奥底までずんときました。「志」。
まさにこれを持って生きていかねばと決意しました。

改めて自分の志について考えてみました。
まず大きな大きな志としては、縁あって今という時代を生きている世界中の人が少しでも幸せに近づけるような貢献がしたいという気持ちがむくむくと湧き上がってきました。
その中に大好きな日本のみんなが元気になれるようなことを考えたいし、実行したいという気持ちがあることにも気づきました。
日本のみんなって、頭の中でイメージすると大勢なのですが、ワーキングマザースタイルの記事を読んで下さっている方、友人、知人、仕事で出会う人、家族も日本のみんなの中の一人。今までにもまして接する一人一人を大切にしていきたい。

わくわくするような1年を出会う人々と作り上げていき、それが結果として日本を元気にすることにつながっていくよう心がけて毎日を過ごしたいと思います。
いい年にしましょうね!

blank_space
2011年12月12日

手帳でレコーディングダイエット?!


投稿者 和田理恵

%BC%CC%BF%BF_2.JPG

毎年いろいろな手帳を試している和田理恵です。今年はCampusのシンプルなダイアリーが目にとまって2冊購入しました。最初に年スケジュールがあって、あとは毎日6時〜22時(書こうと思えば5時〜24時)の線が薄くひいてあるものです。上下にも書くスペースがあるので、その日のメインの出来事やタスクをちょっと記入できます。他に青い表紙で1ヶ月単位が見渡せるタイプのものもありました。
実は私の悩みはとにかく忙しいこと。と言っても人よりたくさん仕事をこなしているというわけでも、家がピカピカというわけでもないと自分で思います。とにかく「やらねばならないこと」の渦にのまれてあっぷあっぷしている毎日から抜け出すべく、時間の使い方を記録してみようと思い立ちました。そう、ダイエットしたいのはきっと存在している「無駄な時間」なんです!(もちろん体も必要性大なのですが、そこはおいておいて)

大きい方のダイアリーで綿密に計画をたて、小さい方のダイアリーには実際にその時間やったことをどんどん記入していく。そして、週ごとに時間の使い方を見直してみようという算段です。ばたばたしていると思っていたけれど、意外に無駄があった!と発見できるのではないかと、そして記入するとちょっと気がはって無駄な時間の使い方そのものが減るのではないかと期待しています。
普通のノートと同じ感じなので表紙がボロボロになるのではとちょっと心配ですが、それだけにとても軽くて持ち歩きやすいのは利点です。

12月26日からスタートするこの手帳。うまくダイエットできて時間を上手に使えるようになったらまたご報告します!

blank_space
2011年11月03日

読書の秋!


投稿者 和田理恵

夜がだんだん長くなってきました。ゆっくりハーブティーでも飲みながら本を読んで至福のひとときを味わいたいなあ……なんて思う今日この頃です。
私の悩みは本を読んでもすぐ内容を忘れてしまうこと。読み終わった本の内容を簡単に書いて記録しておこう!と始めたのがメディアマーカー。使っている方も多いかと思いますが、これは便利です!書名は一部分だけでも入力すればアマゾンとリンクしていて本の情報を著者、出版社まで含めさっと提示してくれるので、基本情報の入力が超簡単。自分が本の記録を探しやすいようにタグがつけられるので、後での検索も簡単です。5つ星までの評価もつけられ、自分で買った本の金額を月ごとに集計できる機能もあります。

最初は読んだ本の備忘録としての活用を考えて登録したのですが、意外と役に立つのがこれから読みたい本をどんどん登録しておけること。新聞の書評でいいなと思った本を片っ端からいれておいて、書店や図書館に寄る時間ができた時スマートフォンでメディアマーカーのアプリからアクセスすると、すぐ読みたかった本のタイトルがわかるので読書生活の質が劇的にアップした感じがします。
読書メーターという最近始めたサービスは、読書をページ数からいれられてグラフで見られるのでヤル気が出ます!mixiやtwitter、facebookと連携して本を読んだ情報や感想を自動で連携先にもアップできるようにしたり、読書メーターを使っている友達を探してお互いに読書生活の情報交換することもできます。でも私はまだ友達に読んでいる本を公開する勇気がなくて、連携させていないのですが……。大学時代にみんながワイワイと部屋に遊びにきてくれた時、男友達が本棚を見て「意外とハウツーもの多いんだね」と言った一言が今でも効いているというわけではないのですが、読んでる本を見られるのがなんだか頭の中味を見られてるみたいで恥ずかしいんです。ちょっと。
それはともかく、こちらのサービスで一番気に入っている機能は自分の好きな本棚を作れること。私は「元気が出る本棚」というのを作っているのですが、木目もきれいなバーチャル本棚の中に本の表紙がきれいに並んでいる様子にかなり満足しています!!
折しも今、読書週間。秋の夜長に素敵な本に出会ったらぜひ記録して、そして私にも教えて下さい……。人の読書生活はちょっとのぞいてみたかったりしてw。

blank_space
2011年08月24日

【こどもとニッポン体験!】三内丸山遺跡で縄文気分にひたる


投稿者 和田理恵

%BB%B0%C6%E2%B4%DD%BB%B3%B0%E4%C0%D7%CF%A2%C2%B3_2.JPG
JR新青森駅から「ねぶたん号」(シャトルルートバス)で約10分とアクセス抜群なのが、この三内丸山遺跡。特に小学6年生を連れていくと「あ!教科書に出ていた!」と盛り上がること間違いなしのオススメスポットです。とりたてて歴史好きでない我が家の子供達にも縄文を親しみやすく感じさせる工夫がいっぱいで楽しめました。

遺跡は東京ドーム七つ分の敷地!ただ散策しても楽しいのですが、やっぱりガイドさんに説明をしてもらうと効率よくしかも何倍も深く味わえます。希望の方は事前予約不要でボランティアガイドさんが説明をしてくれる時間を調べていくといいですよー!

%BB%B0%C6%E2%B4%DD%BB%B3%B0%E4%C0%D7%C3%A8%B7%EA%BD%BB%B5%EF_2.JPG

復元された竪穴住居もたくさん。中に入るとちょっとじっとりしているし、もちろん窓はないし、私はここに住むのはキビシイなあ……。

縄文人の住んでいる環境をじっくり見た後は、縄文人気分で作りものを!体験工房で板状土偶、勾玉、組紐などいろいろなものづくりにチャレンジできます。これはもしまだ夏休みの自由研究が終わっていない小学生がいたら狙い目かも!!
520629729_55s.jpg
娘達はミニ土偶作りが一番気に入っていました。

そしてこれは夏休み後なのですが、2011年9月10日(土)にはイノシシの骨で縫い針を作り、刺繍をする体験(小3以上)、9月18〜19日には、なんとキャンプをしながら縄文生活体験というもっとディープな企画まで!(こちらは小3〜6対象。保護者同伴。申し込み期限9月5日。参加費1000円)土器で煮炊きしたり、鹿の角の釣り針で魚釣りをするなど、ホントに縄文人になりきれそうです。

そしてこの施設内にあるれすとらん五千年の里のメニューは古代米を使ったりと縄文気分に配慮してあってなかなか美味しかったです。私たちがいった時、子供達にオオウケだった「発掘丼」(古代米の炊き込みご飯だけど、中にいろいろ具が入っていて発掘しながら食べるという趣向。はまぐりが出て来たら当たり!でソフトクリームがもらえる仕組みでした)が現在はなくなっているようなのが残念です。

そう!縄文人が食べていたクリを使ってのソフトクリームがここの名物になっているので、ぜひ。当たりが出なかった我が家も自費で買いました。絞り方がモンブランっぽくて繊細で美味しかったです。

足で歩いて、手を動かして、舌で味わって、子供も大人も楽しめる三内丸山遺跡でいにしえに思いを馳せつつ過ごしたひとときは忘れられない楽しさでした!


blank_space
2011年08月15日

【こどもとニッポン体験!】白神山地に遊ぶ


投稿者 和田理恵

%C7%F2%BF%C0%A5%CD%A1%BC%A5%C1%A5%E3%A1%BC%A5%C4%A5%EA%A1%BC_2.JPG
日本初の世界遺産として1993年に登録された白神山地。ブナ原生林での散策を楽しみに向かいました。まずは白神ビジターセンターで現地の情報を入手。前日までの気象状況により通れない道などがあったりするので、個人で白神に行く場合は必ず立ち寄ることをオススメします。

私たちがまず向かったのがマザーツリー。樹齢400年を超えるといわれているブナの木です。わりと近くまで車で行くことができるので、訪れやすいところです。太い幹の下に立つと、人間には体験できない400年という生命の時間の前に荘厳な気持ちになります。

次は暗門の滝まで散策することに。まずは拠点となるアクアグリーンビレッジANMONに車をとめて、レストランで昼食。少し休憩してから、滝をめざして歩き始めました。

暗門の滝入口から少し行くと、二手に分かれます。川沿いの道を行くコースとブナ林を散策するコース。せっかくなので、ブナ林のコースへ。ここに美味しい水飲み場があるので、ぜひ飲んでいくことをオススメしますが、この先トイレはないのでそこは要注意。私は実は後々苦しんでしまうことに……(><)。当時小5、小2、2歳の子供連れだった私たちはアップダウンのある道ということもあり、ここから一番手前である第三の滝まで1時間近くかかってしまいました。

でも、汗をかきながらたどりついた滝の美しさといったら!

%C7%F2%BF%C0%C2%E8%B0%EC%A4%CE%C2%EC_2.JPG
滝のかなり近くまで行くことができるので、爽快な気持ちになります!!

そこから、歩いて10分で第二の滝、また15分歩くと第一の滝と続いて見られるのですが、私があまりにもお手洗いに行きたい状態だったため、断念して川沿いの道をさっさか戻るはめに。川沿いの道はブナ林の中とは違ってかなり歩きやすく、30分かからずに戻ることができました。

せっかくブナ林を歩いても知識がないために、「空気が美味しいねー」くらいの感想しか持てなかった私たち。今度行く時は、エコツアーガイドさんに頼んでみたいなあと思っています。最後のマタギと呼ばれるマタギ歴50年の工藤光治さんが代表をつとめる白神マタギ舎には、エコツアーがいっぱい。暗門の滝だけでなく、季節ごとのおすすめルートがあるので、いつ行っても楽しめそうです。

さて、実は子供達が一番喜んだのが、こちら。
%C7%F2%BF%C0%B5%F0%C2%E7%A4%B9%A4%D9%A4%EA%C2%E6_2.JPG
アクアグリーンビレッジANMONにある「わんぱく砦」という遊具。巨大なすべり台にもう夢中で遊んでいました。

次回は三内丸山遺跡に行った時のことを記します。
他の青森の記事はこちらです。

こどもとニッポン体験!行きやすくなったねぶた!

こどもとニッポン体験!ねぶたで跳ねてみませんか?

こどもとニッポン体験!不老ふ死温泉に行ってみた!

blank_space
2011年08月07日

【こどもとニッポン体験!】不老ふ死温泉に行ってみた!


投稿者 和田理恵

%C9%D4%CF%B7%A4%D5%BB%E0%B4%C7%C8%C4_2.JPG
金色に輝く波打ち際の温泉……JRのポスターで見てからずっと憧れていた「不老ふ死温泉」。青森に行くなら絶対に行ってみたい!と心に決めていました。ねぶた祭を楽しんだ後、レンタカーでさっそく向かいます。子供達は温泉に特に思い入れはありませんが、いろいろ風情あるスポットもからめての旅行です。

青森市からは日本海沿いの道をひたすら走り、不老ふ死温泉に向かいます。舞の海のふるさと鯵ヶ沢町にさしかかると「いか焼きロード」と呼ばれているところがあり、沿道に干してあるイカがたくさん目に入ります。

%A4%A4%A4%AB%BE%C6%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%C8_2.JPG

これは食べずにはいられない、ということで、さっそく車を停めてイカ焼きを購入。強い風が吹き付けていて日本海!という感じです。焼きたてのイカを食べて満足したところで、黄金崎不老ふ死温泉へ。

この日は天気が悪く夕日が見られなかったので、お湯は金色には輝いていず茶色だったのですが、憧れていたお湯につかって感激もひとしおです。海が本当に近くてずっと波を眺めていました。

さて、この不老ふ死温泉から白神山地の青池まではすぐ近く。

%C0%C4%C3%D3_2.JPG
写真ではわかりずらいですが、深い青がとてもきれい。

%C7%F2%BF%C0%BB%B3%C3%CF%BD%A9%C5%C4_2.JPG
ブナ林を散策できるところもあり、朝から家族で爽やかな気持ちになりました。

青森市に戻る途中に、金木町に立寄りました。「斜陽館」を見学するためです。太宰はこの生家を「風情も何もない」と評していますが、いやーかなり風情があるお家でした。当時、ものすごく目立ったこと間違いなしだったと思います。

%BC%D0%CD%DB%B4%DB%A4%AB%A4%E9%C4%ED_2.JPG
写真は斜陽館から庭をのぞんだところです。太宰が好きでよく時を過ごしていた部屋に「斜陽」という文字があるのは有名です。この目で確かめてきました。子供達はまだ太宰のメイン作品を読むほど大きくなかったので、宿で「走れメロス」をかいつまんで読んでおきました。

次回は白神山地を歩いたことについて記します。


blank_space
2011年07月24日

【こどもとニッポン体験!】行きやすくなったねぶた!


投稿者 和田理恵

IMG_1775_2.JPG

夏といえば、お祭りを思い浮かべる方も多いのでは?2008年に「ねぶたで跳ねてみませんか?」という記事で、「ねぶた祭」には観光客も参加できる!という驚きを記しましたが、この時の唯一のネックは宿。しかし、東北新幹線で新青森まで行けるようになった今年は、少し移動して宿をとることが簡単になり、ぐっと参加しやすくなったように思います。

お祭りで盛り上がる地域に生まれ育ったわけでない私は、興奮や一体感とは無縁で、お祭りは出店で何か買うのが楽しみ、というくらいだったのですが、ねぶたに参加して「お祭り観」が180度変わりました。

「見る」と「やる」では大違い!祭のエネルギーの中にいて、自分にもどんどん力がわいて元気になってくる感覚、周囲の人と一緒になって声をあげ、進んでいく楽しさは格別のものでした。それになんといってもねぶたの美しさを間近で堪能できます!

参加してみよう!と思った方は、事前にネット等で「跳人(はねと)」の衣装を予約しておくことをオススメします。というのも誰でも参加できるねぶた祭で、唯一の決まりが跳人の格好をしていること、なのです。跳人の格好さえしていれば、国籍も関係ないし、車いすでも参加できます。事実外国人の方も見ましたし、ベビーカーを押して参加している人もいましたよ(^^)。

着付けは午後4時くらいまでにすませるようにしておくとすいていてgoodです。跳人の衣装は洋服よりも涼しく動きやすいくらいなので、かなり前に着ていても辛いということはありません。ただし、足下だけは貸衣装屋で薦められる草履ではなく、履き慣れた運動靴の方がいいと思います。地元の人はけっこう運動靴率高めです。足がつらくなると移動が本当に大変なので……。荷物は貸衣装屋さんで預かってくれます。貴重品は貸衣装屋さんで祭財布を買って、首からさげておきました。

夕食はアウガ地下1階の食堂へ。海鮮丼や三食丼など美味しい海の幸がいっぱいで、大満足です!

