ワーキングマザースタイル ・ニュースに一言


社会・経済・芸能ニュース!興味深いニュースにワーキングマザーとしての視点から一言!


2016年06月26日

振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉


投稿者 湯河原こむぎ

DSCF8240.JPG
先日友達から「聞いて〜(泣)」と電話がかかって来ました。なんと詐欺にあったそう!

昔は「オレオレ詐欺」、少し前は「振込め詐欺」と呼ばれ、最近はいろいろな新パターンが出て来てるので「特殊詐欺」と呼ばれているみたいですね。

彼女はとてもしっかりした人で、どちらかと言えば、私が詐欺に引っかかり、彼女が「こむぎちゃん、ダメじゃない!!しっかりしなきゃ!」と注意するようなタイプの人です。そんな彼女が引っかかってしまった。彼女が言うには「洗脳されたって言うか、まるで催眠術にでもかけられたみたいに信じちゃったの」とのこと。

手口はこうでした。

息子から「○○だけど」と息子を名乗り電話がかかって来ました。(仮に「マサオ」とします。)
彼女「あ、マサオ?どうしたの?」
息子「おかあさん、銀行にお金ある?」
彼女「なんで?まあそこそこあるよ。」
息子「やばいことになってさ、お金が必要なんだ」

・・・驚いて話を聞くと、偽マサオは副業を始めてそこで800万円が必要になったと言う。明日になれば手元に800万円が来るのだが、急に監査が入ったので、どうしても今日の内に入金しなければならなくなって・・・と。上司が今横にいるからと変わると「あんたの息子は大変な事をしてくれた!」怒鳴りつけられ、がくがく震える足で銀行までお金をおろしに行きました。

銀行に着き、お金をおろそうとすると、銀行の人が「何に使うんですか?使い道を教えていただかないとおろすことは出来ません」と言っておろさせてくれない。「言わなければ警察を呼んでお金をおろすのに立ち会ってもらいます」と一歩も譲らないので、渋々いきさつを話すと「それ詐欺ですよ。絶対渡しちゃダメです」と言われそこでハッと我に返ったと言うのです。

銀行の人から「必ず警察に届け出るように」と言われたので、とぼとぼと来た道を戻り、帰りに警察によると話も聞いてくれなかったそうで。「今、そういう通報が多くて対処しきれない状態。家に帰ったら絶対電話に出ない事。家にいる時でも留守電にしておくこと。」と教えられたとの事。

以上が彼女の話。

私としては・・・

★「それ絶対マサオ君の声じゃなかったでしょ?」と聞くと「それがソックリだったの!小さい時から変わらない悪い事して叱られた時のシュンとした感じもほんとうにソックリだったのー!!」と彼女。恐ろしい偶然もあるものです。かける方も100件かけて99件切られても「息子の声にそっくり」と言うたった1件の偶然があれば大ラッキー&大収穫なのでしょうね。

★その「劇場型」と呼ばれる手口について

「劇場型」と呼ばれる手口が最近増えている・・・と言うのを2ヶ月くらい前にテレビで見ました。息子・上司・無くしたカバンが駅の遺失物係に届いたので本人が取りにきてくださいと言う駅員など数人が登場し、完璧なシナリオで演じられる詐欺。朝、仕事に行く準備をしている時にその話題をテレビで見た日、お昼に職場のテレビでも同じ事を放送していました。新しい手口が出るとテレビなどでも注意喚起されています。目にする人も多いはず。

情報番組的なものをあまり見ない高尚な彼女はそういう手口が横行していることを全く知らなかったそうです。

★「マサオだけど」と電話がかかって来た件について

私は金融機関に勤めているので、他の人達よりも詐欺についての話題に触れる事が多いのです。前々から「A高校の名簿が流出したらしく、卒業生に軒並み詐欺の電話がかかって来ているらしい。少しでも怪しい(被害者側)様子のお年寄りがいたら怒ってもいいからよく話を聞くこと」との注意が朝会などでなされていました。マサオ君はまさにA高出身者でした。

★警察が取り合ってくれない件について

皆さんは「警察、ひどーい!」とお思いでしょうが・・・私も「彼女の話をもっと聞いてあげてよー」と思いました。でもよく考えてみたら、彼女は結局被害を免れてお金を取られていない。しかもナンバーディスプレイなどで相手の電話番号を控えたわけでも、声を録音したわけでもない。犯人に繋がるなんの手がかりも証拠も持っていないのです。「相手にする必要ない」と判断されても仕方ないのかもしれません。

実際彼女がお金をおろしに行った金融機関も「警察を呼びますよ」と言っています。これは「あなたが怪しいから」というわけではありません。「どうしてもお金をおろすと言うなら警察呼ぶので、警察の人に内容を話してください」という意味だと思います。私も実際に耳にした事があります。どうしても多額の現金を下ろすと言い張る老人がいたので警察を呼んで話を聞き、同行させた話。結局、他の金融機関で投資商品を買ったのだそうです。そんな金融機関からの呼び出しも多いので対応しきれないのではないでしょうか。

金融機関でどれだけ注意しても「大丈夫だから。」「俺の金をどうしようと勝手だろ!」と全く聞かない人も実際のところ多いのも事実。また、あとでご家族から「止めていただいたそうでありがとうございます。」とご連絡をいただくこともあるそうです。



最近仕事でお客様の家に電話をすると、「この電話は録音されます」と言う音声が流れる仕様になっているお宅があります。「あなたの電話番号を入力してください」とか「あなたのお名前をお聞かせください」などの音声が流れ、言われた通りに操作してようやくお客様ご本人と話せます。彼女に「そういう電話があるみたいだから、それに替えなよ」と伝え後で調べてみたところ、電話機自体を替えるのではなく、電話機につける付属装置だという事がわかりました。

「録音されます」と言われた時点で電話切るね。私が犯人だったら。電話番号も声も知られたくないし。


LET’S 振込め詐欺見張隊 新117 【L-FSM-N117】 振込め詐欺抑止装置
ご参考までにひとつ貼りつけておきますが、何種類もあるので、詳細を読んだりカスタマーレビューの評価を参考にしてみてください。電話の本体を替える必要がないのもポイントだと思います。ご両親にプレゼントするのもいいかもしれませんね。

さて、一番上の写真をご覧ください。

数年前「オレオレ詐欺」全盛の頃、高齢の友達の家に遊びに行くと、電話のところに貼り紙がしてありました。

ひろし
栃木はどうだ

その唐突なフレーズに、思わず「なにこれ?ひろしって誰?」と聞きました。すると「オレオレ詐欺に引っかからないように書いてるの。『かあさん、おれだよ』ってかかって来たら『あ、ひろし?』って言うの。家の息子、ひろしじゃないじゃん?『そうそう、ひろしだよ!』って言った時点で詐欺決定!」すごーい!何そのお金もかからなくて確実な方法!「え?じゃあ『栃木はどうだ?』は何?」と聞くと「『栃木はどうなの?まだ寒い?』とか聞くの。『うん、まだまだ寒いよ』なんて言ったら詐欺決定!家の息子、横浜に住んでるからさ!あっはっは!!」と。

もー素晴らしい!!この方法、彼女が考えたのか、誰かに教わったのか確認するのを忘れましたが本当にいい方法だと思いました。

アレンジはいろいろ出来ますよね。

★猫ちゃん具合はどう?良くなった?(猫飼ってないのに)
★新しい車届いたの?(車買ってないのに)
★予定日もうすぐだね。(結婚してないのに)

など。彼女のようにとっさの時に慌てないように紙に書いて貼っておくのがおすすめです。(写真は私が真似して書いて、おばあちゃんの電話のとこに貼ったものです。)

「ひろし栃木はどうだ」作戦、周りの人にも拡散お願いいたします!

私も以前一回だけ詐欺とおぼしき電話がかかって来たことがありました。ほんとに「オレオレ」って言ったので「オレって誰よ?」と言ったらすぐに切れました。うち、息子いないしねっ!

最近は手口が多様化していて、私の友達みたいにすごくしっかり者でも騙されてしまうケースもあります。何かあったら周りの人にとりあえず話してみてください。周りの人は冷静です。「それ詐欺だよ」って言ってくれると思います。ちょっと五分間考えましょう。あなたの息子さんはそんな子じゃない。800万も失敗しない。

みんな気をつけようね!私があたふたしてたら手を握って現実世界に引き戻してくださいね。


blank_space
2013年10月18日

ワーキングマザースタイル、9周年です!!


投稿者 村山らむね

本日、ワーキングマザースタイルは9周年を迎えます。

2004年にこのサイトをオープンした時から見ればずいぶんワーキングマザーも増えましたし、支援する企業や自治体、サポートするサービスなども増えました。すばらしいことだと思います。

「北風と太陽」という物語があって、「仕事と育児の両立、たいへんだぞお〜」と真実を突きつけて訴えるのは、そういうのが得意な人にお任せしよう。あえて、「仕事と育児の両立、なんて贅沢!なんて幸せ!」と、多少やせ我慢でもその醍醐味をみせていくことによって、なにか変わることがあるのではないだろうか、そのコンセプトのもとに、できるかぎり楽しい記事をたくさんアップしようというのがこのサイトの目的です。

私達スタッフの子どもたちもだいぶ大きくなり、育児と仕事の両立よりも、少し子育てに余裕ができたことからの自分の時間の充実や、また介護など、新しいテーマで話しあうことも随分多くなりました。

そろそろこのサイトの役割も終わってきたかなと正直思うこともあります。ただ、そんななか、実は最近、ワーキングマザーに対するヘンな逆風が吹いていることに複雑な思いを抱いています。

男女共同参画ということで、女性の活用を企業が進めています。これは非常にすばらしいことです。女性管理職の数値目標を置く企業も見受けられます。今まで以上に、出世できる環境が整ったことで、産むことよりも仕事に集中する女性が出てくることも考えられますし、悩みも深くなるでしょう。

また、普通に今の仕事を続けながら、2人目、3人目がほしいと思っている人にとって働きやすい環境整備が進んでいるかといえば、あまりそうではないような気がします。女性のリーダーシップを育成することも重要。でも何人も産みながら、それでも仕事に復帰して、つとめ続けられる。そんな環境整備は本当に進んでいるでしょうか。

安易に起業をすすめることにも違和感を感じます。何よりもつとめ続けられること。それが最優先です。勤め続けることができなかった私からの祈りのような気持ちです。新しい夢を見られることができた人は幸せです。でも、子供を育てているからといって、そのせいで新しい夢をみることを押し付けられるのはごめんです。

「子供ができたら、仕事はやめなさい」というような、極論をいう女性もいます。そんな言葉が通用するのはもはやユートピアであることを、彼女に誰か教えてあげてください。すでにこの高齢化社会。働けるものは、猫でも働かなければ、年金制度・健康保険制度を維持できません。くだんの女性は当然、裕福でいらっしゃるでしょうから、年金返上し、100%自費診療でいらっしゃるからこそ、あんな暴言が吐けたのでしょう。そうでなければ、収入から様々な保険料を払いながら現在の社会保険制度を支え、未来の社会保険制度を担う子どもたちを育てる女性たちに、仕事をやめなさいなどと、言えるはずがありません。あの発言を怒るべきは、我々ではありません。年金や健康保険を利用している人、全員です。

さて。

今までと同じ仕事を続けたい、子供ができたからこそ仕事をしないといけない、今まで以上に高いレベルの仕事にチャレンジしたい、ワーキングマザーの思いも、様々でしょう。

様々な思いを抱えながら、とりあえず今日一日を乗り切っていく、私達。今の私達と、これからのワーキングマザーたちに、まだまだ応援の余地があるならば、このサイトの存在意義も、もう少しありそうです。

いろいろなキラキラした、ギラギラした、ワーキングマザーたちを紹介するコーナーなども作って、もう一度、10週年を前に、楽しんでみようと思っています。

フレーフレー!わ・た・し・た・ち!

blank_space
2013年06月07日

【取材対象者募集】マタハラって知っていますか?


投稿者 村山らむね

マタハラ、マタニティハラスメント。妊娠や出産がきっかけで職場でいじめにあったり、嫌がらせをうけたりすること。最近非常に多くのマスコミで取り上げられるようになりました。今週だけで、複数のマスコミから取材対象者を探す問い合わせをいただいております。

できれば妊娠中もしくは出産直後の方がいいと思われます。ワーキングマザースタイルのスタッフは少し渦中からは外れておりますので、できれば読者の方、もしくは、この記事を拡散いただければと思います。

実際にマタハラで苦しんでいる人の声を伝えることで、世の中が動き、次に続く人たちが歩きやすくなります。それはきっと私たちの子どもたちが生きやすくなることにつながります。

また、取材は受けたくないけど、自分の体験を書いていただけるなら、この記事にコメントしてください。匿名でもちろんOKです。

今、女性の妊娠・出産というテーマで「マタニティ・ハラスメント」の問題提起をお手伝いしているのですが、記者さん達から実際にそういった体験をした方の声を取材したいとのご相談を頂いておりまして、まわりで妊娠時に会社や職場で嫌な思いをされたり、解雇や望まない異動をさせられたり、産後にも不当な扱いを受けた方などいたりされた方などいらしゃったりしますでしょうか?


セクハラより多い“マタハラ” 職場の妊婦への無理解が 流産招き少子化解消を阻む
女性を追い込む、出産ハラスメントって何?

今回は多くの女性の記者さんたちが、問題提起として声を取材して社会に問いかけたいとのことで、ご負担の無いよう最善を尽くしますので、そういった方などいらっしゃいましたらご紹介いただけませんでしょうか?


ということです。ここ取材希望者の社名は出せませんが信頼のおけるマスコミの方です。
取材はもちろん匿名(実名を希望される場合ももちろんOKです)で配慮させて頂きます。

もしご興味がおありでしたら、マスコミの方とのつなぎ役の私の知人につながせていただきますので、直メッセージをいただければ幸いです。 
村山らむねメール lamune@tb3.so-net.ne.jp

またもし取材対象としては適当ではなくても、この問題について多少関心がある方はぜひ、拡散にご協力くださいませ。

blank_space
2012年03月11日

震災から1年、みなさんは何が変化しましたか?


投稿者 村山らむね

3月11日は震災一色でした。たくさんの被害に合われた方には改めてお見舞い申し上げます。

そして、東日本大震災で生活は大きく変わりました。
みなさんは何が変わりましたか?また、何を変えましたか?

もしよければ教えてください。働く女性として、母として、何が変わって、何を変えたのか。

匿名で書きたい方は存分にここのコメント欄で書いていただければと思います。

そして、ぜひこの機会に携帯の災害掲示板を家族で使うことを覚えてください。

我が家はDocomoの災害キットをダウンロードして、早速音声サービスを試してみました。一度使ってみるとよくわかります。

blank_space
2010年08月03日

スタッフに聞きました「産後うつ、どうでしたか?」


投稿者 村山らむね

先日、アナウンサーの方が自殺なさいました。「産後うつ」が原因とも言われています。産後、誰もが経験する可能性がある、この産後うつ。ワーキングマザースタイルのスタッフは、どのように体験したでしょうか。今、まさに渦中にある方、これから出産を控えている方、これらの体験記を読むことで、少しでも負担が軽くなればと思います。12人の体験記です。

まずはAさん

1、産後うつになりましたか?
一人目の時になりました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
退院前後ぐらいから始まり、一ヶ月後ぐらいまで。でも、ゆるやかなのは、もっと長く、半年ぐらいはなんだかんだと波があったような記憶があります。

3、そのときの症状は
母乳で育てたいと思っていたのに、息子がうまく乳首に吸い付くことができず、ミルクもあまり飲まない、息子の体重は増えない、よく泣く、あまり寝ない、よって私も睡眠不足、乳首諸々のトラブル、「こんなはずじゃなかった!」というショック・・・自分はなんてダメなんだろうと強烈な自己否定に見舞われていました。よく泣きましたし、ちょっとしたことにもすぐイライラしました。

4、どう対処しましたか?
区の保健所に相談して、派遣されてきた助産師さんが「ザ・プロ!」といった方で、何もかも的確に処置してくださり、おかげで息子も無事おっぱいが飲めるようになり、成長も加速し、私も安心し・・・と、それから良いスパイラルになって、産後うつもだいぶおさまりました。産後うつは、とにかくホルモンはじめ体調面からくることが多いので、まずはそのトラブルをサポートしてくれる人がそばにいることが大事、いなければ探すこと(自分が無理なら周囲がやる)だなあと痛感しました。今、色々とアドバイスにのってくれる公的機関も色々ありますし、同じような体験をした友達と電話で話したのもずいぶん助けられました。

次はBさん

1、産後うつになりましたか?
Yes。第一子の時に完全にその状態でした。でも当時は気づかず、私に母性が足りないんだと涙してました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
1歳を過ぎて子供が夜大分寝るようになってからが半分。第二子を出産してからが完璧。

3、そのときの症状は
初めての子は夜泣きがひどく、夜明けまでベッドにおろせず抱いたままゆらゆらしているのが連日。やっと朝6時にベッドに寝かしつけても朝ごはん作ったり、日中は宅急便がきたりでまとまって寝られない日が何ヶ月も続いてくると、だんだんものすごく辛くなってきました。考えがまとまらないし、気分が落ち込んでくるし。三ヶ月過ぎると楽になると助言してもらったり、育児書にもそうあったけれど、我が娘は結局一歳近くまで昼夜逆転でへとへとになってしまいました。寝ない娘を抱っこしてベランダにいて、この子を落として私も飛び降りようと思ったことも何度かあるんです。もっともマンションの2階だったので木の枝にひっかかりそうだなとか冷静に思って実行はしなかったのですが。何て母性が薄いんだろう、動物だって立派な子育てしてるのにと本当に落ち込んでばかりでした。

忙しい時には朝6時に帰宅して1時間寝てまた会社に行くような仕事をしていたので、育児はそれに比べれば楽じゃないか、と思ってたところもあったのですが、私の人間力も足りなかったのでしょう。断然ものすごく苦しかった。育児は特に赤ちゃん時代は365日24時間休みなしで休日がないですものね。 

産後2ヶ月の時には「iモード事件」という本を読んで、「打ち合わせ」が懐かしくて泣いてしまったことも。仕事生活からいきなり授乳&下の世話ばかりの毎日になってしまったことのとまどいも産後うつの一つの原因だったかもしれません。

この状態がどうもマトモではなかったと悟ったのは第二子が生まれてからです。第二子は長女と違ってよく寝る子でした。もちろん授乳もあって切れ切れの睡眠にはなりますけれど、少しでも眠れるとこんなにも精神状態が違うのかとびっくりでした。赤ちゃんはめちゃめちゃかわいいし、飛びおりたいなんて全然思いもしませんでした。それから、誰か、っていってもこの場合3歳の長女ですけれども、がそばにいつもいてくれるというのが精神的にとても救いになりました。話し相手になりますし、赤ちゃんは子供が好きなので、長女がそばにいると基本的に機嫌がよくなるのにも助けられました。

また、長女のことで手が離せない時、次女が泣いていても駆け寄れなかったのですが、そのうち自然に泣き止んで寝てしまうのにもびっくり。第一子の時にあんなに手をかけて寝かせていたのはかえって逆効果だったのかもしれません。

4、どう対処しましたか?
私は対処なしできてしまいました。でももし対処するとして、最大の薬は「睡眠」「一人の時間」ではないかと思うのです。ほとんど寝られない状態が続いたのが、自分が自分でなくなった最大の原因ではないかと感じています。でも赤ちゃんの場合、授乳がからむのでママが一晩ぐっすり、とはなかなかいかないですよね。何かいい解決方法はないかなあ……。

それからやっぱり特に初めての育児の時には24時間赤ちゃんの命を預かっているという緊張感から解き放つ一人の時間があると良かったかなあと思うのです。なので、私はおめでたを報告してくれる男友達には祝福の言葉に赤ちゃんが生まれたら必ず月に一度30分でいいから奥さんが一人でカフェに行く時間をつくってあげてねと付け加えてます。一人で、誰かにいれてもらって飲むコーヒーはおいしい!はずだからと。

Cさん

1、産後うつになりましたか?
お医者さんにみてもらったわけではないので、そうだとは言い切れないのですが、なったと思います。おそらく。その前提で以下回答します。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
里帰りから自宅に戻った2ヶ月目すぐからで、落ち着いてきたのが、4ヶ月目ぐらい。あぁ、平気だわー、と思えたのが6ヶ月目ぐらいでした。

3、そのときの症状は?
後で振り返ると、ですが、初めての育児で、母乳の出が安定しないことが主だった悩みに。とにかく、母乳が安定しないので、満腹にならないから、赤ちゃんも泣くし、寝てくれない。でも、最初にあきらめてしまうと、ずっと母乳が出なくなるのでは?という恐怖心から、泣いては吸わせての繰り返し。

気がつけば、授乳とおむつがえの合間に、少し寝て。家事全般、もちろん手につかず、畳もうと思った洗濯物が、部屋の真ん中に小山で残ってる。食べかけの食事が、机の上に。

自分の食事もままならず、気がついたら夜になってて、1日をどう過ごしているのか、よくわからない状態でした。

私、こんなに何も出来ない人間だった?確かにズボラさんなんだけど・・・もー、こっちが泣きたいよーーーー!!!(というか、泣いてます)と、かなり情緒不安定でした。

枕を布団に思いっきり投げつけたり、泣き声が耳に入らないように、一瞬布団にもぐりこんで耳をふさいだり。そんな自分が情けないし、辛くて、しょっちゅう泣いてました・・・。

4、どう対処しましたか?
当時、オットが激務で、週1〜2回、お風呂とわずかな仮眠のために帰ってくるような悲惨な3人暮らしだったので、頼りになるのは自分だけ。状態でした。

そこで、育児の先輩(2人子どもあり)である、実姉から電話があったときに、母乳の相談から切り出したところ・・・最初に言われたのが「ちゃんと食べてるの?」でした。

「まず、母親が食べないとダメ。家事全部なんてムリ。適当でいいよ!赤ちゃんは泣くのが仕事、泣かせすぎはダメだけど、ちょっとぐらい泣いててもそれが運動だと思って、泣かせることに慣れたらいいよ。2〜3分泣いても赤ちゃんは死なないよ。でも、3分あったら、母親が食事を1品食べきることは、できるやん?食べないと、母乳が出るわけないんやし。あと、最悪ミルクでもいいやん!って割り切り必要やでー」

などなど、言われて、スッと肩から力が。私は電話口で、本当にわんわん泣いてしまって。って思い出して書いてたら、どれだけで泣けてきますねーーーほんと(笑)

そこから、精神的なゆとりが出来たのか、

そこそこ食べる>>母乳も徐々にでる>>赤ちゃん寝る>>私も寝られる!!
  >>母乳が本格的に出る>>自信が出た!泣いても怖くない!
  >>さらに赤ちゃん長く寝る>>私もぐっすり寝られる!!やった!

という好循環が生まれました。

後は、産後4ヶ月か5ヶ月目から、子連れで週1出社で全社会議に参加しつつ、在宅で仕事を再開したことが「脳内が赤ちゃんのことだけ」状態から脱却できて、かえって気分転換になったのもよかったんでしょうね。

何より、「他の人に抱っこされて、かわいがられている様子を目の当たりに=私の赤ちゃん、みんなを幸せにしてる!素晴らしい!!」というのを、客観的にみることができたのが、よかったように思います。(さらに、その間私は世話から一時的に開放される。一石二鳥!)

オットを含めた開発部隊が、会社に常に泊まりこみ状態だったので、私が子連れで顔を出すと、独身の同僚がみんな赤ちゃん大好きで「かわいい〜、抱っこさせてー。あー、癒されるぅ。(エンドレス)」だったんですよ(笑)

皆さん、大体同じような感じかなー?と思うんですけど、やっぱり、何より「赤ちゃんの世話から開放される時間を少しでも」と、「泣くんだよ。赤ちゃんなんだもん」という、悟り!?が、転機だったんでしょうねー。「そうか、泣くの仕事か!!君も仕事がんばれ!!」という感じでしょうか。で、2人目、3人目は、どんどん適当になっていって・・・。「1人目のときの、あの神経質さはどこいったんだよ」状態ですね。

Dさん

1、産後うつになりましたか?
正直言って、わかりません。なっていたかもしれないし、なっていないかもしれない。ただ、二人目のときの方が気分の落ち込みは大きかったです。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
一番大きく気分が落ち込んだのは、二人目の産後二ヵ月くらいだったかと思います。

3、そのときの症状は?
不意に大きく落ち込んで、今振り返ると「全てのやる気が無くなる」という感じだったかもしれません。

4、どう対処しましたか?
ヤケ酒飲んでしまいました〜(汗 ただし、それ以降、母乳は諦めてミルク育児にしましたが。そこで一度、母乳を諦める、という選択ができたので吹っ切れて、大事に至らなかったのかもしれません。

とにかく、オットが当てにならない人で(苦笑振り返ると孤独な育児でした〜

周りのサポートとか、休む時間の確保とか、お母さんのご飯の確保とか、本当に大切ですよね。

Eさん


1、産後うつになりましたか?
なったような、なっていないような・・・。私の場合ピリピリと神経質になっていました。産後うつというよりも、育児のストレスかもしれません。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
イライラピリピリしていた気持ちは、1歳4ヶ月の時、職場復帰でかなりなくなりました。

3、そのときの症状は?
夫ににイライラしてしまって、申し訳なかったです。そんな自分が嫌でした。

4、どう対処しましたか?
何とか解消したくて、本を読んだりしました。
「結婚の謎」「ベストパートナーになるために」「サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる」などが役に立ちました。あとは、家で考えてしまう時間がいけないと思ったので、子連れでどんどん外出して人に会うように心がけていました。私の場合は産後うつじゃないかもしれないですね(汗)

何にせよ、孤独に赤ちゃんの世話をしているのは、良くないに決まっています。まわりのサポートが必要です。7月中旬に妹が出産したので、先日休みをとって1日ヘルパーしてきました。母も手伝いのため通っています。新生児は可愛くて、こちらも癒されます。

妊娠や出産はホルモンのせいもあってか、性格が変わると実感しています。私はルンルンの妊婦生活でしたが、生んだあとにちょっぴりブルーな日々でした。妹の場合、妊娠中人にあたりまくる極悪な性格に変身していましたが、出産後はハッピーなママに変わりました。不思議です。

Fさん


1、産後うつになりましたか?
私自身、全く産後鬱にはならなかったのですが、
その手前で、かなり強いマタニティーブルーになったのでそちらをお伝えします。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
妊娠が分かって直後(既に妊娠5カ月)から産むまで

3、そのときの症状は?
寝ても覚めても泣いてばかりで、どうにか流産しないかと縄跳びなどを一生懸命跳んでいました。スキルアップを目的に転職して、めちゃくちゃやる気がある時期に全くの予想外の妊娠だったので、「私の人生はもう終わった」と思い、日々泣いていました。周囲では結婚もまだほとんどしてない時期だったので、妊娠出産のイメージもわかず、当時はIT業界に居たので、出産後に復帰なんて無理→社会人として終わりだと思いました。主人と話し合って出産はしない事になっていたので。妊娠をどうにか否定したくて絶対にマタニティを着ない、生まれる直前まで高いヒールをやめないという事で必死に「自分らしさ」を守り、家では落ち込むかダンナに当り散らす日々でした。

4、どう対処しましたか?

産後も出来そうな在宅でも可能な仕事をいくつも集め、連載なども複数決まり少し気持ちが落ち着きました。

私の場合全く想定外の妊娠で、本当にショックだったのも大きいですが、普段「落ち込む」という状況が全くと言って良いほど無い私があそこまで長きに渡りネガティブな事しか考えられなかったというのは、
やはりホルモンなど、何か自分自身ではどうにもならない力が働いていた様に思います。産後はお陰で仕事がいっぱいあったので、逆にやる事がたくさんあっていきいきしてました。何も無く普通の産休で育児に専念していたら・・・と考えるとゾッとします。ホルモン的な事とプラスして、「自分自身の時間を取れない事(への不安)」がとても大きい様に思います。

Gさん

1、産後うつになりましたか?
私は産うつとはちょっと違いますが、下の子のアトピーがひどかった時に今から思えばうつだったなと思う時期がありました。

アトピーで子供がかゆくて寝れなくて、24時間ずっとさすってやっている状態で、精神的にも肉体的にも疲れ果てていることところに6ヶ月検診の時、アトピーの肌を見た保健婦さんにまるで私が虐待しているみたいに言われたのが、きっかけだったとはっきり覚えています。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
3歳くらいですかね。

3、そのときの症状は?
上の子は2歳までに一生分の親孝行をしたと今でも思うくらい、やりやすい子で(過去形、笑)、下のこのアトピーの頃から急に上の子も扱いにくくなり、自分の努力や能力とは関係なく問題が解決しない状況に、ものすごいストレスを感じていました。無力感や絶望感に溢れて、一人になったら泣いていました。一度あまりに掻いて掻いてなきやまない息子を六甲山に車で連れて行って、置いてこようとしこともあるくらいです。

4、どう対処しましたか?
息子がママがなでてくれないと、掻き続けるという状況だったのですが、アトピーの専門の先生に、子供がどれだけ泣いてもいいから、月に1時間でいいから実家に甘えて子供を預けて、その間は好きなことをしてくださいと言われました。実家が月一回夕方から一晩子供二人を預かってくれて、
その間スポーツクラブで泳いでそのあとオットとゆっくり外食をするというようになって、落ち着いてきたと思います。やっぱり周りの理解とサポートが大切だと思います。

Hさん

1、産後うつになりましたか?
なりました!結構がっつり、です。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
出産直後から症状はあり、生後3カ月くらいで外に出るようになって徐々によくなりました。でも、完全に以前の自分らしさを取り戻せたのは生後11カ月で子供を保育園に預け始めてからです。

3、そのときの症状は?
出産する前は「お産」に対する不安や興味ばかりが先行していて、新生児との生活というものが、今思えば全くイメージできませんでした。(弟や妹もいませんし、仲間内でも一番早く出産したので)

出産直後は、楽しみにしていた大きなイベントがついに終わってしまったという喪失感に襲われ(文化祭の後?のような)、正直いって喜びよりも、そちらのほうが大きかったです。子どもを抱いても、あまり可愛いと思えなかったんです。(今は可愛いですよ!ごめんよ息子)
↑このあたりが明らかに産後うつですよね……

環境の変化や物音にとにかく敏感でよく泣く息子を前に、どうしたよいかオロオロしてばかりで、入院中から、夜になると訳も無く涙が出てきたりしました。退院する前夜は「これから助産師さんのサポートなしで、本当に育てていけるのか」と不安で、一人で号泣しました。(ナーバスになっていたので、個室にしてよかったです)

私の場合は里帰り出産をせず、産後1カ月は実母がヘルプに来てくれていたのでその間は話し相手になってもらってだいぶ救われました。実母がいよいよ実家に戻る日は、「お願いだから帰らないで!」とすがってしまったほどです。

今住んでいる大阪は夫の転勤先で身寄りが全くいない上に、夫は朝8時に出ていくと帰りが22〜23時なので、日中はずっと子どもと2人きりで、誰とも話さない日も多く……。「ネットが友達」になってしまって、育児掲示板をチェックしては、「自分の育児はこれで正しいのか」みたいなことばかり気にしていたと思います。

私の場合、子どもの世話が大変とか、身体的にしんどいということよりも、とにかく「(大人の)話し相手がいない」「共感してくれる相手がいない」ことがつらかったです。まさに孤独との闘いですね。5月出産で、産後まもなく梅雨に入ってしまったのも気分が落ち込む原因だったかも?

4、どう対処しましたか?
生後3カ月くらいから、区が主催している「子育て広場」みたいな集まりやベビーマッサージ教室などに行くようになりました。近所に何人かママ友ができてからは、「みんな同じことで悩んでるんだ!」と思えるようになり、だいぶ明るくなりました。

でも、本当に心身のバランスを取り戻せたのは生後11カ月で子どもを保育園に預けて仕事復帰してからでした。物理的に子供を預かってもらえて子育てから開放されるというだけでなく、保育士さんが子育ての相談に乗ってくれて応援してくれるというのがなにより心強かったです。

とにかく母親が孤独にならないよう、周囲のサポートが必要だなと思います。

Iさん

1、産後うつになりましたか?
皆さんのと比べるとかなり軽いですが、一人目の時にそれらしきものがありました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
覚えているひどい状態のものは退院直後から1週間ほど。

3、そのときの症状は?
私の場合里帰りでなく、退院後、母が1週間ほど泊まり込みで来てくれました。生活環境が全く違うダンナと母との生活が私にはすごくストレスでした。母のやる事なす事すべてが気に入らず、母が何をやっても突っかかって文句を言っていました。わざわざ手伝いに来てくれていたのに。自分でもおかしいとはちょっと思っていたけれどどうにもならず、よく涙も流していました。(手伝いに来てるのに文句ばかり言われて母の方がよっぼど泣きたかったはず。)矛先が母ではなくダンナだったら間違いなく離婚になっていただろうな、と思うくらいひどかったです。

4、どう対処しましたか?
産後はそういうもの、と割り切って対処していた母。多少は喧嘩になった記憶もありますが、「産後はホルモンのバランスが変わるから、みんなそうなのよ。」「体が今は大変な状態だから、3週間はあなたはとにかく寝てればいいのよ。」と、無茶苦茶な私をどーんと受け止めてくれました。
今思えば、母のこの対応に私はものすごく救われていたのですね。当時は手伝ってくれた事にしか感謝していませでした。今気づきました。お母さんあの時はごめんなさい。ありがとう。

本当に、周りの理解は重要だと思います。

Jさん

1、産後うつになりましたか?
それほど酷くはなかったのですが、第一子が生まれた時、第三子が生まれた時に精神的バランスを崩していたと思います。よく泣いていました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
第一子の時は、公園へ連れて行けるようになった6ヵ月くらいの時。歩けないのに公園で遊ばせていて、同じ年頃の子をもつ人と友達になり、お互いに、妊婦時代からよく泣いたと『辛かったこと』を語り
気持がとても楽になりました。その後、もう一人、友達が増えて、3人で子どもを遊ばせながら一緒にランチを食べたり、よくおしゃべりをするようになって毎日を楽しいと思えるようになりました。
ランチの時に、友達とよくビールを飲んだりもしてました。それが最大の癒しだったような気がします。
(子どもに縛られない、自分らしい生き方も楽しみ方もできるという考え方の象徴だったのかも)

3、そのときの症状は?
第一子の時:実家で2カ月過ごした後、自宅に帰ってきてから気持ち的に追いつめられたような焦りを感じていました。それほど酷くはなかったですが軽いうつ状態だったと思います。子どもを可愛いと思えなくなって「私には母性がないんだ。本当は、子どもが嫌いだったんだ」と感じてました。社会に取り残されていくようで、毎日、新聞を端から端まで読んで社会とのつながりを保とうと必死でした。ダンナが帰ってくると、弾丸のようにしゃべりまくっていて、そんな自分に気づき笑ってしまいました。長男は、よく泣く子だったので、一日中抱いていることもあって、結構、つらかったです。

第三子の時は、ダンナが何故か子育てにあまり協力的でなくなってしまっていて一人で子ども3人をみることが大変でした。長男の幼稚園のために、2週間で実家から自宅に帰って来て、そのうえ、在宅での仕事も産後3週間目に復帰して(忙しいとお願いされて仕事を請けてしまいました)、自分がいつ寝ているのか、寝ていないのかわからなくなっているような感じでしたね。授乳をしながらうたた寝して、はっと気づいて仕事をして、朝になって長男のお弁当を作って… 第三子(次男)のことを、次男より2歳上の長女がよく面倒を見てくれたので、本当に助かりました。結局、心のゆとりがなくなって、長男を可愛いと思えなくなっていました。今、冷静に思うと、長男にシワ寄せがいっていたと思います。

4、どう対処しましたか?
みんなが寝静まった夜中に、今が「自分の時間」と思って自分へのご褒美に買ったスィーツを食べながら、東京ラブストーリーのビデオを借りて見て、感情移入して楽しんでいました。その一時が、本当に心休まる時間だったことは今でも鮮明に覚えています。

第一子の時は、ダンナがとても協力的で、子どもが寝付かないとクルマで子どもが寝るまで走ってくれたり、私にとっても気分転換になって助かりました。

第三子の時は、時が解決したっという感じです。子どもを叩いてしまうこともあったりしたので、子どもたちは私のことを「鬼だ」と言ってました。。。心にゆとりがないと、自分でもどうにもならない状況へ追いつめられていくのだと実感しています。当時のことを考えると、子どもにも申し訳なかったなと思うこともあったりします。

子育てはひとりぼっちではない、責任をすべて母親に押しつけてはいけないって思います。私の時は、小さな子を連れて、飲食店に入ることも電車に乗ることも周りの冷たい目と闘いながらでした。特に、50歳くらいのおじさんの対応は冷たかったです。それは、母親はこうあるべき、というような目で見ているからだと思います。「母親が楽しむこと」を大切にしながら、子どもを育てられる環境であればもう少し楽な子育てができるのではないかなぁって実感しています。

Kさん


1、産後うつになりましたか?
3人ともなりました。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
はっきりとは覚えていませんが、1ヶ月健診が終わったくらいに、なんとなく気分がすっきりしたように思います。

3、そのときの症状は?
とにかく、泣けてきます。そして、妙に不安心が募ります。

4、どう対処しましたか?

私は、3人目のとき、子供が3人になったことと、3回手術をした自分の体が心配で、一番不安が強かったです。夜眠るときに、もう不安で不安で涙が止まらなくて病室から母親に電話をしたら、母親が夜中こっそり来てくれて、寝かせてもらいました。父親が一緒で、子供みたいに泣いてる私に驚いていたのを覚えてます。でも、あの時は、恥ずかしいとかそんなことよりも主人でもなく、母親にすがりたかった、、そんな心境でした。

この産後のうつは、私は出産で何が一番辛かったと言われると、傷も辛かったですが、この不安な気持ちと闘うことがほんとに辛かったです。

ただ、育児の忙しさにその不安な気持ちも流されていたので、長くは引きずらずに済みました。あのなんともいえない、不安な気持ちは、辛い。。私だけじゃないんだ!!と知る事ができるだけでも心強い気がします。

最後に、Lさん


1、産後うつになりましたか?
出産直後からなりました。産んだ後、氷枕を抱いて子宮を収縮するために暗い病室に横たわっていたときから。不妊を経ての妊娠だったので、本当に胎内にいる娘との一体感がうれしくて、それが出産によって奪われた悲しみで、どうにかなりそうでした。病室に戻ってから、それこそホルモンが逆流していくのを体が感じるのと同時に、娘の結婚式を妄想し、泣きじゃくっていました。同室の方に「うるさいっ!」と叫ばれるほど、嗚咽しながら泣いていました。泣いている自分が不気味なんだけど、もう止められない感じでした。

2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
ホルモンからくるホームラン的なうつ状態は、すぐに直ったのですが、シングルヒット的なちょこちょこちした産後うつは、3月の出産からしばらくたった梅雨の時期の6月。外に行くこともなく、家でずっと赤ちゃんの世話をしていたらどうしようもない孤独感を感じて、パナマに赴任する商社マンの妻であった友人の声が聞きたくて、その会社の代表に電話をかけて電話番号を聞き出しました(今なら考えられないですよね。個人情報の観点から。でも粘りに粘って、聞き出しました)。

実家の両親が本当に孫の世話好きで、母は何度も来てくれたし、父も半日くらい一人であづけても、全然平気というか赤ちゃん大好きな人だったので、本当に助かりました。今も、頭が下がりません。来て欲しいという時に、「何の用?」と言われたことはほとんどなく、バーゲンやランチなどでも、喜んで来てくれました。

3、そのときの症状は?
子供が愛せないということはまったくなかったのですが、愛しているからこそ、言葉も通じない、いつも見ていないといけない、そういう存在にもうほとほと神経が疲れてしまいました。大切だからこそ、うんざり。無性に涙が出てきたり、パソコンを見ると、なんだか華やかな世界が繰り広げられていて、置いていかれる辛さに、しばらくスイッチを切っていました。

4、どう対処しましたか?
周囲の理解です。夫と両親には本当に助けてもらいました。それから社宅に住んでいたのですが、それこそ子育て住宅で、隣の奥さんにはいろいろ教えてもらえたし、たくさんの人に支えてもらえての育児でした。

あと、ちょっと娘の睡眠のリズムができた時に、夜の12時から3時まで(授乳と授乳の間)を勉強時間にあてて、消費生活アドバイザーという資格勉強をしました。9月に1次試験、11月に2次試験だったので、7月くらいから勉強を始めたと思います。勉強があれほど楽しく感じられたのは、最初で最後です。なんだか自分でいられるための時間でした。睡眠も娘と一緒に寝るようにしていたので、生活はめちゃくちゃでしたが。「受かるかしら」という新たな気苦労を作りだしたことで、子育てのストレスからは割と解放されました。何かのストレスを感じたら、新たなストレスの種を作れば、最初のストレスは軽くなる。割とそれ以降、そういう対処法をとっています。

さまざまな症状、対処法があるようです。何かの参考になればいいと思います。もしひとつ願うとするなら、どうか、周囲のサポートがもっと得られやすい環境になればと思います。ぜひ、最初の出産を控えた旦那さまにこの記事を読んでいただければと思います。

またぜひ、みなさんの「産後うつ」も教えてください。

1、産後うつになりましたか?
2、産後どのくらいでなって直ったなと思ったのはどのくらいですか?
3、そのときの症状は
4、どう対処しましたか?

コメント欄に書いていただければ光栄です。

blank_space
2010年07月22日

待機児童問題解決のためのシンポジウム開催


投稿者 WMS情報局

ワーキングマザースタイルのスタッフも何人かお世話になっている、病児保育のNPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹さんが、厚労省の方もお招きしての、本格的な待機児童問題解決のためのシンポジウムを7月31日の土曜日に開催します。

なお、当日はTwitter・Ustream中継も行いますので、遠隔の方々もぜひとも御参加下さい。

とあるように、会場からの質問を受け付けたり、Twitterでの議論もできる、画期的な時間になりそうです。興味のある方はぜひ、ご参加ください。

● 「家庭的保育は待機児童問題を解決しうるか?」 ●
シンポジウム 開催のご案内 --------------------------------------------------------

★これまでの保育政策から大きく踏み込んだ、内閣府「子ども・子育て新システム基本制度案要綱」http://bit.ly/9otFd0
★そこで提示された「家庭的保育/小規模保育サービス」は保育の新たな形を提示するとともに、待機児童解消の大きな力を秘めている
★今後どのような形で家庭的保育は制度化していくのか?真に使いやすい仕組みができ、地域のNPOや子育てグループの参入が可能になるのか?
★政治家・厚労省政策担当者、現場NPO、デベロッパー、それぞれの立場から待機児童解消の可能性を語り、英知を生み出す!

-------------------------------------------------------------
2010年7月31日(土)13:30〜16:00@海洋船舶ビル10階 虎ノ門(13時開場)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼開催概要:

■日時:2010年7月31日(土) 13時30分〜16時00分 (13時開場)

■場所:海洋船舶ビル10階 / 地下鉄「虎ノ門駅」4番出口より 徒歩2分
住所:港区虎ノ門1-15-16 海洋船舶ビル10階

駐車場のご用意はございませんので、お車での来場はご遠慮ください。

※日本財団ビルと間違えやすいので、お気をつけ下さい!日本財団ビルと海洋船舶ビルは違います!

■対象:
・待機児童問題を解決したいとお考えの皆様
・行政職員、議員、研究者、不動産関係者
・家庭的保育を多角的に検討し、あるべき家庭的保育制度のビジョンを描くことにご興味のある方

■参加費:無料

■協力:日本財団CANPANプロジェクト

▼プログラム:

,完Щ
<13:30〜13:50>:内閣府政務官 泉健太 氏 「子ども・子育てビジョンが拓く保育の未来」

▲廛譽璽鵐董璽轡腑鵝 屬うち保育園の挑戦」
<13:50〜14:05>:NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹

パネルディスカッション「家庭的保育は待機児童問題を解決しうるか?」
<14:05〜15:05>
★コーディネーター NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹

・パネリスト
★「待機児童解消政策の旗振り役」
今里譲 氏:厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 保育課長

★「日本最多の待機児童集中地区の打ち出す新たな政策とは」
山本繁昭 氏:横浜市こども青少年局 子育て支援部長 

★「人口急増区で待機児童問題と闘う!」
海老澤孝史 氏:江東区こども未来部 部長 

★「日本最大の大家さんとして、空き家をミニ保育園に提供!」
前田正人 氏:UR都市機構 住宅経営部ウェルフェア業務支援チーム チームリーダー

★「日本屈指の子育て支援政策の専門家!」
松田茂樹 氏:第一生命研究所 第一生命経済研究所 ライフデザイン研究本部

★「15年間家庭的保育を行い続けた現場の実践者!」
西内久美子 氏:NPO法人日本チャイルドマインダー協会理事長

げ饐譴らの質疑応答
<15:05〜15:25>
 会場から質問、疑問をぶつけよう!Twitterからの質問も受け付けます!

ズ親・意見交換会
<15:25〜15:55>
 待機児童問題解決を志す人達とのネットワーキングの場。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お申込みはこちらより!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込みフォーム
http://kokucheese.com/event/entry/3446/

※本フォームで頂戴する個人情報につきましては、当該イベントの出席
処理、また出欠の確認のため利用させて頂きます。なお、ご本人の
個人情報を、ご本人の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・
提供することは、一切ございません(法令等により開示を求められた
場合を除く)

詳しくはこちらをご覧ください。

blank_space
2010年04月16日

山崎直子さんの宇宙飛行を心からお祝いします


投稿者 村山らむね

山崎直子さんが宇宙に飛んだ。お嬢様は今、7歳だという。そうか、あれからもう7年以上たったんだって、思う。

私がこのワーキングマザースタイルを立ち上げたのは2004年。「あの騒動」は確かに私に暗い怒りの火を発火させてくれた。そしてそのエネルギーはこのサイトを立ち上げる大きな力になったのだ。

山崎さんは今回、ママさん宇宙飛行士として、宇宙と家庭の双方からの光を得て、輝く女性として華やかなスポットライトを一身に浴びている。

私はそれをみて、本当に本当に、うれしいのだ。そして、相手は誰かわからないんだけど、「ざまあみさらせ」と、汚い言葉を大声で言いたくなるのだ。「ざまあみろ」と。その相手が誰なのか、まったくわからないのだけど。

女性が社会進出をして、重要なプロジェクトをまかされる。時期を同じくして、恋愛をし、結婚もする。 共働きで遅くまで残業をし、結婚前と変わらず、もしくはそれ以上に仕事に打ち込んでいるので、「そのこと」を周囲はまったく意識しない。

で、ある日、「妊娠しました」と、近い上司にだけそっという。もちろん、「おめでとう」と言ってもらえるものだと思っていうのだ。なのに上司の目に浮かぶ、明らかにネガティブな困惑の色。

結婚しているから、いつかはと自分では思っている。

なのに、こんな重要な仕事を任せているのに妊娠するなんて無責任だ、と上司の目が言っている。

私自身は、妊娠した当時は使えないヤツだったし、それほど大きな風当たりを感じたことはない。もしかしたら上司たちは“ほっ”とさえしたかもしれない。そんな私だって「アオヤマさんってそういう人だとは思いませんでした」と、ずいぶん言われた。つまり「産む」ような人だとは思わなかったということだ。「仕事をばりばりする」と、「妊娠する」という言葉の間に入るのは、&ではなく≠なのが、日本の一般的な会社だったのかもしれないし、今もまだそうかもしれない。

朝のワイドショーで、女優ができちゃった結婚や、妊娠するたびに、お祝いの言葉を言うコメンテーターだけでなく、まゆをひそめるコメンテーターがいなくはない。舞台や長いドラマを降板した女優さんも、私たちが知っているよりもずっと多いだろう。

妊娠することが無責任と言われる。迷惑をかけてすみません。それは、宇宙飛行士のような国家プロジェクトでなくても、すべてのワーキングマザーが多かれ少なかれ、経験することだ。

でも、本当に小さいことだ。
だって、ほら、山崎さんの笑顔を見てください。あのとき、いろいろ言った人たちは、自分がいろいろ言ったことを忘れて、山崎さんとその家族が映るテレビを見ながら、賞賛していることだろう。無責任といった人たちは、無責任にそういい、言ったことを無責任に忘れるのだ。

周囲の理解もすばらしいと思う。また山崎さんにチャンスを与えてくれた宇宙開発事業団。グッジョブである。生命と宇宙のすばらしさ。それが、山崎さんの宇宙飛行なのだ。

いくつかある選択肢の中で、夢を一時保留し、産むを選んだ山崎さん。
別の選択肢を選ばざるを得なかった女性も私たちの世代でも、きっとたくさんいるだろう。
周囲の環境は徐々にしか変わらないから。

実際問題、経営者の立場から見れば、働いている女性が妊娠するのは、迷惑なのだ。人のやりくりなど面倒くさいことも多い。短期的に迷惑だが、長期的に見れば大きな果実を、会社にも社会にももたらすことを、少しずつでも一人一人が理解しようとしている、今、揺籃期なんだろう。

でも、私の娘や山崎さんのお嬢さんの世代には、どうか夢も産むも普通に両立できるようになっていてほしい。それは、宇宙開発と同じくらいとても大切なことだと思う。ゆっくりと、でも、着実に。

妊娠は、多少迷惑はかけるが無責任なことではない。

仕事をやりたい気持ちと、産みたいという気持ちが、こんがらがってほどけなくなるのではなく、きれいな螺旋をえがくような、そんな風になるといいし、もうなり始めていることを、心から祝いたい。おめでとう!山崎さん。本当にうれしいです。あなたがあのとき守ったものが、本当に大きく花開いたことに、感謝します。誰に言ったらいいのかわからないけれど、「ありがとう」と。

blank_space
2009年09月30日

【投票付き】子ども手当どう思う?


投稿者 WMS情報局

民主党のマニフェストの目玉である、「子ども手当」。0歳から中学生卒業までの子供一人当たり26000円(10年は半額となる見通し)を支給するというもの。所得制限については、民主党は所得制限を設けないというマニフェスト通りの見解を出していますが、国民新党の亀井金融相はテレビの討論番組にて、「細かい所得制限は無理にしても、(年収)1000万円以上(の世帯には支給しない)など、何らかの制限を付けるのは、財源的にもいい」と主張したそうで、意見が多少割れています。

当事者であるワーキングマザーのみなさんはどうお感じですか?ぜひ、お気軽に投票してみてください。


■子ども手当、賛成?反対?

 ・子ども手当に賛成。所得制限はすべきではない。

 ・子ども手当に賛成。所得制限はすべきである。

 ・子ども手当に反対。現金給付よりも保育園拡充など優先すべきことがある。

 ・その他

※該当するものをクリックしてください。

  結果
 -ブログでアンケート-

blank_space
2009年08月03日

「にっぽん子育て応援団」が子育て支援策に関する政党アンケートの結果を発表


投稿者 村山らむね

8月30日に決まった、衆議院選挙。各党のマニフェストもほぼ出揃い、どの党に一票を投じるかをイメージしている方も多いのではないでしょうか。

そんななか、勝間和代さんが共同代表をつとめる「にっぽん子育て応援団」が各党に送った子育て支援策に関する政党アンケートの結果を公表しました。

kosodate.jpg

どの政党も子育てについては最優先課題の1つとして位置付けていますが、微妙にそのニュアンスは違います。子育てだけが投票の論点ではないでしょうが、私たちにとってはもっとも気になる政策であることは確かです。ぜひ、投票の指標の一つにしてみてください。

私自身は、自民党の子育て政策(目玉は幼児教育費の無償化)にも、民主党の子育て政策(目玉は子ども手当)についても、正直あまり納得がいっていません。本当に子育て世代が必要としている政策とは違う気がするのですが、みなさんはどうですか?

マニフェストを見比べても、どの政党も、年金、地方、子育てと、それぞれの層にお手盛りの政策。イギリスの元首相ブレアの公約演説「Education,Education,Education!」のような、強い思いが見られないのが残念です。

blank_space
2009年07月28日

夏休み子ども模擬裁判ツアーの本当の狙いは


投稿者 村山らむね

夏休み、とても楽しみにしていたイベント。それは、子供向け刑事裁判ツアー。実際の法廷を使っての本格的なもの。事前に配られたシナリオの読み合わせにもつき合わされるなど、娘はやる気まんまん。

saiban

実は私、学生時代、法学部だった割には実際の法廷に入るのは初めての体験。結構新鮮でした。

今回、使った法廷は、さいたま地方裁判所の裁判員法廷。通常は3席の裁判官席が、裁判員の6席も加えて9席になった新法廷です。

saiban
まずは事前に配られた資料を使っての、オリエンテーションがありました。

saiban
次に、かなり具体的なシナリオで模擬裁判。娘は、法廷服に魅かれて裁判官役。10人で割り振ったので、セリフは二言。

被告人以外の、弁護人、検察、弁護側証人、検察側証人、などすべて子供たちが担当。求刑は、検察役の子供たちで話し合って求刑され、判決は裁判官役の子供たちはもちろん、すべての立場の子供たちが話し合って結論を発表しました。

その後、子供たちと保護者は法廷内を見学
saiban
法廷の裏側の裁判官と裁判員が討議をする場

saiban
検察側、弁護側、双方がプレゼンテーションするためのモニター

saiban
子どもたちも興味津津だけど、大人たちも興味津津

子どもたちは裁判所内を見学。そのあいだ、保護者達は、実はもしかしたらメインだった?裁判員制度の説明を受けました。

saiban
かなりわかりやすく詳細なパンフレット

saiban
おみやげにもらった裁判員などに関するDVD。まだ見ていません(^_^;)

子どもたちが裁判官やら検察、弁護士などの司法に関わる仕事にトライしているのを、キッザニア感覚で写真に撮ったりビデオに撮影したりと楽しんでいたら、なんとなんと、裁判員制度の保護者向けの説明は、かなり本格的なもので、もしかして、こっちがメインではないかと思ってしまったほど。いや、たぶんメインなんだろう。8月3日から東京で国内最初の裁判員制度による裁判が始まる。さいたま地方裁判所も日本で2番目に行われる予定だそうだ。

わたしは今回の説明を受けるまでは、法学部だったこともあり、すごく興味深かったし、任命されれば喜んでやるつもりだった。しかし、実際に説明を聞くと、正直躊躇してしまう。まず時間的に負担が多い。裁判員の選び方も初めて知った。

候補者名簿に掲載された人には前年11月頃に通知がある。調査票が送られ正当な事由があれば辞退が可能。事件ごとに名簿から50人程度がピックアップされ、辞退しなければ、当日裁判所に行かなければいけない。当日、抽選で、裁判員6人と補充裁判員3人が選ばれる。午前中に手続きをして、午後から法廷へ。その案件が終わるまで2回から5回、裁判所に行かなければならない。

これは、結構たいへんだ。裁判員に決まるのもたいへんだけど、補充裁判員や、抽選をするために朝、裁判所に行かなければいけない候補というのも、結構、つらくありません?一人ひとりの時間の総量を合わせれば、ものすごい国民的な時間の損失である気がする。

なんでこんな制度ができちゃったのか、そればかり気になる。

当初は混乱しながらも、開かれた司法へ向けて国民一人一人が自覚を持つこと、その意義は大きいと考えるべきなのか。

時間的な負担、いや、それよりももっと重いもの。模擬裁判で、人を裁くことの怖さを知った。無罪と有罪。その判断ができるのか?あの法廷で、自分が裁判官になったわけでもないのに、自分の子供が、有罪か無罪かについて意見を言うだけで、心がものすごくざわざわした。有罪か無罪か。その上、量刑まで話合う。2年とか、3年とか簡単に言うけれど、言い渡す側からはたった1年の違いが、言われるほうにとってはどんなに大きいか。

黒い法廷服を着て機嫌よくほほ笑む娘にシャッターを切りながら、胸が苦しくなって軽いめまいを覚えた。子どもの自由研究のために行ったのに、予期せぬ重い宿題をもらってしまった。えらいこっちゃ。

裁判員制度
すでに裁判員候補である通知を受けている人もいるでしょう。裁判員や裁判員候補者などになったことを公にすることは法律上禁止されていますので,ご注意くださいとありますが、同じ立場の人と思いを共有するような場がないと、辛い方もいるのではないかと思います。そのあたり、改善を求めます。少なくとも、もし私が裁判員候補になったら、同じような立場の人と気持ちを共有する場が欲しい。

blank_space
2009年06月27日

20代女性に強まる“専業主婦願望”と、未婚男性の“結婚するなら働く女性” 、どう読み解く?


投稿者 村山らむね

最近すごく気になるトピックが2つありました。

“専業主婦願望”どう思う?

20代女性に強まる「専業主婦願望」 理由は「働きたくない」「ラクしたい」

そして、

“結婚するなら働く女性” 未婚男性のホンネ

高学歴の女性たちが専業主婦に憧れるという傾向と、未婚男性がパートナーに働く女性を望む傾向という2つの流れを、みなさんはどうそれを読み解きますか?