さて、ねぶたへの参加の仕方ですが、事前申請や相談や予約、などといったこととは無縁で、跳ねたいねぶたの前に行くだけ。いざお祭りが始まって、ねり歩いている最中に疲れてしまったら抜けるのも自由。私たちは警備の方にオススメしてもらった市民団体のねぶたに参加しましたが、お祭りが始まってから入ってくる人もけっこういました。歩いているうちにどんどん楽しくなってきて時を忘れてしまうのですが、当時2歳だった末っ子の体力を考えて途中リタイア。いろいろなねぶたを眺めながら、貸衣装屋に戻りました。

この時期、青森の主要なホテルや宿は大手旅行会社のお客様で満杯。私たちは青森観光協会にお願いして小さい宿に泊まることができましたが、小さい子供連れには設備面でちょっと辛い部分もありました。新幹線で八戸、あるいは盛岡まで移動してしまえば、宿の選択肢はぐっと広がるのではと思います。八戸まで30分、盛岡までは1時間くらいです。

毎年8月2〜7日に開催されているねぶた祭。パワーいっぱいのねぶたを体感しに行ってみませんか?

青森は他に三内丸山遺跡、白神山地、驚くほどすばらしい温泉の数々、と楽しいところがいっぱいだったので、数回に分けてご報告します♪


blank_space
2011年04月29日

【こどもとニッポン体験】ゴールデンウィークに歴史を体感!


投稿者 和田理恵

IMG_9160_2.JPG

小学校6年生になって、歴史を習い始めたお子さんも多いかと思います。なんだか難しそう……と感じているようだったら、このゴールデンウィークに吉野ヶ里遺跡に出かけてみるのはどうでしょう。ちょうど歴史の教科書の始めの方に登場するこの遺跡は見るだけではなく、体験プログラムも充実しています。

吉野ヶ里遺跡は、福岡ドーム6個弱に相当する広々とした遺跡です。係の人はすべて弥生時代のようなゆったりした服を身にまとっていて、入り口から気分が盛り上がります。

この服は、体験プログラムの「弥生なりきり体験」をすると自分でも着ることができます。言わないと着替えずそのままのこともあるので、勇気を出して言ってみることをオススメ。体験はどれも楽しいですが、ここだけのものとして「舞いの稽古」は恥ずかしいけれど心に残る体験です。弥生の衣装に着替えて、弥生の楽器を打ち鳴らしながら踊ります。娘達はその前に楽器制作もしたので、自前の楽器で。

IMG_9116_2.JPG

なりきり体験には他にも布作りや組みひもでのストラップ作りがありました。ストラップ作りは写真のように巻いてある糸から選んで作ります。

IMG_9119_2.JPG

小さい弟や妹には土笛づくりが楽しいかも。

IMG_9219_2.JPG
これは見本の土笛。かわいいです。うちのは不格好でしたが、それでもかわいくいい音が鳴るのができました。

遺跡部分は王様、妻の住居や台所、まつりごとの場所や墓地などが復元してあってわかりやすく展示してあります。台所は魚が干してある様子まで復元してあって、解説ボランティアの方が「猫がかじった跡をつけようかと思ったら、その時代まだ猫はいなかった」と笑っていました。日本にいたのは犬やサル。昔話の登場が多いわけです。


体験工房と遺跡を行ったり来たりしているうちに、一日があっという間にたちます。帰る頃には弥生人の暮らしがぐっと身近に思えることと思います。春の一日にとってもおすすめです。

blank_space

<rie的きらりの本>静かな気持ちになるには……


投稿者 和田理恵

まだまだ様々な状況が落ち着かない日々。久しぶりにスピリチュアル・ライフのすすめ (文春新書)(樫尾直樹著)を手にとりました。
筆者は宗教学が専門の慶應義塾大学准教授。というとかたそうだな、と思う人がいるかもしれませんが、やわらかい語り口で昔から行なわれてきた呼吸法や座禅などの効用をわかりやすく納得させてくれる書です。

「私たちは、現在、自由な世界に生きていると思われているが、それは幻想で、じつは私たちがかろうじて唯一自由にできることは、厳密に言って、呼吸しかないのである。」と言い切る樫尾先生。
「恋愛も勉強も、結婚も仕事も、家族のことも、これまで自分の思い通りになってきたでしょうか?」とたたみかけられると、うーんなるほど……とうなってしまったりして。思い通りにすべて進むわけではないのが人生。となると、それをどう受け止めていったらいいのか、ということが大切になってきます。
その時に心の平静を保つのに役立つのが呼吸法や座禅。樫尾先生が毎日祈りやヨガも含めどう実行し、どう体と心が変わっていったかが実況中継のように書かれています。かかとがかたい私は続けていくうちに柔らかくなったという記述がかなり気になりました。

本を読んでここまでの語り口が柔らか過ぎる、と思った方もスピリチュアルの原理を研究家ならではの視点で明快に定義し、心の不安につけこむ悪いスピについて言及した第三章以下を読まないのはもったいない!そして、第四章では育児にも応用できるスピリチュアルな心の持ちようと実践を教えてくれます。

呼吸法や座禅によって自分を磨いていけば人生の問題が解決する、というわけではありませんが、「解決しやすくなるような精神状態をつくることができる」と期待して、私も少しでも心を静かに保つ時間を持ちたいと思います。まずは祈りの時間から。

blank_space
2011年04月21日

被災地の子どもを支援するための寄付


投稿者 和田理恵

東日本大震災で家族がいなくなった4歳の愛海ちゃんが「ままへ。いきてるといいね おげんきですか」と1時間近くかけて書き、疲れて紙の上に頭をのせ寝入っている写真<2011.3.31読売新聞>を見た時、胸がつぶれるという言葉の本当の意味を初めて知りました。すぐにいって抱きしめてあげたい。いてもたってもいられない気持ちになりました。

しかし、落ち着いて考えてみると、愛海ちゃんに必要なのは、知らないおばさんに抱きしめられることではなくて、これから生きていくために必要な環境が得られ、サポートされながら大人になっていくこと。

被災地の子供達のための活動に協力していくことが、小さくても一つの支えになることを願い、すでに活動している団体と活動内容を調べてみました。

被災地の子供のために活動したい、寄付したいと考えている方のご参考になればうれしいです。

あしなが育英会
親を亡くした子ども達を支える民間非営利団体。
今回の東日本大震災の遺児に返済不要の特別一時金の給付を行なっており、0歳〜大学院生まで439名が申し込み(4/19現在)しています。
阪神大震災後「神戸レインボーハウス」を建設して子供達を物心両面で支援してきたあしなが育英会。スタッフを被災地に派遣して子ども達の心のケアを現在行なっているとともに、2年以内に仙台にもレインボーハウスを開設し、長く震災遺児を支えていこうとしています。


日本ユニセフ協会
どんな場所でも幼稚園・保育園活動ができるように約50人分の知育玩具をセットした「箱の中の幼稚園」や約90人分のスポーツ用品やぬいぐるみなどの玩具をセットした「レクリエーションキット」等の支援物資を用意して、子ども達が「ふつうの日常生活」を取り戻す手伝いをしています。
また、「ユニセフ ちっちゃな図書館」プロジェクトに寄せられた絵本や児童書のうち、約10万冊が被災地に届けられ始め、60ヵ所以上に「ちっちゃな図書館」が設置されました。


ワールドビジョンジャパン
子どもを支援する国際NGO。
紙オムツ(P&G寄贈)13万枚、生理用品(P&G寄贈)10万枚、羽毛布団(イケア寄贈)4,500枚等を宮城県登米市に搬送、配布。気仙沼市の子ども達に学用品を届ける支援も。子ども達が安心して安全に遊べる環境が十分にない被災地。思い切り遊ぶために「チャイルド・フリレンドリー・スペース」を開設しています。岩手県一関市に事務所を開設し、約2年間に渡り被災した子ども達を支援します。


国境なき子どもたち
大規模自然災害の被災児などを支援するNGO。
これまでに毛布、紙オムツ、粉ミルクなど支援物資を北茨城市市役所へ届けたそうです。今後はジャパンプラットフォームの支援を受けて岩手県陸前高田市で現地の若者と協力し、教育支援をする予定。被災地の子供達へ本を届ける運動「友情のライブラリープロジェクト」も開始。


パレスチナ子どものキャンペーン
86年に日本の市民が作ったNGO。パレスチナの子ども達を支援してきましたが、今回、被災地の子ども達の支援も行ない、被災地に卵や豆腐など栄養価の高い食品を届けたいと募金活動中。
岩手県大槌町にジュース4800本、生活物資4トン車1台分、パン200個、果物600個、おもちゃ1140個、子ども下着300着、歯ブラシ4700本などを搬入(3/31現在)。
今後牛乳24,000本、絵本1000冊など搬入予定です。
避難所で幼児・小学生向けに毎日遊びの時間を提供。中学生向けの補習クラスも週3回運営。
写真、アルバムの汚れ落としの手伝いも。ジャパンプラットフォームから支援を受けている。


日本グッド・トイ委員会
NPO法人。
被災地の子供達の心のケアを行なう「あそび支援隊」を発足。
「安心して遊べる環境」と「良質なおもちゃ」を現地に届ける活動です。
4/13にNEWS23でもとりあげられていました。

http://goodtoy.org/ttm/curator/shientai_01.html

おもちゃセット制作費、被災地キャラバンのための支援金を募集しています。


赤ちゃん一時避難プロジェクト

湯沢町の宿泊施設に赤ちゃんがいらっしゃるご家庭に避難してもらうプロジェクトで、今24組受け入れ。(4/21現在)100組まで受け入れ予定。

運営はNPO法人全国商店街まちづくり実行委員会
(早稲田商店会がとりくんできた活動が発展したものです)や、日本ファーストエイドソサエティ、宮城復興センター、災害人道医療支援会など4NPO法人が中心。地域のNPO法人と自治体とが連携して進めているプロジェクトです。小児科医、看護士、子供達の遊びや勉強のサポーター、ヨガや体操、遠足、音楽などのリーダーが現地でできるサポートメンバーも募集しています。


他にもまだ喜ばれる支援をしている団体があるかと思います。ぜひコメントで教えて下さい。
※がついているのは、寄付金控除対象団体です。活動内容で寄付先を選ばれると思うのですが、一つの情報として付記しました。

ワーキングマザースタイルでも、震災後から何とか力になりたい!という思いがずっとあり、ワーキングマザー同士の連携で今プロジェクト内容が固まってきています。もうすぐ発表できると思います。熱い思いをあちこちでかたちにして、被災した子ども達を応援していきたいですね。

blank_space
2011年02月24日

ママの味


投稿者 和田理恵

IMG_8558_2_2.JPG

春。初めての一人暮らし!となる人も多い季節。我が家の子供達もあと何回目かの春にはそんな時が来るかもしれない……まだ想像つきませんが。
そうなるときっと「ママの味」が恋しくなるだろうと勝手に見込んで始めたのが「クックパッド」に我が家のレシピをのせていくこと。

超簡単にできるものと、ちょっと凝っているけれど我が家の味!というのをゆっくりペースで載せていっています。巣立つ頃までにはある程度たまっていて、ママの味が懐かしくなったらクックパッドを見てがんばるんだよ!と言って送り出せるようにしたい!

伝えたい料理の中には本に載っていたレシピで気に入っているものもあります。それは勝手に私のレシピであるかのようにクックパッドに載せるわけにもいかないので、メモを作っては「Dropbox」というオンラインストレージサービスに貯めていっています(確か2GBまで無料)。子供達のために、と始めたこのレシピ伝承計画。しかし、Dropboxに入れてあるレシピはiPhoneでも簡単に見られて、買いものに行く時の材料メモの手間が省けたり、作る時にそばに置いて手順が見られて今の私にとっても超便利!!だったりします。

クックパッドは有料会員でないと自分のレシピをiPhoneで見られないのでそこは不便に感じますが、これまた自分のレシピを見てくれた人の数、印刷された枚数がすぐにわかったりするのがうれしい!こんなにたくさんの人が参考にしてくれたのかな、なんて舞い上がってしまいます。「あなたのレシピがメールで友達に紹介されました」というお知らせが来るといつも私のレシピを紹介までしてくれるなんて!と感激します。

ワーキングマザースタイルを読まれている皆さんもクックパッドにレシピ掲載されている方も多いかと思います。ぜひ一押しのレシピなどコメントで教えて下さいね!

ちなみに私のクックパッドのページは「rieの食卓」

一押しはこの記事トップの写真に載せた「簡単!ジューシー!焼きミニトマト」です。
手早くできるのでトマト好きな方はぜひお試しを!


blank_space
2010年12月31日

<rie的きらりの本>2010年に出会ったずっと大切にしたい本


投稿者 和田理恵

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
この本、タイトルから一瞬買うのを躊躇したものの、読んでみると40歳を越えた私にも目からウロコ!励ましがいっぱい!の本でした。
「10個のクリップから4時間でできるだけ多くの価値を生み出して下さい」そんな課題が出るのがスタンフォード大工学部で起業家精神を教えるティナのクラス。

私だったら紙をはさむ以外のことはなかなか思い付かないなーと思うのですが、学生達のさまざまな解決方法は本を手にとって確かめていただきたいものばかり。柔軟な発想には感心させられます。他にもいろいろな事例をあげて、当たり前とされていることを疑うことから莫大な価値を生み出せることを実感させてくれました。

著者はワーキングマザーでもあるので、

「子育ては、変化する状況に工夫して対処する機会となり、どんな状況でも通用するスキルを培うのに役立ちます。」と文中でエールを送ってもくれています。

人生の大切なスキルに交渉力があがっているので、なるほどなあと読み進むと、

「子育てをしていると、交渉力を磨く機会が限りなくあります。」

とあって深くうなずいてしまったり。

人生は魅力的な可能性が載ったトレイがずらりと並んでいる大きなビュッフェのようなものと説く著者。すべてを平らげることはできるけれど、いっぺんにはできないという言葉は欲張りでなんでもかんでも皿をとってはあっぷあっぷしている私には耳が痛い言葉です。2011年こそは、ティナさんが勧めてくれるように、生活の変化とともに優先順位は変わると自覚して、三つの優先課題を決めて専念していくこと、にチャレンジして人生の大切なことを一つ一つ丁寧になしていきたいな!と思いました。

「あなた自身に許可を与える」「失敗はそのときの自分が思っているほど大したことではない」「世の中にはたった50人しかいない(と思えるほどおなじ人に人生の中で何度も出会うくらい世間は狭い)」などなど、2011年もこれからも、きっと50歳になっても何度も読み直したいなと思う言葉にたくさん出会えるこの本。今からでもとってもおすすめです!

blank_space
2010年10月10日

【こどもとニッポン体験!】収穫の秋!稲刈りから精米まで


投稿者 和田理恵

IMG_8753_2.JPG
新米がおいしい季節がやってきました!5月の田植え、6月の草取り&かかし作りと春からかかわってきたささかみ(新潟県)の田もいよいよ収穫の時を迎えました。さあて、順調に実っているでしょうか……。

我が家で育てているバケツ稲はまだ穂が垂れていなかったのでどうなのかな……と思っていましたが、新潟の稲は見事に実っていました。

さっそく昔ながらの鎌を手に稲刈りです。

IMG_8761_2.JPG

一本の穂からお米は約80粒とれるそう。このくらいの束だとご飯4〜5杯分だそうです。

IMG_8773_2.JPG
刈り取った稲は江戸時代さながら千歯こきで脱穀。上にひくとざざざーっともみがとれてなかなか爽快!子供は身長が低いので斜めにひきあげてしまってなかなかぬけずけっこう苦労していました。

IMG_8776_2.JPG
お米をよりわけ、もみがらをとった後、精米します。コーラの瓶に玄米を入れ、棒でひたすらつつきます。なかなか白くなってこないので農家の人に相談すると見本をみせてくれました。すごい勢いで米と米とをすりあわすようにつくのです。瓶の口から粉がいっぱい飛び散ってくるほどでした。で、私たちもかなり激しくついたらけっこう白く出来上がりました。

IMG_8788_2.JPG

翌日はわらで正月の飾りを作ることに。まずはわらで縄をなうところから始まるのですが、これがなかなか難しい!!2つに分けた束をそれぞれねじりながらよっていく。と原理は説明を聞いてわかったものの指はそんな風には動かない!向かって右のは師匠作成のしっかりした縄。左の私のものはすぐほどけてしまうぐちゃぐちゃな縄もどきのわら……。2時間以上かかってなんとか縄がなえるようになり飾りも不格好ですが出来上がりました……。

IMG_8785_2.JPG

今回は小5の次女と5歳の三女を連れて行きました。小5の社会でちょうど日本の稲作について習うらしく、次女は毎回興味深そうに農家の人の話を聞いていました。5歳の娘は田んぼがずぶずぶしているので最後まできちんとは入れなかったのですが、ツアーに参加した同じくらいの子供達と駆け回って遊んだことがいい思い出になったようでした。いつも食べているお米の産地とかかわった数ヶ月。農家の人の苦労、田んぼの周囲の素晴らしい自然に触れられてご飯がますますおいしく感じられるようになりました。間もなく我が家に配達される新米がとっても楽しみです!


blank_space
2010年09月15日

【こどもとニッポン体験!】平城遷都に沸く奈良を楽しむ♪


投稿者 和田理恵

IMG_8650_2.JPG

平城京が都になって1300年。「なんと(710年)きれいな平城京」と今でも口をついて出て来ます。この機会に平城京跡を訪れたいなと家族で行ってきました。

事前に入り口近くの平城京歴史館&遣唐使船復元の展示を見て、奥の体験楽習広場に移動。奈良時代の役人の気持ちで木簡に字を書く仕事体験と天平衣装体験をしようと計画。いざ平城京跡へ!