ワーキングマザースタイルのスタッフメーリングリストでもかなり活発な議論になりました。それぞれ長いですが、引用します。

まずは、ワーキングマザースタイルのスタッフの中でも、超一流国立それも理系出身の3人の意見から。

●高学歴女性もいろいろでいいんじゃない?
Aさんより

私は高学歴の女性が専業主婦になって、そのキャリアを子育てに向けることがあってもよいのでは、と思っています。私の夫は「お前は国立大学を出たのだから、社会に還元するべきだ」と言いますが、社会に出て仕事をすることだけが、社会還元でしょうか。子育てに専念し、地域社会に貢献することも立派な社会還元だと思います。子供は「社会の宝」じゃないですか。

もちろんワーキングマザーも否定しません。色々な価値観で、色々なライフスタイルがあっていいと思うのです。これからは働き方も多様化してきますよね。私自身は専業主婦の母に育てられた影響か、大学進学を目指しながら、一方、専業主婦になることを夢みていました

今のこんな状況は全く想像できませんでしたよ。高学歴の女子大生たちも、願望はいろいろでも、結果的には、いろいろな人生を歩んでいくんでしょうね。

●壁を感じたのかも
Bさんより

まずは高学歴女性の専業主婦志向のほうですが、なんとなく分かる気もします。 私の世代はちょうど、バブルだったり、女の子の高学歴率が上がり始めた頃で、まだ未知なる物への夢と希望があったので、私の周りの大学の同級生たちも、皆かなりのところに就職も簡単に決まり、働き始めたと思います。

でも、やっぱり社会に出ると、明らかに女性が働いて結婚もして子育てもするのは大変。大学生までは、男の子たちよりむしろ優秀で、彼らに何一つ劣っていないはずなのに、男の子たちは当たり前のように結婚して子供もいて出世もして。で、その男の子たちの妻たちは専業主婦で、あくせくしてる自分たちから見ると、とっても優雅に楽しく暮らしてるように見える。これじゃあ割に合わない、という感じなんだと思います。特に、高学歴女子が身近で見聞きする男性陣は、やっぱり高学歴で、世の中の平均よりはかなりの高収入の人たちである可能性が高いので、特にそのように感じるんじゃないかな、と思います。

で今の子達は、ちょうど、私たちかもう少し上の世代くらいの人たちが親なので、親も女の子の高学歴を望むのは、必ずしもバリバリ働いて欲しい、ということには限らず、むしろそういうソサエティに属して、それなりの伴侶を見つけて欲しい、という思いもあるのかもしれません。

オットの職場でも特に中高一貫の私立から来る女医さんは、とっても素直で親の言う事をちゃんと聞いて、育ってきていて、あまりキャリア志向がないみたいです。結婚してあっさりやめてしまう人も多いみたいですね。

男の子が、共働きを望む、という記事に関しては、額面どおりだけ見れば喜ばしいこと、と思いますが、本当に家のこと、子供のことなど妻と同等に取り組む覚悟があって言ってるのかな、と疑問にも思います。経済的な責任が自分ひとりの肩にかかることを回避したいだけだったとしたら、最初からそんな逃げ腰でいいのか?と不安にも思えます。でも、共働きが当たり前になってきたら、社会も変わってくるだろうし、もしかしたら動機は、”逃げ”だったかもしれないけれど、そこからいい方向に向かってくれればいいなと思います。

●わたしのことかも、、、と思った
Cさんより

実は、「え、私のこと?」って思ってYahooのニュースを読んでました(笑) 結婚後、完全な「専業主婦」になったわけじゃないけど、今も昔も、ほぼ、専業主婦に近い形でSOHOしています。

結婚前は男女差のない職種だったので、企業でバリバリ働くことの大変さも経験してますし、出産後の子育て専業主婦時代には、幸せだけど物足りないなぁ・・という状態も経験してます。「全く仕事をしないのもあらゆる意味でイヤだけど、フルタイムで男性並に激務をこなすのもイヤ」それが本音でした。

なので、今の子たちには、「専業主婦がいい!」と決めてかからなくても、今やいろいろな働き方があるので、まずはもっと視野を広げて模索して何事も経験してほしいなと思います。

経済的負担を一人で背負いたくない、という男性の意見も、今に始まったことじゃないように思います。そういうことを普通に声に出しやすくなってきた、というのもあるのかなと思います。

すべてが男女対等である必要もないし、個人の志向もあると思うので、まずはいろいろ経験した上で、自分に合った伴侶を見つけることが一番ですよね。男性も女性も、生活を楽しめる、自然な形のワークライフバランスがとれるようになっていけばいいなと思います。

ここからは自分のことになりますが、私は、就職するときも、バリバリ仕事で自己実現を!というキャリア志向では全くなかったので、自分がおかしいのかなぁ・・なんて考えた時期もありましたが、職人の娘として育ったせいか、「手に職を」の思いだけはあり、華やかな商社や損保あたりに就職する同級生たちを横目に、文系なのに技術職を選びました。やはり親の影響は大きいのでしょうね。娘たちがハハである私のことをどう思ってるのかなぁと、ちょっと気になってきました。

長女なんて、「フリーターがいい!」なんて言ってましたから(笑)そんなにハハが自由に見えるのか!!(笑)

結局、今も経済的には、夫が100%生活をまかなってくれているわけなので、形的にも自分の気持ち的にも、専業主婦なんです。でも、好きな仕事をして多少の収入はあり、自分の趣味も存分にやり、子供の世話をする時間もあり、と、自分では充分満足なんです。仕事をしようがしまいが、どんな趣味を持とうが、全然好きにさせてもらえているので、 その点では夫には大感謝なんですが、夫にもしものことがあったら、今度は私が働くぞーとは思ってます。できれば娘たちにも、あまり苦労をするような相手とは結婚してほしくないですが、でも自分でまかなう力はつけてほしい、そのためには今どういう教育を受けさせるべきか?なんですよね。

しかしまぁ、改めて周りを見渡して驚いたことに、私の知っている普通に結婚している高学歴女性のほとんどは、ほぼ専業主婦です・・。 彼女たちが働かなくても経済的には困らない、ということが、当然ですが、共通しています。ほぼ皆さん、子供の教育には熱心です。お受験仲間です。自分の今のポジションに満足しているので、子供にも同じ道を・・ということなのかもしれませんね。その中でも私は一応仕事を持っていて、バレーボールなんてやっていて、「よくやるねー」的なまなざしをむけられることも多く、受験に関してもさめている方だとは自分では思うのですけど、まぁ、一緒ですね(汗)

この高学歴女性の専業主婦願望は、決して最近のことではなく、昔からあったことという意見には大きくうなづきます。またCさんの経済的には夫が頼りに出来て、かつ自分にしかできないSOHOとしての仕事もあるというのは、もしかしたら“専業主婦願望の高学歴女性”のひとつの理想の姿かもしれません。

ほかの方々の意見も見てみましょう。

●周りの高学歴ほど、専業主婦を積極的に選んでいるかも
Dさんより

この記事、気になっていました。2つの記事から合わせて思ったことは、働く上での大変さはニュース等でさんざん伝わっていて、ニュースにならない事は当たり前だけど知らないんだなということでしょうか。実際には家事って何をやってもあまり評価されないしラクなものでは全然ないし、でも学生さんや若者だからわからなくても当然というか。

東大卒の女性の知り合いが、大学時代から何人もいますが、意外とおっとりしている人が多く、私たちの世代の時でも、「総合職でバリバリ働きたくはないけど、就職先が総合職しかない。」と嘆くの専業主婦願望の子はけっこういたように思います。ただ、就職してからバリキャリに変身して大活躍している人も多く(もともと頭いいですから。)、まずは働いてみて!と言いたいですね。

有名大学の医学部出身でかつ2カ国での医師免許を持つ女医さんで現在専業主婦の友人がいます。今は全く働いていません。周囲からの「どうして働かないの?」という声はものすごいらしいですが、「私は家で子どものそばで編み物をしている方が好き、これは私の決めた道。」と言います。お子さんをすごく丁寧に教育的な事も配慮して育ててらして、その様子を見ると、学歴等が全く無駄になってるとは思いません。

高学歴であっても仕事が出来るとは限らない、というのはよく知られてると思いますが、高学歴であってもバリキャリ志向とは限らない、とも思います。個人の好みの問題でもあると思うので、あまり「高学歴だから」と特別視されたくないんじゃないかな、と思います。

“結婚するなら働く女性” 未婚男性のホンネ。これは、手放しに喜んでいい現象だと思います。最近は、ホント家事育児をよく手伝うダンナさん増えましたよね。増えることで変わる事もあるかな、と思います。対等で、いいな、と思いました。

同様な意見が、Eさんより

私は大卒ですが、高学歴とはいえない一般大衆大学卒なので・・(笑)。周りの高学歴の友達の事を思うと中学からずっと有名私学で育った高学歴な友達ほどどっぷり専業主婦のように思います。

どちらかというと、私のように地方⇒東京の大学といったように雑草育ちの友人のほうが、今も仕事を持っていたり、夫婦で同等に働いている友人が多く育った生活環境からも自分で何かして歩かなければ・・という意識が強いのかもしれません。

得てして、高学歴の女の人は、高学歴の男性と結婚しているケースも多いので、育った環境の背景や自分たちが歩いてきた勉強をする努力をするにあたっての環境整備・・・、そして高学歴のご主人であり高収入であることも多く生活にも困らないことから、自分の子供にも同じような環境を望んで与えられる環境であるというサイクルが出来ているように思います

また、未婚男性については、子供を通じても思いますが男女同等を訴えてきた母親世代が子育てをして大きくなった男の子たちが大きくなったこともあって、強くて稼ぐママを持つ男の子たちは、1本柱の男性社会の家庭ではなく、2人三脚の家庭のスタイルをすんなり受け入れられる環境もあるのでは?とも思います。不景気でこんな世の中ですし、1人で踏ん張ることはきついから一緒に頑張ろう〜的な考えの男の子が多いのかもしれませんね。

一番身近な女性であるお母さんの影響に着目している意見も複数ありました。
●母の影響はとても大きい
Fさんより

専業主婦願望、すごく感じますよね。

新聞記者を経て女性雑誌の記者をしている一番親しい友人も、「今の20代は全くキャリア志向が無いから、キャリア特集なんてやっても売れない。だからどうしても『趣味を充実させる』とか『仕事はそこそこ』みたいな特集しか組めず、編集部はみんな、昔ながらのバリキャリなので忸怩たる思い」と言ってました。

でも多分、今に始まった事じゃないんだと思います。先日国立大学出身の友達に会った時、(中学から一貫の進学校)「今は中学受験は普通だけど、20年前は私立進学はある程度の上流階級だったから、私も含め友達のお母さんはみんな専業主婦。だから、『良い大学へ行け』のイメージは分かっても、母親像は専業主婦しか知らないから、子供を生んだら自分も当然、子供の教育に力を注ぐものだと思っている。自分も、結婚したらすぐにも仕事を辞めたい」と常に言っています w)そのため、新卒時から一般職採用です。

教育にしっかり手間ひまかけた専業主婦(高学歴の場合、そういう母親の比率が高い?)に育てられると、自分も当然そうなる、と思うんだな、と。もちろん、それが反面教師になる事もあるでしょうけど。

似た様な事を今お受験世界でも思っていて、女の子のママは、東洋英和やお茶大付属、白百合などの進学校への希望がほとんどで(女子大付属でも外の難関大学を目指す家庭が多い)付属はせいぜい早稲田まで。女の子で小学校受験するなら、青山や立教とかが人気なのかと思ったら、「大学がそこ止まりじゃ困る。もっと上を目指してもらわなくちゃ!!」と。でも、そうおっしゃるお母様方は100%専業主婦。進学校へ行って良い大学を目指せ!!と育てられても、身近なサンプルが専業主婦のママだったら、仕事観ってどうなるんだろう??と思っていました。

私がたまたま今気づいただけで、既にそういう構図は何十年もあるから、「女子が専業主婦願望」ではなく「『高学歴女子が』専業主婦願望」になるのかも?

私大出身の知り合いが今年から大学院に行ってるのですが、彼女の家は完全共働きなので、迷い無く仕事をする人生を選んでいますが、周囲の高学歴の友達は、出産と同時に辞める方が多いそうです。不景気だから、とか、素敵な女性の先輩が居ないから、とか色々言われるけれど、家庭環境(母親のあり方)も大きいんじゃないかと思います。

同様の意見が
Gさんより

私の意見としては「育った環境」が大きいのかな?と思います。今、世襲論議が醸し出されていますが、自分が育った環境はなんだかんだ言っても居心地がよく、そして「他をよく知らない」。

 崋分の一番近い環境や人に憧れてその道を自分も作ろう!と進んでいく」のはとっても普通だと思うのです。
(話はそれますが、芸能人の子供が芸能人に、政治家の子供が政治家を志すのは「普通」だと思うのです。成功するか否かは別として。)

だから、私も親の影響は『大』だと思います。そして高学歴女子は高学歴旦那様の場合が高いでしょうからその旦那様は平均的にお給料が良いので
◆崟豢伴臧悗任い蕕譴=お金を稼がなくても大丈夫な環境」ってことが言えるのでしょうね。

すると
「高学歴旦那=高収入の旦那様=忙しく、あまり家庭にいられない旦那様」

だとすれば、高学歴奥様は子供の世話をしなくてはならない。高学歴奥様の母親に主婦が多いのだとすれば、それが今の若い世代にとっての育った環境になるわけで。すると,箸覆蝓高学歴女子となれれば△砲覆蝓△弔泙雖になってふたを開ければ専業主婦ってことになるんでしょうか。

こうみると、専業主婦って「セレブ」のイメージなのかも知れませんね。だから若い方は憧れるのかな?って思います。

でも、自分に合わない環境が一番つらいのだから、「専業主婦がいいのっ!!」と決め付けずにいろいろ手を出して欲しいなぁと思いました。いろいろ欲張るのも面白い人生だし。

またHさんからも

それにしても、母というか、周囲の女性の影響力というのは、大きいのですね。子どもが「将来なりたいもの」というので、知ってる職業しか言えないのに似てるのかも。

「高学歴だったらバリキャリでなくちゃおかしい」「男が共働きをのぞむなんて情けない」という前提が記事に見え隠れするのもおもしろいですね。記事を書いているのがどの辺の年齢なのかはわかりませんが、世代間の意識の違いというものが、確実にあるような。

ネガティブにもポジティブにも受け止められる話だと思います。「専業主婦願望」については、まったく「専業主婦」になりたいというよりは「あんなに苦労してまで働くのはいや」ということなのかなあという気もしますし、そうであるならば、「ゆるい働き方」ができるなら、彼女たちは「専業主婦」でなくてもいいんじゃないでしょうか。

男性の方もたぶん、「忙しくて、全然自分や家庭をかえりみない、仕事人間の妻」という共働きを望んでいるわけではないような気がします。こちらも「自分が全部、家計を背負うなんて、そんなしんどいのはいや」ということなのでは。

両方共、これまでの「仕事人間」たちを見て、「ああいう、仕事仕事なのは自分はいや」だと思っている、そこは共通しているのだと思います。個人的には、まったくの専業主婦、とてもリスキーだと思いますが・・・。

親の影響は大きいですよね。また、Hさんが最後にあげていた、これからの時代、専業主婦がリスキーだという意見は、私も強く共感します。

●お疲れなのかも?
Iさんの意見は、同情がありつつも男女の傾向をポジティブに受け止めています。

専業主婦願望については、今時の20代女子はお疲れなのかぁ、という印象を持ちました、笑。

専業主婦が本当にラクかどうかについてはそれぞれが置かれた境遇により意見が分かれると思うので省略しますが、20代女子の描くラクな道が将来的に家族にとっても自分にとっても意味のあるものだと思えるのであれば何の問題ないと思います。

どんな道を選んでも、自身の境遇の優劣について納得できる判断を下せるのは自分自身だけなのだろうから。ただ、専業主婦願望を持つ女子のお相手となりえる未婚男性が共働きを望んでいる訳で・・・そこが面白いですよね。こちらの方は表面的には喜ばしい事のように思えるけれど、当人の思惑通りに動ける環境が築かれていなければ実現は難しい訳で。今まで以上に既婚女性が働きやすい職場を作るのと同時に、既婚男性が家庭を顧みる事を許される職場が作られるような社会が築かれていくと良いですね。(他人事のようですが)

どちらの話題も家庭に入る事に対してマイナスイメージを持っていないという点では今時っぽいのかな、と、好意的に取りました。

高学歴女性が高学歴大学の椅子を占領すればするほど、高学歴女性がもとめる高学歴・高収入男性が少なくなるというのも皮肉なところです。

●仕事、楽しいのに。
ちょっと世代の若いJさんと、Kさんの意見

まずはJさん

私は、ちょっと厳しめの視点から・・・。

専業主婦願望のある若い女の子たちは、セレブな専業主婦をイメージしているのではないでしょうか?
どんな生活をしたいかという希望は個人の自由ですが、現実的に考えると主婦が働かなくて済む世の中ではなくなってくると思います。

今後少子高齢化で、少ない労働人口で高齢者を支えなくてはいけなくなりますよね。経済は、今後それほど成長が見込めず、夫の収入だけで家族を養える家庭も減るでしょう。税制上の配偶者扶養控除や、年金の免除(第3号被保険者)などの制度で専業主婦を保護するような力も社会になくなっていくでしょう。

となると、夫がよっぽどたくさん稼がないと、専業主婦生活は難しいのでは?働く妻をのぞむ男子は、そういう理由かなと思います。

・・・と暗い側面から始めましたが、私自身ワーキングマザーをしていて、なかなか大きな声では言えませんが、実はなんて幸せなんだろう と思っています。

「仕事をする楽しさ」と「子育ての楽しさ」の両方を味わえて、「仕事だけ」「家庭だけ」の人よりも、幅のある欲張りな人生を送れていると思います。その分大変なこともあるけど、人間的に成長できるし、夫との対等な関係のためにも経済的な自立は必要だと思います。

・・・といわれても魅力を感じない、あんまり欲張りじゃない若者が増えているのかもしれないですね。若者の海外旅行離れも話題になっていますし。
WMの大変さばかりが伝わって、「喜び」の部分が伝わっていないのも原因なのかもしれません。

そしてKさん。

よい面でみると、女性も男性も共に「家族」や「家庭生活」を大事にしたい!っていう潮流が強くなってきたのかなと。会社に長い間身も心も尽くしたとしても、経済が悪化した時どういう目にあったかはみんなさんざんみているので。「子育てのために自分が犠牲になるのは仕方ない」という人が増えたというニュースが今月上旬に出て いましたが、それも世代を問わず家族重視の流れが強くなってきた一つのあらわれかもしれませんね。 ↓ http://mainichi.jp/life/edu/child/news/20090607ddm013100016000c.html

「家族」は生活の根っこの場所なので、そこを大事にしたい人が増えるのはいいことに感じ ますし、「俺が食わせてやる(ので文句を言うな)」といった勘違い男が世の中から減っていくのは個人的にうれしいです。

知り合いのお嬢さんも「専業主婦希望」です。理由を聞いてみると「ママみたいに過ごしたいから」家でお客さんをもてなしたり、クッキーを焼いたりするのが向いている、と。それを聞いて、「ああ、今の姿しか見てないからなんだな」と思いました。その方の親御さんは50代。金銭的にも時間的にもゆとりが出て来る頃なんですよね。で、その姿を見て、「いいなあ」と。「すてきな奥さん」とかに出てくる節約しまくりの専業主婦になりたいわけじゃないんじゃないかという気がしました。大学生の場合、実際に仕事についていないから、より一層、仕事についてかまえたり、ネガティブにとらえる点もあるのかもしれません。

ワーキングマザースタイルでも、もしかしたら仕事の楽しさとか、そういった記事も発信していったらいいのかな、と思ったりもしました。仕事しててこそ感じる何かポジティブな情報が書けたらいいな。

ぜひぜひ、お願いしますm(__)m

なんだか疲弊したワーキングマザー情報ばかりが世でフィーチャーされることによって、無駄におびえされているような気がしますよね。仕事に誇りをもっているお二人の意見は、やっぱりうれしいですね。

そして、Lさん

私の義理の母は、私に働いてほしくない様子。言葉の端々に、その気持ちを載せてきます。三つ子の魂百まで伝説に全幅の信頼をよせ、自分は子供のためにすべてを犠牲にしてきたので、それがデファクトスタンダードになっているのかな、と。 専業主婦って大変です。仕事していたほうが楽。と私がぽつりといった言葉にも、すばやく反応して『だから今の母親は働きたがるのよね』と。苦笑 高度成長期の専業主婦。その時代を生きた人には、女性が共働きを望むことが罪悪のようにも思える。今度は男女共同参画。共働きが増える今、今度は専業主婦があこがれに。

働いたことのない女性にアンケートということを考えると、個人的には、さみしいというか。働く楽しさを知らずに、働かないスタイルを望むのは悲しいですね。でも。その気持ちを今の人に伝えても、あなたたち(世代)にはわからないわよ!といわれてしまうのかな。確実に自分とは違う時代になってるのだと、感じました。

働ける環境が整うと、あえて働かなくてすむ環境を求める。そういうことかもしれませんね。

最後に、すでにこの高学歴女性と同じ世代の娘をもつMさんから

●背伸びをしなくなった若い世代

そろそろ娘たちがそういう世代に入っているので、現実問題としていろいろ考えることがあります。娘のうちの一人は専業主婦願望がありますね。

その背景には、こんな動向がひとつにはあると思います。

「『無理して理想を貫くより、身の丈に合った生活でいいじゃん』といった意識が時代の気分になりつつあるんでしょうね。特攻服などの古典的なスタイルではなく、早熟・早婚、地元志向といった要件を現代のヤンキー像だと私は捉えているのですが、それらの志向、つまり無理をしない生き方が、不況や格差社会が広がる不安定な日本の現状をうけて、共感を生み、再認識されるようになったのだと思います」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=866749&media_id=29

上記は『ヤンキー進化論 不良文化はなぜ強い』の著者・難波功士さんのインタビューの言葉ですので、高学歴に限ったことでもないと思いますが、今の若い子は男の子も女の子もわりとそういう考え方をします。

私が専門学校で男子生徒30人ほどに、将来の夢を聞いたところ「とにかく普通に生活できるくらいのお金を稼げればいい」という言葉を数多く聞きました。家庭を持てること自体が憧れの対象になっているような感じさえありました。ある男性プロデューサーの方が「部下に尊敬される部分があるとしたら、それはキャリアではなく、家庭があり子育てをしているという部分だ」とどこかのコラムに書いていたことがありました。それほどまでに、家庭を持つ=甲斐性を持つ ということを男子が負担に感じる世の中なのかもしれません。

“結婚するなら働く女性”と言う男性が、口だけでなく本当に家事や育児の分担ができればいいんですが、そこはまだ楽観できませんね。家事や子育てを2分できる時間を持てるほど、世の中の企業がワークライフバランスを考えているとも思えませんので、実際は厳しいんじゃないかと。
ただ娘のこれまでの彼氏や男友達を見る限りは、働いてキャリアをアップさせることよりも「楽しい家庭」でマイホームパパをやりたい願望が実際強そうではあります。その分女性にも働いて収入を支えて欲しいと思っているようです。

「あまりバリバリがんばりたくない」という気持が今の若い男女両方にあると思います。専業主婦願望が強い高学歴の女性のニーズを満足に満たせる男性はとても数少なくなると思うので、やはり現実的なところでは共働きで、ワークライフバランスを考えやすい業態で、お互いできることをやっていくということになるのだと思います。もし専業主婦にどうしてもなりたいのなら、男性の収入だけで文句を言わず生活を支え、このご時勢、男性がコケたときのリスクも背負う覚悟が女性の側にも必要ですね。

うまくまとめていただきました。

私見を言えば、高学歴の女性の作られ方にも問題があるかもしれません。本当に勉強がしたくて、もしくは立身出世したくて大学に入るというわけではなく、いい家庭で、いい学校に入るのが当然という流れで、ふと気がつけば高学歴を手にしていたということでしょう。もちろんたいへんな努力はしてきたと思いますが。

高学歴を勝ち取ったご褒美として、「自分の能力を発揮できる職場」以上に、「自分が専業主婦もしくは、おこずかい程度の仕事をするだけでもかまわない環境を用意してくれる、高学歴・高収入の夫との出会い・結婚と、出産・教育による再生産」のほうが魅力的と思う人が多いのは、昔からそれほど変わっていないかもしれません。問題は、それを実現してくれる男性が明らかに少なくなっていることと、男性自体にその気概がなくなってきて、かつ社会もその余裕を失ってきているために、女性の専業主婦願望よりは、男性の共働き願望のほうが、現実的でしょう。

ネット上には、専業主婦になるくらいなら高学歴を得るのは、高学歴の男性をその分、減らしてしまうことになるので、やめたほうがいいという意見もあるようです。ただ、人生は長いし、学歴や勉強したことや学生時代で培われた人脈は決して無駄になりません。能力があるならば少しでも上を目指すべきかと思います。

結論として、娘には、高学歴と、自立して生きていけるだけの仕事と、家族を養っていける夫と、つまりすべてを望みます(笑)。この結論が一番現実的ではない、それはよくわかっているのですけど。

blank_space
2009年05月19日

vol.113:トラックバックテーマは「あなたの新型インフルエンザ対策」


投稿者 村山らむね

前回の「新保育園生活、新入学などに役に立ったもの」では、ワーキングマザーならではの経験に基づく商品口コミが多数寄せられました。ありがとうございます。

さて、今回は、ズバリ「あなたの新型インフルエンザ対策」

・今回の新型インフルエンザ関連で、政府や行政の措置で思うこと
・マスクや消毒薬はどうしてる?
・食料はどの程度備蓄している?
・保育園や学校が閉鎖されたら、どう乗り切る?

など、今回の件で思うこと、慌ててたてた対策や、買い込んだ食料など、みなさんが今回の件にどう対応したのかを教えてください。書きにくいことはぜひぜひ匿名でコメントなさってください。

blank_space
2009年05月18日

新型インフルエンザ速報第二弾 パニックをあおらないで


投稿者 武田りこ

こんばんは、りこ@神戸ど真ん中、です。
土曜日未明に降ってわいた、新型インフルエンザ国内発生第一号騒動ですが、渦中のど真ん中にいて、思うことがたくさんあります。
そもそも、今の政府などの対応は、強毒性の鳥インフルエンザを想定したもので、それを今回の新型インフルエンザにそっくり当てはめること自体、違和感があります。
国内第一号の子は、”たまたま検査したら、そうだった”ということで、周りには同じような症状の人たちがたくさんいて、皆自然に治っています。
勿論未知のウィルスですから、油断は禁物ですが、たいていが軽い症状で済んでいるわけですから、その中には全くインフルエンザだとも思わないで、終わった人もたくさんいると考えられます。
ということは、新型インフルエンザのウィルスはもう普通のインフルエンザと同じように、日本国内どこにでもあると考えられるのですから、日常生活の中で、ひとりひとりが感染を予防し、健康を管理することが必要だと思います。

やれ、パンデミックに備えて食料備蓄だとか、マスクが売り切れだとか、マスコミがあおりすぎているように思えてなりません。
マスクさえつけていれば、OKみたいに思っている人も多く、今日も買い物に行った先々で、マスクはしているけど、口だけ覆っている人、顎につけている人を多く見かけました。
それによって本当に必要な人、つまり今せきが出ている人、インフルエンザ様の症状がある人がマスクを手にいれたくても、売っていない、という事態を招いています。

保育園を含めてこのあたりの殆どの学校などは一斉に休園、休校になってしまいましたが、看護師や医師の中にはは子供を預かってもらえないために、ただでさえ人手不足の中、出勤できなくなっている人も少なからずいます。

マスコミの過剰反応、政府の柔軟性のない対応によって身近に起こっている例を紹介します。

例1 「こどもの鼻がちょっとでている状態で、今回の報道を見て、新型インフルエンザだったら大変と思い、あわてて近所の医院に行ったけど、何ともなかったわ。」

もし新型インフルエンザだったら、この病院は、今の政府の方針だったらこのあとしばらく休診になってしまいます。
本来新型インフルエンザが疑われる場合は、まずは発熱相談センターに電話して、それから発熱外来を受診することになっていますが、実際にはこの例のように、不安をあおられて直接医院、病院に行く人が多数います。
この時期に、あちこちの医院、病院が、休診になってしまったらどうなるでしょうか?
また、ちゃんと発熱相談センターに電話する場合でも、あまりにマスコミがあおるので、ちょっとでも風邪のような症状があったり、感染している人の周りにいた人が、相談に殺到して、本当に必要な人が相談しようとしても、いっぱいになっています。

例2「軽いインフルエンザ様症状だけど、もう殆ど治りかけているので、今から受診して、新型インフルエンザと確定してしまったら、マスコミにはまるで殺人でも犯したかのように扱われるし、自分や自分の周りの多くの人たちが今から一週間も隔離されるのはたまらないからこのまま自然に治そう」
新型インフルエンザは今のとこと殆どが症状が軽いようですが、そこは新しいウィルスなので、油断は禁物で、適切な治療は受けるべきです。でも今の状況では、この例2の様に考える人がいても仕方のない状況です。
かかった可能性のある人が、普通に診察、治療を受ける機会をマスコミや、政府の極端な対応が奪っています。

高校の周りを取り囲む報道陣たちを見ていると、病気に対する偏見などの過去の教訓は何も生かされていないことを痛感します。


blank_space
2009年05月15日

明日、虹をかけてみませんか?


投稿者 本田いく

こんにちは。本田いくです。

初夏らしい陽射しが気持ちいい今日この頃、いかがお過ごしですか?

ところでみなさん、簡単に虹を見る方法って知ってますか?

「太陽に向かって霧吹きをシュシュッ」「太陽に向かってホースで水を撒く」

ですね。そう、簡単。いつでも側に虹がある、なんて、素敵じゃないですか?

で、この虹「多様性のシンボル」でもあるのです。

明日、5月17日は「IDAHO(International Day Against Homophobia)」の日です。

6628633_3470962777.jpg

IDAHO」。同性愛への差別的・嫌悪的な考え方や行動(=ホモフォビア)に反対し、愛し方も含めて、多様な生き方・在り方を認め合うことを願う日。何故5月17日なのかというと、19年前のこの日、WHOの精神疾患の項から、同性愛が削除されたからです。

性同一性障がいという病気(?)の存在が明らかになり、同性愛者であることをカミングアウトしながら市長になったハーヴェイ・ミルクのドキュメンタリーが話題になったり、少しずつ、世の中には単純に男と女しか存在しないわけではないということが、認識されてきたのではないかと思います。

とはいえ、まだまだ、同性愛者だとというだけで、生存を否定されたり、脅かされるている人達も存在します。

人の多様性を認めることは、自分の中の多様性を認めてもらうことと同義なのではないでしょうか。

いきなり、ホモフォビアについて考えることはハードルが高いだろうとは思います。

でも、明日、天気が良ければ小さな虹を作って「多様性」について少し、考えてみませんか?

みんながすごしやすい世の中になりますように。

blank_space
2009年04月02日

ユニセフ・マンスリー・サポート


投稿者 湯河原こむぎ

今年、一月に「妖怪「むだづかいばばあ」をやっつけろっ!」という記事を書きました。その後の妖怪むだづかいばばあはどうなったでしょう?

その記事に書いた、WOWWOW・スカパー!・千趣会・フェリシモを解約するっていうのは、全部解約しました。

それと・・・忘れていたんだけど、去年の二月に、夫と私は新しいケータイを買いました。そのケータイの一年払いが終わったので、二人分で月8000円くらい携帯の支払いが減りました。

なので、一気に20000円〜25000円くらい無駄遣いが減りました。やればできるじゃん!えらいぞ、こむぎ!・・・って逆に、お前は何年間、無駄していたんだ・・・とも思ったり。ま、「無駄だという事にに気づいた」だけでもえらい!・・・という事にしておきましょう。せっかく見なおした家計。有意義な事に使えるようによく考えましょう。


先日、テレビで「行列のできる法律相談所」のSP「カンボジア学校プロジェクト」を見ていました。この番組ってレギュラー放送はまったく見たことないんだけど・・・

以前、いろんな著名人の方々が絵を描いて、それをオークションにかけて、その売上金をカンボジアの学校建設のために使う・・・っていうSPも見ました。

今回は、その後、学校はどうなっているか?また、絵を買ってくださった方々は、その絵をどうしているか?というSPでした。

俳優の市原隼人君が、現地に行っていました。カンボジアに行くことが決まった時、彼は自分のブログで「ノートと鉛筆限定で寄付をお願いします。」とブログを見ている人に呼びかけました。彼の呼びかけで、たんまり集まったノートと鉛筆をカンボジアに運び、自らの手で子どもたちひとりひとりに渡していました。それから校庭にブランコや鉄棒など、遊具をいっぱい作ってあげていました。もちろん、そのあと、子ども達といっぱいいっぱい遊んでいました。

市原君、君は只者ではない!と思っていたけど(人気絶頂なのに、生番組で「彼女います」宣言したり、演技だって上手。)、本当にすごい人だ!

こういうのを見ていると、自分にも何かできないかな・・・って思ます。でも、高額で絵を買うことも出来ないし、ノートと鉛筆も届けに行けないし。どうしたらいいんだろ・・・?

そういえば、この間、ユニセフからパンフが届いてた(阪神大震災の時に寄付してから、時々送られてくる)。クレジットカードで毎月寄付できるって書いてあった。いいなって思ったけど、なんとなくまだ手続きしてなかったけど、今が決心の時だ!・・・と思って、手続きしました。

ユニセフ・マンスリー・サポート

我が家は3000円コースを申し込んでみました。

ユニセフのHPを見ると
★月に2000円で年間12人の子どもが6種類の病気を防ぐ予防接種を受けることができます。
★月に3000円でどこでも教室が開くことができる、生徒40人分の緊急教材セットを3クラス分届けることができます。
★月に5000円でストリートチルドレンを保護する施設の家賃を6ヶ月まかなうことができます。

って書いてあります。

この金額は目安で、自分が可能な金額を毎月寄付できます。もちろん一回だけの寄付もできます。私ってやつは、3000円持ってても、知らない間にくだらない事に使っちゃうようなバカな人間なんです。だから少しでも有意義な事に生かせれば!と思いました。皆様もHPを見てみてください。

みんなが少しずつ気持ちを寄せれば、大きな力になるかもしれません。

blank_space
2009年03月24日

【投票付き】定額給付金と子育て応援特別手当、どう使う?


投稿者 WMS情報局

定額給付金が給付されはじめましたね。首都圏の自治体は早いところで4月、ほとんどの市区町村がだいたい5月に入りそうだということです。

正直、このばらまきには思うところがいろいろあれど、もらえると決まれば何に使うか心は弾むもの。

大人2人、子供1人の我が家の額は44000円。

子供が2人以上いる家庭では子育て応援特別手当ももらえるので、かなりの給付額になりそうです。
たとえば、大人2人、子供2人の場合、いろいろと条件(自治体によりますので、お住まいの自治体に問い合わせしてみてください。90年4月2日から05年4月1日までに生まれた子が2人以上いること)はあるようですが、定額給付金で64000円プラス子育て応援特別手当36000円で、なんと10万円。お子さんの多いご家庭は、かなりの給付額になりそうです。子供が1人の我が家は対象外です。(さみしい!!)

せっかくの給付金を寄付して世の中をより大きく動かそうという動きもあります。

みなさんのご家庭では、どう使いますか?ぜひ教えてください。

ぜひ投票して見てください。(コメントもどうぞ)

■定額給付金、どう使う?


 ・旅行や外食などちょっとした贅沢に使う

 ・生活費の足しにする

 ・貯金する

 ・寄付する

 ・まだ決めていない、など、その他

  結果
 -ブログでアンケート-

※該当するものをクリックしてください。


子育て応援手当はわかりにくいので、ぜひ各自治体に問い合わせしてみてください。基本的に育児手当のないお子さんへの補助というのがコンセプトらしいので、育児手当に該当しないお子さんに支給されるらしいです。あまりマスコミで告知されていないのも、たぶん説明すればするほどわかりにくくなっちゃうからでしょうね。


blank_space
2009年01月08日

妖怪「むだづかいばばあ」をやっつけろっ!


投稿者 湯河原こむぎ

s8000fd0198.jpg
妖怪「むだづかいばばあ」?・・・何それ?どこにいるのー?・・・って私の事です~。私はこの上ないむだづかいばばあ。高価なものはあまり買わないんですが、かわいいものを見ると「かわいい~っっっ!家に連れて帰りたい~!」と思ってしまう。

去年の後半から、かつてない不況で、連日テレビでもこのニュースが取り上げられていますよね。我が家的には、今のところお給料や雇用面などには影響はないのですが、株や投資信託がひどい事になっています。←これは、すぐに使わないものなので、値が戻るのを気長に待ちたいと思います。

今、私がするべき事は?

・・・とりあえず無駄づかいをやめて、相場で変動しない普通の預金を増やさなければ!と思いました。良い機会なので、我が家の家計をちゃんと見直してみる事にしました。

気づいてはいたけれど、めんどうなのでそのままにしていたものがいろいろとあります。賢い主婦の皆様に「ばっかじゃないの?」と言われそうですが、勇気を出して書いてみます。



無駄なのでやめることにしたもの

WOWWOW・・・最近全然見ていない。なのに、地デジにしたら「デジタルWOWWOWにしませんか?」と電話がかかって来て、夫がデジタル契約にしてしまったの。でも、やっぱり全然見ないので解約します。

スカパー!・・・一時期すごくよく見ていました。スカパー!があると、ツタヤに行かなくて済むからラッキー!って感じで。でも、これも最近全然見ていないので解約。

千趣会・・・これってOLの定番じゃないですか?会社を辞めたあともなんとなく止めるのさびしくて、個人で買っていました。「毎月届く」って言うのがうれしいんですが、よく考えたら「毎月はいらないだろ・・」と思って。

フェリシモ・・・これもOL時代から、ずっと買っていたもの。これも「毎月届く」スタイル。この会社、注文したものがきちんと届かなかったり、問い合わせの電話をすると納得行く対応がされなくて、腹が立つことも多く、何度も「もう買うの止めよう!」って思ったのですが、この会社にしかなく独特の商品があるので、ついつい今まで続けて来たけど、今度こそもう止めます。



今後(よっぽどの事がない限り)買わないと決めたもの

私、雑貨が大好きです。雑貨ってそんなに高くないので、ついつい買ってしまう。なくても困らないけど、あるとしあわせでしょ?・・・だから買ってしまうのよねえ。

食器・・・マグカップなど、かわいいものが多いので誘惑が多い。でも、もう買わないよ。

ブランケット・・・私も娘も、あったかくてふわふわのものが大好き。秋冬になると、店頭に並ぶブランケットが欲しくて欲しくてたまらない。でも、もう多過ぎです。買ってはダメ。

タオル・・・いただきものも多い上に、かわいいものが多過ぎる。でも買っちゃダメ。

ダイエットの本・・・いっぱいあります。本を買っただけでは痩せません。

お料理の本・・・見るとおいしそうでつい買ってしまう。今、持っている本のお料理を全部作れたら次のを買ってもいい。←無理っ(^^ゞ

節約の本・・・その本を買うこと自体、節約できていないって事。

トートバッグ・・・大好きでいっぱい持っているのに、またかわいいのを見かけると買ってしまう。

折りたたみの傘・・・最近500円くらいで買えるからか、かわいいものをいただきます。売ってるのをみると目がハートになっちゃうようなものも。

必要以上のお菓子の買い置き・・・お菓子ってなければ食べないですよね。ダイエットのためにも。



ここで宣言したら、できそうな気がして来た。なんだか行けそうな気がする~・・・←天津木村風。

賢い主婦の皆さまは「家は、そんなのひとつもないわよっ。」って感じですよね~。無駄ばかりのこむぎの人生!これからでも遅くない、賢い主婦への道に軌道修正するのだ~。

・・・でもね、ひとつ懺悔していいですか?・・・
暮れに、私、キャスキッドソンの福袋注文したんですよ。楽天で。その中味がですねえ・・・

★キャリーオールバッグ
★コットンバッグ
★ラージブックバッグ
★マグカップ
★折り畳み傘
★ステーショナリー
・・・6種類が必ず1点ずつ入って10000円!


・・・私が「買わない」って決めたものが三つも入ってるんです。トートバッグ・マグカップ・折りたたみ傘。・・・私の決心っていったい・・・。

いや、決心は新年になってからしたので大目に見てください。福袋注文したのは暮れだったの。



削りたくないもの

TOKIOやアンジェラ・アキのライブには絶対に行きます。(彼らの)CDやDVDもケチケチせずに買います。

映画代・・・ただし、定価では観ません。必ず1000円で!家族で観る予定の映画は前売り券を利用。

娘の塾の費用

生活クラブの食材・・・引き続き、安心でおいしいものが食べたいです。

飲み会やランチ・・・友達との楽しい時間は削りたくないですね。



自分の意識は変えるけど、楽しく暮らす事は変えたくない。余計なものを買わない事が一番かな。何か買う時はよく考えて。一番安く買えるところで買うようにしようと思います。

一緒に頑張ってくれる人募集です~。

blank_space
2009年01月01日

お家でサファリ


投稿者 湯河原こむぎ

あけましておめでとうございます。今年も楽しいネタを探して記事にして行きたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

AFRIKA

不況ですねえ。我が家の夫は公務員なので、今のところ給与面での大きなダメージはないのですが、株価暴落のため、保有している株や投資信託が激しく元本割れしていて、その点で大打撃を受けています。娘がまだ公立中学一年なので、大きなお金がかかる時期でなかったのが救いでした・・・^^;

先日「めざましテレビ」で、「若者の節約デート」・・・というような特集をしていました。最近のデートは、どちらかのお家に行き、ネットやゲームでまったり過ごし、ご飯も家で食べて無駄なお金は使わないんだそうです。そう「自宅デート」が主流なんだそうです。今の若者は堅実ですよねえ。

私達はバブル世代なので、お給料は年々上がるのが当然だったし、デートは楽しくお外で過ごす。休みの日に家でじっとしているなんてありえなーい!みたいな考えでした。バブル経済崩壊以降、そうですね、平成4~5年あたり以降に入社して来た子達は「お給料って年々減るものなんですね。」なんて言ってました。たしかにその後の、北拓の破綻、山一の破綻が相次いだ頃からボーナスも徐々に減らされて行きました。バブルで踊らされた経験がなく、破綻の地獄を身近に感じたから堅実なんです、彼らは。

我が家も派手にお金を使うタイプではありませんが、お休みの日に家にじっとしているのが嫌いで、近所のショッピングセンターあたりにぷらぷらと出かけます。そうすると、なんとなくお金って出て行きますよね。小腹が空いたから何か食べたいな、面倒だから夕飯食べちゃう?なんて。

堅実な若者を見習って、無駄遣いをなくし、リスクのない普通の預金を増やさなければ!と思いました。

f30blog03641.jpg

で、「不要な外出を減らす」+「お家でゲーム」・・・という結論は、ほんと短絡的で申し訳ないのですが、最近、夫がやっているゲームがおもしろいので紹介させてください。

PS3のゲーム「AFRIKA」です。

お父さんと子どもがリビングで「カバってアクビするのかなあ・・・?」って、大画面液晶テレビのこのゲームの画面を見て話してる。ずーーーっとカバのアクビを待っているうちに眠くなってしまう。2人が眠ってしまったあと、テレビの中のカバがアクビする・・・というこのゲームのCMを見た時に、なんだ?そのゲーム、じっと見るだけ?って思いました。確かに映像がとてもきれいで動物もリアル。でも、見てるだけ?観察するの?・・・って。

f30blog03642.jpg

夫がこのゲームを買って来て(←こういうところがお金がたまらない体質なんだと思うが・・・)やり始めたらおもしろい!

ゲームの中のパソコンに「こういう写真を撮って来てくれ」と依頼のメールが来るので、スズキのジムニーに乗って、サファリに出かけて行き、写真を撮る。その写真をメールで送ると写真が評価され、良い写真が撮れると報酬がもらえる。その報酬でカメラをグレードアップし、また次の依頼の写真を撮る・・・という流れ。

f30blog03643.jpg

依頼の内容は「キリンが水を飲むところ」とか「ダチョウの求愛」とか「ヌーの大移動」とか。それから「ライオンの狩り」というビッグゲームも。

そして、グレードアップ出来るカメラは、さすがPS3(←SONY)だけあって、SONYのαシリーズ。レンズもいろいろ買えます。普通の一眼レフと同じように絞りや露出を変える事も出来ます。ゲームの中で撮る写真なのに、いろいろと凝る事が出来るのが、写真好きの大人にはたまらないと思います。子どもがやるなら、AUTOでもOK!

撮った写真は「NATIONAL GEOGRAPHIC」の表紙になったり、図鑑に載ったりします。(あ、もちろん、自分のゲームの中でだけですよ。)それらの本は、サファリのベースキャンプにある本棚に納められます。ちょっとうれしいです~。

この写真は、ヌーの大群が遠くに見えた時です。この大群が河を渡る時の写真を撮るためには、待たないといけません。草むらに隠れてじーーーっと待ったりするのです。

f30blog03651.jpg
なるべく動物の近くで撮らないと写真の評価が上がらない。でも近づきすぎると、動物に襲われてしまう。その加減もむずかしい。ちなみに動物に襲われる時は、血が出たり噛まれたり・・・などのグロいシーンはありません。画面が暗くなり、そして撮った写真が消えてしまいます。

ヌーが河を渡り始めましたよ!シャッターチャーンス!・・・けっこう楽しいです。お家でサファリ。


blank_space
2008年12月28日

vol.111:トラックバックテーマは「この不況、どう乗り切る?」


投稿者 村山らむね

前回のクリスマスねたでは、みなさんのお子さんへの思いやそれぞれの世代のクリスマスプレゼントのトレンドがわかり面白かったです。

さて、次回の2008年と2009年をまたぐトラックバックテーマは「この不況、どう乗り切る?」

【家族時間モード】です。

100年に1度と言われる金融危機から、実体経済の不況。我が家ももちろん無縁ではありません。仕事の面でも、かなりの逆風が吹いています。

働きつつ、家計を預かるワーキングマザーとして、この不況にどう立ち向かっているのかぜひ、教えてください。みなさんの知恵を集めて、利用して、この苦境を明るく切り抜けていきましょう!

具体的に下記の4点について教えていただけると幸いです。
1、不況の影響は出てる?具体的に教えてください。

2、切り詰めているのはどんなこと?切り詰められないのはどんなこと?

3、ちょっとした節約の工夫教えてください。

4、この不況で何か考え方に変化はありますか?

実名などでは書きにくい場合は、どんどん匿名を使ってコメントしてくださいね。

ちなみにわたし

1、不況の影響は出てる?具体的に教えてください。
出ています。かなり直撃?夫のほうはボーナスが出ただけありがたいという状況。私の仕事のほうも、まだ直接的な影響はないものの、今後はさまざまな影響が考えられます。

2、切り詰めているのはどんなこと?切り詰められないのはどんなこと?
外食。土日のどちらかは必ず外食していましたが、最近は、ほとんど外食していません。あとは、旅行の取りやめ。洋服も自分のものはまったく買っていません。バーゲンも行かないでがまんしようと、通販のバーゲンの利用に切り替えています。切り詰められないのは、やっぱり教育費。習い事や塾を5つさせているので、頭の痛いところですが、まあもう少しがんばろうと言う感じでしょうか。

3、ちょっとした節約の工夫教えてください。
商品券やギフト券、ポイントなどをこういう時期にきちんと消化すると、意外と現金を使わずに買い物ができます。贈り物など節約できない買い物の時にはとても助かります。

4、この不況で何か考え方に変化はありますか?
貯蓄をしていたつもりですが、まだまだ足りないなと。もっと生活の質を落として、ちゃんとお金をためようと思いました。お金をためるのも重要なことだけど、何よりも重要なのは生活の質を落とすこと。無駄を省いて、贅沢をやめることは、お金をためることよりも実は重要なことのような気がします。
生活を縮める。縮めても楽しいことをちゃんと思い出すこと。楽しく暮らせば、お金なんてそれほどかからない。そういうことをきちんと思い出そうと思います。なんちゃって。ふかヒレ食べたい。

こういうときは、自分自身を見つめ直して、実力を蓄えることがいいのかなと思いますね。


というわけで、みなさんの、不況切り抜け術教えてください!

少々、暗目のテーマですが、みんなで2009年をよい年にしていきましょう!私たちならできる!と根拠なき自信を持って!!

blank_space
2008年12月11日

ネットで薬が買えなくなるが現実となって一番怖いのは


投稿者 村山らむね

ここ何日間で、楽天からたくさんのメールがきているかと思います。「ネットで薬が買えなくなる」。それに対する署名運動をやっています。
kusuri2.jpg
ネット通販の利用者として、なんとも納得のいかない厚生労働省の省令。ネットは危ないものという固定観念から、ネットの利用者が現在享受している買い物環境を、無視するようなやり方は、納得がいきません。

どうしたらネットでも安全に薬が買えるようになるのか?という議論が全くないまま、水虫薬や痔の薬、妊娠検査薬まで、ネットで購入できなくなります。

その反面、コンビニでは薬剤師あるいは新設される「登録販売者」さえいれば、薬を買えるようになるのです。

そのうえ、従来からある「置き薬」は、置く時に対面だということで、規制の枠外です。

薬剤師や薬局関係者など既得権者に、コンビニでの薬販売を認めてもらうために、ネット販売を犠牲にして、どうにか帳尻合わせしようとしているとしか思えません。

ネットで薬を販売している事業者も困るでしょう。でも一番困るのは、消費者ではないでしょうか?何よりも、妊娠検査薬や排卵検査薬までネットで買えないなんて、笑止千万です。

私は産休中、歩いて5分のドラッグストアになかなか行けませんでした。ネット通販のありがたみが身にしみたのがこの時期です。夫にも頼めない薬がある。赤ちゃんを抱えた育児中の女性は、自力で直せというのでしょうか?健常者発想、甚だしいと思います。

安心安全をこういうことに安易に使わないでほしい。

私はケンコーコムというネットで薬やサプリメントを販売する企業の社外取締役をやっています。だからこの問題はある意味、利益当事者でもあります。ただ社外取締役は経営のお目付け役でもあるために、なんでもかんでもケンコーコムの経営姿勢に賛成というわけではありません。

ただ、今回の問題だけは、というか最近の消費者利益、正確にいうと利用者利益を、踏みつけにするようなさまざまな局面には本当に腹が立ちます。

携帯の小中学生の利用禁止や、蒟蒻畑の製造中止(祝!再開)、代引きやコンビニ決済の金融規制など。消費者保護のうちの被害者救済・被害防止のほうばかり傾いて、利用者保護・利用啓蒙がなおざりにされています。

本当にこれでいいのかなぁと、考えてしまいます。

新しい分野が頭を押さえつけられ、既得権やアメリカの主張だけが通って行く。注意書きを読まない消費者が保護され、学ぶ消費者の利便性には足かせが科せられる。

学ぶ機会、選ぶ余地。これを奪うためのお題目として「消費者の安心・安全」を使うのは、もう本当にやめてほしいと思うのです。

■関連記事
コンビニで薬が買えるって、家計にどう影響?

医薬品のネット販売規制、賛否両論より大切なもの

人間の価値を金で測る「クレジットスコア」導入に大反対する

ネットや新しいサービスを目の敵にするのはいいけれど、ますます経済の変革が妨げられ、子供たちの未来が侵食されるようで、それが本当に怖い。

blank_space
2008年11月23日

録画機能つきドアホン


投稿者 湯河原こむぎ

アイホン 録画付カラーテレビドアホン JAS-2AECD
元厚生事務次官を狙った連続事件、恐いですね~。「宅配便です。」って言われたら開けちゃいますもん、ドア。私、通販もヤフオクも大好きだし。

夫と話していて「ドアホンで、録画できるヤツがあればいいんだよな。」「そうだそうだ!それいいよね!」と盛り上がりました。「なんで今までなかったんだろう~!私達ってあったまいい~!」・・・と盛り上がって、ネットで検索したら、すでにあった~!


私達ってあったま悪い~!

調べてみたら、録画機能つきドアホンって、けっこうありました。180度映って、しかも相手が呼び鈴を押した時点で録画が始まるといいですよね。
「防犯グッズ ドア周り」で検索してみたら、ドアホンだけでなく、いろんな種類の防犯グッズがいっぱい出て来ました。

我が家は、玄関ドアに細長いすりガラスが一部入っていて、すりガラスの周囲1センチ幅くらいが透明になっているので、どんな人が来たかはっきりわかります。

背が高いか低いか
男性か女性か
宅配便か郵便局か
老人か若者か

だからドアホンはつけていません。
家の中からどんな人が来たかわかるから便利。でも、外からも人影が動くのがわかるので、居留守は使えません・・・いいんだか悪いんだか。透明ガラスの部分を、外から覗き込めば家の中が見えます。ただ、のぞいている人の顔もはっきり見えるので、のぞく人はいないかも。でものぞかれたら(ガラスに顔がちょー近づいていたら)恐すぎる。

皆様のお家、玄関周りの防犯は大丈夫ですか?

話は横道にそれますが、先日、友達の家が留守の間に火事になり全焼しました。5人家族全員出かけている間にリビングから出火したそうです。原因はまだ特定されていないのですが(全焼してしまったので原因がわからないとか・・)、彼女の家は、鍵を忘れても家に入れるように、裏口の外の家族しか知らない秘密の場所に「置き鍵」をしていたそうです。その鍵が使われ、留守中に放火されたという可能性もあるそうです。

よく植木鉢の下やメーターBOXなどに鍵を置いている人、いますよね。近所の人は見ています。見ている人は見ています。気づいている人は気づいていますよ。

物騒な世の中になりました。これから年末にかけて、皆様注意しましょうね。

blank_space
2008年08月30日

「ねんきん特別便」に思う


投稿者 常山あかね

届きましたか?「ねんきん特別便」。これまで自分の年金の履歴をじっくり見ることがなかったので、自分の人生の歴史を見ているようで、感慨深いものがありました。

あまり深く考えたことがなかったのですが、「大企業に所属していた期間は、厚生年金基金に自動的に加入していて、年金に若干の上乗せがある」など、あらためて認識しました。

また、せっかくなので、WEBで、将来受け取れるであろう年金予測を試算してみました。

「えっ?これだけで暮らしていけるの・・・」とちょっと愕然とし、急に財布の紐を引き締めたくなりました。また、もしも専業主婦として夫の扶養に入っていたら・・・という観点でも計算してみました。自分で厚生年金に入っているのに比べ、報酬比例分がないだけ当然少ない金額になりますが、想像していたほどの極端な差ではないという印象でした。

私は、現在、SOHOで働く女性からなる会社を経営しています。特にライターの方などは、フリーランス(個人事業主)として働いている方が多いと思いますが、この場合、国民年金に入っているか、サラリーマンの夫の扶養に入っているかのどちらかだと思われます。

フリーランスと会社員のどちらの働き方がよいかはワークライフバランスの観点からも様々な考えがあると思いますが、将来の年金額のことだけを考えると、やはり企業に所属して厚生年金に入ったほうが有利だと思います。

だから、今、子育て中で、SOHOで少しだけ働いている方も、将来的には社員としてバリバリと働いてほしい。もしくは、子育て中もキャリアを眠らせずSOHOで働き続きた実績を生かし、希望の企業への再就職を実現してほしい、と強く願います。

それが私の果たすべき大きな役割の一つなのだなぁと、あらためて「ねんきん特別便」を見て、実感しました。(^^)


blank_space
2008年08月25日

たくさんのマザーアスリートに万歳!感動の北京オリンピック


投稿者 村山らむね

長いようであっという間の北京オリンピック。たくさんの自分の限界までがんばる人たちの姿を、子供と一緒に堪能した人も多いのではないでしょうか。

我が家でも、多少生活のリズムが狂っても、これはと思う競技はナマで見せました。自転車MBT、カヌー、新体操、飛び込みなど、こういう機会でないと見られない競技を見ることができるのもオリンピックの醍醐味。水球、ハンドボール、バスケットボール、バレーボール、ホッケーなどの球技も見ていると明らかに動きのいい選手がわかってくるのがおもしろいところ。バスケットボールのスペインの選手は、今後大事に育てたいです。(←わたし、何様?)

うちの娘は、近代五種にはまり、実況中継がないことをかなり怒っていました。(←怒るなよ)

いろいろな競技を知り、いろいろな選手を知り、いろいろな国や地域があることを知ることが、オリンピックのすばらしさ。204の国と地域が出場して、メダルをひとつでも獲得した国と地域は94。つまり110の国と地域は、参加することに意義があったのです。たくさんの勝者と、たくさんのたくさんの敗者、出場さえすることができなかった人たち、それらみんなを支えた人たち。とにかく拍手です!四川大地震を乗り越えて、立派な運営をした中国のひとたちにも拍手を送りたいです。

さて、ワーキングマザーとしては3つの角度で、この北京オリンピックを総括したいと思います。

●ママさんアスリートの大活躍

ママでも選手は、珍しいものではなくなりました。やはり日本では谷亮子選手!翌日の柔道でやはりママの中国のXian Dongmei が金メダルをとりました。柔道だけで全部で4人以上いたそうです。ママ選手。中国選手の場合、五輪前の1年くらいは合宿でほとんど子供と会えない環境だったそうで、それももちろん辛いでしょうが、ある程度子育てもしながらの谷選手の5大会連続メダルは、もっともっと評価されてもいいのではないでしょうか?ロンドンも目指すといっていますが、私はその後のオリンピック(東京?私は、リオが強いかと…)まで、「40でも金!」をぜひ目指してほしいと思います。

そういう意味で、水泳のダラ・トーレスはワーキングマザーの星。3歳のお嬢さんのママはプールに戻って3つの銀メダル。41歳で自己記録の更新です。

「中年になって、『年を取りすぎた』とか『子供がいる』といって、やりたいことをあきらめている人の助けになれば素晴らしい。私が成し遂げたことはみんなできるってことを示している」

5つのオリンピックで12のメダルを得るなんていうのは本当にすごいこと。わたし的には、フェルプスとともに、水立体の英雄でした。

女子マラソン金メダルのルーマニアのトメスクも38歳。なんと、13歳の男の子のお母さん。銀メダルのケニアヌデレバは、36歳。なんと出産後にダイエットのつもりでランニングを始めたのがきっかけでマラソンを始めたそう。各競技で、選手生命が長くなったことも、印象的です。女を捨てなくても、競技ができるというのはすばらしいこと。なでしこジャパンのママさん選手は北京には選ばれませんでしたが、協会がずいぶん体制を作ってくれたようです。妻でもアスリート、母でもアスリートは、どうしても多数の人を巻き込みます。自分自身の強い気持ちと、環境を作ってくれる周囲の人たちへの感謝を忘れてはいけないのだなと、ワーキングマザーも改めて思わないといけませんよね。

●管理職としてのグローバルに活躍する女性たち

今回目に付いたのが、管理職としての女性です。今までは、指導者はあくまで男性中心だったのが、女性のコーチや監督が目立ちました。

たとえば、ソフトの斉藤春香監督。なんと38歳です。若い女性が指導者のポストを得るのはたいへんなこと。管理職として果敢に挑戦する女性たちにも拍手を送りたいです。

また、世界をまたに駆けて、あるときは母国を敵に回して、プロのコーチとして活躍する女性も目に付きました。シンクロの中国チームの井村コーチ、同じくスペインの藤木コーチ、アメリカバレーボールチームの郎平監督、などなど。日本も、愛ちゃんのコーチは2人とも卓球王国中国出身。相手国に受け入れられる力と、母国からのプレッシャーに負けない精神力。両方必要な本当のプロ。グローバルに、指導者として活躍する女性たちから、大いに刺激を受けたいところです。

●中国、韓国の精神力に学ばねば

いやー、中国と韓国は強かった。

まず韓国。
特に印象的だったのは、韓国女子アーチェリーの団体。中国との一騎打ちで、静粛にするべき競技場で韓国が打ち込むときに、妨害?ともいえるような笛の音が鳴ったりしたのですが、まったく意に介さず。土壇場での強さには舌を巻きました。バトミントンのスエマエと準決勝で対戦した韓国ペアの、なんというか勝利への執念。そして、もちろん野球。あの精神力は学ばねば、、、と思いました。

そして、中国。
卓球の決勝戦は男女ともに中国対決だったのですが、あの真剣勝負。自分が勝つ!という気迫のすさまじさ。感動しました。気力が違うなと。それと、結構みんなおしゃれで美しくて、昔の七三分けから完全に脱皮していましたね。スタイルの良さ、美貌。圧倒的な力でした。脱帽です。

本当にたくさん感動し、勇気をくれた北京オリンピック。
今度のオリンピックまで、私自身も成長していますように!

blank_space
2008年08月09日

北京オリンピックで応援したい二人


投稿者 村山らむね

オリンピックが始まりましたね。開会式はさすがチャン・イーモウ。“芸術性”と“中国ってすごいんだぞう”のバランスがとてもよく、見ごたえがありました。美人が多かったですね。

ところで、北京オリンピックでは特別応援したい二人がいます。それは谷亮子選手と、福原愛選手。

今回はどっと増えたママさん選手の中でも格段のプレッシャーを感じているだろう谷選手。今日、早速その本番がやってきますが、ベストが尽くされるように祈ります。ママでも金とずっと言っていますが、ママであることとアスリートであることを、彼女が実現していることで、どれだけ私たちに元気を与えてくれているか、心から感謝したいと思います。

そして、福原愛選手。彼女の特集で、中国で修行中に、同僚にいいがかかりをつけられて、まったくひるむことなく対等に喧嘩をしているのをみて、「ああ、こういうひとが本当に意味での国際人なんだ」と、つくづく感動しました。彼女は単なるスポーツ選手以上の資質を持っていると感じます。これからも友好だけでない数々の問題をはらむだろう日中関係に、もしかしたらとても大きな影響力をもってくれるのではないかと、つい期待してしまうくらい、愛ちゃんの笑顔と流暢な中国語には可能性を感じます。

中国での福原愛選手の人気を生の声で読みたいなと思いませんか?百度で福原愛を検索すると掲示板での彼女への声の一端が垣間見られます。もちろん中国語はわかならいので、翻訳サイトで翻訳。エキサイトの翻訳が一番できがいいみたい。小愛という愛ちゃんの中国での愛称も翻訳されちゃうのでお気をつけあれ。

夏バテ気味のわたし。ママであることを仕事の言い訳にしない。仕事をもっていることを育児のいいわけにしない。そんな姿勢を谷選手から学びたい。

そして、娘にはぜひ、何かをがんばるためには、その何かだけをがんばるだけでは足りないことを、福原愛選手から学んでほしいなと思います。

と、いいつつ、イケメン探しをついしてしまう、イケナイわたしでした。

blank_space
2008年08月05日

川の恐ろしさ


投稿者 武田りこ

皆さんいかがお過ごしですか、暑いですね。
ちょうど一週間前、川が、急に増水し子供たちが流させるという痛ましい事故がありました。
全国のニュースやワイドショーでも大きく取り扱われているので、皆さんご存知だと思います。
実はこの川、すぐ近所なんです。

我が家から会社は車でほんの7~8分西に行ったろころです。
そしてその川は、家と会社のちょうど中間点です。
普段は水なんてちょろちょろ流れているだけで、震災で整備された川岸は、石畳のようになっていて、犬の散歩やジョギングができるようになっています。
もちろん子供が遊べる場所になっているし、いろいろなイベントが行われたりする場所なんです。

ほんの一瞬の出来事で、その場にいる人たちはきっと全く予測できなかったと思うのです。
なぜなら

その日、2時過ぎから会社の辺りは真っ暗になりました。
今にも降り出しそうなんだけど、降ってない。
そんな時間がしばらく続いていたので、10分位して私は家に電話をかけました。
家にいた息子に雨が降りそうだから、洗濯物を入れておいて欲しいと頼んだのです。
その時彼は、「ここは全然降りそうじゃない。」と、めんどくさがったので、「今すぐ入れて。」と念を押しました。

それからしばらくして会社の前を何台も何台も消防自動車やパトカーが東に向かって通りました。
この時点でも、会社では雨は一滴も降っていなかったので、「どこかで大火事がおこったのかな?」と話していたのでした。
それからしばらくして会社の辺りは大雨に。
「さっきの火事はこれで消えたかもね。」
などといっていたくらいでした。

その少しあとでテレビのニュースで川の氾濫を知ってびっくりしたのです。
後で息子に聞くと、家のほうでは私の電話を受けて、洗濯物を取り入れた瞬間に雨が降り出したそうです。
ほんの2キロも離れていない範囲でも全然雨の降り方が違ったのです。
おそらく中間点の川では、増水する直前に雨が降ったくらいのタイミングだったのだろうと思うのです。
その日の天気予報は、大雨が降っている最中でも、晴れマークがさんさんとついていました。
本当に誰一人予測できない状況だったと思うのです。
ただ、整備される以前はこの川は(ほかの神戸の川全部ですが)、怖いもの、と皆知っていたと思うのです。
震災で整備されて、使いやすく親しみやすくなった川がたくさんありますが、それが災いしてしまったのかと思うと、やりきれない気持ちになります。
亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

暑い夏には、水遊びが最高ですが、どうか皆さん、その場の天気だけでなく、上流の方角の空模様にも気をつけて安全に遊んでくださいね。

blank_space
2008年05月11日

ミャンマー・サイクロンの義援金受付が日本赤十字で始まりました


投稿者 WMS情報局

ミャンマー・サイクロンは大きな被害があったようです。これから温暖化が進めば、このような大きな水害がアジアを襲うことが、ますます頻繁になる可能性があります。決して他人事ではありません。

災害があるたびに、数ある企業などが義援金受付をしますが、今回はちょっと注意が必要です。なぜなら、ミャンマーの軍事政権は、ほとんど海外からの援助隊を受け付けていません。なので、物資も軍に一度渡ってから、配給されると言うシステムをとっています。軍を頭から疑うわけではありませんが、必要としている人たちに渡る確率が多い援助をするなら、どうすればいいのか、ちょっと考えないと、援助が援助にならない可能性もあるかなと、今回ばかりは思います。