平城京歴史館は整理券をもらうために並ぶということだったので、8時半に会場に行きました。9時20分に歴史館に入場する券だったので、それなら……とすぐ近くの朱雀門広場に移動して「開門の儀」を見ました。
IMG_8653_2.JPG

思いがけず衛士隊を見られてすがすがしく朝の始まりを感じることができました。

平城京歴史館は人気があるだけあってどのブースもよくできていて、天平時代の人々に思いをはせることができました。この思いを持ったまま、自分の足で歩きましょう……ということだと思うのですが、行った日はとにかく暑かった!!愛知万博などと違って歩くところにミストや日ざしを遮るものなどなく……。会場内の移動用にトラムが走っていましたが、利用は原則体の不自由な方や高齢、妊婦、3歳以下の幼児ということ。お茶を飲みながら歩いていても末っ子(5歳)の顔が真っ赤になってしまいました。でもこれからは散策しながらがちょうどいい季節かもしれませんね!

体験楽習広場ではまず天平衣装体験。IMG_8675_2.JPG
こんな服装を着て写真をとれます。優雅な気持ちになれてなかなか楽しい♪

IMG_8673_2.JPG
次は仕事体験。この時代の役人さんは字がうまいほど出世したそう。私はとうてい出世はのぞめなさそうです。木簡の大きさクイズとか書いている文字の説明などをしていただいた後、いよいよ体験。

IMG_8681_2.JPG

酒飲みの私は酒を献上する木簡を書きました。

さて奈良を歩いていると目にするのは今の時期やっぱりせんとくん!京都から奈良に向かう近鉄線の改札をくぐるとさっそくどーんと。
IMG_8586_2.JPG

近鉄奈良駅構内のカフェ「チャオプレッソ」ではせんとくんのカプチーノも飲めます。

IMG_8698_2.JPG

最初見た時はびっくりしたせんとくんも今ではすっかり人気者ですねー。
いにしえに思いをはせるのにぴったりの奈良。こどもと一緒の秋の小旅行にもおすすめです。

blank_space
2010年07月29日

カーネギーキッズで「作曲家のひらめき」を楽しむ♪


投稿者 和田理恵

サントリーホールに「カーネギーキッズ」を楽しみに行ってきました♪
3〜6歳の子供対象としたプログラムですが、ニューヨークのカーネギホールとジュリアード音楽院などによる研修を経た演奏家達の生の音楽が楽しめるので、私の方がコーフン状態で会場に向かっていたかも……。

会場に入ると子供のスペースはじゅうたん敷きでくつろいだ雰囲気。まわりの椅子に大人が座ります。ピアソラの大人っぽくノリのよい曲でスタート。リズムに乗って表現豊かに演奏してくれる音楽家達に子供も親も釘付けです。(でも至近距離で見ていた子はあまりのノリの良さにびっくりして泣き出してしまったので、最初は親と一緒に少し後ろの方で見て様子をみてもいいかも)

「作曲家のひらめき」がテーマとあって、一曲一曲に状景の説明があります。「動物園に行ったことあるかな?」「今度は舟に乗っているよ」などなど音楽と一緒に色々な場所に行けるようで楽しい想像の旅を味わいました。

演奏家の方の技術は本当にすごい!!でもそれを笑顔で軽やかに披露してくれます。チェロとピアノの低音で表現された象は本当に大きな体が歩いてくるようでした。サン=サーンスの「白鳥」をチェロのゆったりした調べにあわせて子供と一緒にはばたいてみたり、ピアノの伴奏の繊細なメロディから水面のさざなみを想像したり。こんなにくっきり状景を思いながら聴くのは初めてで曲がより深く心にしみてくるようでした。

絵を使った説明が多くたいていはわかりやすかったのですが、3歳くらいの子供達に「朝の公園を散歩した時のそよ風」を口で言っただけで想像させるのはちょっと難しいかもと感じました。日本の子供になじみのある絵本かアニメのシーンを助けにいれてあげるともっと世界を感じやすかったかもしれないなーと思いました。

それにしても素晴らしい演奏でした!!こんな素敵なプログラムを日本で味わえるなんて!と幸せな気持ちで帰路につきました。

明日7月30日(金)の午後14時開演のプログラムは当日券販売の予定があるそうです。
(7月29日正午の情報)
子供1000円、保護者(子供1人につき同伴1名)2000円です。
明日お時間のある方にはとってもおすすめです!


blank_space
2010年06月25日

【こどもとニッポン体験!】田んぼの草取りで生物多様性を学ぶ


投稿者 和田理恵

IMG_7909_2.JPG

先週末、新潟の田んぼに家族で草取りに行きました。5月のエントリー「田植えでずぶずぶー」で作業をした田んぼです。かなりひょろひょろしていた苗も2〜30センチの高さにまで成長していました!そして雑草もしっかり成長してくれているようです。

IMG_7882_2.JPG
まずは地元の農家の方が雑草について説明してくれました。セリなどは見分けやすいのですが、難しいのがヒエ!
イネとほとんど同じ感じにしか見えないのです。イネは葉が茎についている付け根のところに毛のようなものがあるのですが、ヒエにはない。素人目には違いはそれだけ!!
イネはまっすぐ植えてあるので、列からはずれていたらヒエと判断しましょうというアドバイスもありましたが、もともと私たち家族が植えたところは曲がっているのでそれは手がかりにならなかったりして(^^;)。

ともかくずぼずぼと入ってそれらしいものを片っ端から抜いていきました。もしかしたらイネも抜いてしまったかも(><)。

今は1年で一番生き物がいる時期かもと農家さんが言っていた通り、作業をする脇をアメンボがすーすーっとすすみ、緑色が鮮やかなカエルもたっくさん飛び跳ねてます!観察してみたら35種類以上見つかりました。すくった土の中もよくよく観察すると髪の毛より細いイトミミズを発見!田にたくさんいて土をよくしてくれているそうです。こんなに小さな生きものがいつも食べているお米の成長を支えているんだーとしみじみ。

夜は蛍も見ることが出来ました。帰宅してから母に話すと昔は蚊帳の中に2匹くらい放して淡い光をみながら寝たり、葱の青いところにいれて緑の光を楽しんだりしたものよとのことで、そんな素敵な時間を過ごせてたなんて!!と興味深く聞きました。子供が親になったあかつきにも蛍を見せてやれる時代だといいなと願っています。

今回は収穫時期にそなえてかかしも作ってきました。なかなか肉付けが難しくてあやしく曲がった腰つきになってしまったのですが子供に顔を描かせたりして楽しかったです。かかしくん、収穫に行くまでしっかり見守っててねー!!

blank_space
2010年06月03日

快適!時短!の洗濯生活☆


投稿者 和田理恵

IMG_7771_2.JPG

気持ちいい天気が続いていますね!
いつもはガス乾燥機のお世話になりっぱなしなのですが、梅雨前の貴重な晴天、お日さまにあててパリッと乾かしたいなと時間を見つけてせっせと外に干しています。

しかし、一枚一枚衣類を足下のかごから取り出してハンガーにつけるのはけっこう時間がかかるもの。そんな時、知ったのが、コジット カンガルーエプロン。お腹のポケットに洗濯物を入れられるエプロンです。

いろいろなサイトを見比べた結果、送料がかからなかったアマゾンで購入しました。

IMG_7769_2.JPG

我が家の洗濯機は45リットルと小さめなので、洗い上がった洗濯物はぴったりカンガルーの袋部分におさまりました。濡れたものが入るとけっこうずっしりきますが、肩ひもの幅が広いので背中にも重みが分散される感じです。ちょっと格好ははたからみたら面白いかもしれません。いざ、外に出ます。お腹からするすると取り出して洗濯物を干すのは……劇的に楽!
いちいちしゃがみこまないとこんなにも手早く、楽に干せるのかと感激しました。

そして、我が家の洗濯物干しハンガーはずいぶん前から引っぱリンガー(アイデア物干し)

以前はいつもスーパーの特売で調達していたので、ゼロひとつ違うこれを買うのはホント勇気がいりました。以前こむぎさんのエントリーにもあったように、洗濯ハンガー、とっても壊れやすいなあと私も感じていて、こんなに高いのにすぐ壊れたらどうしようーーと不安だったのですが、外に出しっ放しで2年以上全く問題ないのでほっと胸をなでおろしています。

IMG_7774_2.JPG
ひとつひとつのピンチのつかむところに歯車がついていて(実はこの洗濯バサミそのものはよくずれるのですが、すぐ直せます)、乾いたら洗濯物の下をまとめてもってくっとおろすと全部いっぺんにばん!とはずれてくれるのが感動モノです!!もう普通のものが使えないモノグサママになってしまいました。

全体はこんな感じ。今のものとは配色が違います。

IMG_7775_2.JPG

5人家族の我が家では、洗濯機を1日3〜4回まわします。とりこんだ後の大量の洋服が自動的にそれぞれのタンスに飛んで行く……そんな便利グッズはないかなあ、なんて無理な願いまで持ち上がってくる今日この頃です(笑)。

blank_space
2010年05月18日

【こどもとニッポン体験!】田植えでずぶずぶー


投稿者 和田理恵

IMG_7611_2.JPG

5月は田植えシーズンまっさかり!
我が家もいつも食べているお米のふるさと、新潟県ささかみへ行ってきました。

ちょうど小学校5年生でお米の勉強をしている次女とまだ田植えを体験したことのない幼稚園児の三女と一緒です。

泥んこになってもOKの服に着替え、さっそく田んぼに向かいます。「水田」という名の通り、水がきれいに張られた田に足を入れると……ずぶずぶずぶーーーとどこまでも沈み込むーーーー!

三女はすかさず「抱っこ!」と手を伸ばしてきました。

なんとか励ましてこらえさせていると、膝の上までずっぽり入ったところで止まりました。泥といってもよく手入れされた田なので心地よい感触なのですが、そのまま作業を続けるのは気が進まなかったらしく、一つだけ植えたところで終了……。周りでも、ちびっちゃい子はこのずぶずぶ感を怖がっちゃう子も多かったです。

小5の次女はおしりも腕も泥だらけにしながら、妹の分もがんばって植えてくれました。そのうち顔も「ヒゲダンス」みたいに泥がついちゃって、もう最後は全身泥エステ状態!!

いろいろな時期に田んぼに来たことがありますが、私はこの田植えの時期の田に入るのが一番好きです。少しひんやりとして柔らかい土がとても気持ち良くて、はだしで作業していると大地からパワーをもらえる感じがします。植える動作を繰り返しているうちに段々心も静まってきて。外で体を動かすのはいいですね!そういう機会があまりないので、つい没入してしまいました。

夜の生産者さんとの交流会では私たちが田植えした30ヘクタールの田から、秋にとれるお米はどれくらいでしょうというクイズも出されました。

A)約1300kg  B)約800kg

さてどっちでしょう。

一粒のお米からたくさん実るんだなあと実感する数字でした。
また来月様子を見に行きたいと思っています!


※クイズの答えはA


blank_space
2010年04月28日

【こどもとニッポン体験!】奈良で楽しむ不思議な感触


投稿者 和田理恵

IMG_7210_2.JPG
明日からはゴールデンウィーク!
平城遷都1300年祭で盛り上がる奈良。実は墨の生産量が日本一!それも国内生産量の95%を占めるというすごさです!!墨はここに伝わって、ずっと人々が作り続けてきたんだなあ……としみじみ感じ入ります。書き初め大会や書道の授業、結婚式の芳名帳と触れた経験のない人はいないのではないかと思うくらいの墨ですが、あたたかい出来たてほやほやの墨を触ったことがある人はあまりいないのでは?!

奈良では生の墨を手で握って作る「にぎり墨」の体験ができます。

私たち家族が体験したところは、錦光堂です。

職人の方が墨の作り方から詳しくお話ししてくれました。あの黒い色は「煤(すす)」。松の木片を焼いてとったものから作った墨はちょっと青みがかっているそう。ごま油などの油からすすをとる方法もあり、そちらは少し茶色がかったニュアンス。どちらにしてもすすはほんのちょっとずつしかとれなくて、根気がいりそうな作業です。それににかわを混ぜて、香料を加えたものが墨になります。あの独特の墨の匂いは、香料の匂いなのでした。

説明を受けている間もそばに置いてある少し黒ずんだ炊飯器が気になってしまう私。果たして生の墨はその中に入っていました。丸めて握るまではほんの一瞬。ほんのりとあたたかくて、今まで経験したことのない優しい弾力が手に伝わりました。

後はそうっとティッシュにくるみ、持ち帰ります。墨は年月を置けば置くほどにかわがこなれていい色になるそう。娘達が結婚する頃にはちょうどいい頃かな、会場にはこの日作った墨をすって用意しよう……なんて想像がはばたいてしまいました。

平城遷都1300年祭の会場でも4月30日まで1000円でにぎり墨体験ができるようです。

幼い子でも体験できるのでおすすめです。少し大きい子には平城遷都1300年祭では奈良時代の役人が作成していた書類である「木簡」を作る体験や天平衣装体験もきっと楽しく歴史を体感できるいい機会になると思います。

知人である画家の山田夕香さんが5月3日に平城京跡特設会場まほろばホールで「生」というタイトルの13.5mもある作品を展示するので見に行きたかったのですが、今年のゴールデンウィークの奈良は大人気で宿もとれず残念!