確率論から行って、赤十字を通じての寄付が一番届くかな?と思います。日本赤十字での義援金の受付も始まりました。

しかし、アメリカイギリスの赤十字のサイトと見比べると、日本赤十字のサイトのなんというか、浮世離れがとっても気になります。


アメリカ




イギリス




日本

特にイギリスのミャンマー・サイクロン寄付ページは、具体的で、どのくらい寄付をすると、何が買えるのか(たとえば、10ポンドで、携帯ゼリー食品5缶)がわかる。寄付のモチベーションを上げる。また、赤十字がどのような活動をしているのか書いてあるので、赤十字が出来ていること、また今、出来ていないことなどもわかるのだ。(ミャンマーの赤十字が救援活動を行っているが、今すぐ必要な物資である蚊よけカーテンなどはマレーシアの倉庫で待機中など)ここまで書いてくれると、安心して赤十字に寄付できる。

実は日本赤十字のサイトもがんばっているんですけど、何しろトップページが。

ちなみに、我が家ではこのような災害があるたびに、読まなくなった本をブックオフに売りに行き、寄付をします。「けち」といわれるかもしれませんが、なんと言われようがすることが大事と、思っています。

何かしたいなと、思われた方は、今回は赤十字を通じての寄付をおすすめします。確率が高いということからです。

blank_space
2008年03月05日

注目度NO.1「コールド ケース」


投稿者 武田りこ

こんにちは 海外ドラマloveのりこです。
主にアメリカのドラマ、その中でもやっぱり刑事物をよく見ているのですが、お正月の一挙放送で、すっかりはまってしまったドラマがこれ、「コールド ケース」

「コールド ケース」 というのは未解決事件のことで、アメリカでは重要犯罪(死刑や終身刑に値するような事案)には、時効がない州も多く、そういった州では、迷宮入りなどで未解決になっている事件を担当する部署があります。

そう、今巷で話題沸騰中のあの事件(この話題を熱く語ると、年がばれます)を担当しているチームがロサンジェルス市警の未解決事件捜査班、通称コールド ケースです。
ワイドショーなどでも取り上げられて、一気に知名度の上がった「コールド ケース」ですが、このドラマの面白いところは

過去の事件についての捜査なのですが、その過去が3~4年位前の場合もあれば、50年以上前の事件のこともあります。
そしてその過去の映像がその時代に本当に忠実に描かれているのです。
建物、車、ファッション、時代背景、まるでその時代のにおいまで再現されているかのよう。
そして登場人物が、すごい。
現在の当事者たちとその人たちの過去が交錯して描かれますが、同じ人が特殊メイクで登場する場合もあれば、別人が演じることもあるのですが、どうやってこんなに雰囲気のそっくりの人を見つけてくるのだろうか、と毎回感心させられます。

ドラマの中で特に時代間を盛り上げるのが音楽です。
事件の起こった当時の音楽がふんだんに盛り込まれ、見ている側も「ああ、~年頃は自分は何をしていた頃だな。」と自然に思い出したり、あまりに昔の場合はその時代に思いを馳せたり。

さて、この「コールド ケース」たいていの事件は何かきっかけがあって、捜査が再開されてドラマが展開するのですが、きっかけもいろいろですが、おもなところはふたつです。
○科学捜査の進歩
過去の事件の指紋やDNAは残っているけど、当時は該当者が見つからなかった。
→新たな事件や事故などで採取した指紋やDNAをデータベースで検索してヒット。

○新たな証言
当時は立場上だったり、怖かったり、さまざまな理由でいえなかった事が、時の経過や事情の変化により言えるようになたり、言いたくなったり。

科学と非科学。この対照もとても興味深くて、一話一話が映画並みの中身の濃さになっています。
重大な犯罪にも時効がある日本のシステムについても、考えさせられる内容です。

一挙放送が冬休みだったので娘も一緒に見始めたら彼女もすっかりはまってしまいました。
アメリカ独特の問題も描かれていたり、時代の流れなどが彼女には少し難しいところもあるので、「ママの解説付きで見たいから一緒に見たいので、勝手に一人で見ないように」、と言い渡されて母娘のコミュニケーションにも一役買っています。


コールドケースはAXNで第一シーズン放送中
wowwowではもっと先のシーズンまで放送しています。

blank_space
2008年01月18日

赤ちゃんに詩をプレゼント「トツキトウカ YOKOHAMA」


投稿者 常山あかね


『トツキトウカ(2007ー2008)』

最近、少年が、自分の親や家族を殺すという痛ましいニュースをよく耳にします。ニュースを見る限りでは、どの親御さんも、方向性は色々あれど、一生懸命、わが子を育てていたことが伝わってきます。
それなのになぜ・・・?私は、原因のひとつに、親の愛情が正しく子供に伝わっていないことが考えられると思います。最近は、忙しさにかまけて子供たちとの会話の時間も自慢できるほど多くはありませんが、子供たちと盛り上がる話題のひとつに、その子が産まれたときや新生児の頃の話があります。

「産まれた時は、「ラーッ」て泣いてたよ」「片目があいてなくて猫ぐらいの大きさだったよ」などと話をすると、保育園児の末っ子から中学生のお兄ちゃんまで、照れくさそうにしながらも、目を輝かせて質問をしてきます。自分が本当に愛されて産まれてきたということを実感できるからなのかな、と思います。

現在、横浜市でも、市と民間企業が一体となり、「横浜で生まれた赤ちゃんは、ママ・パパから詩をもらう」というトツキトウカ YOKOHAMAプロジェクトをはじめたそうです。

妊娠中や赤ちゃんが産まれたときの喜びを詩にして投稿するというもので、募集は1月末締め切り、詩集は3月に発行とのこと。
詩の募集リーフレットは、母子手帳交付時に一緒に手渡されるほか、市内の産院、小児科、育て支援センターなどで入手できるそう。

私は応募資格がなく残念(^^;ですが、横浜市在住・在勤の妊娠中や0歳児のお子さんをお持ちの親御さんは、ぜひ応募されてはいかがでしょう?お子さんにとって、最高のプレゼントになりそうですね。

最近、青少年の性の乱れが問題になっていますが、この本を読めば、命の尊さや、本当に好きな人が出来たときにこそ子供を産むべきだという性の大切さが伝わるかもしれません。
若い人にこそ、ぜひ読んでほしい一冊です。


blank_space
2008年01月17日

【投票付き】クリントンとオバマ、どっちが勝つ?


投稿者 村山らむね

アメリカの大統領選、盛り上がっていますねぇ。

クリントン圧勝というムードも去年は流れていたはずなのに、ふたを開けてみれば、アイオワはオバマの圧勝。ニューハンプシャーは同情票も入ったのか、クリントンの盛り返し。

女性初の大統領になるのか?黒人初の大統領になるのか?この際、共和党はちょっとおいといて、みなさんで予想してみませんか?

ここで特に切り込みたいのは、女性大統領の最大の壁は女性有権者ではないかということ。支持してくれそうで意外としてくれないという難しい存在ではないかと思うのです。思い出すのが、去年のフランスの大統領選。2006年はすっかりロワイヤル一色だったのが、結果はサルコジの圧勝。

長い大統領選で、女性候補はぼろが出やすいのかもしれませんが、土壇場になって同性である女性の支持があまり見込めなくなるというのは、フランスもアメリカも、ちょっと似たような状況なのではと思います。

女性だから女性を支持するというわけにはいかないし、女性だから女性に厳しくなるというのがまったくないわけではないし、女性の女性候補への目というのは、意外と複雑なのではないでしょうか。

みなさんは、この選挙戦についてどう考えますか?

ぜひ投票して見てください。(コメントもどうぞ)

■クリントンとオバマ、どっちが勝つ?

クリントンに勝ってほしいし、勝つのもクリントンだと思う

クリントンに勝ってほしいけど、勝つのはオバマだと思う

オバマに勝ってほしいし、勝つのもオバマだと思う

オバマに勝ってほしいけど、勝つのはクリントンだと思う

正直、まったく関心はない






結果
-ブログでアンケート-

職場の上司は女性がいいか男性がいいかという、深層心理ともつながるような話題かもしれませんね。

blank_space
2007年11月19日

ストライキ!


投稿者 津田実穂

 日本では死語になりつつあるのではないでしょうか。
 記憶を辿っても、はるか昔に、ストをやったのだかやってないのだかわからないくらいの時間だけ電車が止まったことがあった程度だったと思います。
 フランスでは現役バリバリですね(涙)。ただいま鉄道の大規模ストライキの真っ最中です。最寄の路線の電車が、もう4日以上動いていません。先月もストがあり、それは一日だけだったのですが(といいつつ3日くらいダイヤは乱れまくり)、今回は無期限ストなので、復帰のメドは立っていません(涙)
 予定はぜ~んぶキャンセルです。だって出かけられない。
 当然、街は大混乱です。

 わずかに動いている電車には人が殺到し、移動手段が他にないので道路は大渋滞
 みんなイライラして殺気立っているので、事故もすごく増えます。
 電車の動いてないエリアに住んでいて車も自転車もない人は、歩くしかありません。
 パリの気温はすでに氷点下。辛いです。
 ストに反対するデモ行進まで始まって、混乱極まりないです。
 
 明日からは、学校や美術館などの公務員や、電気やガスなどの公共企業のストライキも予定されており(ちなみに日本では公務員のストライキは禁止されているそう。)、頭が痛いです。
 
 そう、学校のストライキも頻繁にあります。スト予定日の翌日もついでに休む先生もちらほらいます。
 授業だけはないものの一応学校で子どもを預かってくれる軽度のストから、学校が完全に閉まって中に入る事すらできない重度のストまで、様々です。
 保育園や託児所もストを起こします。働く母は有休を使うしかありません。
 裁判所も明日からストライキをするそうです。裁判、止まるんですか?と思うのですが。

 ただ、おそらく、こんな大規模なストライキはもう最後な気がします。
 今回のストは、元々国営だった旧国鉄の年金改革(旧国鉄だけの優遇措置を廃止するというもの)に反対してのストなため、何のメリットもなく不便を強いられている一般の人からは不満や批判が大きいです。
 ストに反対するデモ行進まで始まっています。
 そんな世論を背景に、サルコジ大統領も政策を強気に推し進めています。
 転換期にさしかかっているのかな、と思います。

blank_space
2007年10月18日

子どもの帰宅時間


投稿者 湯河原こむぎ

兵庫県で痛ましい事件が起こりました。小学校二年生の女の子が自宅前で刺殺されると言う考えられない事件。ご家族の気持ちを考えるとお気の毒で言葉もありません。安全だったはずの日本なのに、最近は物騒な事件が後を絶ちません。

この報道を聞いて、とても不思議に思ったのは、7歳の女の子が、この季節に6時まで自転車で外に遊びに行っていたという事。もし5時に帰っていれば、防げた事件かもしれません。

以前、小一だったか、幼稚園だったか、とにかく小さな女の子に冬場の5時頃、雨が降っている日に自転車でおつかいを頼んで、その途中にトラックでひき逃げされた・・・と言う悲しい事件もありました。

皆様のお宅では、お子さんの帰宅する時間ってどうなっていますか?現代では、当たり前なのかな、6時過ぎの帰宅時間。同じマンション、家がごく近く等で、すぐに行き来できる、家まで親が(自分、または、お友達の親が)送って行ったり、迎えに行ったり出来る状況でしたら何時でもかまわない(お互いのお家の迷惑にならない時間であれば)んですけどね。

この季節、5時過ぎると「夜」と言ってもいいくらいに暗くなっています。

うちの娘はもう6年生ですが、お互いの家に遊びに行き来するお友達との間では「遊ぶのは5時まで」という暗黙の了解が小さい頃から出来ています。夏の間は「5時だからもう帰る時間よ。」というように、5時過ぎたら帰る・・という事でも明るいし安心なのですが、この季節になると「そろそろ暗くなるからその前に」と言う事で5時頃に家に着くくらいのイメージで帰宅時間を気にしています。まあ、高学年になると6時間の日も多くなり、習い事もあるので「お友達の家で遊ぶ」事自体、すごく少なくなって来ましたが。

物騒な世の中です。4時からの公文は一人で行っていますが、5時半から始まるECCは、秋冬の間は必ず送って行くようにしています。(公文もECCも必ず迎えには行きます。)家からは一本道で、バス通りを7.8分程度行くだけなのでそんなに悪い事も起こらないとは思いますが、起こってからでは遅いので送っています。送り迎えって面倒ですよねえ(・・、)・・・。でも、時々学校から「不審者情報」のプリントも来るし。

ワーキングマザーの場合、時間的に、なかなか送り迎え等もむずかしい状況にあると思います。私もフルタイムの時は、そういった理由で習い事にも行かせていませんでした。我が家は、義父母と同居していますのでお願いすればやってもらえると思いますが、二人とも免許がないという事もあり、また一日子どもを見てもらっている立場上、習い事の送迎までは頼みにくい状況でしたし。

でも、悪い事が起こる前に、子どもが「危険な状況」に不用意に身をさらさないよう、少しだけ「時間」を気にしてあげたいと思います。もちろん、悪い事をする人がいけないのです。悪い人がいなければいいのですが、悲しい事に、悪い人は増えています。確実に。大切な子どもを理不尽な何かに奪われないためにも周囲の人と協力して(義父母・ママ友達・近所の人達等)、守って行きたいものです。

blank_space
2007年10月12日

中毒の恐怖


投稿者 大葉柚子

久々にアメリカのABCニュースをみた。いきなり、心を揺さぶられる衝撃的なニュース

アメリカで、メタンフェタミン中毒というのが問題にずっとなっている。覚せい剤の一種で、市販の風邪薬に微量含まれていて、それを精製する方法がネットで流出したのが始まりらしい。非合法的なドラッグを陰で買うという、危ない橋を渡らなくてもいいので蔓延。風邪薬を販売するのを止めることもできず、いたちごっこになっていた。

モンタナに住む麻薬取締りのある警察官は、深く悩んでいた。風邪薬を買うことは止められない。それを精製しているのをつかまえるのも、限界がある。しかし、子どもたちを守りたい。その悩みを聞いた友人が妙案を考えた。

買うことはできても、買いたくなければ買わない。

彼はソフトウェア会社で成功していて、この中毒の連鎖を止める方法も思いついたのでモンタナ州に560万ドルを寄付して大々的なキャンペーンを打つことにした。その、CMが強烈なインパクト。パワフルこの上ない。

アメリカのハイスクールでチアリーダーをやっていそうな、すごくかわいい女の子が下着姿で横たわっている。体は傷だらけ。おじさんらしき人がベットから立ち上がり、ドアを開けてでていく。外には男の子が立っていて、おじさんからお金を受け取る。女の子の声が流れる。「ずっと私たちは一緒だったし、彼のことが好き。私のボーイフレンドは、私を大切にしてくれる。」 彼女の顔はドラッグでボロボロに傷ついている。彼もボロボロ。 「私たちは一緒に居て幸せ。」 もうひとつのCM。女の子の友達同士がドラッグを一緒にやっている。「私たちはいつも一緒で楽しいことをしてきた。」 「私たちはお互いを面倒見合うの。」病院の前に車が走りこむ。中からドラッグでボロボロになった一人の女の子が投げ捨てられる。「私は友達を信用してる。」その車は猛スピードで走り去る。

いずれも、クールな(格好いい)男の子と女の子がCMに起用されている。使う言葉は若者の言葉。ショートフィルムをみているような、斬新な映像の取り方。テンポも速い。今までのアプローチとは違う。ドラッグは悪いこと。ドラッグは危険だよ。そう、上から物を言うのでなくて、結果を見せる。

クールな仲間とクールなことをする。でも、クールな気持ちになったあとは、ボロボロだよ、と。

ドラッグでボロボロになった顔をでかでかと、高層ビルの広告に出す。このモンタナのキャンペーンは非常に効果をあげていて、イリノイ州ほかそのほかの地域でも早速行っているらしい。ほかのドラッグにも有効なのではと、幅を広げる検討もしているとか。

そのキャンペーンの内容も、展開も、スピードも。
アメリカのパワフルさを、改めて見せつけられたニュースでした。
それにしても、中毒は怖い。そして、醜い。

blank_space
2007年06月15日

こむぎのエコライフ・プチ実行10項目


投稿者 湯河原こむぎ

f30blog01255.jpg
この写真は今年の2/11に撮った富士山です。例年2月だと下まで真っ白な雪で覆われている富士山。この写真、左側の方、もう雪がありません。

「温暖化」、私の場合はやはり「不都合な真実」を観て「他人事ではいられない」という危機感をとても強く持ちました。そのエントリーにも「私が始めた事」を書きました。

その後の私・・・新しく始めた事、継続してやっていること・・・聞いてください。

f30blog01197.jpg

1.洗剤はフロッシュ。泡になって出て来るボトルに5倍に薄めて入れて使っています。

「フロッシュ」は、ドイツの洗剤です。はずかしながら、最初は、ただ単に、ラブリーなカエルにひかれて買いました。使っていると、とてもいい匂いがするので「有害な香料が使われてたりして・・・」と不安に思い、調べたら「排水後19日間で界面活性剤の98%が生分解される」と言う、エコな製品でした。

「洗剤を5倍に薄める」と言うのは、もう15年くらい前に友達に教わった方法です。当時「エコ」などという言葉は思い浮かびもしなかったのですが「食器を洗って水で流す時、洗剤が5倍に薄めてあるとすぐに泡が消えるよ!」と教えられたので、真似し始めました。これは本当にその通りです。使う洗剤の量も節約できますし、水の使用量も、汚水も減ると思います。ずっと5倍で使っているので、自宅以外で(洗剤の原液を使って)洗い物をすると、よく泡が流しきれていなかったりする事があります。しかも原液だとぬるぬるしていて手がすべるすべる・・・f^_^;
ぜひ試してみてください。・・・あ、うちは、じじばば同居のため食洗機ありませんから~。

DSCF7148.JPG

2.ペットボトルは極力買わないようにしています。

ペットボトルのごみは、かさばるし、毎日買っているとすぐにどっさりたまります。以前は、ペットボトルに家で作ったお茶を入れていましたが、飲み口のところが洗いにくいし、中まできれいに洗えないので、なにかいいものはないか・・・と探していたらスターバックスにありました。

左は冬用で保温(保冷も)出来ます。パチンと開け閉めできる飲み口が便利。デスクにおいても安心です。容量が350ml。最近まで、これを使っていたのですが、暑くなると500mlくらいの容量のものが欲しくなり、探していたら、またまたスタバで発見。保冷は出来ませんが、この色に一目ぼれ。写真は暗い部屋で撮ったのでよくわかりませんが、とってもステキなaqua色。上のリンクからスタバのページに行ってステキな色をご覧くださいませ。容量は532mlで、たっぷり飲めます。日本茶を入れるとまたまたとても美しい色になります。

ハチドリのひとしずく いま、私にできること

3.「ハチドリのひとしずく」という本を読み、娘と「今、自分に出来ること」を話し合いました。

この本は、ワーキングマザースタイルのスタッフ、雅薫子さんの記事で知りました。とても簡潔なお話で、一人の小さな力でも、みんなが実行すると大きな力になる・・・という事がわかりやすく書かれています「CO2、100gを減らす」ことを「1ポトリ」と定義し、どんな事をすると何ポトリになるか、いろんな例が載っています。

たとえば
★レジ袋1枚もらうのをやめる・・・・・0.9ポトリ
★ペットボトルの使い捨てを1本やめる・・・・・1.4ポトリ
・・・とか。小さなひとしずくですが、みんなのしずくが集まれば大きな火事を消す事ができるかもしれません。

日本のCO2排出は「約40%が産業、20%が運輸、13%が家庭から」との事で、食べ物も近くでとれた物を使うと、エネルギーの消費もCO2の排出も削減できると書かれています。この本を読んでからスーパーでも野菜の産地をよく見るようになりました。小さくて薄い本ですが、とても勉強になりました。


f30blog01365.jpg

4.PASMOを持つようになってから、電車で出かける事も多くなりました。

JRを頻繁にお使いの方は、以前からSUICAをお使いだったと思いますが、小田急線沿線の私には必要ありませんでした。でも3月にPASMOが登場したので、すぐに申込みしました。私は通勤に利用していますし、夫にも娘にも「記名式PASMO」を購入しました。PASMOはCMやキャラクターのロボットがかわいくて、娘と私のお気に入り。「今日、◎◎に行くよ」と言うと、娘は「PASMOで?」と目を輝かせます。自分のPASMOで改札を通るのが、ちょっと大人みたいでワクワクするようです。4月には、二人で千鳥ヶ淵の桜を見に行きました。ケータイの「乗換案内」で路線を調べて、PASMOでピピッと。とっても楽しい冒険でした。

「ハチドリのひとしずく」の中にも「3キロ移動するのにタクシーのかわりに地下鉄を使う・・・・・12.0ポトリ」とあります。車を使わず電車を使うことは、温暖化防止にとっても有意義です。

5.車を使う時は、なるべく軽自動車で。

夫の車は、とってもでかくて燃費が悪い。「エコ」とはほど遠い車。ガソリンを満タンにすると132リッター。燃費は1リッターあたり4キロ・・・。ほんと、とほほな車です。が、大好きな車、手放すことはできません。こんな出来の悪い子だけど愛しています。
遠出する時や大きいものを買う時以外は、私の軽で出かけます。

f30blog01276.jpg

6.マイバスケットを持つ。

いつも行くスーパーに「マイバスケット」が売っているのが気になっていました(板のようなものは、底に敷くトレーで、冷凍食品や野菜の水分が漏れないように使うものです。別売。)。私、最初、どうやって使うのかわかりませんでした。皆様はわかりますか?

スーパーに行ったら、カートにマイバスケットを乗せ、その上に店内のバスケットを重ねます。その後は普通に買い物し、レジに行ったら、重ねたバスケットをはずし、レジが済んだものをマイバスケットの方に入れてもらうだけ(店員の詰め方のセンスがかなり影響。でも、みなさん、とても上手に詰めてくださいます。)。そのまま持って帰れます。ただし、車で買い物に行く人向きですね。私はいつも後部座席にマイバスケットを積んでいます。

スーパーに行った時、周りを見回してみても、エコバッグを使っている人をあまり見かけない。マイ・バスケットにいたっては、自分以外に使っている人を今までに一人も見たことがありません。みなさんの地域のスーパーで、みなさんが漣の中心になってじわじわと広げて行きましょうよ、ねっ☆⌒(*^-゜)b

7.エコバッグは複数持つ。

エコバッグ、今では当たり前に使っています。スーパーで、けっこういっぱい買っちゃって「袋いりません!」と宣言したのはいいけど、エコバッグ一つでは入りきらず、持っていたトートバッグにも買ったものを詰め込み「これじゃ、いっぱい万引きしたみたいだよ~とほほ・・・」になる事もしばしば。最近はかわいいエコバッグがたっくさん出ているので、二つくらい持っていた方がいいかもしれませんね。

らむねさんのように持っているバッグすべてにつき、エコバッグ1個備え付けにすると「あ゛ー、エコバッグ、今日は忘れた~。」って事がなくていいですよね!

8.「私は地球のためにこんな事をしているよ!」と人に話し、情報交換をする。

私が会社でスタバのタンブラーを使っていたら「それかっこいいですね!」と若い子に言われたので「ペットボトルのゴミをださないために使ってるの。温暖化防止だよ~(*^-^*)」と答えたら「私も買おう!私『不都合な真実』観たんですよ~!」と彼女。それから二人で「地球、やばいよね~っっ」と盛り上がり、「ハチドリのひとしずく」を貸してあげて、親子ほども年が違う彼女と情報交換しています。

9.生活クラブに申込みをしました。

ワーキングマザースタイルの大葉柚子さんの記事を見た事と、彼女の家に行ってとってもおいしいお料理をごちそうになった事、その時に柚子さんの口から詳しく生活クラブについて教えてもらい、とても興味を持ちました。

帰ってからさっそく資料請求をし、よく読んでみると、添加物などを極力使わないという安全面はもちろん、牛乳はパックではなくビンでリユース。卵のパックもリユース。スーパーでお肉を買うと必ずついて来るトレーも使っていないようです。ほとんどのものが国産ですので、上記3にも書いたように、運輸に伴う「エネルギーの消費もCO2の排出も削減」できると思いました。

柚子さんが「彼ら(生活クラブ)の目を通して選ばれているものだったら安心して買えると思うの。」と言っていましたが、私は「柚子さんが選んだ生活クラブなら、私も安心出来る~!」と思って(何かを選ぶ時に徹底的にリサーチしてから選ぶ柚子さんLOVE、信頼しています!)加入しました。最初に品物が届くのは6/25なので、それまでちょっとワクワクなこむぎです。そうそう、6月いっぱい「こまけいこさん(消しゴムはんこで有名な)」デザインのロゴが入ったエコバッグがもらえるキャンペーンをやっていますよ!

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション

10.全世界の人に「不都合な真実」を観ていただきたい。

これに尽きるかもしれません。私は、この映画を観て、本当にショックでした。軽くやばい・・・ではなく、まじでやばい、かなりやばい、私達の地球は、今、ものすごい危機に直面していると考えました。「ぼーっとしてはいられない。私も何かしなくては!」という気になりました。

先日、ドイツで開かれたサミットでは「2050年段階で温暖化ガスの半減を真剣に検討する」という事が決定されました。いつの半分なのか、真剣に検討すれば達成できなくてもいいのか・・と、ちょっとビミョーな表現ですが、とにかく「半減」というのは並大抵の事ではできないと思います。それは、何ポトリくらいなのか私には見当もつきません。そこまでの大きな目標は、大きな会社が気を入れて取り組んだり、法律で決めたりしないと達成できない気がします。

たとえば・・・
★規定量以上のCO2を排出する車を買ってはいけない→結果的に「造ってはいけない」という事になるでしょう。
★一戸建てを新築する時には、樹木を最低5本植えなければいけない→そんな広い敷地買えないよ・・
★信号で停まる時にはエンジンを切る→渋滞が増えるでしょう。
★飲み物などはビンのみ。自分でビンを持って買いに行く。
頭悪いので、あまり思いつきません・・・。とにかく大改革が必要でしょう。

「不都合な真実」のDVDは7/6に発売されます。全国の学校で1校に1枚は備品として買って、全校集会とか総合の時間に観て、これからの未来を生きて行く児童・生徒の一人ひとりの心の中に「地球温暖化がもたらす大問題」を刻み込んで欲しいです。海面が大幅に上昇する頃には、きっと私は死んでいる(←海面が上昇しなくても)と思うけど、子ども達や、子どもの子ども達にしんどい思いはさせたくない。ぜひぜひ皆様も、TSUTAYAに並んだら、レンタルして家族全員で見て話し合ってください。そして、周りの人10人に感想を伝えていただきたい。



以上、ものすごく長くなりましたが、「こむぎのエコライフ・プチ実行10項目」、ご紹介させていただきました。読んでいただけるとわかると思うんですが「つらいこと」や「苦しいこと」は、ひとつもないんですよ。それどころか「かたち」から入っているので、かなり楽しい。しかも誰にでも出来ることばかり。楽しい事に敏感な子どもをまずは巻き込んで「プチ・エコライフ」を始めましょう!

blank_space
2007年04月02日

選挙権、実は高価なお買い物?


投稿者 本田いく

昨年末に開業届けなるものを税務署に提出し、個人事業主になりました。そこでやってくるのが「確定申告」です。人生初の確定申告!終わってみれば、大したことは無かったんですがね。個人事業主だった期間が短かったので、領収書の数も少ないし。来年が怖いですが。また、結構笑えるヌケ作な失敗なんかもやらかしているんですが、それは来年のネタに取っておくことにして。

確定申告書には、今年、既に収めた納税額を書く欄があるんですよ。私は去年、サラリーマンだった時期が長かったので、普通に源泉徴収されていた金額を書いたわけですが。

…手が震えましたよ。

これまで、年末にもらう源泉徴収票で一応見てきたんですが、改めて自分の手で書くと、嫌になりますね。だって、7桁ですよ。7桁。普通にフルタイムで働いてたら、やっぱり7桁行くんですよ。7桁。私の多くない稼ぎでこれですからね。オットの稼ぎとあわせたら、いくら納めてんねん!ってな感じですよ。

…車、買い替えたいんだよなあ~。オットの分もあわせりゃ、間違いなく中古は買えるよ。いや、今の車を下取りに出せば新車いけるんじゃないか?とか、思っちゃいましたよ。

いや、納税は国民の義務ですからね。あーだこーだ言わずに納めますけどね、つか、サラリーマンは有無を言わさず天引きですから、どうしようもないんですが。

さらに私、酒も煙草もヤリますし、保育園の送迎には車を使ってますから日々のガソリン代もバカにならない。酒・煙草・ガソリン、どれも、高課税商品ばっかですよ。こんだけ税金払ってるんだ、表彰してください!と叫びたくなるほどです。

もちろん、私の払っている税金なんて、700兆とか800兆くらいにもなる国家予算の中では、大海の一滴みたいなもんですし、税金のおかげで横断歩道が付いたり、インフラ整備されたり、公的サービスが受けられたりしているわけですが、それでもやっぱり、それは私のような庶民が痛い財布の中から、こうやってチマチマと払っているからこそ、成り立っているわけで。

で、統一地方選ですよ。

選挙権というのは、国民の権利なわけですが、ここで選ばれた人たちが、私たちの血と汗と涙の結晶であるお給料の一部から納めた税金の使い道を決めて、実際に使っちゃうわけですよ。

って考えると、選挙権というのは、あの一票というのは、実は、むっちゃ高いお買い物なんじゃないですか?

今年は選挙イヤーなんで、知事とか県議とか市議とか、色んな選挙がありますが、それも毎年あるわけじゃない。参院なんて、任期6年だから、6年分の税金を託すわけですよ。6年分!先日の確定申告で生々しく自分の納めた税金金額を憶えている私としては、しかも小市民の私としては、鼻血が出そうな金額ですよ!

納めた税金は、国と地方に振り分けられるので、一概には言えませんが、でもやっぱり、あの一票っていうのは、少なくとも6桁~7桁分の価値はあるわけですよ!3つまとめりゃ間違いなく7桁行きますよ!

ねえ、100万単位のお買い物ですよ!しかも、有無を言わさず、買わなきゃいけないんですよ!
みんな、もっと関心持って良いと思いませんか?

もちろん、ワーキングマザースタイルの賢明な読者の皆さんは、そんなこと言われなくても分かってるよ、と思っていらっしゃることでしょうけど。

西原理恵子ファンの私としては、やっぱり自分のゼニに対する執着が強いのでございますな(笑
例えお上に渡したとしても、やっぱりそれは私のゼニよん。好き勝手に使われちゃあ、困るのよ。

と、いうわけで、4月8日は、投票に行って、このクソ高い権利を行使してこようと思っています。
投票箱に紙を入れる瞬間、また手が震えそうです。「チクショー、アタシの金~。ムダに使うなよ!!!」って(笑

blank_space
2007年02月10日

選挙の年、少子化政策をちゃんとチェック!


投稿者 fellow

今日(2月10日)の日経新聞東京・首都圏経済のページに、4月の統一地方選をにらんで23区が子育て支援策を充実させつつある、という記事が載っていました。選挙対策だろうがなんだろうが、子育て支援にはもっともっと力を入れて欲しいもの、そのためには、次の選挙で、少子化政策に積極的な政党や議員に、私たちが一票を投じなければなりません。

選挙が近くなると、ポストに政党や議員からのチラシが舞い込むことが多くなります。でも、それぞれのアピールを鵜呑みにすることは禁物。先日、違う政党がまったく異なる事実を書いているチラシを目にする機会がありました。

仮にA党とします。A党は日頃から「少子化対策に積極的に取り組んでいる」とポスターなどでも訴えてます。ところが、B党のチラシを読んだところ、子育て世帯への医療費助成制度の実現に、つい最近までA党が反対していたことがわかりました。もし、B党のチラシを「B党は興味ないから」と捨ててしまっていたら、A党の「少子化に積極的」というイメージを疑うことはなかったでしょう。

また、無所属議員のサイトなどを見ると、区報など「表」の情報だけではわからない、区議会での攻防や区政の問題点が書かれていたりして、投票する時の参考になるのではないかと思います。

政党や議員のチラシからは、他にもいろんなことがわかります。ある議員のチラシは、「私は任期中にこんなことをしました!」と写真入りで紹介しているのですが、たとえば、車の通行が多くて危ない道路にガードレールをつけた、とか、どこそこのコンクリートブロック塀を植木に変えたなど、「こんなことまで!」ということまで含めて、議員に頼めば実現することって意外とあるんだなあ、と感じました。暮らしの中の小さな不満って、もっと地元の議員に訴えていってもいいんですね。

日経の記事に戻ると、中学三年までの医療費無料化は、ほとんどの区が2007年度から実施となりつつあるようです。その中でも、港区、世田谷区、北区、台東区は既に中学3年までと枠を広げているのが目立ちますが、港区のような財源に余裕がありそうな区以外のところががんばっている点に、本気度を感じませんか?他には、目黒区の「小一プロブレム」対策や理科教育に支援スタッフ、墨田区の放課後の「いきいきスクール」などに興味をそそられます。皆さんがお住まいの区ではどんな子育て支援策が予定されているでしょうか?

ちなみに私が住んでいる区では、次年度からようやく、子どもの医療費助成の拡充が始まります。23区の中でも最後発の部類です。「まったく、やる気ないんだからなあ・・・」というため息も出るのですが、「やる気のない」人を選ぶ方にも責任があるわけですよね。次の選挙では、子育て支援に「本当に」力を入れてくれる人を選びたいと思っています。

blank_space
2006年11月08日

【投票付き】マドンナの養子騒動どう思う?


投稿者 村山らむね

最近気になるニュースが。それはマドンナの養子騒動。アフリカ南部マラウイに住み、母親がエイズで死亡、父親が経済的な問題がある、デヴィッド君1歳をマドンナが養子にしたことが大きなニュースになっています。

ハリウッドは、アメリカ国外からのアダプト(養子縁組)が大変盛ん。10年以上前から、セレブたちがこぞってアジア系やアフリカ系の養子縁組をしています。

有名なところでは、ウッディ・アレンとミア・ファーロー元夫妻。14人の子供のうち、10人が養子。このウッディが養女の一人と恋愛し、泥沼の離婚騒動となったのを覚えている方も多いでしょう。(その後、ウッディは養女の一人と結ばれたと記憶しています)

そのほか、トム・クルーズ&二コール・キッドマン元夫妻、アンジェリーナ・ジョリー、メグ・ライアンなどなど。夫婦に実子がいても、いなくても、結婚していても、いなくても、あまり関係ないようです。

マドンナの件がこれだけ大騒ぎになっているのは、
・アフリカ南部マラウイの通常の養子手続きを踏んでいない
・実子がいながら、売名行為ではないのか?
・エイズ孤児救済であれば、一人の子供を養子にする以外にできることがあるのでは?
との意見があるようです。

無償の善意か、有名歌手の偽善か?

みなさんは、このニュースどう考えますか?

ぜひ投票して見てください。(コメントもどうぞ)

■マドンナの養子騒動どう思う?

どちらかといえばマドンナを支持する
どちらかといえばマドンナを支持しない
よくわからない


結果を見る -ブログでアンケート-
blank_space
2006年08月29日

「育児支援タクシー」を政府が後押し


投稿者 常山あかね

先日、NHKで、「「育児支援タクシー」の普及に向けて政府が支援制度の整備に乗り出す」とのニュースがやっていました。(YOMIURI ONLINE8/26付けの関連記事

具体的な内容は、「共働きなどで多忙な保護者に代わって子供の保育所や習い事への送迎をするなど、育児支援に積極的なタクシーを普及させるため支援制度の整備に乗り出す」というもの。
香川、山口など、一部の地域では、すでに子育て支援を掲げたタクシー会社が営業を行っているそうです。

ただ、親の気持ちとしては、子どもだけをタクシーに乗せて送迎してもらうとなると、運転士さんがよほど信頼できないと預けるのは難しいと思います。現在でも、「女性運転士や、いつも決まった運転士を指名できる」などのメニューがあがっているそうですが、いちばんの理想は、保育士もしくはそれに準じるレベルで、子どもの接し方に慣れている運転士さんに担当していただけるのがよいと思います。

実は、昨日、打ち合わせで都内に行ったら、打ち合わせが長引いてしまい、6時30分の保育園のお迎えに滑り込みで間に合うような時間になってしまい、かなり焦ってしまいました。
そこで、とっさに、出先から近所の友人に電話したところ、保育園に代わりにお迎えに行ってくれて帰るまで預かってくれるとのこと。恐縮しながらも、安心して帰路につくことができました。

そこで、「育児支援タクシー」のことを思い出し、もし本当にこういうサービスがあれば利用したいなぁと実感。もっとも、私は滅多にこのようなことはないのですが、毎日都内まで勤務している方は、残業などで帰宅が遅れてしまい、ドキドキして駅からタクシーでお迎えに走ることや、とっさに近所の友人にお迎えをお願いすることも、しばしばあるのではと思います。

もちろん、親が送迎するにこしたことはないですが、定期的に利用するわけではない私のような人にも、ピンチのときに、力になってくれるサービスであってほしいなと思います。

blank_space
2006年08月02日

働きやすい会社ナンバー1は?


投稿者 常山あかね

日経新聞が8/1付け朝刊で、2006年度「働きやすい会社ランキング」を掲載していた。
松下電器産業が2年連続で首位。2位は日本ヒューレット・パッカード、3位は大日本印刷。「子育て支援や介護休業など少子高齢化に対応した制度を整備した企業が上位を占めた」そうだ。
ananの「抱かれたい男ランキング」、「大学生の就職人気企業ランキング」など、ナンセンスとわかっていても、ついつい毎年目がいってしまうし、世間の注意を喚起する意味でも、ランキングを発表する意味は大きいと思う。

7/24付け日経夕刊でも、与党が、共働き夫婦でも子育てをしやすい職場の環境づくりに向けての基本法、「仕事と生活の調和推進基本法案」(仮称)を制定する方向で検討に入ったとの記事が目についた。企業が作成する行動計画の項目として、「家庭に乳幼児のいる労働者の残業抑制や男性の育児休業取得促進策などを検討している」という。

両立支援のための基本法が出来て、働きやすい会社が増えるのは、とてもいいことだと思う。
でも、ちょっと気になったのが、「育児期の従業員による在宅勤務について、労使間であらかじめ合意した時間だけ働いたといなす「みなし労働制」は、現行では研究者や弁護士らに限られている」という記述だ。こちらは、「検討課題になる見通し」とのことだが、「見通し」というユルさではなく、もっと早急に検討すべき課題のように思うのは、私だけ?

インターネットが一般社会に登場した時、「産業革命以来の大きな革命」だと騒がれて、あれからずいぶん時間がたったけれど、会社の仕事のやり方は、根本的なところでは、意外と変わっていないという気がする。育児中に親にとって、都心まで満員電車で長時間通勤しなくてよい在宅勤務やサテライトオフィスなどが実現したならば、その時こそ、「働きやすい会社」と胸を張って言える気がする。

blank_space
2006年07月22日

おいしいパレスチナのビール、飲んでみませんか?


投稿者 fellow

イスラエルとパレスチナ、そして隣国のレバノンの間で起こっている戦争のニュースが、毎日のように届けられます。でも、例によって、なぜ、このように無惨な争いが続くのか、マスメディアの情報からだけでは、よくわかりません。戦車や空爆の映像に「なぜ?」と感じる、その疑問がクリアにならないもどかしさ。

日本人には理解しにくい複雑な中東の問題について、本やネットで調べるという正攻法でも、もちろんいいのですが、日々、仕事や家庭の用事に追われていると、そういうことは後回しになりがちです。いっそ、おいしいビールをぐいっと飲んで、頭ではなく、まずは体で彼の地について感じてみるというのはいかがでしょう?

タイベ・ビールという、パレスチナで作られているビールがあります。「え? パレスチナ人って、イスラム教徒じゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょうが(イスラムの教えのひとつに「禁酒」があります)、このビールは、パレスチナのキリスト教徒が暮らすタイベ村産です。(なので、アルコールもOKというわけ。)

先日、パレスチナの食についてのセミナーに出席して知ったことなのですが、ビールには、風味や色合いを出すため、添加物(カラメルなど)が使われていることが少なくないそうです。(お手持ちのビールのラベルはいかがでしょうか?)タイベ・ビールの材料はあくまでナチュラル、麦芽とホップと酵母と水だけです。それなのに、豊かな香りとコク、その上、後味はすっきりしていて、酔い心地が非常に爽やかなのです。もっちりときめ細やかな泡だちも素晴らしい。さすが、アラビア語で「美味しい」という意味の「タイベ」をブランド名にするだけのことはあります。近年の情勢悪化で、経営は苦しいようですが、品質にこだわる生産者の心意気が生きています。

味はゴールドとダーク(黒ビール)の2種類。お問い合わせは、パレスチナのオリーブオイルも扱っているセーブ・ザ・オリーブへどうぞ。タイベ・ビールを買えるお店や飲めるレストランのリストもあります。

パレスチナのオリーブオイルということでは、セミナーで、天然酵母のパンと合わせてみてびっくり。まるで、スポンジみたいに、じゅうっとオイルを吸い込んで、そのおいしいことといったら・・・! というわけで、最近、パン&オリーブオイルが私の朝食の定番なのです。(さすがに、ビールはつきません!)

blank_space
2006年07月04日

3人産むなら福井県?


投稿者 常山あかね

少子化をのりこえたデンマーク

今日、NHKの朝のニュースを見ていたところ、出生率の低下の続く全国で、唯一、出生率が上昇している県があり、それが福井県だそうです。福井県は、2006年度から、第3子以降の妊婦健診と、3歳までの保育料を原則無料とする「ふくい3人っ子応援プロジェクト」を始めたことで話題に。働いていない母親への支援として、保育所での子どもの一時預かりも無料だというから本当に羨ましい限り。

医療費についても、既に2001年から、3歳未満のすべての乳幼児と、3子以上の世帯の子供を就学まで全額公費負担にしているそうです。ニュースでは、福井県在住の子育中の女性が何人か取材されており、「3人子どもがいて本当にラッキーです♪」と笑顔で答えていたのが印象的でした。

福井県は、そもそも3世代同居や共働き家庭が多いという地域特性もあると思いますが、自治体の少子化対策の効果が顕著にあらわれたよい例ではないでしょうか。
金銭的なことばかりではなく、子どもを産むことが歓迎されるという風潮も、出生率の上昇に一役買っている気がします。

世界的に見ても、少子化を克服したフランスやデンマークなどは、政府の少子化に対する手厚い対策が功を奏したと言われています。

私の住んでいる横浜市では、子どもの人口が多いこともあり、すべての世帯が受けることができる少子化支援は「0歳児の医療費無料」と極めて限定的。人口の多い都市部の少子化対策がどのようになるのか、今後目が離せませんね。

世界に学ぼう!子育て支援

blank_space
2006年07月01日

ホルムアルデヒドって、なんなの?


投稿者 村山らむね

先日、ユニクロの幼児用子供服に基準以上のホルムアルデヒドが検出されたというニュースがありました。

なんとなくホルムアルデヒドって有害だそうだけど、どのように有害なのか、どうして子供服に含まれてしまうのか、など疑問に思ったことがありませんか?そこで、ちょっとご紹介します。

1、ホルムアルデヒドとはなんなのか?

Wikipediaによると、メタノールを酸化して得られる有機化合物です。といっても私にもわかりません(笑)。水に溶けやすく、理科室にあったホルマリンはホルムアルデヒドの水溶液です。

ツーンとした刺激臭をもつのが特徴。接着剤、塗料、防腐剤などの成分であり、安価なため建材に広く用いられていて、シックハウス症候群の原因のひとつと言われています。また、衣類の縮みを防いだり、張りをもたせるために、主に天然繊維の加工にも普通に使われています。

2、ホルムアルデヒドはどんな害があるのか?

粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、蒸気は呼吸器系、目、のどなどの炎症を引き起こします。皮膚や目などが水溶液に接触した場合は、激しい刺激を受け、炎症を生ずることがあります。

つまり建材の場合は、目や呼吸器への刺激により「シックハウス症候群」の原因のひとつとなります。
また衣類の場合は、炎症や発疹ができることがあります。赤ちゃん用の衣類の基準は、大人用の衣類にくらべて、ホルムアルデヒドの基準は厳しくなっています。

【家庭用品規制法によるホルムアルデヒド基準値】

乳幼児用(生後24カ月以内)のおしめ、おしめカバー、よだれかけ、下着、中衣、外衣、手袋、靴下、寝衣は16ppm以下
子供・大人用の下着、手袋、靴下、寝衣は75ppm以下

3、なぜホルムアルデヒドはいろいろな場面で使われるのか?

安価であることから、建材や衣類の加工などさまざまな場面で使われています。ただし、最近では建材でも業界で基準が作られています。

4、どうして子供服についたりしちゃうわけ?

ホルムアルデヒド自体は自然界にも存在します。だから乳幼児用服でもまったくホルムアルデヒドをゼロにするというのは至難の業。

また空気や水蒸気に吸収されやすい性質を持っているため、大人用の衣類と同じ倉庫においておけば、大人用の衣類の加工に使われたホルムアルデヒドが、意図せず、子供用の衣類についてしまうということもありえます。また倉庫が完成して間もないような場合も、倉庫の建材に使われたホルムアルデヒドがついてしまうことも十分考えられます。ですからよく、赤ちゃん用の衣類に透明の袋がかぶせてありますよね。あれは外からのホルムアルデヒドから赤ちゃんの衣類を守るためにかぶせてあります。

赤ちゃん用の衣類の加工にホルムアルデヒドを使わなくても、結果的に含んでしまうことは大いにありえます。だから、子供服メーカーは最新の注意を払っているわけです。

5、どう予防したらいいの?

今回のユニクロの幼児服がどういう原因で基準以上のホルムアルデヒドを含んでしまったかはわかりませんが、普通に家庭で出来る簡単なホルムアルデヒド予防法は以下です。

●室内環境について

新築の場合は、できるだけ低ホルムアルデヒドに対応した住宅を選んでください。もし、あまり配慮されていないような住宅に住まざるを得ない場合には、とにかく換気!最近では、有害な物質を無害化してくれるという光触媒の造花などもありますが、とにかく換気が一番です。

●衣類について

子供服の場合はなるべく透明の袋にはいったものを買ってください。あと、子供の服も大人の服も、洗えるものは、まず着用する前に洗濯して干すといいでしょう。そういえば、昔、母は肌着類を買うと、必ず一度洗っていましたっけ。

少し、わかっていただけましたか?

あまり神経質になることはないと思いますが、普通に、換気に気をつける、買ってきた服は一度洗う、赤ちゃん用の衣服は赤ちゃん用のたんすに入れる、そんな普通にできることをやればいいと思います。

blank_space
2006年06月13日

男の人ってどうしてサッカーに負けると、世の中が終わったような顔をするの?


投稿者 村山らむね

うちの旦那は特にサッカー好きというわけではない。なのに、今日は早く帰宅してテレビに陣取り、後半の勝っているときまでは、ニッコニコ。なのに、負けると、本当にがっかりして、あっという間にお風呂に消え、そして音もなく寝てしまった

本当にがっかりしている。どうして世の男子たるもの、ここまでサッカーのことに心を奪われるのか?とっても不思議です。

わたしも結構がっかりしたんだけど、旦那のあまりのがっかりな様子に、逆に理性を取り戻したというか、「仕事できるからいいや」と、切り替えが早かったりしたんですけど、ほんと、泣いちゃうんじゃないかというくらいがっかりしていた。

息子さん、旦那さん、上司に、後輩。みなさんの周りの男子達はいかがでしたか?

blank_space
2006年06月07日

道路交通法が改正されて一週間


投稿者 津田実穂

6月1日に道路交通法が改正されましたね。今日でちょうど一週間です。
ドライバーにとっては戦々恐々なこの法律改正。
巷の道路は、路上駐車がすっかり消えて本来のすっきりした姿になり、非常に運転しやすくなりました。
もちろん、路上駐車はとても迷惑な行為ですが、ちょっとの間も停められない、というのは車を運転する人にはかなり影響があります。
私も車を日常的によく使う人間なので、改正法が施行されてから1週間、の、一般的なドライバーとしての感じたことを書いてみます。
車で出かける方の参考になれば幸いです。

私は、基本的に短時間でも駐車場を利用する方でした。が、結果的に、出かけるときに車を使わなくなることが多くなりました。
その理由は・・・・・

・駐車場がどこも空いてない!
一番の理由はこれです。
6月1日から、劇的に駐車場の空きがなくなりました。特に、駅前や繁華街・商店街などで。今まで路上に止まっていた車がみんな駐車場に入ったのでそうでしょう。
ずいぶん不便なところまで行かないと停められなかったりすることもしばしば。
駐車場に停めればいいや、と思っていたので、停める場所に苦労するとは思いませんでした。

・ちょっとの間も停められないってやっぱり不便
路上駐車はとても迷惑な行為で、それはよくわかっています。
基本的に今までも駐車場を使っていた、と思っていたのですが、意外と5~10分程度の駐車をよくしていたことがこの一週間でわかりました。
たくさん買い物をしたので一度家に荷物を運んでから車を駐車場に戻す、ということができなくなりました。(我が家は重点取締区域の幹線道路に面してる。)
その他、友人の家にちょっと荷物を届けに行ったり、出かけた帰りにちょっとコンビニによったりということを意外としていたことに気づきました。
住宅街にはあまり駐車場がないので、友人の家に車で遊びに行く、というのも面倒になりました。
ドライブ中子どもが「おしっこしたい」なんて言った日には大変です。
幹線道路に面していて駐車場のないコンビニ・ラーメン屋その他飲食店は大打撃を受けるだろうな、と感じました。
まだ一人身ならいいのですが、小さい子ども二人連れていると「すぐ戻る」ことができないんですよね。
介護をしている人はもっと大変でしょうね。

そんなことがあっても、やはり路上駐車がなくなって道路が広くなったのはとても気持ちいいし、いいことです。運転するときは、本当に気持ちよくなりました。

宅配業者やレンタカー業者だけでなく、経済活動にはかなり影響がありそう、とすごく思いました。

法律についてのQ&Aは以下にあります。
■改正道交法Q&A

なお、エンジンをかけてハザードランプがついててでもドライバーはいない、という車をものすごく見かけました。ハザードランプをつけていても、運転者がいなければ切符を切られますので、気をつけてくださいね!

車で出かける機会が減った副産物として、出かけたときにアルコールを飲むことが増えましたね。(笑)
今まで、「今日車なんで。」ソフトドリンクを飲んでいたのが、堂々とお酒を飲めるようになり、これは楽しい誤算でした。

blank_space
2006年06月03日

ワールドカップ、ここに注目!


投稿者 fellow

悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記

いよいよ、ワールドカップが始まりますね! 私自身は、それほどサッカーが好きというわけではないのですが、ワールドカップはやっぱり気になります。単にフィールド上のプレーだけではなく(それはそれで、すごいですが)、応援しているサポーターや、出場国のバックグラウンド、それぞれの国のサッカーに対する想いなどが見えて、サッカーのことをほとんど何も知らない私なのに、涙が出てきてしまったりするのです。

日本に勝ち進んで欲しい気持ちはもちろんありますが、普段はなかなか見られない国のサッカーを観戦できることに、すごくワクワクしています。中でも、注目しているのは、セルビア・モンテネグロ。なぜかというと、悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記という本を読んだからです。

名古屋グランパスで活躍したストイコビッチの名前くらいは、私も聞いたことがありましたが、旧ユーゴのサッカーがどれだけ素晴らしいものだったか(「東欧のブラジル」と呼ばれていたそうです)、そのサッカーが、戦争によって、どれだけの苦難を強いられたか、そして、かつてはひとつの国の代表として共にプレーした選手たちが、民族主義のために次々とバラバラになっていったことを、この本で初めて知りました。

前書きで著者は、「出てくる名前は、なんとかビッチばかりで、どれだけ読んでもらえるか」(この通りの文章ではありません)と危惧していますが、そんな心配はまったく無用、旧ユーゴのサッカーに対するあふれんばかりの愛情に動かされて、戦時下の旧ユーゴを走る著者の取材力、筆力の迫力に圧倒されながら、私は一晩で一気に読みました。

旧ユーゴといえば、クロアチアは日本の対戦国です。そして、セルビア・モンテネグロは、なんとアルゼンチン、オランダと同じ「死のC組」! ヨーロッパ予選で随一の堅守を誇ったセルビア・モンテネグロは、初戦の強豪オランダ相手にどんな戦いぶりを見せるのか、今からとても楽しみにしています。折しも、先日、モンテグロが独立を決め、「セルビア・モンテネグロ」としてひとつのチームで戦うのは、今度のワールドカップが最後になるのです。

著者の木村元彦さんは、最近、オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見えるが話題になっていますが、終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロも、おすすめです。「あとがき」だけでも、ぜひ。

ちなみに、ワールドカップの日程はこちらでどうぞ。セルビア・モンテネグロ対オランダは、6月11日です。

blank_space

ワールドカップ イケメン探し


投稿者 村山らむね

ワールドカップの歴史を作る100人 ワールドカップといえば、4年に一度のイケメンの祭典。ミーハーなわたしとしては、観戦を100%楽しむために、事前のイケメンチェックが欠かせません(ハート)

前回、2002年のワールドカップでは、もうスペインのキーパーに夢中でした。可愛かった!その前の98年フランス大会は誰に夢中だったかよくおぼえていないのですが、そのまえの94年アメリカ大会では、メキシコのGKのカンポスにかなり惚れました。(割とGKに恋に落ちることが多いらしい)あ、もちろんバッジョにも。

さて、今回わたしがチェックしているのは・・・

グループ B パラグアイのFW サンタクルス(ラテンなダニエル・デイ・ルイス)
グループ C オランダのFW ファンニステルローイ(崩れる前のジョン・マルコビッチ)
グループ F ブラジルのMF カカ (普通に可愛い。伊藤英明タイプ)
グループ G トーゴのMF ロマオ (ゴリをめちゃくちゃかっこよくしたみたいな)
 
なんかがおすすめ。
なかでも、イチオシはサンタクルス!!今のうちにつばをつけておきましょう。(どこに?どうやって?)

チーム賞はやっぱりイタリア。イタリアは一人一人はそれほど美形じゃないんだけど、集団でいるとなんともいえないフェロモンを漂わせるのです。日本と対戦するクロアチアもレベル高し。ちなみに日本人選手では、やっぱり基本はしっかりと。宮本選手が好きです。

ヤフーでもこんな特集やっています。
男子禁制?イケメン選手の部屋

みなさんのおすすめは、だあれ?

blank_space
2006年04月07日

何歳まで生きたいですか?


投稿者 fellow

「日本長寿世界一」のニュース、もう毎年恒例になった感じがありますね。今年は、日本人の女性平均は86歳だとか。上位10カ国(同列一位と四位ですが)の平均寿命は80代。日本以外でも、高齢化が進んでいることを実感します。といっても、最下位のジンバブエでは平均寿命は36歳、「人生50年」に満たない国も27(アフガニスタン以外は、すべてアフリカだそう)もあると、リポートされています。

毎年、この「長寿世界一」のニュースを目にする度、「何歳まで生きたいかなあ」と自分自身のことを考えます。

80代でも元気なお年寄りは、実際、知人にも少なくないのですが、なんとなく自分の80代って、想像つかないものです。70代ぐらいまでは、それなりのイメージがつかめるのですが・・・。でも、そう若くして出産したわけではないので、「孫の顔は見られないかも」などと、ちらっと思ったり。たとえ見られたとしても、孫の面倒を見ることは、体力的に難しいだろうなあ。

フリーで働く私の仕事は定年がないとはいえ、これも、体力面を考えると、せいぜい70代かなあという気もします。70代となると、あと30年。うーん、どれだけ、やりたいテーマを形にできるだろうか・・・と、これまた考えます。死ぬ間際まで原稿を書いている、というのが理想だけど、それには、やっぱり元気でいなくては!

元気でいるためには、もちろんトレーニングということもあるけれど、案外、日常の細々としたことを毎日やるのが、老化防止に役立つのかなあという気がしています。だって、毎日三食、料理をするのって、すごくいい知的トレーニングだし、細々した手仕事だって、無意識のリハビリみたいなものですよね。死ぬ間際まで仕事、というのも理想なのですが、死ぬ間際まで、自分で自分の食事を作り、後かたづけをし、掃除、洗濯などをしたい、というのもまた、私の理想だったりします。

そもそも、「何歳まで生きる」なんて自分で決めることではないし、それを前提に人生設計をするつもりもありませんが、たまには、こうしたニュースをきっかけに、自分の老後を考えてみると、命って限りがあるんだなあ、ということが実感でき、なんとなく、人生の優先順位(というと大げさですが)が見えてくるような気もします。

皆さんは、何歳ぐらいまで生きてみたいですか?

blank_space
2006年02月22日

冬季五輪はやっぱりフィギュア!


投稿者 fellow

こんにちは、白木です。あっというまの4連休でしたが、リフレッシュできました。さ、今日からまたがんばらなくちゃ♪

さて、今女子フィギュアを見ながら書いているのですが・・・やっぱり冬季五輪はこれですね。スポーツ観戦は、時間に常に追われているわたしにはなかなかその機会がないもののひとつなのですが、フィギュアはやっぱり結果より経過です★

素晴らしい選手がたくさんいますが、わたしが以前から大好きなのは村主選手。豊かな演技力と細身のプロポーションにうっとり・・・そして、アメリカ代表として見事肺がんを克服して出場した井上選手!
これって奇跡のような話じゃないでしょうか?

わたしたちには想像もできないような辛い経験を乗り越え、それも愛するヒトとペアを組んでオリンピックという世界舞台に挑戦できるなんて、すごいことだと思います。井上選手をいたわるボルドウィンの姿も、彼を見つめる井上選手のまなざしも、優しさと愛情が溢れていて、とても素敵でしたよね。

今回は日本勢がもうひとつ成績がふるわないため盛り上がりに欠けている感は否めないのですが、わたしの大好きな平原綾香の「誓い」も、素敵な歌なのにもうひとつこれも話題に上っていない気がして残念です。

さあ、まだまだ夜は長い・・・(ていうかもう朝?)
仕事もあるのに、このままだと貫徹です(泣笑)

blank_space
2006年02月18日

東京23区の少子化対策


投稿者 fellow

先日、新聞を読んでいたら、東京23区の来年度予算案に新たな少子化対策がいろいろと盛り込まれている、という記事が載っていました。どれどれ、と読んでみたところ、トップに紹介されていた私が住む区の支援策が、あまりに貧弱で、がっかり。

「12歳までの子供がいる家庭に、区内の商店で使える商品券を配る。額は子供1人あたり五千円。」

これで、「やったー!」と喜ぶ子育て家庭が、どれくらいいるでしょうか。

「五千円」という額の少なさは、まあ、区の予算も厳しいのだろうなあ、ということにしておくにしても、区内限定の商品券とは。区境で、いつも行くスーパーは隣の区という場所に住む人も多いのに。「子育て支援と商業活性化の一石二鳥を狙う」とありましたが、なんというか、せこさを感じます。

私自身は、商店街でも時々買い物をしますし、商店街にもっと活気が戻ればいいなあと思うひとりですが、実際、「やる気」のないお店も多く、これじゃさびれてもしかたがないと感じることもしばしば。「子育て支援商品券」を使えるお店に、はたして、欲しいものがあるのかどうか、気になります。

他の区の対策といえば、

港区:「出産費を全額助成し、自己負担ゼロに」
千代田区:「妊娠五ヶ月の胎児から十八歳までを対象に『次世代育成手当』を支給」
(このふたつの区は、財源もわりあいあるのだろうなと想像します。)

大田区:「助産師による親への育児指導やヘルパーによる家事援助。対象は育児放棄などの問題がある家庭に絞る」
新宿区:「妊娠中の女性(父親や初産直後の女性もOK)が新生児に似せた人形を使い、湯浴みやだっこの練習をする」
(こういうサポートが、今の今まで「なかった」という方が問題では・・・。)

その他、品川区や練馬区は不妊治療費の一部を助成するそうです。こういうのは、実際的で、「生もう」というモチベーションを起こさせますよね。支援額がどれくらいかにもよりますが。

区という行政規模で、できることは限られていると思います。でも、小手先の、「一応、少子化対策をやってます」と言い訳になるような支援策ではなく、もっと身近に、すぐにできること、たとえば、子供の遊び場の確保とか、もっと簡単なことでは、公園や児童館、学童クラブの整備(古くて汚い施設の多いこと! うちの区だけかな?)など、区だからこそできることからやってほしい。今回の支援策のうち、どれだけのものが、実際に区民の要望を聞いて考えられたことなのかな、と思います。(特に、うちの区!)