でも、平城遷都1300年祭、11月までの会期中ぜひ家族で訪れたいなーと思っています。ゴールデンウィークに行かれる方ぜひ楽しんで下さいね。

blank_space
2010年04月16日

こどもも仕事も生まれる社会に!のフォーラム


投稿者 和田理恵

正式名称は「出産と仕事フォーラム」なのですが、サブタイトルが素敵でついそちらをトップに持ってきてしまいました。

私が妊娠を機に会社をやめたのは28歳。子供を産んだ後、すらっと「おばちゃん」と自称できるようになり、人生も後半だなと感じたのを覚えています。

40代の今から見れば「何言ってんの!人生これからじゃなーい!」と張り飛ばしたい感じです(笑)。

でもあの28歳の不安は子供も仕事もある生活をリアルに想像できなかったからこそのものだったなとも今となればわかります。子供がいることは、仕事面では時間的体力的にマイナスだと思い込んでしまっていたのです。

このフォーラムは子育ても仕事もハッピーにやってきた4人の先輩がその秘策を伝授してくれるという趣旨で開かれるもの。

少子化対策担当相時代に妊娠出産を経験した小渕優子さんが基調講演。

その後、株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長小室淑恵さん、有限会社私には夢がある代表取締役和田清華さん、バースコーディネーター大葉ナナコさんも加わり、産後の働き方のあれこれについてパネルディスカッションがあります。

こういう講演会の時、子供はどうしたら……というのが気になるところですが、このフォーラムは、お子さま連れ大歓迎。赤ちゃん、お子さまをひざの上に抱っこして参加できるのがうれしいところです。

2010年4月24日(土)9時30分〜12時 東京ウィメンズプラザ(表参道歩7分)で開催され、参加費は3500円。このうち500円は家族計画国際協力財団ジョイセフのホワイトリボン運動に寄付され、途上国の妊娠出産による母達の死を防ぐ活動に役立たせられるそうです。申込みたい方はバースセンス研究所のこちらのページご参照下さい。

先日大葉ナナコさんの講座を紹介したご縁で、バースセンス研究所の志村典子さんよりこのプレママにもママにもきっと役に立つ情報が得られそうな素敵なフォーラムの情報をいただきました。ありがとうございました。

いろいろな人の知恵を出し合って、子どもも仕事も笑顔でたくさん生まれる社会になるといいですよね。このワーキングマザースタイルでもそんな知恵を一つでも多く伝えられたらいいな♪と願っています。

blank_space
2010年04月13日

ライブハウスってこどもにやさしい!


投稿者 和田理恵

先日、ズーラシアンブラスの公演を聴きに行ってきました。佐藤悦子さんに教えていただいて知ったズーラシアンブラスは、こどもがクラシックに興味を持つきっかけにぴったり!の楽団で、ライオンやトラなどの動物(のかぶりものを着た人)がトランペットやトロンボーンの本格演奏を聴かせてくれます。もともとよこはま動物園ズーラシアのマスコットキャラクターだったとのこと。指揮者はもちろんオカピです!!

私が今回行ったコンサートの会場は六本木のライブハウスSTB139。ずいぶん大人っぽい場所だなあとどきどきしながら出かけました。

入り口でコートを預け、中に入るとすでに来ている人達が飲み物片手にくつろいでいました。コンサート会場というと飲食禁止が常識。でもライブハウスだったら飲み物片手の方が常識!これは子連れにはホントありがたい!!「がまんして」とか「お外出てからね」なんて言う必要がなく席でそのまま飲めるので、ぐずる要因が一つ減ります。

100402_171142_2.JPG

ゾウやパンダの顔のパンを使った特別メニューもあり、親子ともにお腹も満たされて幸せなひととき。

演奏が始まってからもライブハウスなので、自由に盛り上がれる雰囲気でとても気が楽でした。途中でトイレに立つ親子もいましたが、固定した座席でないので気にならないのもよいところです。好きな飲み物を飲み、おいしい食べ物をつまみながら臨場感あふれる演奏を楽しめる。ライブハウスってもしかして子連れファミリーにとって最高に楽しいエンタテイメントを提供できる可能性を秘めているのでは?!と感じました。子供の笑顔を見ながらワインを味わっているお母さん、仕事帰りのダンナ様と合流して乾杯する夫婦&子供、いい風景でした。

小さい子OKのコンサートに行くと泣いてしまう子が数人いるのが普通だと思っていましたが、この日はぐずっている子を見かけませんでした。好きにしていいという雰囲気だとかえっていい態度で聴けるのかもしれないなと家の子供達を見て実感。

こんなくつろげる空間でホンモノの音楽に触れる機会が全国に広がったらいいなと夢見た夜でした。

ズーラシアンブラスの4月の演奏予定は、ズーラシアで4月24日(土)13時、15時。4月29日(祝)13時、14時、15時30分だそうです。

5月1日には東京芸術劇場で「0歳からのオーケストラ」と題して東京交響楽団とのコンサートも。

ライブハウスでもまた企画したいとブログにあったので楽しみです。


blank_space
2010年03月31日

4月9日、何の日か知ってますか?


投稿者 和田理恵

何かと慌ただしい年度末&スタートの4月!

子供の新しい生活の準備もあってまさに大忙し!!のワーキングマザーも多いのでは?

忙しいとなかなか自分の体のことまで気が回らないのですが、4月9日は「子宮の日」と聞いてはっとしました。妊娠中は体のコンディションに気遣って過ごしてきたのに、今や仕事と家庭の課題をこなしていくことで毎日頭がいっぱい!子宮がん検診も出産以来行っていません。「子宮の日」は、体の声を聞こうと努力していた妊娠中の「初心」を思い出させてくれました。

娘とも女性の体について考えるきっかけとなる日にできたらいいなと思っていたところに素敵な講座を見つけました。

バースコーディネーター大葉ナナコさんが今週4月3日(土)10時〜12時に初潮年齢のお子さんと母を対象に行うワークショップ「母と娘の月経教室」です。

普段の生活で改まって体のことを切り出すのは難しくても、こういう講座に一緒に参加すれば自然と自分が伝えたいことも口に出せそうです。

大葉ナナコさんはご存知の方も多いと思いますが、幸せなお産を増やしたいと妊娠を望んだり出産を控えた女性・カップルにあたたかく知識を伝える「バースコーディネーター」という仕事を作り出した方で、5人のお子さんのお母さんでもあります。

私は三女妊娠中にマタニティクラスを受講しましたが、大葉ナナコさんの包み込むような優しさと笑顔にとても幸せな気持ちになったことを覚えています。

思春期の入り口に立つ子供に体の変化をナナコさんはきっと楽しみなこととして伝えてくれると思います。また小学校高学年にある移動教室や修学旅行に子供が不安なく参加できるための準備としてもとてもよいかと思います。

私自身は今回はすでに予定があり残念なのですが、去年大葉ナナコさんの育てたバースコーディネーターの方の講座を娘達と受講して体の神秘に改めてびっくり!の楽しい時間を過ごせたので、同じく小学校高学年の女の子を持つお母さんにオススメしたくご紹介しました。今週末の講座なので、もしご興味ある方はお急ぎ下さい!!


りこさんの1月26日の記事にもあったように、子宮頸がん予防ワクチンも最近注目を集めています。4月9日には、近くで受けられる病院を探すなどアクションをとりたいと思います!

blank_space
2010年01月25日

ヤングアメリカンズと身も心もあったかくなる!


投稿者 和田理恵

2〜3日間のワークショップで、英語で堂々のショーをしてしまう子供達に毎回驚かされてしまうのが、ヤングアメリカンズアウトリーチという名のプログラム。

アメリカ人、日本人という枠を超えて、みんなで一緒にひとつの舞台を作り上げるすばらしさにここのところ人気が高まり、去年の夏のワークショップはあっという間に締め切りで我が家は涙をのみました。ところが今年は1〜3月もワークショップがあるのです!!何かと忙しかったり寒かったりするせいか、まだ空きがある会場が多い!!これは狙い目!!とさっそく申込みました。

ヤングアメリカンズは、以前もワーキングマザースタイルで桜乃ゆめさんがご紹介下さり(記事はこちら)、本田裕美さんも素敵な体験記事をアップしているので、興味をもった方はご覧になると感じがつかめると思います。

我が家も今まで2〜3回参加しましたが、ヤングアメリカンズや子供達から自分を思い切り表現する楽しさが伝わってくるし、日本にいながら英語だけで丸2〜3日コミュニケーションをとるというのも得難い体験です!ヤングアメリカンズにその期間中ホームステイを提供することも可能で我が家は未体験なのですが、これもとても楽しい体験になるそうです。

対象は小1〜高3で、1〜3月の日程はこちらです。学期中は金夕方〜土日、春休み期間中の設定もあります。


予約不要の説明会のスケジュールはこちら。ビデオを見たり、詳しく情報を知りたい方にはおすすめです。けれど、これに出ないと参加できないというわけではありませんので、都合がつかない方は心配ご無用です!

子供にとっては楽しく、親にとっては子供の成長とアメリカ文化を体験できる機会になると思います。軽やかなステップと大きな歌声で身も心もあったかくなることうけあいです!

blank_space
2009年12月30日

【rie的きらりの本】2009年私のベストはこの本!


投稿者 和田理恵

小説を読んでいて、主人公以外に妙に気になってしまう人が出てくることってありませんか?主人公に影響を与える一言を発した人はどんな毎日を送っているんだろうと知りたくなったり。

毎日の生活の中で接する「お店の人」「町のお医者さん」も友達や家族の前では全然違う顔を見せているんだろうなと想像してしまうこともたまにあります。

そんな気持ちをたっぷり満足させてくれたのが伊坂幸太郎著終末のフール (集英社文庫)今年出た文庫本で初めて読みました。
これから子供を持つ人、すでに子供がいる人、断絶した親子などなど様々な人々を描きだした短い小説が並んでいます。前の小説にちょこっと顔を出していたビデオ屋さんの店長さんが最後の小説では主人公になっていたり、違う小説で恋に落ちるか?!と思った人のその後がさりげなくわかったりと一つひとつの小説の面白さもさることながら、細部もとっても楽しめました。

小惑星が衝突して地球が滅亡する日まであと3年というかなり絶望的な状況下での小説なのですが、どういう時であっても人は自分ができることを精一杯、たんたんとやっていくしかなく、その中に希望もあるのだと思いました。

「地球滅亡」という事態をつきつけられても感じることは人により本当にさまざま。絶望する人もいれば、ふんぎりがつく人、逆に喜ぶ人、全く変わらない人。
一つの物事が起こった時、自分の感じ方がすべての人の感じ方ではない。違う受けとり方をする人もたくさんいる。そういう当たり前だけど忘れがちな実感を、小説という心に入り込みやすいかたちだと改めて感じることができました。

趣向がこらされていて、「真実」を含んでいる。こんな小説をいつか書いてみたいです。

年の瀬、みなさまもお忙しいと思いますが、どうぞよい年をお迎えくださいね。

(2009.12.31 一部わかりにくい文章を直しました)

blank_space
2009年12月23日

入学準備におすすめのバッグ


投稿者 和田理恵

IMG_5959_2.JPG

来春入園、入学を迎えるご家庭では年明けからグッズの準備や説明会などで忙しくなるかと思います。園や学校に行く時には自分の脱いだ靴を持ち歩いたりと予想以上に荷物が多くなることがあり、苦慮していました。そんな時、知人に勧められたのが、ランドセルも入るお受験・おけいこサポートバッグ。

ナイロン製とあったので、簡易な作りを想像していましたが、手元に届いたら厚手で張りのある布地で、しっかりした作りでした。白バラのモチーフとピンタックが洒落ていて、高級感がありました。

IMG_5968_2.JPG

水玉の裏地もついててグッドです。

IMG_5964_2.JPG

ランドセルも入ると銘打ってあるだけあってマチがしっかりとってあるので、荷物の多い時にとても役に立ちました。小さくたためて、必要な時に取り出せるのも使い勝手が良かったです。学校に入ってからは、学校から直接習い事に行く時に役に立ちました。

子供が掃除当番で下校が遅めの日は私が子供の水泳道具一式を持って教室に行き、学校から直接スイミングスクールに飛び込んできた子供のランドセルととりかえっこなんて時も。ランドセルを預かると、大人にとっては持ちにくいので身動きしずらく困っていましたが、このバッグならすっぽり入って肩にかけて持ち歩けるので助かっています。

IMG_5981_2.JPG

スクールアイテム専門ショップBARANの扱い商品です。

blank_space
2009年12月07日

<rie的きらりの本>「ドキュメント政権交代」で知るこの国のすがた


投稿者 和田理恵

今話題の「坂の上の雲」。私の周囲、中学生の娘の友達もけっこう見ていて話がはずむのはうれしい限りです。「歴女」ブームと言われて久しいですが、若い世代も関心を持っているなら息長く続くかもと小学生からの古株歴女(好きなだけでそんなにすっごく詳しくないのですが)としてはほくそえんでいます。

でも、今まさに起こっていることが、後の人から見たら歴史そのもの。劇的な「政権交代」を目の当たりにして、現在のことをきちんと知りたいと思った時に知人に勧められたのがドキュメント政権交代---自民党崩壊への400日
2008年9月二人目の総理が政権を投げだした末の麻生総理誕生。そこからどんどん深まっていく混迷、いろいろな人の思惑、あきれるような行動、深い思慮、そして政権が民主党に交代するまでが描かれたこの本。面白くないわけがなく、一気に読みました。

毎日の忙しい暮らしの中でその日のニュースを知るとピンポイントで感想は持つものの、そのぽつぽつとしたニュースを拾って線を描き、形づくられたものの意味を考えることまでなかなかできていなかった私は、国会担当記者である武田 一顯氏の綿密な取材に基づいた「読み」を知ることでテレビ、新聞だけでは知り得なかった判断情報をもらうことができました。外交の具体的内容や一つ一つの行動の意味についても知らないことばかりで、日本という国の最前線で何が起こっていたのかを知るよい手がかりとなりました。自民党、民主党それぞれの人物が描かれていますが、ずっと存在感を放っているのは小沢一郎氏でした。巻末にはその小沢氏の独占インタビューが掲載されています。

今の日本を、そして生活を、形作っているのがまさに政治。関心がない、ではすまない問題だと改めて感じました。少しでもよいと思える方向の日本にするためにはどうしたらいいのか。小さいところでは身の回りで自分がよいと思うことをしていくしかないと思ってはいるのですが、少なくとも今の政治で何が起きているのかに関心を持っていきたい。まずは知ることからと考えています。この本は去年から今年にかけて起こった激変の波を理解するのにとても役にたちました。また違った視点の情報も取り入れて考え続けていきたいと思っています。


blank_space
2009年09月27日

インフルエンザ! 社会復帰に困った編


投稿者 和田理恵

インフルエンザ、なってみて初めて実感した問題がありました。
それは「子どもの世話を誰にも頼めない」こと。

我が家は「いざ」に備えて病気でもみてくれるシッティング会社2社と契約しています。でも、どちらも新型インフルエンザは対象外。病弱で高齢の母に頼むことも難しく……。

というわけで、得意先に正直にお話をし、一週間はすべての予定をキャンセルしました。しかし、その後も問題です。そう、潜伏期間という目に見えないおびえが消えないのです。

5月頃、空港で「濃厚接触者」とされた人達はすぐさま隔離→健康観察されていましたが、家族はずっと接触し続けているので、患者が社会復帰してからさらに一週間は疑いが晴れません。