実は、私が住む区は、猪口大臣も住民で、今年最初の区報では区長と対談していました。大臣、少子化対策って、こんなもんでOKなんですか?と、聞いてみたい!
       

blank_space
2005年12月10日

世界で一番寒い冬


投稿者 fellow

先日、亀も空を飛ぶという映画を観てきました。戦争が日常の、イラク北部に暮らすクルド人の子供たちを描いたもので、もしDVDになったら、ぜひご覧いただきたい、素晴らしい映画でした。
そのパンフレットに載っていたバフマン・ゴバディ監督のインタビューに、次のような一節がありました。

イラクで今一番みんなが切望していることは文化的な活動、文化センターのような場所です。(中略)韓国の軍隊、兵士たちは歩きながらものを直していく、歩きながら学校を作っていく。(中略)それでクルド人の中では韓国人はとても親しい人たちになりました。

おそらく生活そのものも成り立たないような暮らしを送る中でも、人々は、単なる生活援助物資以上のもの、文化や学校のようなものを切に欲するのだと、強く印象に残りました。

そのような支援を必要としている地は、世界のいたるところにあるのでしょうが、今、特に気にかかるのは、10月に起きたパキスタン北部地震の被災地です。


地震から2ヶ月が過ぎた今でも、国連は、国際社会の支援が足りないと訴え続けています。昨年末のスマトラ沖地震では、「援助合戦」と揶揄されるほどの募金が、世界中から公私を問わず集まったのに対し、たとえばユニセフは、支援金は必要額の半分にも満たないと悲鳴を挙げています。

パキスタン地震の被災地は、主に、ヒマラヤを背にした険しい山岳地帯。地震によって、交通路も遮断され、援助物資の輸送もままならないうちに、零下にもなる冬が訪れています。家は倒壊し、布張りのテント暮らし、暖房といえば、煮炊き用の竈ぐらい、衣類さえ防寒に必要なほどの量はありません。

死者7万人以上、負傷者10万人、被災者は300万人といわれるこの地震の被害規模は、生き残った人々が厳しい冬を無事に越せるかどうかが、今後の分かれ目となるでしょう。

さきほどのゴバディ監督の言葉ではありませんが、シャンティ国際ボランティア会では、毛布や防寒用品、日用品などの配布の他、被災した子供たちのために、文具セットや絵本、スポーツ用品などを送っているそうです。もし自分たちが地震などの災害にあったとしたら、子供たちへのこのような援助は、どれだけありがたいだろうかと思います。そんな時、親はなかなか子供をかまってやることはできませんから。

blank_space
2005年11月19日

プロジェクトX 来月最終回


投稿者 fellow

NHKのプロジェクトXといえば、普通のサラリーマンたちの功績を称え、その逸話を紹介する長寿番組。それがとうとう来月で最終回となるそうだ。

最終回の12月28日には中島みゆきがあの名曲「地上の星」をスタジオで歌うという。

それにしても、最終回だなんて。日本のサラリーマンを虜にした、普通の人たちの英雄伝説も、ついにネタ切れなのかな?どうしてやめちゃうんだろう。もっと続けたらいいのにね。

昔からなんとなく観ていた番組だけど、私が一番グッときたのは、2004年1月に放送された「撃墜予告 テヘラン発 最終フライトに急げ」の回です。

私にとって縁多いトルコの人情熱い側面を切り取った内容なんです。話としては知っていましたけど、実際に助けた人、助かった人の顔を見てその話を聞くことは、奥深さが違います。しかもこの放送は、トルコ語に訳され吹き替えになり、去年、トルコのTRTという国営TVでもゴールデンタイムに放映されたんですよ。

世界から見ると、日本のサラリーマンは、英雄視されているところがあります。まさにそのいい部分を切り取って構成された番組で、観るとポジティブに仕事を捉えることができる、稀有な番組でもありました。

手の届きそうな夢を感じられる。
私もやってみたいと思わせる。

おじさんに人気のこの番組だけど、本当は若い世代が観て、将来に夢をいだいてほしいなぁと思っています。主題歌をサンボマスター(笑)にしたりして、若い世代にもウケる新バージョンになって、また帰ってきてほしいなあ。

みなそれぞれ、大好きな逸話は違うかもしれないけど、必ずお気に入りがあるみたいね。トラックバック先探して検索してたら、そう思っちゃった。みなさんお気に入りの話はどれでしょう?


私はこれもすき↓
プロジェクトX 挑戦者たち 第4期 Vol.4 アンコールワットに誓う師弟の絆

blank_space
2005年11月12日

インフルエンザに予防注射は効かない?


投稿者 fellow

今年はどうする?インフルエンザ―疑問だらけの予防接種と特効薬

11月に入って、インフルエンザの話題が急に増えてきました。「かからないためには、早めに予防摂取を!」と、メディアでも呼びかけています。今年は特に、鳥インフルエンザのことがあって、いつも以上に、危機感をあおる記事が多いようです。私は、「インフルエンザの予防接種は受けない派」なのですが、それでも、「何もしなくて、いいのだろうか」と不安になります。と思っていたら、タイムリーな一冊が出ました。

今年はどうする?インフルエンザ―疑問だらけの予防接種と特効薬。ユニークな育児雑誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」の編集委員(小児科医の毛利子来先生、山田真先生など)が中心となって執筆されたこの本では、「インフルエンザに予防接種は効果がない」と、明快に言い切っています。また、特効薬と言われる「タミフル」についても、疑問を呈しています。

これだけ巷で「インフルエンザには予防接種、かかってしまったらタミフルで治す!」とアピールされていたら、「効果がない」と言われても、なかなか納得がいかないかもしれません。ここで、私があれこれ書くより、この本をきちんと読んだ方が誤解がないと思いますが、要は、

・ワクチンにもタミフルにも、それから解熱剤にも、死亡事故や重大な副作用が出るほどの症例が出ている
・インフルエンザは毎年変化しているので、ワクチンの型がそれに対応しきれない(だから、予防接種をしてもインフルエンザになったりする)

この二点が、「効果がない」とする主な理由です。

だけど、「予防接種していたら、かかっても軽くすむのでは?」「タミフル飲んだら、劇的に熱が下がったって」「副作用よりインフルエンザが怖い」「今年のインフルエンザは特別に怖いんでしょ」などなど、いろいろな疑問がわきおこると思います。それらすべてに、はっきりと納得のいく(少なくとも、私は納得しました)説明があります。ぜひ読んでください。

「インフルエンザに予防接種は効かない」根拠のひとつとなっているものに、「前橋レポート」という調査結果がありますが、これは、カンガエルーネットというサイトに全文が掲載されています。ご参考までに。

ワーキングマザーとしては、仕事は休めないし、子どもに病気になられたら困る。家族中がインフルエンザにかかったらと思うとゾッとしますが、予防接種や薬を無防備に受け入れるのも怖い。正直、舵取りが難しいところです。

blank_space
2005年09月10日

選挙前にもう一度チェックしておきたいこと


投稿者 カトウヒロコ

あっというまに、明日は投票日ですね。私は、小選挙区で投票したいと思う候補者がいなくて、「あー、不信任投票があればいいのに」と悶々としています。

「ワーキングマザースタイル」でも選挙の話題が出ていますが、投票日前日ということで、もうひとつ、憲法についての各党の姿勢をチェックしておきたいと思います。「郵政民営化」が争点と言われても、けっこう、憲法改正の動きも進んでいるのですよね。ほとんど議論されてないですけれど。

憲法というとカタい話のような感じがしますが、今の憲法をめぐる状況をわかりやすく説明してくれるサイトがマガジン9条。発起人には、椎名誠さん、森永卓郎さん、ピーコさん、香山リカさんなどの顔ぶれが揃い、毎週水曜日更新の、雑誌スタイルのサイトです。今週は特に、森永さんの記事が秀逸!9条については賛否両論あると思いますが、素朴な疑問についても(他国から攻撃されたらどうするの?とか)、ていねいな解説コーナーがあって、参考になります。

護憲というと社民党が浮かびますが、でも経済政策とかはどうなんだ・・・と思うと、また悩む。全部がOKという政党って、なかなかないものですねえ。

blank_space
2005年08月25日

YESプロジェクトにYES!


投稿者 村山らむね

9月11日は選挙です。今度の選挙は、今までの選挙と大きく違います。

大きな日本の舵取りというだけでなく、ブログやSNSが始まってほぼ初の選挙かと思われます。

わたしは、もともと選挙好きで、いわゆる無党派層ですが、必ず選挙には行くようにしています。でも、このワーキングマザースタイルで選挙のことや政治のことを書くのもどうかと思い、逡巡していました。

政治色はつけたくないし、かといって選挙中なのに選挙のことを書かないというのもおかしいし。何よりもワーキングマザーこそ、もっと政治や選挙で主張すべき とも強く思うこともあります。

そんな風に悩んでいたときに、見つけたのがこのYESプロジェクトです。

設立趣意書にはこのようにあります。

日本を変えよう。 変えなければ、日本の将来は暗い。

財政の破綻、少子化問題、年金問題、郵政民営化、公務員改革、税制の問題、地方主権など、教育改革など、日本が取り組むべき課題・改革は、数多い。

今まで、日本の政治は、支持基盤と癒着した守旧派を中心とした「抵抗勢力」により、遅々として進まず、閉塞感が漂っていた。しかし、今やっと、日本の政治が動き始めるような気配がある。

そのタイミングで、民間の立場で日々新たな創造に取り組んでいる若手起業家仲間が集い、「YES運動」を立ち上げることした。YES運動では、以下3つを訴えることとしたい。

選挙に行こう
改革を進めよう
もっと発言しよう

このタイミングでしっかりとした改革がなされないと、結局そのとばっちりを食うのは、僕ら若手である。今、僕らが立ち上がり、もっと積極的に発言し、選挙に行き、改革を進める人々をサポートすることにより、世の中を変えられると思う。

これらを主にブログやメールを通して、広げていきたいと思う。ブログの読者は、主に20代から40代前半の若手である。選挙に行かないのもこの世代でもある。

この世代が立ち上がれば、必ず日本は変わる。いや、変わるまで、僕らは行動し続けなければならないのである。この日本の将来を背負っていくのは、われわれだという自覚を胸に。

起業家の仲間(YES)発起人一同
2005年8月02日

私自身も、どこに投票しようか、今現在、迷っています。11日まで、真剣に悩もうと思う。

みなさんも一緒に、悩みましょう。そして、投票所に行きましょう!

各党のマニフェストへのリンクはここが便利です。

blank_space
2005年04月20日

個人レベルの日中関係


投稿者 武田りこ

日本と近隣の国々の関係が、難しくなっています。
国レベルのお話は、一口にはいえないことが多く、今の自分の意見だって、その根拠はマスコミの報道だったりするので、どこまで正しく認識しているかあやしいものです。

そこで、個人レベルでの、国際交流について、考えてみようと思います。
一昨年の夏、私の会社に中国人の留学生が研修にやってきました。
2ヶ月の滞在のうち、2週間を我が家にホームステイしました。

以前に中国人のホストファミリーを何度もされた方からいただいたアドバイスは、”一生懸命もてなしても、何の感謝もされないし、帰国してから一度も連絡があったことはない。”というものでした。

ところが、やってきた彼女は、本当に誠実で、やさしくて聡明な大学生。
日本語もかなり勉強してきていたし、さらに勉強したい意欲がいっぱいで、本当に尊敬できる人でした。
会社でも、2ヶ月のうちのほとんどをすごした弟の家族にも、とても溶け込んだ彼女でした。

そんな彼女でしたが、我が家の長男(当時小4)とは、3日目あたりからうまくいかなかったのです。

もともと、我が家の一番年少である長男は、ホームステイの人がやってくるとちょっと不機嫌。
その前の年の、アメリカの男子高校生のときも、女子高校生のときも、彼らに皆の関心が集まるのがちょっと不満なようでした。

でもアメリカ人(白人ですね、いわゆる)と、中国人の場合で、明らかに反応が違うのです。
つまり、中国人の場合、見た目はほとんど私たちと変わらないための、摩擦が起こるのです。
ほとんど変わらないんだけど、微妙に違う。これが問題だったんです。

生まれ育った国が違うのですから、アメリカからの留学生と同様、彼女も習慣や、感覚が違って当然なのですが、子供にはそれがなかなか理解できなかったようです。
彼女の日本語がうまいがために起きた摩擦もありました。
うまいといっても、母国語ではないので、ニュアンスが違ったり、言い方がきついように感じたりしたようです。
ただの言葉の壁なのですが、長男にとっては、感覚として、全く見た目の違う人は許せても、ほとんど見た目の違わない人は受け入れにくかったようです。
似てるからこそ、腹が立ったようです。

もちろん彼女の素晴らしい人格と、努力で最後は二人は仲良くなりました。
今も、彼女は私の両親と中国で会ったり、手紙をやり取りしたりしています。

これは個人レベルの話ですが、似てるから、近いから余計に許しがたい、ってことも実際あるんじゃないかな、と日中関係にも思うこのごろです。

blank_space
2005年04月17日

意見を言う大切さ


投稿者 fellow

 私が子供を授かったのは、結婚してから3年目のことです。恥ずかしながら、それまで何かと理由をつけては先送りしていました。友達は独身または子供のいない夫婦ばかり、子育てしてる人の話を聞くとなんとなく大変そう、出産は怖いとか、いろいろでした。そういう私が少子化について意見を言うのはおこがましいのですが、前にちょっとこれは納得できないなというニュースがあったので、意見を言ってみたいと思います。

 ある時TVのニュースで、ある議員が総理に「高齢者福祉は手厚いのに子供の福祉は予算が少ないのはどうして?」という答えに「高齢者のほうは要望の声があがるけど子供の方は少ないからね」という旨の回答をしていました。

 これは意見を、要望を言わないと何にもしてくれないってことなのでしょうか?。

 現役子育て世代は、上の世代と比べると経験もコネも少ないし、もっとこうしてほしいなど提案する機会がないと思います。政治への関心も薄いですしね。「大変だ」と言いながら、置かれた環境で毎日を精一杯生きているという感じがします。
 しかし、忙しいけども、意見を言っていかなくてはよくならないですよね。とはいっても、自己主張することってあまり慣れていないので、まずは身近なネットからでも、意見を言っていけば、いつかは日の目をみるのかなと思うのですがどうでしょうか???

去年、地元で少子化問題を語るイベントがありました「男女平等EXPO 
こういうイベントで発言するのも手だと思うのですが、いかがでしょうか?

blank_space
2005年04月16日

中国について知りたい


投稿者 カトウヒロコ

第11巻 巨龍の胎動(毛沢東VS鄧小平)


中国の反日デモ、ここのところずっとトップニュースで流れていますね。経済優先でデモはないだろう、と言われていた上海でも、ついに今日、5千人から1万人規模の反日デモがありました。

報道を見ていて、何か私は違和感を持つのです。お互い、かみ合わないところで話をしているようなもどかしさを感じるというか・・・。

ここ数年の中国の急成長ぶりに、中国に関心をもつ人は増えてきたと思います。でも、私自身も含めて、中国を理解している人はどれだけいるのだろう、という疑問もあります。経済的な相互依存は進む一方で、相互理解となると、どの程度のものなのか、不安を感じます。中国で反日が盛り上がる一方で、日本にも、嫌中、あるいは反中ムードが高まっているとはいえないでしょうか。

たまたま、前から購読していたメルマガのおすすめで、「中国解体新書」というサイトを知りました。主宰者は、日本でジャーナリストとして働いた後、アメリカの大学院で国際政治について学び、その後、ネットビジネスに転じて、ロンドン、上海で暮らした経験の持ち主。最近では、反日デモについて、連日のように記事をアップしています。日本の報道に接しているだけでは、なかなか得ることのできない視点が、大いに参考になります。

ちなみに、この方は、「中国開発区の森」という、中国ビジネスのポータルサイトも運営しています。中国でのビジネスに関心のある方は、こちらも興味深いのでは、と思います。

中国について知る、ということでは、最近話題を呼んでいる「中国の歴史 全12巻」(講談社)もおすすめです。アトランダムな順番で発刊されており、まだ全12巻をいっぺんに読めるわけではありませんが、一冊一冊が、最新の研究結果を踏まえたもので、非常にエキサイティングです。(三国志ファンなら、三国志の世界(後漢 三国時代)が、今までのイメージをひっくり返すような話が色々出てきて、おもしろいかも。)

第11巻 巨龍の胎動(毛沢東VS鄧小平)から始めるのも良いでしょう。この本のおかげで、私は中国関連のニュースが随分わかりやすくなりました。分厚いので、ちょっと読み応えはありますけど・・・それでも、あえて今だから、おすすめします。


blank_space
2005年03月28日

もったいない、Mottainai


投稿者 武田りこ

先日新聞で

昨年のノーベル平和賞受賞者の、ケニア副環境相のワンガリー マータイさんが資源をめぐる戦争を防ぐため、世界中で”もったいないキャンペーン”に取り組もうと国連女性の地位向上委員会の閣僚級会合で、演説し、みなで”MOTTAINAI"を唱和した。

という記事を読みました。

考えてみれば今どきの子供たちに、”もったいない”といってもなかなか通じない場面が多いように思います。
紙一枚、鉛筆一本にしても、私の子供のころはもっと大切に使っていたような気がします。
子供が小学校に入学したとき先生が「最近は落し物の鉛筆や消しゴムを取りにこない子が多いです。なくなったらまた買ってもらえばいい、と平気で言う子もたくさんいます。」
とおっしゃったのには、ショックを受けたことを思い出します。

もったいないっていう言葉に匹敵する言葉は、なかなか他の国にはない、日本には素晴らしい概念と言葉がある、という彼女の言葉に、私たちは今胸を張れる状況でないことを、恥ずかしく思いました。


子供たちだけではく、大人も同様ですよね。
例えばオフィスでもOA化が進んでかえって紙の消費量はうんと増えています。
忙しいとついもったいないより便利を優先させてしまいます。
今の先進国といわれる国々の生活の豊かさや、便利さの多くは、それ以外の国々や、地球全体の犠牲の上に成り立っているんだということを、もう一度よく考えなくては、と思いました。

でないともったいないおばけがでるぞ~。

blank_space
2005年03月15日

ところでフジテレビ VS ライブドア みなさんはどう思う?


投稿者 村山らむね

とうとう佳境を迎えていますね。ライブドアとフジテレビの問題。みなさんはどう思いますか?

私は、正直「難しくてよくわからない」というのが本音。

資本主義というのは、資本を持つ人が大きな力をもちハンドリングできるという大前提があるので、時間外取引とは言え、きちんとしたルールに則ってニッポン放送株を取得した堀江社長を、感情的に悪しざまにいうご老人たちについては、ほんとうにがっかりする。日本的な甘えの慣習にどっぷりつかっていたとしか思えない。

そんないわゆる日本的な企業風土に、裸で飛び込んであまりにまっとうに直球勝負で挑んだ堀江社長には喝采を送りたい反面、やっぱり100%支持したいとはどうしても思えなかった。特に最初のうちは。

でもここに来て、これだけ「話し合いたい」と言っている大株主を無視するフジテレビも、いかんよなぁと、思ってきた。

あと、「社員の気持ちが」という議論も正直、どうかなあと思う。私がこのような買収劇の舞台となる会社に勤めていたら、もちろん激怒したと思うけど。(笑)でも本当に会社を守ろうとしたら、社員みんなで株を買いまくるとかすべきなんだろう。放送局に許されるかはわからないけれど、従業員バイアウトという手もあるんだし。

 株主、経営者、従業員、顧客、取引先

ひとつの会社をめぐるさまざまな環境が、純日本的なスタイルから、グローバルスタンダードに変化する過渡期の出来事として、この事件は10年後どのように語られるのでしょう?

テレビ局は法的に保護されてきたから、グローバルスタンダードの波を最後に受けることになったとはいえ、外資規制だっていつかは取り外さないとならなくなるに違いない。

そんななかで、警鐘を鳴らすための道化になってしまうのではないかという心配をしながら、堀江社長を生暖かく見守っている毎日です。みなさんはどうですか?この問題。

blank_space
2005年01月09日

できることは、あります


投稿者 カトウヒロコ

昨年末のスマトラ沖大地震の災害について、心痛むニュースが続きます。各国政府も、セレブリティも、こぞって寄付や援助を申し出ているようですが、こうした時にいつも思うのは、その援助は必要な人に届いているのだろうか、ということです。今回の災害でも、家や生計の元を失った地元民の救済は後回しになっているとか、野ざらしにされた救援物資があるという報道を目にします。善意のお金も、無駄になったり、何に使われているのかわからないのであれば、寄付をためらう気持ちが生まれてしまうでしょう。

こういうことを考えるきっかけとなったのは、アフガニスタンで最も貧しい人々への医療援助活動を続ける中村哲医師、彼を支えるペシャワール会を知ったことです。20年にわたり、現地の人々にとって今何が最も必要なのかをみきわめ、それに対して果敢に行動してきた中村医師は、「援助活動の流行りすたり」や援助する側の甘えや傲慢について、巨額のお金が本当にそれを必要とされるところに生かされていないことについて、厳しく批判します。

もうひとつ、政府レベルで桁違いのお金が出るのであれば、非力な個人にすぎない自分は、自身の生活もけっこう大変だし、これ以上何もする必要はないのではないか、と感じるかもしれません。けれども、ひとりの人間の善意はけっして「非力」ではありません。こちらも、20年近くタイやラオスの貧しい子どもたちの就学を助けてきた、日本民際交流センターの秋尾晃正さんの言葉です。

「各国の利害関係の複雑さや、基礎教育への資金拠出の割合の少なさなどにより、本当に必要とする子どもたちは見捨てられがちです」
「出稼ぎのために両親とともに都市のスラムや建設現場の暑いトタン屋根の下で暮らす少年たち、繁華街で厚化粧を強いられる少女たち、基本的な教育すら受けられない多くの子どもたちがいるのです」

そして、「直接基本的な教育に接する機会を提供する地道なダルニー奨学金が、その子たちには必要とされているのです」と、秋尾さんは言葉を続けます。

問題の大きさ、深刻さに対し、「私にできることはたかがしれている」と思う人もいるでしょう。厳しい生活の中から、寄付をするのも大変かもしれません。それでも、たとえば、書き損じの年賀葉書やあまってしまった年賀あるいは喪中切手を、こうしたNGOに送ることは、それほど難しくはないと思います。

中村医師も含む無償のボランティアで運営されているペシャワール会では、書き損じ葉書や未使用の切手の寄付によって、増え続ける会員への通信費の負担を減らすことができ、日本民際交流センターでは、書き損じ葉書や未使用テレカは、奨学金の重要な一部となります。他の多くのNGOでも、こうした寄付を必要としています。(たとえば、国際協力NGOセンターのサイトには、地道な活動を続ける様々なNGOや援助する方法が紹介されています。)

余った葉書や切手を封筒に入れ、宛名を書いて郵送する手間やお金は、私たちにとって、さほどの負担ではありませんが、受け取る人にとっては非常に大きい「財」となります。いえ、もしかしたら、送る私たちにとっても、恵みをもたらしてくれるのかもしれません。本当に微力な協力しかできない私自身、そう感じています。

blank_space
2005年01月04日

スマトラ沖地震


投稿者 武田りこ

昨年の漢字は「災」でしたが、最後の最後に大きな災害がまた起こってしまいました。
日本からはちょっと遠い国で起こったことですが、私にとってはタイをはじめインド洋を囲むアジアの国々は大好きな国なので、本当にショックです。
いまだに連絡の取れないご家族のいらっしゃる方々のご心痛を思うと、胸が痛みます。
阪神淡路大震災のときもそうでしたが、今回もやはり本当に被害のひどいところの情報はなかなか伝わってきませんし、そういった地域にいる人たちは、きっと何が起こっているのか良くわからないのだと思います。

インド洋の島々は特に冬の季節が美しく多くのヨーロッパからの避寒客が滞在します。
観光が大きな産業の地域なので、将来的なダメージも大きいと思います。
私は夏にしか行ったことがありませんが、本当に美しい地域ですし、何より人々がとても優しく、人懐こいことが印象的な国々です。
ニュースを見ていたら、水着ひとつで命からがら助かった日本人に、現地の人がお金を貸してくれた、と報道していました。通貨の強さから考えても、現地の人にとっては大金のはずです。自分たちのほうがダメージを受けているのに、どうしてそんなにやさしくなれるのでしょうか。
特にこのあたりの地域の人たちは日本人にいい印象を持ってくれているように感じます。
日本も欧米の機嫌ばかり取っていないで、こういうところにこそ、対外国の予算を使ってほしいと願います。
私もささやかながら早速募金しようと思っています。

■日本赤十字社

<郵便振替によるお振込みのご案内>
 【口座番号】00110-2-5606  【振込先名義】日本赤十字社

 ※郵便局指定の振込用紙をご利用ください。通信欄に「スマトラ島沖地震救援」とご記入ください。
 ※郵便局窓口での取り扱いの場合振替手数料は免除されます。


■日本ユニセフ協会 [団体情報]

<郵便振替によるお振込みのご案内>
 【口座番号】00110-5-79500  【振込先名義】財団法人日本ユニセフ協会

 ※郵便局指定の振込用紙をご利用ください。通信欄に「スマトラ」とご記入ください。
 ※郵便局窓口での取り扱いの場合振替手数料は免除されます。
 ※クレジットカード、イーバンク銀行からの振込みも受け付けています

ドラえもん募金も受け付けているようです。
テレビ朝日ドラえもん募金
「スマトラ沖大地震被災者支援」
募金電話番号: 0990-53-5000

ワールドビジョンジャパンでも受け付けています。

blank_space
2004年12月30日

[絵本]とにかくさけんでにげるんだ―わるい人から身をまもる本


投稿者 有栖川ゆうこ

わかりやすく、逃げ方を説明するための絵本。
とにかくさけんでにげるんだ―わるい人から身をまもる本

奈良の女児誘拐殺人事件の容疑者が逮捕されたというニュースが。
捕まってよかった。でも、いったいいつ自分のこどもたちが同じ被害に遭わかもしれない…。そんな不安は悲しい事に今や全国共通の悩みになってしまった。

とにかくさけんでにげるんだ―わるい人から身をまもる本
ベティー ボガホールド Betty Boegehold 安藤 由紀 河原 まり子
岩崎書店 (1999/01)

この絵本は、昨年母親関係の掲示板などで話題になっていたもの。
購入してもまだ理解できないかな?と思い、最寄りの図書館で調べると入れてあったので、借りて当時3歳だった上娘に読んであげたことがあります。

まだ、当時の娘は、家庭保育だった事もあるのか、この絵本の内容はまだ捉えにくかったようで、関心を示しませんでしたが、今年は保育園に通うようになって世界観も広がって、「うちの人」「よその人」「先生」「おともだちの家族」などが区別できるようになってきたので、そろそろ購入してもいい時期かも。

内容は、くちに出して読むと「声にしたくない」というようなフレーズも若干含まれているのですが、それはそれでぼかしようがない言葉だし、言い換えた曖昧な表現では、こども自信が学ぶことができませんし…。

去年もとてもひどい事件が多く発生していましたが、2004年も減る様子もなく…。
自衛の考え方を、小さいこどもに「教えなくてはいけない」、という事自体が、悲しくもありますが、いざ何か起きた時の後悔を思えば、背に腹は代えられない。というところでしょうか。

次に図書館に行った時に、もう一度手に取って、娘が興味を示したら今度は購入しようと思います。

blank_space
2004年12月21日

サンタクロース追跡プロジェクト


投稿者 村山らむね

とうとう、クリスマスですね。殺伐とした社会のなかで、クリスマス、宗教の垣根を越えて、楽しむことはいいことだと思います。

さて、NORAD(ノーラッド)って知っていますか?北米航空宇宙防衛司令部だそうです。わたしもさっき知りました。カナダとアメリカ合衆国の航空宇宙防衛を担当する二国間の軍隊組織で、

ノーラッドは、カナダとアメリカ両国に対して発射されるミサイル攻撃や空襲の危険を警告し、北米の空域の久権を守り、空襲に対する空の防衛戦力を提供します。

まあ、正直言ってそんなに平和な組織ではないことは確かです。そこがなんと、クリスマスの日に、毎年サンタクロース追跡プロジェクトをやるというではありませんか。

どうして、ロケットやミサイルの探知を行っている組織が、サンタクロースを探査できるかとういことについては、

ルドルフの鼻は、ミサイルが発射されるときに放出するものに似た赤外線を放ちます。サテライトは、問題無くルドルフの真っ赤な鼻を感知できます。ノーラッドは、何年にも及ぶ経験のおかげで、北米にやってくる航空機の追跡、世界中で発射されるミサイルの探知、またルドルフのおかげでサンタさんの追跡がうまくできるようになりました。

こんな説明があります。ハッピーなんだか、ブラックユーモアなんだかわかりませんが、でも、まあ素敵な企画だと思います。もう50年も続いているそうですよ。

24日は、あらかじめサンタが通りそうなところに仕掛けておいたデジタルカメラで、サンタを追跡した映像をリアルタイムでウェブから見られるそうです。今年は、見てみようかなぁ。

NORAD Tracks Santa Website(2004)
日本語版もあります。

blank_space
2004年12月15日

100万人のキャンドルナイト


投稿者 常山あかね

kairaku.jpg
【送料無料商品】スロー快楽主義宣言!

12月21日は、冬至の日。かぼちゃを食べて、柚湯に入って暖まりたいですね。そうして、もう一つ忘れてはならないのは、100万人のキャンドルナイト。2003年から実施されているイベントで、夏至の日、冬至の日の20時~22時の間、「電気を消してスローな夜を」過ごすというもの。前回の夏至の日は、環境省などの呼びかけもあり、東京タワー、六本木ヒルズなど、多くの大規模施設の電気が消され、ニュースでも大きな話題に。100万人どころか、650万人が参加したそう。

我が家は、前回は、忙しさにかまけてすっかり忘れていた(^^;ので、12/21こそは、参加するつもり。
せっかくなので、蜜蜂からとれる自然の蜜ろうローソク(ハニーキャンドル)を、子供たちと手作りして楽しんでみようかな・・・。
蜜ろうローソク手作りキット
蜜ろうローソク手作りキット

blank_space
2004年12月08日

奈良の小学生誘拐殺人事件で思うこと


投稿者 唐土かほる

奈良で小学1年生の女の子が誘拐され無残にも殺された事件、犯人はもちろん憎いですし、一日も早く逮捕されて欲しいと願っていますが、最近、それ以上に腹立たしく思っていることがあります。


それは加熱気味のマスコミ報道。


私はブラウザでインフォシークのネットニュースが常時流れるように設定しているのですが、毎日のようにこの事件の関連ニュースが掲載されています。


最初は犯人探しのために一人でも多くの目撃情報を募ることが大切なので、このような報道は必要なことだと思っていたのですが、最近ではもう一般人に開示する必要はないのでは・・・と思いかけています。


特にひどいのは週刊誌です。

夫から聞いた話ですが、週刊誌にはかなりきわどいことまで情報開示されているとのこと。死後に犯人が被害者に対して行なったことや、死体を損壊したことなど、事細かに書かれているそうです。その記事を掲載することが犯人逮捕の一助となるとは思えません。


被害者に人権はないのでしょうか?