インフルエンザにかかった娘については、学校保健法で「解熱した後2日を経過するまで」が出席停止期間と定められています。ただ、かかりつけの先生は「リレンザやタミフルで1日早く熱が下がっているのに、解熱後2日で学校に行くからみんなにうつすんだ」と言い、その通りだと思ったので、解熱後3日は家にいて、その後登校許可書を持って登校しました。

本人についてはこれですっきり!でも、濃厚接触者の私達家族は、一体いつ社会復帰すればいいのでしょう?!潜伏期間が一日〜一週間と言われているので、そこからさらに一週間おこもりしていないといけないのでしょうか。

かかりつけの先生は普段通りの生活でいいと言って下さいましたが、下の子の小学校、幼稚園では当時誰も発症していませんでした。

それぞれの先生方とお話しし、来ていいですよと言われたところもあったのですが、勇気がわかず休ませてしまいました。

看病が必要な間はもちろん私も家にいるとして、上の子が学校に行くようになってからも、潜伏期間の関係で下の二人を休ませるなら、誰かにみてもらえないだろうかとあちこちに相談しました。結果はご想像通り×。シッティング会社も託児所もたとえ預かる子が元気だったとしても、新型インフルエンザになった家族がもう治ってたとしても、預かれないという返事でした。

悩みに悩んだ結果、長女の登校と同時に小学生の子は登校させ、幼稚園はさらに3日休んで復帰しました。当人&私の仕事上の限界でした。もう3週間以上たって何もないのでほっとしています。

5人家族の我が家では、バラバラにインフルエンザにかかったら、社会的機能停止状態を5週間も経験してしまうことになります。1回目の今回は周囲から優しいいたわりの声をかけていただきましたが、5回もこんなことがあったら、フリーで仕事する立場としてはいかがなものでしょうか。もうこの際、私も含めていっぺんにかかってしまった方が……と悪魔のささやきが心の中に芽生えて……いやいや、やっぱり一人でもかかる人が少ないのがこの時期大事なことなのだから、と手洗いして……。心揺れました。

家族にインフルエンザが出た身としては、タミフルで一日早く解熱してまだうつす期間なのに登校する人が出てしまうなら、そこの法律を早急に直していただき、本人はしっかり休んで周りにうつさないよう務めて欲しいのと、
家族に患者が出たら数日〜1週間休んで復帰という規則を持つ会社や学校が多いようですが、素人考えではむしろ濃厚に患者と接触する時間が増えて、その人が復帰する時期に発症してしまうかもしれないとも思うので、そこは普段通り。そのかわり、周囲の人には情報として知らせて手洗いを徹底するなどの方がいいのではないかと思ってしまいました。もちろん、まだかかっていない人の恐怖もついこの間までそちら側だったのでよくわかるのではありますが。

濃厚接触者がどうふるまったら一番いいのか、いろいろな情報源を探しましたがまだこれ!というものを探し当てていません。ぜひ専門家の方に教えていただけたらと思います。

家族がインフルエンザなら一週間休み、その間は無給、なんて会社もあると聞きますが、罰のような厳しいルールにしてしまうと、インフルエンザのことを隠す人も出て来ると思います。もし、本人がかかったとしても、インフルエンザだとばれないように熱が下がったらすぐ出社、なんて人も出てしまうかも。インフルエンザ感染を広げない、という観点からどう行動したらいいのかの助言やルールが欲しいなと思います。

今回、困ったことばかり書きましたが、最後に私が一番ありがたいと思ったことを。それは、ママ友からの子どもがインフルエンザにかかったよ、というメールでした。それがあったからこそ、もしも、に備えて頭の中でシミュレーションしておくことができ、実際数日後に感染がわかった時に予定をすみやかに動かすことができました。最初にメールを下さったママは本当に勇気がいったと思います。事実に対処するのは正しい情報が一番。私も娘がかかった時、一瞬躊躇しましたが、「悪いことほど早く伝える」がモットー?!なので、勇気を出してみんなにお伝えしました。大規模な流行が始まっているようですが、みんなで注意しあって、なんとか乗り切れる事を祈っています。そして、我が家もまだ4人かかっていないので、手洗いに励みつつ、元気に過ごせるようがんばりたいです!


blank_space
2009年09月18日

インフルエンザ!我が家の場合 症状編


投稿者 和田理恵

インフルエンザと診断された娘の病状は、幸運なことにとても軽くてすみました。医者に行った後は熱を出すこともなかったので、季節性インフルエンザに比べてもずいぶん楽そうで、部屋の中では普段通りに過ごしていました。元気そうとはいっても、急な体調の変化があるといけないので、必ず誰かが家にいて、長女が一人にならないように気をつけていました。

お友達の中には頭痛に苦しんだり、だるそうにしていた方もいたようです。みな数日で治ったので、本当にほっとしました。

インフルエンザの間、一番心配したのは肺炎でした。9月17日の読売新聞によると、子どもの肺炎の兆候は、

・呼吸が速く、回数が多い。
・呼吸時にみぞおち付近がへこんだり、小鼻が動いたりする。
・顔色が青い、または土家色

といったことがあるそうです。
確かに幼少時、肺炎にかかった時の娘の呼吸は尋常ではなく、苦しそうでした。
こういった症状があったらすぐに医療機関へ行くべきだと思います。

記事は、
「ほとんどの人は数日間で自然に治る。無用な心配をしないためには、正確な知識を身につけ、冷静に子どもさんの様子を観察してほしい」
とまとめられていました。

ほとんどの人は軽症ですんでいるので、心配しすぎない。でも、症状の急変の可能性があることはいつも忘れずに、子どもの様子に注意を払うことの大事さを肝に銘じておきたいと思います。

blank_space
2009年09月17日

インフルエンザ!我が家の場合 看病編


投稿者 和田理恵

インフルエンザの診断が下ってまずしたことは……隔離です。
我が家では子どもの個室がないので、まず、長女用に一部屋準備。基本的にそこにこもってもらうことにしました。

手洗いも徹底しました。
長女の世話をしたらすかさず手洗い。
洗面所の手ふきタオルは、ミニサイズのものをたくさん用意。一回使ったらすぐ洗濯カゴにいれるというホテルみたいなシステムにしました。

長女は小さい頃肺炎になったことがあります。新型インフルエンザは急な肺炎をおこしやすいと聞いていたので心配しましたが、咳は一度も出ず、リレンザが効いたのか熱もその後一度も出なかったので、とっても元気でした。

食事まで別室でさせるのはかわいそうで、一緒に食卓を囲みました。長女はこの時とばかりしゃべりまくり、笑いまくりで毎日大盛り上がり。食べる時にマスクをする人はいないので、今から思うと感染の危険大だったのかも……。でもほっとできる時間もないとですし、難しいところです。大皿料理をやめて、個別盛りにする、といったくらいの配慮はしていました。

歯ブラシもそれぞれがくっついたりすることのないよう、特に長女のものは別の場所に置くようにしました。

飛行機で席が近かったなんてこととは比較にならないくらいの「濃厚接触者」だったと思うのですが、なんとか大丈夫でした。

学校で急スピードで広がったのを見て、感染力はなみなみならぬものがあるのを実感していたのですが、ここに患者がいる、と注意を払っていれば、意外にうつらないものだなと思いました。友人宅でも看病で一番濃厚に接していたはずの母達はみんな大丈夫でした。普段通りの行動をしていたらすぐうつっちゃうけど、手洗いを徹底していればかなり防げる。そんなことを実感しました。

blank_space

インフルエンザ!我が家の場合 発病編


投稿者 和田理恵

今までどこか「ひとごと」だった新型インフルエンザ。
しかし、2学期が始まってすぐ中一の娘の友達が数人インフルエンザになりました。
お弁当のおかずを交換してる仲良しの友人がかかっているということは……と覚悟し始めた翌々日。娘が突然38度の熱を出しました。

うわー!!これはインフルエンザだ!

慌てた私は自治体に電話相談しなくちゃ!とネットで番号を検索。早速かけましたが、いつも話し中でつながりません。

そのうちだんだん落ち着いてきて、「そうだ、確か今はかかりつけのお医者さんに連絡してから行けばよくなったんだ」と思い出しました。
かかりつけ医のホームページを見ると、「インフルエンザの疑いがある人はマスク着用して来院して下さい」とあります。診察時間になるのを待って、電話連絡をしてから出かけました。

病院で熱を測ると、あれれ、、、36度6分です。
インフルエンザを恐れるあまり、勘違いして連れてきちゃったかなと思ったのですが、学校で流行しているという状況があるので、検査することに。

いつもインフルエンザの検査は結果が出るまで10分くらい別室で待たされるのですが、今回は先生と診察室でお話をしている間に看護婦さんが「出ました」と検査結果を持ってきました。
2分くらいだったでしょうか。
あまりのスピードにびっくり!!
「ウイルスの量が多いってことだよね」と先生。

知っている方も多いと思いますが、最近はA型、B型インフルエンザの検査だけで、ほとんどの場合新型インフルエンザかどうか判定する検査にまわしません。なので、娘の診断もA型インフルエンザということになります。ただ、この時期のインフルエンザは恐らく季節性のものではなく、新型であろう、という前提で話を進めていきます。

薬は「リレンザ」を処方されました。娘には小児ぜんそくの既往症があるので、粉を吸入するタイプの薬であるリレンザだとせきこむなど不都合もあるかな、と先生は悩んだようでしたが、結果的には問題ありませんでした。

インフルエンザは高熱!と思い込んでいたので、36度台でもインフルエンザという診断が出たことはショックでした。検査を受けなければただの風邪だと思いこみ、翌日から普通に外出させていたかもしれません。

しかし、一度高熱が出たことも事実なので、インフルエンザにかかってるのにずっと36度台ということもないかと推測します。熱がないのにインフルエンザ検査を希望する人がいることを新聞報道で知りましたが、検査キットの不足も心配される昨今、それは行き過ぎではと個人的には思います。

娘は幸いその後順調に回復し、家族への感染もありませんでした。私がやって良かったこと、困ったことを、読者の方に何らかの参考になればという願いをこめて数回にわけてレポートします。
実際にかかって治った家族の方のこうしたよ!というコメント大歓迎です。
また、医学的なことについては素人ですので、専門の方の正しい情報も大歓迎です。
よろしくお願いします!!

私が参考にしたサイト
厚生労働省「インフルエンザかな?症状がある方々へ」

blank_space
2009年08月01日

【こどもとニッポン体験!】夏は歌舞伎を楽しむ季節


投稿者 和田理恵

WMSスタッフにも人気の高い国立劇場「親子で楽しむ歌舞伎教室」。
今年も行ってきました!
演目は「矢の根」と「藤娘」。

舞台がずんと暗くなり、役者さんが何かを手にせりあがってきます。
スポットライトの中、目をこらしてみると、それは、、なんとピカチュウ!!
「ここは幽霊や人間ではないものが登場する時に使います。それでピカチュウさんに来てもらいました」という解説にどっとわいて、ツカミはOK!!

黒衣(くろこ)さんの顔を隠している布をぺろっと開けて見せてくれたり、今年の解説の方はけっこうやんちゃで面白かったです。

20分と長めの休憩時間には喫茶で娘達に学割ソフトクリーム(300円)を食べさせ、いざ歌舞伎鑑賞!

「矢の根」は、曽我十郎、五郎の仇討ち物語。大きな矢の根を研ぐ曽我五郎の存在感もさることながら、娘達に大受けしたのは、「馬」!!恐らく2人の人がかぶっているであろう馬の脚はものすごく人間チック。そこに本当に曽我五郎が乗ってしまうので、大盛り上がりでした。

「藤娘」日本舞踊で見た時には、藤を持ってかわいらしく踊っているなという感想だったのですが、セリフがつくのが歌舞伎の面白いところ。なんと内容は、私と約束してたのに他の女と会ってたなんて!手紙を書いても返事がこない!!と男の人の心変わりを嘆いたり、お酒を飲んでいろいろな男の人に心を寄せてみたり、結婚にあこがれてみたり……と女の子のおしゃべりそのまま!!

藤の花が舞台をうめつくしていて現実ではないような美しさの中、次々に衣装を変えて踊る藤の精。気持ちをつかみながらだと、ホントに楽しめました。

去年は熟睡してしまった次女(小4)も今年は楽しく鑑賞できて、子どもの成長も感じました。三女(4歳)は託児サービスをお願いできたので大助かりです。祖母、私、娘と三代で歌舞伎教室に行き、とても楽しかったので、また来年も鑑賞したいと思いました。

「親子で楽しむ歌舞伎教室」は終わってしまいましたが、横浜能楽堂で8月3日には、人間国宝も出演する子ども向けの「夏休み夢舞台」、「歌舞伎教室」もやっていた国立劇場では8月8日に「親子のための能楽公演」
があります。

夏はこどものための公演がたくさんあり、初めて古典芸能に触れるにはぴったり!!
と言いつつ、実はあまり古典に詳しくない私が子どもをだしに解説が聞ける!!と一番楽しみにしているのかもしれません。

blank_space
2009年07月15日

<rie的きらりの本>「佐藤可士和×トップランナー31人」


投稿者 和田理恵

気になる一言を見つけるとページの角を折るくせがあります。4歳の娘も真似して絵本の角をせっせと折ってたり……(・・;)。
内容が濃い本は折り目だらけになってしまうのですが、この佐藤可士和×トップランナー31人
はほぼ全ページ折り!というすごいことになってしまいました!!
娘も大好きな「えいごであそぼ」のアートディレクションを始め、国立新美術館のロゴ、楽天のCIなどなど活躍を目にしないことがないくらい多方面で成果をあげている佐藤可士和さんが柳井正さん、村上隆さん、古田敦也さんをはじめ、様々な分野で活躍している方と対談されたものです。

「よく『評価してもらえない』と愚痴をこぼす人がいるけれど、評価するのは自分じゃないだろうって言いたい(笑)」

という柳井さんの言葉にドキッとしたり、

「人も芸術もエゴを打ち出すのではなく、コミュニケーションを図って調和しようとすることがいかに大切か。芸術とはわかり合うためのコミュニケーションなのです」

という画家千住博さんの言葉に胸が震える思いがしたり。

ものの見方、表現がよく引き出され、可士和さんの視点を当てることで更に対話が発展していく様子が伝わってきて、一人ひとりの対談を読む前に今度はどんな世界が開けているだろうとわくわくしました。

企業や商品の魅力の核心を探って、人の心を動かす提案を作り上げることと、人の本質的な魅力を発見し、引き出すことは、共通するところがたくさんあるのかもしれません。

可士和さんとは、博報堂時代に打ち合わせで何度か御一緒したことがあります。案は切れ味鋭いけれど、ご本人は本当に気さくで話しやすい方。昨年、十何年ぶりにお目にかかった時も変わらない雰囲気で久しぶりな感じがしなかったほどでした。この本の出版を知って、ネットで注文しようとパソコンに向かった時に、ピンポン!と宅配便屋さんがきて、ちょうどこの本が可士和さんから送られてきました。うれしい偶然にびっくり!!というわけでまだ自分では買っていないのですが、「素敵な言葉のつまった贈り物」としてこれから時折友人のために購入したいと思っています。

仕事のヒント、生きていく上でのヒント、そして人間として向上していくために大切な言葉がたくさんあるので、いろんな角度から自分にとって大切に思える言葉が見つけられるところがオススメです。「元気」「勇気」「やる気」をもらえるこの本を読み返しつつ、この夏もがんばっていきたいです!

blank_space
2009年06月29日

<rie的きらりの本>「ダンナ様はFBI」でワーキングマザー道を知る


投稿者 和田理恵

ダンナ様はFBI、元FBI捜査官との国際結婚エッセイ……といえば、家庭内のオモシロ事件が満載なんだろうと気楽に手にとったのですが、読み進んでいってびっくり!!働く女性にとって目からウロコの掟がつまった上質な自己啓発書でもあったのです。FBI仕込みのダーリンが発するプロファイリングの技、魅力アップ術はうなってしまうものばかりでした。

「人間が残す証拠や行動には、必ず本人の気持ちが表れる」と説くダーリンは、相手の服装に着目して、その人の特性を見抜く方法を伝授します。

……で、それは自分にもかえってきて、普段ばたばたした生活をしていると、どこかにそれがにじみでてきてしまうという恐ろしい教えにつながりました。

一秒でも惜しいから、信号は青が点滅してても走って渡ってしまう、髪につやがなくなってきても仕方がない、そういった積み重ねが「君が持つ空気を荒れた印象に変えるよ」というくだりは、なんだか私に言われたみたい……。そういう女性に仕事を頼みたいと思うだろうかという根本的な問いには猛省!!!

この女性なら仕事を頼んでみたい!と思うファッションを直感で雑誌から選んでみる、という掟をまずは試してみたいなと思いました。

 「初対面の人には時間差で2度微笑みかける」「出会って最初の1分間は、相手に尊敬を伝える」などなど、ビジネスで人と会う時に使える掟も満載。好感度アップし、魅力ある女性になるために大事なことから小技までが網羅されています。

出版されたのは去年12月ですが、私が読んだのは今年に入ってから。私的2009年上半期自己啓発書ナンバー1だったので、この時期にご紹介させていただきました。もちろん、ダーリンと知り合って結婚するまで、のストーリーは爆笑エッセイの名にたがわぬ面白さ。笑って気分爽快、ワーキングスタイル向上にもたっぷり役立つ、と一挙両得、一石二鳥のスグレ本です。

blank_space
2009年06月04日

グリーンコンシューマーになりたい!


投稿者 和田理恵

IMG_4359_2.JPG

世界中で森が失われていっているというニュースは繰り返し報道されています。見ると胸が痛むものの、どこか自分と遠い話のようにも感じていました。

しかし、先日環境問題に詳しい知人から、
「4枚に1枚のコピー用紙が違法伐採の木からできた可能性がある」ほど事態が深刻なものだと聞き、仕事で使っているコピーの枚数を思い、背中がぞっと寒くなるのを感じました。

私も知らず知らずとはいえ、違法伐採に手を貸す当事者の一人にきっとなってしまっている!!

そんな事態を脱して、きちんとした紙、木材製品を手に入れたいと思った時に目安になるマークがありました。違法伐採でなく、流通の段階でもきちんと管理されて製品化されたものには「FSC」というマークがついているそうなのです。恥ずかしながら初めて知りました。



家に帰って我が家のコピー用紙を見てみると、現在使用中の紙には、FSCのマークがありました!写真の上の方に見える木のモチーフのものです。IMG_4362_2.JPGでも、最近とても安かったので買ったコピー用紙にはマークがなく、製造会社の名前もありませんでした。これは限りなく怪しいかも……。

これからはきちんと表示を見て購入したいと思いました。

FSC製品をどうやって探していいのかわからないという私に、知人は、検索サイトやショッピングサイトで買いたい商品名と一緒に「FSC」というキーワードもいれて検索してみることを助言してくれました。

おせんべいなどのお菓子、化粧品の原材料名でよく目にする「パーム油」というものがありますが、これも熱帯雨林を破壊してまで製造される問題を含んでいるそうです。身体にいいのかなといったのどかな認識しかなかった私はびっくり。

何気なく子どもと食べているお菓子にもそんな問題がひそんでいたなんて。「毎日の生活」と「森が消えていく問題」はつながっているのだと実感しました。

「FSC」のようなマークができるのはまだ先なようですが、自然環境を保ちながらパーム油を生産していこうと考える人々や企業の取り組みはもう始まっているので、そうした情報を得ながら商品を選んでいくことを考えたいと思いました。

パーム油と熱帯雨林については、WWFのホームページに詳しく情報が掲載されています。

何気ない行動の積み重ねが自然破壊に手を貸してしまって後悔しないためにも、きちんと知って行動できる消費者になりたいなとつくづく感じました。子ども達にもこうした視点での商品選びを伝えていきたいなと思っています。

※ボルネオの熱帯雨林の現状を実際にみにいくエコツアーのキャンペーンをサラヤが実施しています。興味のある方は実際に目で確かめてみるいい機会かもしれません。応募は2009年7月31日まで。エコツアーの日程は2009年9月18日〜9月22日です。

blank_space
2009年05月15日

【こどもとニッポン体験!】京都で和の色を味わう


投稿者 和田理恵

IMG_4277_2.JPG

今日は京都の葵祭。華やかな行列が多くの人の目を楽しませていることかと思います。源氏物語にも出てくる葵祭。一度は見たい!と願いつつも、なかなか当日に行くことはできずにいました。
が、ゴールデンウィークの5月4日、葵祭りに参加する斎王代が禊を行う「御禊の儀」があるとのこと。今年は下鴨神社で行われると聞いてさっそく行きました!

IMG_4275_2.JPG今年の斎王代は、裏千家千宗室家元の長女万紀子さん。私の隣にいた方が「万紀子さんおめでとう」と声をかけた時ににっこりされた様子です。

IMG_4288_2.JPG
葵祭りの女人列に連なる方々が後に続き、見応えがありました。それぞれの衣装の色の重なり方が柔らかで、独特の洗練された雰囲気で和の色使いを堪能しました!
IMG_4285_2.JPG

みたらしの池での神事は報道陣がいっぱいで見られなかったので、ほど近い「加茂みたらし茶屋」で一休みすることに。私がどこら辺かなーと神社の出口を探していると、「団子屋さんはあっちだよ!」と声がかかりました。え?!食べたいって顔に書いてありましたか?!
IMG_4295_2.JPG
みたらし池に水の泡が三つ四つとわき出してくるのをかたどって作り上げたのがみたらし団子、というわけで、ここが発祥の地なんです。ぜひ食べなくてはという気合いがでてしまってたのかも。念願かなって、おいしくいただきました。はじめ一つ後に四つと押してあるのは、人間の五体を意味しているそう。昔は団子を神前に供え祈祷を受けた後、家に持ち帰っていただいていたものなのだそうです。

京都では目を楽しませるだけでなく、体験もしたい、と西陣織の織り機を使ってテーブルセンターを織りあげる体験をしました。西陣織会館では、一般1800円、学生1500円で、30センチくらいのテーブルセンターを織ることができます。本物の西陣織は絹糸を使うので少しずつしか織り進むことができないので、ここでは厳密な意味での西陣織を体験するわけではありません。しかし、織り機が西陣織のもので、こどもが自分で形になるものを作れるという意味で、おすすめです!
こどもといっても対象は小5以上。これは現地にいって初めて理由がわかりました。
IMG_4237_2.JPG
足も使うのですが、小さいとこれが届かない!

最初はなかなかコツがつかめなかったようですが、IMG_4233_2.JPG

慣れると軽快になってきました。
IMG_4235_2.JPG

小一時間ほどがんばると出来上がりです。
IMG_4245_2.JPG
上にのっているのは、大橋ゆりさんが以前「大人の京都を味わう」で触れていた和菓子体験で作ったものです。

自分達で苦労した後に、会館内で華麗な技を披露している職人さんの手つきを見学に行きました。驚きも一層深まったようで、職人さんにいろいろ丁寧に教えていただいていました。

ゴールデンウィーク、自然の中で過ごしたかったので悩んだのですが、京都の布の文化にたっぷりと触れ、特別拝観も楽しめて充実でした!

5月4日の「御禊の儀」は、上賀茂神社と一年交代で実施するようですので、行かれたい方はその年の会場をご確認くださいね。

blank_space
2009年04月12日

フリーの最初、名刺作りのドキドキ


投稿者 和田理恵

中学校の入学式に出席しました。新しい制服に身を包んだ子供達のスタートを見守った後、ママ友達からのこんな声をたくさん聞きました。何かと親掛かりだった小学校生活を終えた今、
「仕事を見つける!」「働く!」「起業する!」
「学校に入る!」「勉強を始める!」と。
みんな張りがある表情で、聞いていてとてもうれしくなりました。と同時に、できるかな……という一抹の不安を感じてる方もいて、私自身がフリーとして仕事を始めようと思った時、名刺を作る前にかなりドキドキした気持ちだったことを思い出したりもしました。

広告会社での経験をいかし、フリーで企業の思いを消費者にうまく伝えるためのプランニング活動をしたいと思ったものの、その広告会社での経験、というのは10年以上も前のもの。しかも、前職は営業職。まだ実績もないうちに「プランナー」という名刺を作るふんぎりがつかなかったのです。

自治体やNGOが主催する仕事を始めたい人のための講座に参加しはじめたものの、実際の仕事はスタートできずにいました。ある時、思い切って講師の方に名刺のことを相談すると、

「じゃ、肩書きはプランナー見習いとか、修行中にしてはどうですか?」

とアドバイスされました。

そうか、その手もあるか、と名刺を作るふんぎりがつきました。そして、真剣に作ることを考えるうちに、プロとしてやっていく心意気の表明として見習いや修行中は書かずに「プランナー」だけにしようと心境が変化し、その勢いで使うあてもないのに100枚作成しました。

しばらくは渡す場所も出会いもありませんでした。が、不思議なものです。持ち歩いていると、久しぶりにばったり出会った友達に「連絡先はここだから」と渡すことができます。

「プランナーって何してるの?」

「まだ始めたばかりで何もしていないけど、企業がどうやったら消費者にうまく思いが届くか工夫したい時の手伝いがしたいんだ。できれば食品関係の仕事をしたいと思ってるの」

なんて思いを伝える機会になったことも。

そして実際に友達から仕事のオファーがきたり、仕事をしたいと思ってるんだってという情報が広まり、「こんなことできる?」と相談されたりすることも多くなりました。

カメラマンの友人にどうやったらなれるのかを聞いたら、「『カメラマン』って名刺に刷るんだよ」と言われたことがありますが、本当のことかもしれません。

「プランナー」の名刺が、私を「プランナー」にしてきてくれました。まだまだ発展途上ではありますが、自分のやりたいことを少しずつ少しずつ歩いてくることができていることがしみじみうれしく、やりがいを感じています。

たくさんの人が一歩を踏み出す春。もし、読者の方でこれからワーキングマザーになりたいな、という方がいらしたら、思い切って自分にとっての小さなスタートをきってみるのに、きっといい季節。私も心新たにがんばっていきたいと思います!

blank_space
2009年03月22日

【こどもとニッポン体験!】たけのこ掘り


投稿者 和田理恵

春!スーパーの店頭にも山菜やたけのこが並ぶ季節になってきました。
掘りたてのたけのこは柔らかくて美味!
今年はこどもと一緒にたけのこ掘りにいくのはいかがでしょうか?
食べごろのたけのこを探すのは、ちょっとした宝探しみたいです。東京23区内でも、例えば世田谷区にはたけのこ掘りができる農園が7つあるんですよ!

我が家のたけのこ掘り初体験は、世田谷区の抽選で当たったことがきっかけでした。希望した農園は、竹が生い茂っていて、遠くからでもすぐわかりました!中に入ると、売っているようなたけのこや、もう半分竹になってきているようなたけのこがいっぱい。

ご存知の通り、こんなに姿を見せているものは固くなっているのでパスです。土の割れ目を探すといいよと聞いて、ひび割れをこどもと探します。ほぼ土遊び状態でこどもは土をなでつつ、たけのことは違うことを考えているような……。

ほんのちょっと顔を出しているものも大丈夫でしょうということで、これなら見つけやすい。よさそうなものを選んで周りをスコップで掘っていきます。たけのこの姿が見えてくると、こどもも俄然やる気が出てきます。しかし、ここからがくせもの。たけのこは周りの竹と地下でつながっているのですが、この根が……竹そのもの!!めちゃめちゃ固いです。スコップではとても切れない。農園の人に相談すると、専用の道具で、思い切り根をぶった切り。想像していたよりずっと激しい作業でした。

たけのこは掘った分だけ量り売り。なかなか大変なこともあって、適正な量を買って帰りました。いつもたけのこを煮るのはやや面倒に思えるのですが、自分達で掘ったたけのこだと思うと早く食べてみたくて下ごしらえもわくわくする作業に早変わり。たけのこご飯に若竹煮、お吸い物とたけのこづくしの食事を楽しみました。

自然の中での春ならではの土いじり。おいしくて楽しくておすすめです。

※今年の世田谷区のたけのこ掘りは3月26日締め切りです。詳しくは、こちら
もしかしたら区民が対象なのかもしれません……。問い合わせ電話はせたがやコール03-5432-3333です。
他に23区ではありませんが、東京都の中では日の出町、八王子市にたけのこ掘り体験ができる農園があるようです。

blank_space
2009年02月14日

【こどもとニッポン体験!番外編】ゴールデンウィークの宿


投稿者 和田理恵

経済状況が厳しい中、お金を使う優先順位として低いのは旅行。それでも、いつもと違う場所で過ごすことで気持ちを変えることの効果は他の娯楽で得られないものがあります。ゴールデンウィークは絶好のチャンスではありますが、宿泊料金は通常より高くなりがち……と思いきや、ゴールデンウィークでも通常と変わらない価格で泊まれる宿もあります!
一泊朝食付きで5250円の宿、四季倶楽部もその一つです。

東京からほど近い箱根・湯河原地区に9軒もある四季倶楽部は、料金は安くても施設は清潔。働いているスタッフの人数は少ないですが、一人一人が一所懸命やって下さるので、我が家の満足度は高かったです。今年のゴールデンウィーク(5/2〜5宿泊分)は3月16日(月)からオンライン予約で受け付けるそうです。
他に、伊東園ホテルグループも365日同一料金でした。一泊二食付きで7800円から設定があります(料金は宿、プランによって違います)。
他にも探せばもっとあるかもしれません。利用者にとってうれしい均一料金の宿をうまく利用してリフレッシュできればいいなと思います。

blank_space
2008年12月17日

【こどもとニッポン体験!】平家の足跡をたどって


投稿者 和田理恵

IMG_2460_2.JPG
来年のことを言うと鬼が笑う、なんて言いますが、来年の三連休の予定をたてて年末の忙しい用事をこなす心の支えにするのもよいのでは?!
1月の三連休、私たち家族は平家の足跡をたどるのをメインに、萩、広島を巡りました。見所はいっぱいあったのですが、三連休だとそんなにばたばたした感じもなくゆっくりまわることができました。

山口県から旅行をスタートということで、萩か宇部に飛ぶことを考えましたが、どちらも時間の設定があまりよくなかったため、スターフライヤーで北九州に飛びました。スターフライヤーは革張りのシートに個別の液晶パネル付き。なんだかヨーロッパにでも旅立つ気分です。出されるコーヒーもタリーズのものでおいしく飲みました。

北九州でレンタカーを借り、関門海峡を越えます。ここでミス!関門橋を通って、海を見ながらここで合戦が行われたのかとしみじみする予定が、関門トンネルに突入してもぐってしまいました。これから行く方はくれぐれも道のご確認をお忘れなく!!