被害者の女の子は実名で写真まで公開されています。その子が死後にどれほどひどいことをされたのか、しかも性的にひどいことをされた・・・そのようなことを一般人に公開する必要はあるのでしょうか?一般人ということは女の子のクラスメイトにまでこのような情報が伝わっていくのですよ。


もし私の娘が被害者で、残忍な犯人に殺されたうえ、死んだあとまでマスコミにこのように陵辱されたとしたら許せません。


家族が真実を知る権利とマスコミが一般人に報道する権利は別だと思います。


次の報道は「犯人逮捕!」であって欲しいと切に願っています。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------
★唐土(もろこし)かほるのブログサイト「双子日記」~ミレニアム生まれの双子の毎日を執筆中!★
------------------------------------------------------------------------------------------------------

blank_space
2004年11月20日

子供をどうすれば守れるのか?


投稿者 村山らむね

言葉を失います。事件の残虐さ。最新の携帯を持たせて、まめに連絡をとり、大切に育てていたことが伝わってくる。それなのに…。

いったい何をすればよいのか。どうすれば自分の子供をまもれるのか。

親はずっと子供の手を握っているわけにはいかない。どうすれば自分の身を守ることを教えることができるのか?

一つには、CAPなどもすばらしい手段だと思う。わたしもこのプログラムは以前受けたことがあり、感銘を受けた。これは、できれば行政がお金を出して、子供と子供をもつ親は全て受ける機会を与えて欲しい。自分はとても大切な存在だということを、自覚するプログラム。

知らない人の車には乗るな、というのも徹底して子供に教えないといけないだろう。今回も、親御さんは口をすっぱくして教えたことだろう。それでも小学一年生。上手に言いくるめられれば、抗えない。

少しずつ悪くなってきた大人と子供の信頼関係。どうしたら、少しずつ改善できるのか?短期的にできること、長期的にすべきこと。その2つを考えないといけないのだろう。

blank_space
2004年11月18日

CAPって知っていますか?


投稿者 湯河原こむぎ

CAPって知っていますか?私は3月まで知りませんでした。今年度、PTA役員を引き受けました。一年に一度「PTA事業」として何かやらないといけないのですが、前年度の会長から「これやりたかったんだけど、私たちの時には実施できなかったから、よかったら参考にしてみて」とCAPの資料をいただきました。

資料には「CAPとはChild Assault Prevention(子どもへの暴力防止)の頭文字をとったもので、子どもたちが自分自身の権利について理解し、その権利を奪おうとする虐待やいじめなどあらゆる暴力に対し、心とからだと知恵をもって自分を守るためのプログラムです。」と書かれていました。「児童虐待」のニュースが新聞やテレビに出て来ない日はないほどの毎日なので、このプログラムを実施するのは非常にいいのではないかと思いました。

学校側との話し合い、PTA運営委員会での話し合い等、いろいろな紆余曲折がありましたが、まずは、初めてなので、今年度は6年生だけという事で、実施するところまでこぎつけました。

当日は、1クラスにつき3名ずつのスタッフの方を学校にお迎えし、こどもワークショップが開催されました。子どもが大人の目を気にすることなく発言できるように、見学は1クラスにつき「大人3名まで」と決まっており、親は見学できません。なので、私たちも中には入れませんでした。

今回、私たちは入れませんでしたが、事前に受けた、「おとなワークショップ」での内容は・・・子どもが自分の権利「安心」「自信」「自由」を守るために「親戚のお兄さんにキスしようって言われたら?」「おかあさんが、さっき交通事故に会って、おじさんは○○ちゃんを病院まで連れて行くために来たんだよ。・・・などと知らない人に声をかけられたら?」と具体的なシチュエーションに沿って寸劇をしながら、わかりやすく説明してくれるものでした。危険な事にあった時、周りの人に危険を知らせるための「特別な叫び声」の練習、後ろから口をふさがれた時の対処法などあり「これを自分の娘にもぜひ聞かせたい」と思いました。(娘は3年生なので、今回は対象外でした)

私たちPTA役員は「ちゃんと聞いてくれるかなー」「最後に相談タイムがあるけど、相談したいと思ってくれる子が1人もいなかったらどうしよう」と心配はつきませんでした。

ところが、プログラムを終了して戻って来たスタッフの方々は、「非常に活発に意見も出て、まとめきれないくらいだった!」と明るい表情で語ってくださいました。6年生くらいになると、最初からハスに構えて、意見も出ないし、反応も少ない・・・という事も多いそうですが、「いい意味で、昨日実施してきた他校の3年生の反応のように、みんな素直で活発だった。」との事でした。見学に入っていた先生も「子どもたちがみんな生き生きと乗り出すようにして参加していたよ。これをやってすごくよかったね。」と言っていました。

終了後に6年生にアンケートをしてもらったのですが、全員「よかった、ためになった」に○がつけてあり、ほんとに全員が自分の言葉でコメントを書いてくれていました。

「これから大人になって行く上でとても役に立ちました。」「こういうときは、こういう事をすればいいんだなど、よくわかりました。」「恐い時の声の出し方、相談する方法、逃げ方などわかった。」「これからどんなことが起こるかわからないので、この事をふだんの生活で生かして行きたいと思います。」等・・・。

文章から「すごくためになったし楽しかった。」という様子がビリビリ伝わって来るようでした。見学してくださった、ある先生は「次の日、子どもたちの顔つきがまるっきり違ったわよ。」と言ってらっしゃいました。このワークシヨップを受けた事により、自分の「権利」を守る事はもちろん、他の子の「権利」も侵害してはいけないのだ、と言う事をみんなが理解してくれたのを確信しました。



「CAPセンターホームページ」
今回私たちがお世話になったのは
「エンパワメントかながわ」の方々

blank_space
2004年11月15日

紀宮様 おめでとうございます!


投稿者 村山らむね

紀宮様、正式発表ではないということですが、ご婚約内定、本当におめでとうございます。

映像からもその人柄が滲み出ていらっしゃいますが、ほんとうの意味でのやまとなでしこでいらっしゃる方だなあと、常々思っておりました。どうか、お幸せに。

ところで皇族ご一家とその結婚は、新しい家族の形を常にあらわしていると思っています。

・長男よりも次男が先に結婚
・奥さんのほうが旦那さんよりも身長も学歴も高い
・30代後半での結婚

そして私にとって意義深かったのが

・ひのえうまの結婚

紀子様は、わたしと同じひのえうま生まれだったと思います。その方が、結婚したことで、小さな時から「なおちゃんはひのえうまだから、結婚たいへんだね」と親戚から言われていたんですね。それが、皇室もひのえうま生まれを受け入れてくださったということで、随分気持ちが楽になりました。(本当に気にしていたんですよ、小さい時から)

いろいろなタブーを皇室が破ってくれることで、気持ちが楽になっている人もたくさんいると思います。今回のご結婚内定で、晩婚化の著しい今、30代後半になっても結婚をあきらめないという風潮がちょっとでも起きればいいなと思います。結婚が幸せに絶対的に必要なパスポート、つまり必須条件だとはもちろん思いませんが。

みなさんは、このご結婚内定、いかが思われますか?

blank_space
2004年11月05日

あなたはどっち?アメリカ大統領選


投稿者 村山らむね

ブッシュさんの圧勝(?)で終わった、アメリカ大統領選。ひそかに応援していたのは、どっち?

イラク戦争や、アメリカの右傾化傾向に懸念を感じる方は、ケリーさんの味方だったかもしれないし、日本の産業界や、トップ同士の信頼関係を考えると、やっぱりブッシュさんがいいなと思っていたかもしれません。

ぜひ、今だから言える「わたしは○○さんの味方だった」。

おふざけも結構です。そっと教えてください。

ちなみに、私は、ケリー顔がどうしても苦手。政策やイラク関係ではケリーさんを贔屓にしていましたが、どうしても、顔が。。。(なんという理由)

他の国からの支持は圧倒的にケリー氏だったそうですが、日本だって他国が支持しているからと言って、その候補に入れる人は少ないでしょうから、そのことを理由にアメリカ国民を非難は毛頭できないのですが、まあ、これから4年どうなるのでしょうね。

blank_space
2004年11月03日

「スーパーフリー事件」に一言


投稿者 常山あかね

世間を騒がせた、イベントサークル「スーパーフリー」の集団暴行事件で、元代表の和田被告に懲役14年、とのニュースを見た。同じ大学出身で、子育て中の身として、深く考えさせられてしまった、今回の事件は、「有名大学に入学すれば何をしてもよい」と勘違いした世間知らずな学生による事件だが、この人たちは、どうしてそんな風になってしまったのだろうと思う。もちろん、本人の資質によるところも大きいが、それだけでは片づけられない、社会的背景があると思う。

そもそも、なぜ、有名大学の学生が主催するイベントというだけで、多数の女子学生が参加するのだろう。たぶん、「結婚相手としておいしいから(将来的に高所得者になる可能性が高い)」ということだと思う。世間や家庭で、そういう話を聞いたり、教育を受けてきたのだろう。
そして、事件にかかわった学生も、偏差値が高い大学さえ卒業すれば将来困らないという、一元的な教育を受けて育ってきたのだと思う。(私が、実際にはそうではないことを身をもって体験しています。(^^;)

終身雇用制度の崩壊で、もうそんな時代じゃないと誰もが気づいているはず。
だけど、「うちの子供は当然公立中学に行かせるわ」というと、「え~、うちの学校は教育熱心な人が多くて、過半数の人が中学受験するのよ~」と、言われるのが現実。

逆に、私は、小学生から進学塾に通っている多くの子供達を見て、いったい何を目指しているんだろう、と心から不思議に思ってしまう。
もちろん、私の認識不足のため、私立の進学校に通う長所がわからない部分もあると思うが、少なくとも、自分の子供は、どんな環境でも自分らしく生き抜けるよう、たくましく育ってほしいと思う。そう、「世界に一つだけの花」のように。
そして、多様な経験をして、論理的に物事を考えて問題を解決できる力を身につけてほしい。
それが、私にとっての「教育熱心」。

知人にこういう話をすると、「それは、あなたが強いからよ」言われてしまうか、
「そんな余裕をかましているのは今のうちだけ。そういう人に限って、自分の子供の成績が悪いと大騒ぎするんじゃない?」と言われるかどちらか・・・。

みなさんにとっての「教育熱心」って、何ですか?

blank_space
2004年11月02日

19歳女子、50人に1人が中絶経験あり……


投稿者 有栖川ゆうこ

19歳の中絶、03年度は50人に1人・厚労省が初集計
……ショックです。とても。
50人に1人ですよ!

どういう理由で、中絶しなくてはいけなかったのか、真相はわかりませんが今回の調査結果公開を機に、きっとそのあたりを解説してくれる専門家の方がいらっしゃるかと思いますが、10年前の調査結果と比較すると、倍増した(つまり、私がその10年前に19歳だったあたりの世代ですが)ということは、私と同年代でも19歳当時「100人に1人は経験あり」ということだったわけで…。


と考えると、残念ながら当時を振り返ると「確かに100人に1人ぐらいはいたかもしれない」と数字に納得できる自分もいます。(当時、大阪在住で大学生でした)

ということは、きっと調査対象の当事者である年代の女の子たちは、この数字を聞いて「そんなもんだろうなぁ」と思うんだろうなぁ。うう~ん。


私自身がいわゆる「できちゃった婚」と見なされるタイミングで一人目を授かってます。
おそらく同年代のカップルで結構多いだろう「こどもが出来たら結婚しよう(籍を入れよう)」または「結婚する前提なので、いつこどもが出来ても大丈夫(むしろ望んでいる)」という状況での妊娠だったので、「中絶する」という行為は、自分とは無縁でした。

でも、これって、すごく幸せな事だったんでしょうね。
「若年層の性行為についてのモラル低下」
ということが、さかんに言われていますが、それの根幹は
「小さい時からの性教育」なのかなぁ、と思います。

うちは、現在女の子2人なので、いったい何歳ぐらいから、性について伝えていけばいいのか、最近よく考えるのですが、今回の結果はかなり頭をなぐられた感じで…。
もちろん、都心と地方では、かなりの差はあるのかもしれないですけど、イマドキ、地方でもケータイでいろんな情報が入ってきますからねぇ…。

いくら書いても、この場ではとっても結論はでない問題ですが、とにかく、ショックで書かずにいられない。
そんな、ニュースでした……。

blank_space
2004年10月30日

我が家初の災害グッズ


投稿者 田村小梅

今日、大雨の中昼ご飯の買い物に行ったダンナが大量に災害グッズを購入してきた。恥ずかしながら、今まで我が家の「もしも」の備えは一つも無し。『超』心配症のダンナが以前、「災害用の水」をペットボトル10本位用意していたけれど、気づけばそれも無くなっている・・・。

大雨の中、しかもご飯の買い物と一緒に本日ダンナが買ってきたものとは!!

<本日ダンナが買ってきたもの>
●ランタン
●ろうそく
●サバイバルシート
●サバイバルナイフ
●レインコート
●着火剤(材?)
●レインコート
●毛布
●懐中電灯
●ラジオ
●餅
●砂糖
●簡易ベッド(!!)

「一人じゃ持ち切れなかったから、明日また買いに行く」と言っている。ちなみに明日購入予定は、テント・カップラーメン・水・チョコレート・飯ごう・味噌・米・(災害のための)おむつ・ミルク・お尻拭き、だそう・・・。テント売り場には、「どう見てもアウトドアなんてしそうも無いおじさんやおばさんがいっぱいいた」との事。

果たして本当に災害が起きた時、こんなものを持って逃げようと思うだけの理性はあるのだろうか??私のようなド近眼は、眼鏡を探す事だけで頭がイッパイになるのではないだろうか。

先日テレビで田中真紀子さんが新潟の避難所へ行っている場面が写っていたが、赤ちゃんを抱えたお母さんに「ミルクはあるの?オムツはあるの?大丈夫なのっ!?」とくらいついていた。確かに、大人だけならまだしも、我が家もまだ歩けない子供が居る。もし「何か」が起きたら、一体どうしたら良いのか・・・。

東京もそろそろ暖房が必要になってきた。寒さがもっと厳しい新潟の、復興が一日も早く進むことを心から願う。


blank_space
2004年10月29日

サバイバルの知恵


投稿者 常山あかね

今回の地震で、あらためて本棚から引っ張り出してきたのが、この「冒険図鑑(福音館書店)」
数年前の防災の日に、一家に一冊サバイバル系の本を、と思い購入した。(福音館書店 WEBで表紙が見れます)
歩く、食べる、寝る、作って遊ぶ、動・植物との出会い、危険への対応の6章からなる野外生活のマニュアル書で、わかりやすいイラスト満載である。救急用品リスト、病気やケガの応急手当、野外での料理法、生き残るための知恵など、災害時にも役立つページがたくさんある。子供たちも、毒草や薬草のページを見て、「へぇ~、スズランの根には毒があり、食べると下痢をして、全身がまひしてしまうんだぁ」と興味津々で、夢中で読みふけっている。

電気やガスなどのインフラに極度に頼り切った生活で、野外生活をする機会など皆無のうちの家族。
本を読むだけではなく、一度、実際に野外生活を実践して、サバイバルの知恵を身につけておきたいとなぁと思う。

しかし、こういった災害の時、何よりも重要なのは、地域の助け合いだろう。地域の助け合いといえば、こんなエピソードが・・・。

だいぶ昔の出来事になるが、記録的な大雪で首都圏は交通網がマヒしてしまい、帰宅難民になった人が多くいたことがあった。うちの夫は、かろうじて家から車で20分ほどのある駅にたどりついたが、バスに乗ろうにもバスは動かず、タクシー乗り場は気の遠くなるほどの大行列、知人に助けを求めても雪で車は出せない、おまけに携帯電話は混雑してつながらない・・・。典型的な都会のパニック状態だった。
 結局、私がわらにもすがる思いで、子供を通じて知っている近所のお宅数件に電話したところ、数件目で奇跡的に、車を出していただけるというご主人がいた。私もそのご主人とは面識がなく、夫にいたっては、奥さんとさえも面識がない。会えば会釈する程度のおつきあいなのに迎えに来ていただけるというのだ。もう、私たちの感激といったらなく、「地獄で仏にあった」とはまさにこのこと。阪神大震災の教訓としてあれほど言われ続けてきた”地域のネットワーク”の大切さが、自分が体験してみて初めて本当に理解できた。

 震災と大雪なんて、もちろん比較にもならないが、危機管理について多くのことを学ぶことができたことは幸いだった。99%おこりえないと思っている出来事でも、一度おこってしまえばその1%が自分にとっては総(すべ)て。大震災の被害の重大さについてあれほどいわれていたというのに、何事にもたいした準備もせずに、まさか自分にはおこらないだろう、と心の底では漠然と思っていた自分が本当に浅はかだと感じた。

 そして何よりの収穫は、人は一人では生きていけない、ということを実感できたこと。
「困ッタ時ハ オタガイサマ」ト心カラ言ヘル、サウイフモノニ ワタシハナリタイ・・・。」

私の親戚も多数住む被災地の一日も早い復旧と、被災者の方々のご健康を心よりお祈り申し上げます。

blank_space
2004年10月26日

喉もと過ぎても


投稿者 fellow

今回の地震も時間が経つごとに被害の大きさがわかってきて、また、避難している方々の大変さも伝わってきて、本当につらくなります。自然災害って、いつも前触れもなく突然やってきて、普段の平和がいきなり壊されちゃうんですよね・・。

阪神大震災の時も、その怖さを痛感し、早々に防災グッズを揃えたのでした。しばらくは枕元に懐中電灯も置いていたし、タンスも倒れないように固定しました。でも、いまや非常食はもちろん消費期限切れ。懐中電灯は電池切れ。(ま、タンスはそのまま固定してますが・・。)だいいち、そうした防災グッズは押入れの中。

そしてまた今回、これではいけないと思い、水や非常食を買ってきました。そして、いつでもすぐ出せるように玄関に置きました。でも、また何年かしたら、そのまま消費期限切れになっちゃうのかも・・。いや、こういうことは「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」ではダメなんですよね!子供達もいるんだし、今度こそちゃんといつも備えておこうと新たに決意しました。

被災地のみなさまには心からお見舞い申し上げます。私も義援金お送りしてこようと思います。いつも、こんなことぐらいしかできないのですが・・。

blank_space
2004年10月25日

被災時に活躍「ビニール袋とラップ」


投稿者 有栖川ゆうこ

新潟で大きな地震がありました。
私は、阪神大震災で、わずかながらも被災経験があり、やはり地震が起きると、あの時の恐怖を思い出して…。

被災時に避難所では「需要と供給のミスマッチ」が必ず起きます。
そして、私の経験からは「各種サイズのビニール袋とラップ」を、ぜひ早急に!と思います。

1995年1月当時、まだ大阪に住んでいた私ですが、天井につくぐらい&奥行き浅い&本ビッチリ、の本棚の前で仮眠を取っていて、本棚の下敷きになったのです。

本棚の手前に、大きなモノ入れボックスを置いていて、それがあったから、本棚と体の間に隙間ができまして、強烈な青あざぐらいで、済みましたが、あのボックスがなかったら、血を見てたな~、って今でも思い出します。

大阪在住だったので、震度5だったと記憶してます。5であの揺れなら、7っていったい!?
あの時の神戸や、今回の新潟の地震は、最大クラスの揺れですから、何とも言い難い心境です。

震災後、住吉まで電車で行けるようになった頃、神戸の三宮へボランティア活動で、通っていたのですが、その頃、一番問題だったのが「水」でした。


そうなんです。飲む方もありますが、水といえば、トイレ!
(ここから、食事中の方いらしたらスミマセン)
水が流れるトイレって、なんて素敵なんだ~。
あ~、便座が多少薄汚れてよーが、そんなもんどーでもいいっす~。
という心境になりました。ハイ。

そこで登場するのが、ビニール袋。
流れないトイレにしないようにするために、ビニール袋が簡易トイレになるのです。
慣れると結構上手にできるんだよね!と、明るいノリで、接すれば落ち込みません!!


それから、もう一つ追加で「ラップ」。
水がないので、何か食べたら、食器が洗えないんです!
なので、食器は使うのだけど、そのうえに、ラップを敷いてから、炊き出しでいただいたものをよそいました。

そうすると、水がなくても、食器で食べることができるんです。
被災地には、救援物資として、お弁当が山ほど届くんですが、なんか、飽きてくるし(贅沢だよね~)、やっぱり、食器で食べると、食欲出るんですよね。


私的には、
・バケツ(水をくんだり、移動させたり。都心には案外バケツはない!)
・ビニール袋(ゴミ袋~小さいものまで、各種あるとベスト)
・ラップ
これが、必須アイテムだな~、と思います。


先週起きた台風23号と、新潟の地震。多数の死者を出しました。
まだまだ、避難生活を送っている方も沢山いらっしゃいます。
何か、できることがあれば。

まずは、募金ですね。
郵便貯金 災害義援金の送金サービス取扱状況
赤い羽根共同募金・災害義援金情報

そして、献血も。犠牲者が多数でていて、足りないとのことです。
日本赤十字社

blank_space

震災の当事者になって思ったこと


投稿者 武田りこ

新潟地震の被害が、時間を追うごとに明らかになってきている。
被害にあわれた方々、きっとまだ救出を待っておられる方々、なんと言っていいか言葉も見つかりません。
阪神淡路大震災の時もそうであったが、本当に被害の大きい所の情報はなかなか伝わらない。
そして、そこにいる人たちにも、情報が伝わらない。

あの時、我が家には2歳10ヶ月の娘と11ヶ月の息子がいた。
大きなゆれの後、夫と交代で飛び散ったガラスなどを片付け、家の中の歩ける場所を確保した。
その後、夫は患者さんが心配なので、車で病院にむかった。このとき我が家もそうだがほとんどのお宅は電動シャッターなので、シャッターがなかなか開かなかった。やっと手動で開け夫は出かけていった。
それから一時間以上たったころ、夫が帰ってきた。
家の前の通りから出たところから、家が倒れていたりして車は進めず、何とか引き返して帰ってくるのに1時間以上かかった、との事。この間に夫はカーラジオを聞いて、この地震が神戸で起こっていること、犠牲者がひとり!いるらしいこと、を私に教えてくれた。

そう、私は神戸で地震が起こるとは夢にも思っていなかったし、家には電池で聞けるラジオもなく情報がないので、このときまで、ついに東海地震が起こって、神戸でこんなにゆれたのだから、東のほうはものすごいことになっている、と本気で思っていたのだ。伊勢に出張に行っている弟の安否ばかり心配してた。
このとき初めて、我が家から車で7~8分の実家(父は出張中だったので、母ひとり)が心配になった。

その後も電気も2日間、電話もずっとつながらなかったので、何がどんな規模で起こっているのか、世界中の人が知っていることを、ど真ん中の私たちだけ知らなかったのだと思う。
最寄の駅が、高架ごと落ちていることを知ったのも何日かたってからだった。

その日、夫は歩いて病院に行って、翌朝まで帰ってこなかった。事態もよくわからず、連絡もできない状態だったので、こちらも本当に心配だった。途中で余震に巻き込まれたんじゃないか、とか悪いことばかり頭によぎった。病院は修羅場で、その後も毎日朝早くから深夜まで、夫は歩いて通って、できる限りのことをしたと思う。あまりの惨状に、多くを語らないが。

一方家では、幼い子供2人を抱えて私ひとりでは、たとえ給水車がきても、水をもらいに並びに行くことさえできない状態だった。本当に必要な人には、必要な物はなかなか届かないものであることを痛感した。近所の方々の協力のおかげで、いくらか確保できたのは、本当にありがたかった。

災害はさまざまな形で、突然やってくるので、万全の備えをすることは難しいと思う。
私の体験から言えることは、電池で使えるラジオ、電灯、そして近所付き合い、これだけは普段から心がけておくといいと思う。
それと、災害地外の方へのお願いは、興味本位の報道はやめてほしい、ということ。
テレビが見れるようになって、スタジオからしたり顔で話す人たちに本当に腹が立った。
反対に何日かして、初めて地元新聞が届いたときは、新聞を読みながら涙があふれて止まらなかった。
ボランティア元年といわれ、本当にありがたいボランティアの方々もたくさんおられましたが、一方でひとつの流行のようにお祭りにノリで来ている人たちもいたことも事実だ。
らむねさんが言っていたように、携帯電話の使用を控える、そして、唐土さんが考えておられる様に、少しでも義援金を出す、というのが、外部の者にできる、一番有効なことなのかもしれない。

最後になりましたが、台風、地震などの災害に遭われた方々、必要な方に、十分な支援が届きますようお祈り申し上げます。

blank_space
2004年10月24日

被災地以外の人間のできること


投稿者 村山らむね

昨日の地震は、埼玉県の創業センターの立食パーティー中で、ほとんどの人は気づきましたが、なかには自分が酔っ払っているせいでゆれているのかという人もいるくらいでした。

これほど大きな災害とは思いませんでした。本当に災害に合われた方やご家族が被災地にいらっしゃる方は、たいへんなご苦労かと思います。お見舞い申しあげます。

さて、昨日はまったく携帯が通じませんでした。思ったのですが、携帯はライフラインのなかでも安否確認をする上で、本当に重要なもの。これを被災地の方のために確保するためには、被災地以外にいる人間はなるべく携帯は使わないということが重要だと思いました。

知り合いの安否を確認したい気持ちはなるべく抑えて、本当に重要な人の為に席を空ける、そんな心積もりも、被災地以外の人間ができることのひとつではないでしょうか?

また、今回を教訓として、「災害時、携帯はつながらないものとして、連絡体制を事前準備する」ということもかなり重要だと思いました。必ず連絡をとりあわないといけない家族とは、携帯に依存せず、どこで落ち合うかについて、場所のしぼりこみ・順位付けをした、マニュアル的なものをつくっておいたほうが良さそうです。我が家もさっそく、今晩、作成しないといけません。

blank_space
2004年10月09日

河川の増水・・・「危険な事」を教えよう。


投稿者 湯河原こむぎ

関東に大きな台風が近づいています。我が家の方も、風はそれほど吹きませんでしたが、昨夜はけっこうな雨が降りました。(本当に接近するのはこれからですが)遅い朝食を食べた後、雨も止んでいたので、歩いて5分の川に行ってみました。

家から5分のところにけっこう大きな川があります。その川には、地元の人から「ぴょんぴょん橋」と呼ばれている四角いコンクリートが点々と置いてある「飛び石」があります。もちろん、少し先に、ちゃんとした橋もあるのですが、そのあたりに住んでいる人は、駅方面に行くのにそこを渡るとかなりの時間短縮になるため、買い物に、通勤に、通学に・・・けっこう利用している人が多いです。
しかし、大雨が降って川が増水すると、ぴょんぴょん橋は跡形もなく水の中に消え、とても危険です。ふだんでも、わりと流れが早い川なので、このあたりに住む小さい子は(もちろん家もです)幼稚園の時から「ぴょんぴょん橋に子どもだけで行ってはいけない。」と言われて育ちます。我が家は川のこちら側(駅側)ですので、ぴょんぴょん橋を利用することはなく、夏の暑い日に置石に座って足を川に浸したり・・いわば「ちょっと遊びに」行く程度です。なので、増水した時の怖さを目の当たりにした事はありません。遊びに行った時には「雨が降ったら、絶対に渡ってはいけないよ。」と教えますが、見た事はなかったので、今日は、ちょうど雨も止んでいたし、実際に見せようと夫と三人で出かけました。
DSCF1970.JPG
8月の川とぴょんぴょん橋
DSCF4254.JPG
10月9日 台風の川とぴょんぴょん橋のあったあたり

写真を撮った場所が違うのでわかりにくいかもしれませんが、ぴょんぴょん橋は跡形もありません。対岸の樹のかたちで同じ場所だ・・という事がわかります。8月に私が立って写真を撮った場所は、今日は、すでに水がそこまで来ていて降りることが出来ませんでした。

数年前、台風の日に、川の中洲でキャンプをしていた人たちが流され、多くの方が亡くなった事件を覚えていますか?

小さなあかちゃんも亡くなり、とても気の毒な事件でした。流された人たちは確か横浜の方々だったと記憶しています。都会に住む人は「雨が降ると川が増水する」ところなど、あまり目にせずに生活しているのでしょう。「危険だ」と気がつかなかったのだと思います。私たちのように田舎に住み、川の近くにいると、先週バーベキューをした場所(陸地、川原)が、今週、台風で全部川になっている・・・という事をしょっちゅう目にしています。子ども達にも、そういう事を教えていかないといけないと思いますので、雨が降った時に、橋を渡ったら(車の中から)「ほら、みてごらん。この間、あの場所に行ったでしょ?あの場所が全部川になっちゃったよ。」と見せるようにしています。言葉で教えるだけよりも、実際、見せるとインパクトが違うと思います。

今日も、もちろん、雨風激しい台風真っ只中だったら行きませんが、雨も止んでいたので、実際見せる事にしました。娘は「すごい!川がココアみたいな色になってる。ぴょんぴょん橋がぜんぜん見えないね。あんなに大きな木が流れて来てるよ!海みたいに波が立ってる!」とびっくりしていました。A型でとても怖がりなので、これで絶対雨の日にぴょんぴょん橋に近づく事はないでしょう。

「百聞は一見に如かず」

危険なことも、実際の生活の中で教えて行くのが大切です。夫は「火は熱いから気をつけなさい」と言う時は、実際、子どもの手を持って、危険でないギリギリのところまで近づけて教えます。子どもは、夢中で手を引っ込め、二度と火のそばには近寄りません。身をもって覚えると体は忘れませんからね。

ホームページ
「mugimugi cinema & kitchen」

blank_space
2004年10月04日

女の子どうしってややこしい


投稿者 武田りこ

女の子どうしって、ややこしい!

うちの娘は今12歳。早生まれなので、中学1年生ですが、皆さんの記憶にも新しい佐世保の事件の女の子たちとまさに同年代です。
私自身いわゆる女の子の世界がとても苦手だったのですが、娘も外で駆け回ったり、体育祭では女子のマスゲームより男子の組体操をやりたいタイプ。
親から見ても感心するくらいいろんなタイプのこと仲良くできる子です。
こんな彼女でも小学6年生のときは大変でした。

ちょっとみんなと違うとか、逆にブランと大好きのお友達が持っているのとたまたま同じメーカーの服を着た(もらい物だし、本人はどこのメーカーのなんていうブランドなのか知る由もない。)、とか言う理由で、クラスの人気者から一転、みんなに無視されることに。
しかもこれがじわじわ、こそこそ始まるので、”なんか変?”と本人が気付いたころには、クラス全体が今は○○ちゃんがはずされている、と認識している状態。
あのような事件になるのは、特殊とはいえ、似たような状況はあらゆるところにありそうで本当にこわい。
あーなんで女の子ってこうなの!
そう思っていたときに見つけたのがこの本。
こういうのって人類共通、普遍のテーマなんですね。
なんだかちょっとほっとしたような、でも余計に恐ろしくなたような気もします。

【今日の一冊】女の子どうしって、ややこしい!
日本だけじゃないんですね。

blank_space
テーマ別インデックス
blank_space