ともあれ、山口県入りした私達は、春帆楼をめざしました。ここは、ふぐ料理店第一号で、それを許可したのはなんと伊藤博文だとか。日清講話条約の舞台となったことでも有名で、敷地内にある記念館は無料で見学できます。お昼は個室でいただくので、小さい子を連れている我が家はほっと一息。窓からはさっき見逃してしまった壇ノ浦の急な潮の流れをよく見ることができました。こんなとこで戦うなんて大変だー!と娘達。歴史好きの夫がこの潮の流れを源氏は利用したんだよとうんちくを披露していました。

秋芳洞を見学して(小学生の娘達は岩場を登るスリリングな経験も!)、萩で一泊。翌日、松下村塾を見に行きました。30人以上も集まって勉強したこともあるという部屋は8畳くらいでしょうか……。どんなに熱気にあふれていたことでしょうね!

この日の宿は宮島。平清盛が作った厳島神社を見るのがこの旅のメインの一つです。ライトアップされた神社に船で向かっていくのはなかなか風情がありました。船は2社あることを知らず、とりあえず目についた方の往復チケットを買ってしまいましたが、二つの船会社には微妙な違いが。JRの方が鳥居に近づいていくそうですが、その分逆に時間もかかるそう。目的に応じて乗り分けるとよいようです。

宮島は古くから島全体が神聖な場所とされてきたそうです。一晩寝て起きるとめちゃめちゃ身体が軽く、元気!今風に言うパワースポットのような力を感じました!!

朝ゆっくり厳島神社を見学。ちょうど潮がひいていて、大鳥居の下まで歩いていけました。あの鳥居は深く埋められているわけではなく、自分で立っていることにびっくり!下も木でできていることにも驚きました。考えてみたら昔はコンクリートなんてないですものね……。資料館には平家のきらびやかなものが。壇ノ浦の後なだけになんとも言いがたい気持ちになりました。

広島に移動して、最後の見学地、原爆ドームに行きました。敷地内には今も建物の破片が散らばっていて、子供達は息をのんで見ていました。

厳島神社と原爆ドームはどちらも世界遺産。原爆ドームはもうこういう過ちを繰り返さないと決意するための「負の遺産」です。私は40を過ぎて初めて行きましたが、戦争の記憶がどことなく遠のいていく今の時代、子供達に見せ、一緒に考えられてよかったなと思いました。


blank_space
2008年11月30日

【こどもとニッポン体験!】「みんなの篤姫」片手に巡る鹿児島


投稿者 和田理恵

IMG_3610_2.JPG
終盤に向けてますます盛り上がる篤姫。そんな篤姫をはぐくみ、歴史をまわす大きな力だった薩摩がこの目で見たくて11月最後の三連休は鹿児島に行ってきました。
尊敬する友達に鹿児島に行くならとすすめてもらったのが「みんなの篤姫」。鹿児島空港について、いの一番に本屋さんでゲットしました。篤姫関連の本は大人向けが多いですが、尚古集成館の学芸員寺尾美保さんが書いたこの本は、子供が読みやすい総ルビ。子供が篤姫のことを調べるときに手伝う仕事をされているだけあって、結婚を周りが決めたり、養子になってから嫁入りしたりときっと疑問に思うであろう当時の価値観も丁寧に説明されています。

篤姫を知ることは、島津の家のこと、幕末の日本の動きを知ることにもつながります。ドラマや歴史書を読んである程度わかっているつもりでしたが、この本を読んで初めて知ったことも多く、大人もかなり面白く読めました。写真も篤姫と和宮の好みの着物が見比べられるようにのっていたり、篤姫が出した年賀状がのっていたりと楽しいものです。尚古集成館にはたくさん並べてありましたが、空港の書店は一冊しか置いていなかったので、確実に事前に読んでおきたい方は直接南方新社に注文して入手することをおすすめします。
尚古集成館と共通チケットで入場できる仙巌園はちょうど菊まっさかりでした。外国から来た知人に菊人形はどこに行けば見られるのかと尋ねられ、答えられなかったことがあるのですが、ここにありました!今年の菊人形はやっぱり篤姫です。他にも屋根が菊の五重塔や菊づくしの駕篭などが見事でした。なんといっても桜島がばーんと大きく見えるのがすばらしいです。篤姫が結婚する時に持って行ったという薩摩の絵にも桜島が描かれています。この山を毎日見て育ったのかなあと思いを馳せるのは楽しい時間でした。この庭園で売っている名物の両棒餅もおいしかった!!
今度鹿児島に行く時には、島津斉彬も好きだったという指宿の殿様湯という温泉にも行きたいな!と思いました。

blank_space
2008年10月20日

【こどもとニッポン体験!】「漁師」になってみる


投稿者 和田理恵

IMG_2197_2.jpg

今年は11月にも三連休が2回あり、どこかに出かけたいなーと思っている方も多いのではないでしょうか。運動の秋も食欲の秋も満たしたい!という人には、高知県中土佐町の漁師体験をおすすめしたいと思います!上ノ加江漁協が主催しているこの漁師体験は、船乗りには欠かせないロープワーク、漁、漁師さんとの昼食がセット。漁師さんとランチするのは初めて!わくわくして現地に向かいました。

朝のロープワークでは、石をおもりとして使うための結び方を教わります。子ども達がさっさと覚えて次の手順に進む中、私は頭も手先もこんがらがって……。若い頃からロープを結び続けてきた漁師さんの指先は太く広がっていて、まさに仕事をする手という感じでした。
漁に出る船は昔ながらの櫓(ろ)で漕ぐ舟!
押したり返したりのコツをうかがいますが、なかなかうまくいきません。

IMG_3750_2.JPG

かなりがんばって汗をかいたのに振り返るとほんのちょっとしか進んでいなかったり。漁師さんにはげまされながら、家族でかわるがわる漕いで漁場に向かいました。何の漁をするかは事前に希望を出せます。せこい私は、単価の高いものがいいなあ、とカニ漁の希望を出しておきました。すると、数日前にうれしい電話が!11月は伊勢海老漁も解禁になるので、よければ一緒に体験しましょうか、とのこと。もちろん一も二もなくお願いしました!!

まず、カニ籠を引き上げます。あげるたびにカニが入っているかどうかドキドキ。最初はハズレも多かったのですが、後は引き上げるたびに入っていて、二十五杯以上もの大漁!

次に伊勢エビの網に向かいます。台風の後だとたくさんとれるそうですが、体験した日も含め晴天続きだったので、どうかなと思いつつ網をあげました。網は岸の近くに張ってあり、地元の子ども達もすぐ近くで遊んでいます。ここに伊勢エビがいるのかな?と思いながら網を引っ張っていましたが、いるいる!漁師さんが台風並みと驚く5匹とれました。ハリセンボンも網にひっかかっていて、ぶうぶう言いながら(ホントにぶうぶうと音を出しているんです)膨れているのがなんだかかわいらしかったです。

%A5%CF%A5%EA%A5%BB%A5%F3%A5%DC%A5%F3_2.jpg

記念撮影をした後、海に返してやりました。

すごい成果に大興奮して帰路につきましたが、そこは漁。二十人で体験に来ても、カニも少し、伊勢エビも1匹なんてこともあって、そんな時はどうやって昼食時にわけようかと悩むと漁師さんが教えてくれました。

岸に着いたらさっそく楽しい昼食。と思いきや、作業がありました。氷水で気絶させたカニをたわしで洗うのです。ここでしっかりこすっておかないと、ゆで汁が緑色になっておいしくないそうです。自分達の食べるものなので懸命にやりますが、氷水の中に手をつっこむので冷たいし、作業場は風通しがよく日がささない場所なので、寒さとの戦いでした。この時ばかりは大漁がちょっとうらめしくなったりして……。

なんとか終えて、ロープワークをしていた和室に戻ると、漁師のおかみさん達が作った炊き込みご飯をはじめとした料理がたくさん用意されていました。漁師さんと話しながら、食べた炊き込みご飯のおいしかったこと!白身魚の出汁で炊いているとのことで、魚の新鮮な上ノ加江ならではの味だと思いました。そして、いよいよ、伊勢海老の刺身、焼き物、ゆであがったカニが運ばれてきます。刺身はこんなにダイナミックに食べたことないというくらいたくさんで大満足!そして、とりたて、ゆでたてのカニの上品な甘さは体験したことがないものでした。カニと伊勢海老でお腹いっぱいなんて、なんと豪華なランチ!!カニはとった日にすぐゆでて食べるに限る。そうしなかったら味がおちてしまうという漁師さんの言葉に納得しました。

昼過ぎに漁協の下で小さなセリが行われます。

IMG_2209_2.jpg

わからない魚があると、近くの人がすぐ教えてくれます。旅館や魚屋さんが集まってきてセリの開始です。私たちもセリに参加することはできるそうで、時々、どうですか?という目でこちらを見られてちょっと緊張しました!

宿泊は黒潮本陣という近くにあるとても素敵な宿にお世話になりました。かなり人気がある宿なので、残念ながら、今年の11月の連休はすでにうまってしまっているようです。上ノ加江の漁家民泊もあるようなので、漁師さんと夜もどっぷりお話しするのも楽しいかもしれません。

子ども達は四国旅行の中で、何よりこの漁師体験が印象に残ったようです。一年近くたった今でも私も櫓の舟で出た海の気持ち良さ、漁師さんとの楽しい時間を昨日のように思い出せます。東京からは遠かったですが、それだけの価値がある体験ができました。


blank_space
2008年10月03日

10月7日はオトナの日!


投稿者 和田理恵

子ども達が部屋でこっそり話し合い。私の誕生日(8日)に何かしてくれるつもりなのかも?!とものすごく期待しつつ首をつっこむと、「オトナの日にすること考えてるの!」と返事がきました。「何それ?聞いたことない!」と首をかしげたのですが、どうも子どもたちは10月7日を語呂でオトナの日と呼ぶことにして、何か親にしようと画策しているようです。一体何が行われるのかは、その日までナゾなのですが、この響きはいい感じです。せっかくのオトナの日。私も自分でうれしくなるようなことをめいっぱいしてしまおう!と決めました。

まずは、WMSのオフ会で、素敵な写真展とパクチー料理を楽しむ!そして、夜には、自分の生まれ年のワインを飲んでしまおう!こんな日くらい、前菜になんかおいしいものをデパ地下でゲットするのもいいかも。大人になって20年たつけれど、ここ数年は大人らしい時間、持てていないような気がします。もっともっとしたいこともあるけれど、これからは毎年、10月7日はオトナの日!ということにして、いつもより上質な時間過ごせるようにしたいな、と思いました。

blank_space
2008年08月13日

娘はいちごアレルギー?


投稿者 和田理恵

4月末、家族で新宿に出かけました。用事をすませた後、ちょっと一息いれようと喫茶店に。小学生の娘達はミニサンデー、末娘は季節のフルーツジュース、夫はティラミスを注文。季節のフルーツジュースはいちごミルクでした。きちんと生のフルーツを使ってつくった証拠にいちごの種もたくさん入っていました。私も一口飲みましたが、とてもおいしかったです。三歳の娘が飲むにしてはちょっと量が多いかな、、とは思ったのですが。末娘はお姉ちゃんたちのサンデーやパパのティラミスも一口ずつもらい満足気でした。

なんかおかしいな、と思ったのは帰りの車の中。いつもなら嫌がらないシートベルトをはずそうと三女が大泣き。泣きながらせきをするし、顔にもぽつぽつが出てきました。

帰宅後もせきがおさまる様子がないし、三女自身が「お医者さんに行く」というので、国立成育医療センターに連れていきました。きっと処置をしてもらえばすぐにとまって、夜は楽に眠れるだろう、くらいの気持ちで行ったのです。

病院では看護士さんが様子を見た後、すぐに先生が診療してくれました。吸入を数回しても肩で息をするような状態が続きます。血液の酸素レベルが低いということで酸素マスクをあてがわれて、そんな事態なのかとびっくり!

ステロイド剤を内服したものの何時間たっても改善しないので、入院することになってしまいました。原因について、車内のほこりではないか?という見方もありましたが、行きの車では大丈夫だったので、それは違うのでは?と思いました。すき焼きの時に生卵がくちびるにちょこっとついただけではれあがったことがあったので、サンデーのアイスクリームが原因では?とも言われましたが、実をいえばアイスクリームを食べることはしばしばあって呼吸困難を起こしたことなど一度もなかったので、納得ができませんでした。

親の目から見て一番あやしいのはいちごでした。たっぷりのジュースだったので、原料のいちごはかなりの量使ったのでは?と思ったのです。それでも、いちごアレルギーなんて聞いたこともないし、いちごを家で3~4個食べてもなんてこともありません。

退院した後は、何を食べるのにも、どきどきするようになってしまいました。呼吸困難になってしまった日の何がいけなかったのだろうと何度も考えました。

成育のアレルギー科での治療が始まって、「食物アレルギー」についても説明がありました。「食べて具合が悪くなっても、全部が全部食物アレルギーではない」ということです。いちごを普段3~4個食べても平気なのに、いちご狩りに行ってたくさん食べたらかゆくなって救急の診察を受ける子が年に3人ほどはいるそうです。これはアレルギー症状ではなく、イチゴに含まれる薬理活性物質が大量に体内に入ったために処理しきれなくておこったことだったのだそうです。その子ども達を調べてもいちごのアレルギーはなかったと聞いて、きっと三女の時もこれだったのだと思い当たりました。大好きないちごがアレルゲンだったらかわいそうと思っていたので、これから少量なら大丈夫だわとほっとしました。

魚を食べてかゆくなる、という場合も、常温で魚をおいておくと1日でヒスタミンが5000倍に増えてしまうということで、保存状態のためにヒスタミンが多いからかゆくなったのか、魚のタンパク質による本当の魚アレルギーなのかはよく見極める必要があるようです。

子どもが何かを食べてかゆくなると、それを食べないように、と気を配ってしまいがちです。よく観察することは大事ですが、食べ物の制限は、成長にもかかわってくる問題なので、お医者さんに相談してすすめていくことが大切だと思いました。


blank_space
2008年08月09日

夏はアトピー治療によい季節!


投稿者 和田理恵

長女が生まれた時、「赤ちゃんの肌ってもちもちっていうけど、けっこうざらついているものだわ、、」と思っていたら、実はアトピー性皮膚炎だったというくらい無知だった私。
その後、次女も三女もアトピーの治療をすることになり、皮膚科とも長いつきあいになりました。温泉や水、クリーム、食事などでアトピーにいいと聞けば試したりし、けっこう情報通になったかなと思っていたのですが、、。
三女が国立成育医療センターアレルギー科でアトピーの治療を受けることになり、説明を聞いてみたら、たくさん誤解していたことにびっくり!私のびっくりポイントを中心に数回、レポートしていきたいと思います。

アトピー性皮膚炎は、

かゆくて(かゆくなければ、アトピーではない!)、

慢性のもので(一週間で治る急性の皮膚疾患と違う)、

よくなったり悪くなったりを繰り返すもの

ということ。まさに我が家の娘達にあてはまります!それと原因が一つではないということも特徴だそうです。ということは、これさえやれば治る!という単純な仕組みのものではなさそうです。ちょっと思い起こすだけでも、食事、ダニ・ホコリ、ストレスなどいろいろ浮かびます。

治療していない人に一番強い影響があるのは何だと思いますか?と先生に問われ、ダニかなと思ったのですが、実は「黄色ブドウ球菌」なのだそうです。これは健康な人の皮膚からはほとんど検出されないけれど、アトピーの人のほとんどから検出されるとのこと。この菌から出てくるスーパー抗原毒素がアトピーの皮膚をとても悪化させるそうです。

ブドウ球菌は油性の膜をまとっているので、石けんで洗うと落ちるそうです。そこで、まず生活習慣として、一日2~3回身体を洗うことを勧められました。身体の油分をとってしまうのであまり石けんを使って身体を洗わない方がいいのでは?と思っていた私はびっくり!

汚れや菌は石けんをつけたら落ちるというものではなく、泡が包み込んで落とすものだそうなので、泡立てネットでふわふわの泡を洗面器いっぱい作っておいて、上から順に手で優しく洗っていきます。石けんは高価なものでなく、普通のものでOK。無添加が一番よいようです。肌に優しいとうたっていても成分を見ていろいろなものが添加されているものもありましたので、よく見て選ぶ必要がありそうです。

洗うタイミングは、朝起きた時、昼寝から起きた後、夜、とのこと。難しい場合は朝、晩で、ということで、我が家は2回コースで挑戦してみました。

朝、泡を作ってからシャワーに誘うと、起きたばかりの三女は超不機嫌。顔も石けんで洗うように指示があったので実行するともう大泣き。そんな中なんとか手をグーとパーにさせたり、ひざを曲げたり伸ばしたりとしわの部分も洗うよう気を配りつつ終えました。

タオルでおさえるように水滴をとった後は、塗り薬や保湿剤をたっぷりつけます。このたっぷり、は私の想像を越えた量でした。看護士さんが大人の人差し指の第一関節くらいまで保湿剤のヒルドイドソフトをチューブから出し、両手のひらにのばして触らせてくれました。けっこうべたべたが残っているくらいでした。その面積と量の関係で、身体に使っていくとよいそうです。

まだざらついた皮膚をしている次女と本格的治療を始めた三女、この2回コースを始めてまだ数日ですが、ずいぶん肌がつるつるしてきました。三女は顔を洗った効果もあっておでこの湿疹がつるっときれいになりました。暑くてシャワーをあびると気持ちいいし、学校がなくて朝の時間がとりやすい夏休みはアトピーを軽減させる絶好のチャンスになりそうです。

実際に完全によくなるのには1年くらいかかりそうとのこと。この夏に習慣づけて長く続けていきたいと思います。


blank_space
2008年07月19日

【こどもとニッポン体験!】カブト虫を探せる夏休み!


投稿者 和田理恵

小学校低学年の頃、福島県の山の中に住んでいました。トノサマバッタにクワガタ、夏は虫達の天国といった感じの場所でしたが、なぜかカブト虫にはめったにお目にかかることがなく、見つけたとしてもメスばかり。あの立派なツノのカブト虫に自然に出会うのは難しいのかなーなんて思っていました。
春に長崎県西海市で大村寿司作りを体験させてくださった農家の方にそんな話をすると、「この辺はカブト虫たくさんいますよー」と言われました。夜の森の様子、メスがいたらどの辺りを探すとオスがいるか、などを楽しそうに教えてくれました。
7月19日から、西海名物(?!)カブト虫捕りが始まったそうです↓
http://gazoo.com/G-blog/saikai001/75454/Article.aspx

西海市に行ったのは、体験旅行のいろいろなメニューがあることをネットで知ったのがきっかけでした。こちらの家族構成と日程を言うと、観光協会の方がおすすめ体験メニューを出してくれ、農家の方への連絡、当日のスケジューリングも全部してくださいました。
大村寿司作りにうかがった農家は古い大きな家で、初めてなのに懐かしい雰囲気。もぎたてのびわや手作りのふわふわシフォンケーキでもてなしてくれ、まるで知り合いの家のようにくつろいでしまいました。3歳の三女は帰り際に「また来てねー」(それを言うなら、また来るね、だと思う)と叫びながら、いつまでも手を振っていたくらい、楽しくて心に残ったようです。
田舎がなくても、いつでも帰れる田舎ができたような気持ちにさせてくれる西海市にまた行きたいです。

西海市の体験メニューはこちらです

さいかいシティネット

blank_space
2008年07月14日

新しょうがで手作りジンジャーエール


投稿者 和田理恵

IMG_3224_2.JPG
新しょうがが出回ると娘達に「ジンジャーエール作って!」とせがまれます。
ジンジャーエールなんて、缶で売っているのを買う、としか思っていませんでしたが、手作りも意外と簡単!!
新しょうがの皮をむいてから、繊維にそって皮むき器で薄切り。それを沸騰している湯にいれ、再びぼこぼこっと沸騰したらとりだします。
あらかじめ煮沸消毒しておいたびんにつめ、はちみつをしょうがが隠れるくらいいれてできあがり!

はちみつの量はけっこう必要なので、安いもので十分です。翌日から楽しめます。コップにしょうががひたってるはちみつを入れ、炭酸水(甘みのない、ただの炭酸水)で5倍程度に薄めて飲みます。さっぱりとした甘さでしょうがの香りもきりっとしてて、暑い中帰ってきた時に飲むと「生きかえるー!!」と思えるおいしさです。炭酸飲料が苦手な娘達もこれだけは大好き!
お客様にお出ししても、「ジンジャーエールって手作りできるんですか?!」と驚かれ、喜んでいただけるのでうれしい思いを味わっています。
飲むたびにはちみつを追加投入して、何回も楽しめる「ジンジャーエールのもと」。簡単なので、来年は娘達に作ってもらおうかと思っています!

blank_space
2008年06月25日

【こどもとニッポン体験!】「朱印帳」があれば、お寺巡りが楽しい


投稿者 和田理恵

IMG_3166_3.JPG

小学校6年生の娘は歴史の学習の真っ最中。奈良時代、平安時代とお寺や仏像の名前がたくさん出てきますが、なかなか覚えずらいものです。実際に見れば覚えるかなとお寺に誘っても、子供達はあまり乗り気にならなかったのですが、
JR東海うましうるわし奈良「みうらじゅんの斑鳩仏像探訪記」

http://nara.jr-central.co.jp/campaign/ikaruga/episode1/index.html

で「元祖スタンプラリー」として紹介されていた「御朱印帳」を手にしてからは変わりました!

自分の名前が書かれた御朱印帳を手にした子供達は、コレクター魂に火がついてしまったようです。

今では旅行の計画がもちあがると、
「そこにはお寺ないの?」
と楽しみにするくらいになってしまいました。

小学生で朱印帳をもっていると、各地で珍しがられたり、「えらいね」なんて言ってもらえるのもうれしいみたいです。

お寺の名前、拝観日が記入されるので、後で思い出す時にも助かります。ご本尊の名前を書いていただけることが多いのですが、法隆寺は「和」「貴」の字が見え、
「わあ、これは『和をもって貴しとなす』からきているんじゃない?」
と盛り上がりました。
(写真の右側が法隆寺のものです)

御朱印帳は有名なお寺にはたいてい置いてありました。800円�1000円といった価格帯です。御朱印は300円で授けてくださるところが多いようです。今度は、源氏物語千年紀で盛り上がる京都を、御朱印帳を手にまわりたいなと思います。

blank_space
2008年06月14日

【こどもとニッポン体験!】ねぶたで跳ねてみませんか?


投稿者 和田理恵

IMG_1754_2.JPG

お祭りは見に行くもので、参加するのは地元の人だけ!と思っていませんか?

日本三大火祭りの一つ「青森ねぶた」は、なんと、当日いきなり行って、祭りに参加できます!

条件はただ一つ。ねぶたの正装である「跳人(はねと)」の格好をすること。

迫力のあるねぶた祭りに参加できるなんて!と盛り上がった我が家五人、去年行って跳ねてきました。

当日、ネットであらかじめ予約しておいた貸衣装屋さんで着付けをしてもらいます。跳人の衣装は、浴衣を短くして、動きやすくたすきがけしたようなもので、着るとすごく涼しい!

たすきが黄色や赤と派手でかわいいので、小学生の娘達も大喜び!歩くと縫い付けてある鈴がしゃりしゃり鳴って気分が高まってきます。当時2歳の末娘は「祭」のハンテンをはおりました

参加したい「ねぶた」のところに30分前までに行けばよいそうなのですが、どこがいいかなーと悩みました。ちょうど近くに市民団体のねぶたがあり、そこに参加させてもらうことに。

沿道は人がたくさん集まってきて、場所とりも大変そうでしたが、私達は跳ねる側なので、きゅうくつな思いをすることもなく、立派なねぶたを間近で見られ、これぞ役得!

太鼓が鳴り響き、いよいよ祭りがスタート。

周りの人が「ラッセラー、ラッセラー」とかけ声をかけるのに合わせて跳ねます。見よう見まねで跳ね、声を出しているうちに、疲れるどころか逆にどんどん元気が出てきます。

三女は抱っこしての参加でしたが、中にはベビーカーを押しながら跳ねている地元の若いパパ、ママも。それに、跳人は途中から入るのも抜けるのも自由。最後まで回れそうなくらい元気はあったのですが、子供達の体力を考え、タイミングを見計らって途中で抜けました。

こういったお祭りの場合、宿の確保が問題となります。市内のホテルは旅行会社が「東北三大祭りツアー」のようなパック旅行のためにおさえてあって、個人で電話をしても申し込むことはできませんでした。青森の観光協会の方に個人用の宿泊受付窓口を教えていただき、そちらで斡旋をしてもらいました。近くの浅虫温泉や、少し離れますが、弘前の近く百沢温泉の「アソベの森」などでもねぶた観光の日帰りバスを出していたりしますので、宿の送迎を利用するというのも一案かもしれません。

翌日は、三内丸山遺跡に立寄って勾玉作りに励んだりして、歴史の勉強もばっちり。遊んで学んでと充実した旅になりました。

今は三歳になった三女も、ねぶたの鈴を見るたびに、「ラッセラー、ラッセラー」と笑顔でかけ声をだすほど、印象に残っているようです。

ねぶた祭りは毎年、8月2日〜7日。今年は、跳ねにいってみませんか?


blank_space
2008年05月28日

【こどもとニッポン体験!】多摩川の上流を見に行く


投稿者 和田理恵

はじめまして!和田理恵です。
三人の娘といろんなことにチャレンジするのが大好きなので、
そんなあれこれを綴っていきたいと思います。

さて、「今月の教えて!家族で楽しめるスポット」ですが、
東京都の自然、を楽しめる奥多摩をご紹介します。

我が家のそばを流れている多摩川。
この上流、どんな感じかな? 見に行こうか!
という話になりました。

友人家族も一緒に行きたいということで、「澤乃井園」の屋台で待ち合わせしました。
ここでちょっとつまんで、川音のする方に向かうと、
透明で勢いよく流れる若い多摩川が目の前に飛び込んできました!
このあたりの川の両岸は遊歩道が整備されていて気持ちよく歩けます。
しばらくさかのぼっていくと、川原が大きく開けた場所にでました。
すでにズボンをまくって遊んでいる子ども達にまじって、さっそく川遊び開始です。
濡れた石がきれいな色に見えるようで、
「たからものにする!」と興奮して集めていました。

その後は、多摩川源流の地にある「小菅の湯」であたたまりました。
山梨側にあるので、ちょっと遠いですが、
「この辺から多摩川の水が生まれてくるんだねー」と話しつつドライブするのは
楽しかったです。
娘によると、水源地の林は「水源林」というのだそうで、
ちょっと社会の復習になったかな?

この日は兜家旅館に宿泊。
合掌造りの築200年の建物で、古いですが、よく手入れされていて気持ちのよい宿でした。この裏にも川が流れていて、遊び足りないのか、宿につくと子ども達はすぐ川に降りていきました。ちょっとした滝もあり、ここも遊び甲斐があったようです。

翌日は「奥多摩 水と緑のふれあい館」で知識を吸収。
小学校4年生で水道の勉強をするので、
その頃に行くと一番興味が持てるかもしれないな!と思いました。
我が家は微妙に時期外れでしたが、
大人でも知らないことも多く、楽しんで回ることができました。
友人家族はその後、「日原鍾乳洞」へ。
探検気分が味わえておすすめだとのことでした。

水も緑も温泉も楽しめて、そんなに遠くではないのに、大満足しました!
これから気温があがってくると、キャンプも気持ち良さそうです。
でも我が家はキャンプビギナー。
奥多摩の「山のふるさと村ビジターセンター」では初心者向けにキャンプのやり方を
教えてくれるプログラムがあるそうなので、今度はそれに参加してみたいなーと思ってます。

blank_space
2008年05月26日

和田理恵プロフィール


投稿者 和田理恵

rieface%40newgrand.jpg

1967年生まれ。東京都在住。
企業や団体が、消費者に「伝わる」文章を作成する際のアドバイスをする情報発信コンサルタントの仕事をフリーでしています。

楽しいお酒を飲むのが大好き。
子供がいる今は家で飲むことが多いです。
フルートでアイルランド音楽を吹くことも。

○ワーキング面のあれこれ
大学時代になりたかったのは日本語教師。
W大では、副専攻の日本語教育を一所懸命やってました。
卒業後は、アイルランドの首都ダブリンにあるトリニティ・カレッジに留学。
同時に、日本語コースの講師も勤めました。

帰国後はビジネスの現場に飛び込みたくなって、広告会社に就職。
自動車と即席麺の担当営業をしていました。コミュニケーション戦略を考えたり、表現を打ち合わせたりするのは楽しかったですが、5時半まで、の勤務時間は朝の時刻を指すこともしばしばあったため、子育てとの両立は難しいかと考え、妊娠中に退社。(今は子育てと両立している同期もたくさんいるので、早まったかも)

退社後は夫の仕事の経理を手伝っています。知り合いからぽつぽつとPRや、コンセプト作り等の仕事を頼まれるようになり、情報発信コンサルタントとしての仕事も始めました。脈略のないキャリアのようですが、ずっと底にあるのは、人へのつきない興味!どういう伝え方が効きそうかを考える時間が至福です。

○マザー面のあれこれ
高3、中3、小3の三姉妹。どたばたの毎日がきっと一番子育ての楽しい時期なのだろう!と思える心の余裕が出てきた今日この頃。
やりたいことは子育てのメドがついてから、と長女出産時には考えていましたが、三女が生まれてからは、この子の手が離れるまで待っていたら、いくつになるんだ!やりたいことは今やらなくちゃ!と決意。そのためにどう工夫するか、と気持ちを転換しました。

娘達と日本全国を地理と歴史の勉強を兼ねながらまわることにこっています。
その体験をもとに考えた「平成百景」(読売新聞社)の旅行プラン案コンテストでは、「子供と学ぶ漱石、竜馬」で優秀作を受賞しました。

どんどん成長して微妙な時期にさしかかっている娘達に、身体や心の変化についてどう伝えていくかも今の課題。短い小説仕立てにしたり、伝え方、いろいろトライしています。

○好きなこと
お酒は、おいしいものは何でも好き。
ことに、シャンパンとギネスの生があれば、すぐ幸せになれます。
習い事も大好きで、今までに手を染めたのは30種類以上。
合気道、フラダンスなどの身体動かし系から、足裏マッサージ、オペラ鑑賞教室までカルチャースクールのパンフレットが作れそうなくらい経験はしています。
今現在は、
お茶、着付け、バレエ、英語、小説の書き方を学び中。
子供と一緒に書道も始めました!

習い事ではないけれど、短歌は「心の花」に毎月投稿しています。
掲載歌を確かめつつ、ぽちぽちと歌を作っています。

(2014年4月22日修正、追記)

blank_space
テーマ別インデックス
blank_space